100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

女性のがん死亡原因の1位は大腸がん

がんで亡くなる女性の死亡原因でもっとも多いのは、大腸がんだということをご存知ですか・・。 大腸がんで亡くなる方が多いことも事実ですが、大腸がんは、早期発見して適切な治療を行えば、治りやすいがんのひとつともいわれています。 がんの治療成績を示…

免疫力を高める普段口にしている食べ物

さまざまな感染症や病気から身を守るには、免疫力を高めることが重要で、免疫力が高ければ外部から侵入する細菌やウイルスなどをいち早く認識し、異物からからだを守ることが可能となります。 免疫力を上げる方法は、普段口にしている食べ物の中に多くの栄養…

今年の花粉症対策に

花粉症になる方は、悪玉菌が多くて、腸内環境が悪くなっていて、悪玉菌が増えることは、免疫バランスが崩れている証拠で、症状の軽減または治すためには、食生活を変えることが大切です。 和食に切り替えるだけで、花粉症が改善でき方も多く居られます。 花…

糖尿病と認知症の深い関わり

糖尿病と認知症は関連が深く、認知症の有病者数は、全世界で2015年には4,680万人だったが、2050年までに3倍に増えると予測されています。 日本でも、2012年に65歳以上の15%に当たる462万人が認知症とみらており、今後も増加傾向が続くと言われています。 認…

乳製品の摂取量の多人ほど前立腺がんリス乳製品の

前立腺癌による死亡数は、年間の前立腺癌による死亡数は1960 年480 人、1970 年 883 人、1980年 1736 人、1990 年 3460 人、2000年 7514 人で、10 年で2 倍に増加が続いています。 高齢者に多い癌ですので、社会の…

歯を修復するカルマックス

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)…

糖尿病や認知症iに関わる腸内菌

糖尿病と認知症は関連が深く、認知症の有病者数は、全世界で2015年には4,680万人だったが、2050年までに3倍に増えると予測されています。 日本でも、2012年に65歳以上の15%に当たる462万人が認知症とみらており、今後も増加傾向が続くと言われています。 認…

体の潤滑油のミネラル足りていますか

ガソリンがあっても、エンジンオイルがきれていれば車を動かすことができないのと同じで、潤滑油の役目をするミネラルが大切なのです。 ミネラルを補充した位でがんを消滅させたりできるわけがないと多くの人は考えるかもしれません。 しかし、体の免疫力や…

食欲がなくなるのは

私たちに備わっている食欲は、空腹を感じて食物を食べる願望で、体内の状態を察知して、必要なエネルギーや栄養を摂るために調節されています。 そんな食欲をコントロールしているのは脳は、ネルギが不足しますと補給せよと指令を出したり、摂りすぎますと食…

体に最もよい水

一般的に、人間の体の60%は水分だといわれています。水は約60兆個の細胞の中や血液内に存在し、意外なことに、骨の1/3も水でできています。このことからも、水が人間にとっていかに大切かが分かります。 その大切な水も加齢とともに減少していきます。 …

アミノ酸が不足した人に現れる体の不具合

人の身体の約20%はたんぱく質から出来ていて、このたんぱく質を構成しているのが、20種類のアミノ酸です。 その20種類のうち、体内で合成出来る11種類のアミノ酸を『非必須アミノ酸』、体内では合成出来ない種類のアミノ酸を『必須アミノ酸』と呼びま…

ミネラル不足から始まる癌や生活習慣病

癌など生活習慣病は、ミネラル不足が原因のひとつで、私たち、人体の基盤である細胞は、細胞内液と細胞外液からできていて、細胞内液にはカリウム、細胞外液にはナトリウムが満たされています。 細胞バランスが崩れると、癌や風邪などさまざま病気が発症して…

脳梗塞を予防してくれる「FK-23菌」

日本人の死因のトップはがん(悪性新生物)ですが、次いで多いのが心疾患、第三位は脳血管疾患で、脳血管疾患の主なものとして脳梗塞があげられます。 脳の病気の多くは、基本的に脳の血管が破れたり詰まったりといった障害が起こり、脳の機能の一部が壊れて…

亜鉛不足から起きる爪の縦筋や白い斑点

亜鉛は人体にとって重要な微量ミネラルの1つで、身体を維持するのに必要な5大栄養素の1つ。自分の体では合成できないため、外から摂取する必要があります。 亜鉛は、特に生体内に広く分布し、60%が筋肉、20 ~30%が骨、8%が皮膚・毛髪、4 ~ 6%が肝…

歩るきづらいのは、亜鉛不足かも

筋トレを頑張っているのに、いまいち効果を感じられないのは、亜鉛が十分摂れているかも知れません。新しい筋肉を作りだすのに、亜鉛は必要不可欠な栄養素です。 亜鉛は体内に約2000mg存在するミネラルの1種で、タンパク質と結合した状態で働きます。…

ストレスを緩和する乳酸菌

世界保健機構(WHO)は、ウイルスが消え去ることがないかもしれないと述べ、根絶できずに、長期にわたって対応しなくはならい可能性があると言及されています。 それだけでもストレスとなってきます。 免疫は、ストレス、 食生活の乱れ、運動不足、 睡眠不足や…

