100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

若者のミネラル不足による健康障害

ミネラルの不足が原因で、若者の健康障害が増え、ミネラルは、自動車のエンジンプラグのような働きをしてくれています。 食生活から充分なミネラルか摂取できないと、代謝機能が低下して生理的な機能が維持されず、さまざまな原因不明の健康障害や疾病が発生…

脳や体の健康投資

認知症にならないために、今あるサラダ油やマーガリンを廃棄して、アマニ油やエゴマ油、オリーブ油に変えることは、大切な脳や体の健康投資です。 日本人の多くは、サラダ油などのオメガ6系オイを、必要ながら摂りすぎている場合がほとんどで、それが、肥満…

原因不明の病気が増えている日本

最近、多くの人たちが、表現しがたい体の不調を訴えるケースが急増しているそうです。 医師から処方された何種類かの薬を試してみてもいっこうに改善しません。 そこで、CTスキャン、MRIなどによる検査でも原因がわかりません。 原因がわからなければ治療す…

癌の殺し屋マクロファージが通常より100倍速くなる

コラーゲンと免疫とは、深い関わりが在り、体内に侵入したウイルスや細菌なとを撃退してくれるマクロファージは、コラーゲンとの相性が良く、マクロファージが通常より100倍近いスピードにUPします。 マウスに、さまざまな種類のコラーゲンを与え、癌細…

体力の衰えや気力不足、こんな体調不調が続く原因は・・・

年齢を重ねるにつれて、今まで感じなかったはずの体力の衰えや気力不足、こんな体調不調などを感じることはありませんか? ①毎日ちゃんと寝ても疲れが取れず、朝がツライ。 ②季節の変わり目に、すぐ体調を崩してしまう。 ③体調不良が長く続いている。 ④昔ほ…

ドイツ生まれの健康法

新型コロナウイルスに感染するかもしれないという不安は当然であり、その不安に対して対処することは当然です。 感染対策として、マスク着用、手洗い、うがい、アルコール消毒、外出自粛、ソーシャルディスタンスなどは当たり前のことです。 これら、出来う…

睡眠不足すると肥満になる

7時間寝ますと、その消費カロリーは、なんと360カロリーで、眠っているだけでハンバーガー約1個分のカロリーを消費できますが、睡眠不足になります太ってきます。 寝不足は太る原因のひとつは、脳科学では、しっかり寝ないと食欲を抑えるホルモン「レプ…

長寿の方に共通する考え

健康長寿の方の腸は、皆さんが腸内細菌バランスがよく、腸内のビフィズス菌は、通常は加齢によって減少していくのですが、健康長寿者の大便は、平均値よりはるかに多いビフィズス菌が見つかっています。 長寿の人々に共通していることは、食物繊維をたくさん…

疲労感に悩まされるのは

マグネシュウムが欠乏しますと、さまざまな病気を寄せる原因になっています。 1日のマグネシュウムの推奨する摂取量は、成人女性は1日に約310~320ミリグラム、成人男性は400~420ミリグラムのマグネシウムが必要ですが、平均250mg/日し…

「老化防止」と「肌質向上」が期待できる発芽玄米

健康志向の人のなかには、玄米食を日々の暮らしに取り入れている人が増えているようで、玄米は日本に古くからある健康食の1つです。 白米にくらべて、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を補うで、最近では「発芽玄米」が注目を集めているといいます…

脂肪肝と肝臓がんの進行を抑制するFK-23菌

京都府立医科大学とニチニチ製薬の共同研究で明らかに・・・・ 「抗鍾瘍剤」「感染防御剤」「C製肝炎治療剤」「抗アしルギー剤」など、11もの特許笘su表必を取得して注目を浴いている乳酸菌がニチこチ製薬のフエカリス菌FK-23です。 フエカリス菌FK-23の…

ガンのリスクが高めるトランス脂肪酸

ガンどんなに健康な人でも、発生し、80歳になるまで、なんと10億個のがん細胞が発生すると言われています。 簡単にガンにならないのは、私たちの体の中にガン細胞と闘う機能が備わっているからです。 ガン細胞が発生すると、ガンによって傷ついた遺伝子…

発芽玄米ご飯の健康効果

健康志向の人のなかには、玄米食を日々の暮らしに取り入れている人が増えているようで、玄米は日本に古くからある健康食の1つです。 白米にくらべて、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を補うで、最近では「発芽玄米」が注目を集めているといいます…

肝臓 からのSOSのメッセージ

肝臓は、栄養素など、さまざまな物質を化学的に作り替える働きをし、何千の酵素を使い、500以上の化学変化を起こし物質を作る化学工場のような働きをしています。 なんとなく疲れが取れない、足のむくみが気になる、いつもは美味しく感じるものが美味しく…

コロナブレークスルー感染を防ぐには

ワクチン接種した人もこれまで通りの感染対策を ワクチンを接種した後でも感染する可能性があり、それを「ブレークスルー感染」と言います。 新型コロナワクチンの場合では、2回目の接種を受けてから2週間くらいで十分な免疫の獲得が期待されますので、そ…