「関節痛」になる人は、靴底の減り方で分かる

自分が履いている靴の靴底が、どんな擦り減り方をしているか、見たことがありますか。 次の五つのパターンが考えられ、どれに該当するかで、足のどこに問題があるのかが分かります。 1.やや外側が減っている2.中心が減っている3.内側が減っている4.外側が減…

健康の基盤をつくるコラーゲン

私たちの体はコラーゲンが不足すると、老化が進んだり、病気や慢性疾患の回復が遅れたりすることが明らかになっています。 コラーゲンは体を形成し、正常に機能させるためには必要不可欠で、体を若い状態に保ってくれる物質であるだけでなく、病気の予防や改…

癌細胞の芽を摘むステビア

ステビアには植物レベルで緑茶の7倍の抗酸化作用があって、ステビア濃縮液には非常にその働きが強いことが、東北大学の研究で明らかにされています。 また、日本大学の滝片道夫教授は、ステビアの発ガン抑制作用も報告しています。 抗酸化作用とは、つまり…

関節の痛をはやく改善する関節トレニング

中高年の悩みで特に多い「膝痛」は、潜在患者数は3000万人といわれ、正しい歩き方ができていない若年層も多くなり、膝痛予備軍は年齢を超えて増え続けています。 関節に体重の負荷がかかりますが、つるつるしている軟骨が摩擦をやわらげたり、靭帯や筋肉…

癌細胞の芽生え

ビフィズス菌は、乳酸菌の一種で、乳酸菌は腸内だけでなく、ヨーグルトなどの乳製品や発酵食品にも生息しています。 乳酸菌は小腸で働き、乳酸菌を摂ると乳酸がつくられ、乳酸がつくられると腸内環境が酸性に保たれ、腸の運動を促します。 ビフィズス菌は、…

中高年で増える膝痛を緩和する高分子コラーゲン

膝痛は、早い人では40 代から始まり、50代で徐々にその数が増え、65歳前後から急増します。 こうした中高年で増える膝痛の大半は、ひざの軟骨がすり減って起こる変形性膝関節症です。 v 膝関節では、大腿骨と脛骨、膝蓋骨の表面で厚さ6mm程度の軟骨が…

病気を治す最適な量と質の乳酸菌

乳酸菌は腸内で働く善玉菌のひとつで、がんをはじめ、病気を撃退する効果を得るためには、1日⒈兆個以上の乳酸菌を摂ることが必要です。 腸内には100兆個もの腸内細菌がすみついて、善玉菌と悪玉菌がそれぞれ15%、努カの強いほうに味方をする日和見菌…

毒素が溜まって行く便秘

便秘していますと「体内毒素」が、たくさん蓄積されて行きます。 便 秘は、若い人から高齢の人までどの年齢層でもみられる排便の悩みの一つです。 全体的には男性よりも女性のほうが多い傾向がみられます。 女性は10代の思春期 から便秘になる人が多く,そ…

40代に急激に発症率が高くなる大腸がん

大腸がんは、食生活の欧米化(高脂肪・低繊維食)によって、この20年で大腸がんによる死亡数は1.5倍と急速に増えています。 これまでの日本人はご飯と魚、豆腐などのたんぱく質、野菜が中心の和食を主としており、豊富な食物繊維のおかげで良好な腸内環…

大腸がんのリスクが高い人

大腸がんは、食生活の欧米化(高脂肪・低繊維食)によって、この20年で大腸がんによる死亡数は1.5倍と急速に増えています。 これまでの日本人はご飯と魚、豆腐などのたんぱく質、野菜が中心の和食を主としており、豊富な食物繊維のおかげで良好な腸内環…

ビフィズス菌の減少から始まる病気

ビフィズス菌は、乳酸菌の一種で、乳酸菌は腸内だけでなく、ヨーグルトなどの乳製品や発酵食品にも生息しています。 乳酸菌は小腸で働き、乳酸菌を摂ると乳酸がつくられ、乳酸がつくられると腸内環境が酸性に保たれ、腸の運動を促します。 ビフィズス菌は、…

肝臓がんになりやすい人は

「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓にできる肝臓がん、肝炎ウイルスに感染すると、肝炎、肝硬変、そして肝臓がん、という経過をたどっていきます。 しかし近年は、肝炎ウイルスの感染者が減り、一方で肝炎ウイルスを除去する治療が飛躍的に進歩し、特にC型肝炎で…

コロナとインフルエンザに負けない免疫力の高める方

この冬は新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行が起きる、との懸念が日増しに高まっています。 新型コロナの感染拡大の第7波は10月に入ったころから落ち着きつつあったがその後下げ止まり、厚生労働省の20日までの1週間集計で約2カ月ぶりに増…

癌などの大病をするのは、自分を見返る時

癌など多くの病気は、老化と生活習慣によって生じる病気で、食事、仕事の仕方など長きに渡っての習慣、それによって汚血を溜めて病気を自分で作っています。 長い間、偏った食生活をすると、内臓の病気になり、潰瘍、もしくはがんに変化していくことがありま…