疲労感に悩まされるのは、マグネシュウム欠乏かも・・

マグネシュウムが欠乏しますと、さまざまな病気を寄せる原因になっています。 1日のマグネシュウムの推奨する摂取量は、成人女性は1日に約310~320ミリグラム、成人男性は400~420ミリグラムのマグネシウムが必要ですが、平均250mg/日し…

忍び寄ってくる突然死

突然死は、早朝のゴルフ場などで、第1打のティーショツトが大敵といわれます。 ギャラリーにいいところを見せようとして張り切り、思わずオーバースイング。 「ナイスショーッ」―ギヤラリーの歓声のあと、そこに倒れているのはあなたかも知れないのです。 …

免疫力を高める自家製健康水

癌など生活習慣病になる原因は、腸内環境の乱れと細胞のミネラル不足によるものです。 薬や健康食品だけでは、病気は治せません。食生活やを生活習慣を見直し、体内の60%を占める水分である水を変えてみてください。 病気の方は、細胞の栄養失調になり、…

生活環境を変えれは、がんの90%が完治できる

がんになる原因は、内的か外的によるもので、がんに必要なのは、免疫きを上げることで、免疫を下げたり、犠牲にしたら治らなくなります。 生活環境を変えれは、造られる血液の質がよくなって、自律神経も安定してきます。 ストレスを減らすことは、リンパ球…

アメリカ政府は「抗がん剤の無力」を認める

1985年にアメリカで最も権威のあるがん研究所の最高責任者のデヴィータ所長が、「抗がん剤の化学治療は無力で、抗がん剤を投与すると、一部に腫瘍の縮小が見られるが、癌細胞か自らの遺伝子を変化させ怱ち抗がん剤の毒性に耐性を獲得し、抗がん剤を無力…

ドイツの医者が癌を3週間で治せると断言

ドイツに、自然療法に精通したレオナード・コールドウェルと言うドイツで最高に癌治癒率に誇れる医者がおら、治療をされた患者数は、ドイツで最高、末期患者3万5千人以上になるそうで、この方は、3週間で癌を完治させると断言され、癌を治すのに、化学療…

すべての病気は、腸からはじまる

「すべての病気は、腸からはじまる」とは、現在医療の父であるヒポクラテスが残された言葉です。 健康を左右する腸内細菌を整えられるように心がけすることが健康長寿への第一歩です。 人の腸管には、300種類以上、100兆個もの腸内菌が棲んでいて、重…

善玉菌を増やすには、タイミング

現代人が悩まされる癌、インフルエンザ、アトピー性皮膚炎、花粉症、便秘・下痢、肌荒れ、肥満、潰瘍性大腸炎、ピロリ菌、高血糖、高血圧、高尿酸値、脂質異常症、歯周病、虫歯、ストレス、うつ状態・・・これらの不調は、すべて腸内にいる「乳酸菌」と関係し…

認知症を発生させる活性酸素

認知症が発症するのは、活性酸素による脳への影響です。 アミロイドβ(Aβ)という特殊なタンパク質がによって多量の活性酸素が発生し、その活性酸素が脳の神経細胞を破壊していまいます。 それによって、脳神経に悪影響が及び、情報伝達の効率を下げて脳全…

カルシュウムが水に溶けたら、料理や生活に200通り以上の使い方が

カルマックスの主成分の水溶性イオン化カルシウムの原材料は、天然の種子で、その種子には、カルシウムだけではなく、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、鉄などが総合的に配合された理想的なミネラルバランスを持っています。 その原材料をイオン化して、…

癌を3週間で完治させると断言

ドイツに、自然療法に精通したレオナード・コールドウェルと言うドイツで最高に癌治癒率に誇れる医者がおら、治療をされた患者数は、ドイツで最高、末期患者3万5千人以上になるそうで、この方は、3週間で癌を完治させると断言され、癌を治すのに、化学療…

大腸・前立腺末期癌症状が20日間で改善

私は、令和3年5月22日に大腸がんと前立腺癌末期がんであることが分かりました。 2ケ月に一度病院に行く予定になっていて、5月22日がその予定の日でした。 4月初め頃から腰と胃に違和を感をじ、コロナの渦でもあり、診察の予定日までは胃薬を飲んだ…

糖尿の救世主グアバ

グアバは、熱帯アメリカが原産とされ、紀元前から先住民のあいだで食用として親しまれてきた植物です。 グアバは、生で果実を食べるほかにも、ジュース、ジャム、ゼリー、菓子などに加工したり、グアバ茶のように葉をお茶にしたりできます。 グアバの効力は…

年間で37万人の方が癌で亡くなり、新たに87万人の方ががんと診察される日本

国立がん研究センターの情報によりますと、i-y ています。 部位別年齢では、男性では、40歳以上が消化系(胃、大腸、肝臓)による死亡が多く、肺がん、前立腺がんが増えています。 女性の場合は、40歳代では乳がん、卵巣がんの死亡が多く、高齢になります…

コロナカブトストレス緩和と感染を防ぐ乳酸菌

新型コロナウイルスに対応する医療・福祉職を中心に、長引くコロナ禍の影響でストレスやメンタル面の不調を感じる方が多いのではないでしょうか。 コロナ禍では誰もがストレスを感じやすい状況に置かれています。 とくに、感染リスクの高い職業である医療・…