100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

認知症が発症するのは、活性酸素

認知症が発症するのは、活性酸素による脳への影響です。 アミロイドβ(Aβ)という特殊なタンパク質がによって多量の活性酸素が発生し、その活性酸素が脳の神経細胞を破壊していまいます。 それによって、脳神経に悪影響が及び、情報伝達の効率を下げて脳全…

免疫力をアップする最強の「野菜スープ」

野菜に含まれる化学物質をファイトケミカルというが、その種類はⅠ万種を超えていて、多くは抗酸化物質です。 抗酸化物質とは、ビタミンAやビタミンC、ポリフェノール(大豆のイソフラボン、お茶のカテキンなど)やカロテノイド(β‐カロテンなど)。 動脈硬化…

大腸がん・胃がんCAPOX抗がん剤副作用

がんに対しては様々な抗がん剤を使った治療が行われますが、いくつかの抗がん剤を組み含めせる治療法を抗がん剤の併用療法といいます。 CAPOX(カボックス)療法とは、カペシタビンとオキワリプラチソという2種類の抗がん剤を組み合ねせて使用する併用療法で…

免疫力&抗酸化力を高めてがんを予防する食べ物

がん細胞の増殖を抑えるためには免疫力と抗酸化力が大切です。 がん細胞は、私たちの体の中で日々できては消えてを繰り返しています。 その増殖を食い止めているのが免疫力や抗酸化力。 そして、これらの力を高めてくれるのが、植物性食品に含まれる多種多様…

生活習慣病は、薬を飲めば飲むほど悪化する

糖尿病や高血圧などのいわゆる生活習慣病や、花粉症、アトピー性皮膚炎、慢性関節リウマチをはじめとする膠原病などのアレルギー疾患や免疫疾患です。 これらの病気の共通点は、いずれも慣性疾患です。 慣性疾患は、一朝一タで生じるわけではありません。 な…

健康になれるグットタイミング

肌の再生・修復が行われる「肌のゴールデンタイム」があるように、腸にも腸壁の細胞が修復される「腸のゴールデンタイム」があります。 腸のゴールデンタイムは、起床から15〜19時間後になります。 朝7時に起床したとすると、腸のゴールデンタイムは夜1…

60兆個の細胞が元気になる健康水

私たちの体の60兆個の細胞細胞は、元気をつくり出す発電所のような働きをしてくれ、その一個一個の細胞に栄養が必要です。 病気の方は、細胞の栄養失調になり、細胞バランスが崩れ、熱をつくり能力が下がってしまいます。 細胞の栄養は、カリュウム・リン…

潤滑油の役目をするミネラル

ガソリンがあっても、エンジンオイルがきれていれば車を動かすことができないのと同じで、潤滑油の役目をするミネラルが大切なのです。 ミネラルを補充した位でがんを消滅させたりできるわけがないと多くの人は考えるかもしれません。 ミネラルにはがんを直…

新型コロナで「うつ病」が2倍に増加

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本国内でうつ病・うつ状態の人の割合が2倍以上に増加したことが、経済協力開発機構の調査で明らかとなりました。 調査によると、日本では、うつ病やうつ状態の人の割合は、新型コロナが流行する前は7・9%(20…

大腸がんの約4割が健康診断で指摘

国立がん研究センターの情報によりますと、年間で37万人の方が亡くなり、新たに87万にの方ががんと診察されています。 大腸がんと診断された患者さんの約4割は、健康診断(人間ドック含む)で指摘されるなど診断時に自覚症状がなかったという調査があり…

癌で年間37万人の方が亡くなる日本

国立がん研究センターの情報によりますと、年間で37万人の方が亡くなり、新たに87万にの方ががんと診察されています。 部位別年齢では、男性では、40歳以上が消化系(胃、大腸、肝臓)による死亡が多い。 肺がん、前立腺がんが増えています。 女性の場合…

癌による1日の国内死者は1041人

令和元年のがん患者は102万人。死亡者は38万人、1日に1041人になりす。 男性の3人に2人、女性の2人の1人が生涯で何らかのがんにかかる時代になっています。 コロナによって、在宅勤務の増加による生活習慣の悪化、がんの早期発見の遅れ、がん…

新型コロナでうつ病者が2倍増加

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本国内でうつ病・うつ状態の人の割合が2倍以上に増加したことが、経済協力開発機構の調査で明らかとなりました。 調査によると、日本では、うつ病やうつ状態の人の割合は、新型コロナが流行する前は7・9%(20…

脳腫瘍克服体験談

ステビアには、現代人に必要なものが、とてもバランスよく含まれています。 たとえば、欠如しがちなベーター・カロチン、これは呼吸器、消化器の障害を防ぎ、皮膚の角質化を防ぐ作用があります。 ビタミンB1は口内炎、皮膚炎、かゆみなどを防ぎ、ビタミン氏…

高分子コラーゲンで、下咽頭ガンを克服

コラーゲンの研究者の先生が下咽頭ガンになられ、声も出なくなり、1ヵ月の放射線治療の後、自分の実験結果を信じて毎日10gのコラーゲンの粉末を飲み続けたところ、約4ヵ月後にはほとんど回復されました。。 再発の懸念もあったので、その後数年間は1日…

病気をつくる食生活

血流を良くして、全身の隅々まで酸素や栄養を行き渡らせることは、健康的な体づくりのためにも欠かせません。 血の巡りを良くするためには血がサラサラの状態である必要があり、いわゆる「ドロドロ血液」では、血流も滞ってしまいます。 サラサラな血を作り…

がん発生促す因子を発見される

細胞の老化を妨げることで発生 を促す因子を見つけたと、京都大 などのグループが発表されました。 細胞の増殖にかかわる仕組みの一端が明らかになったことで、新たな治療法の開発につながる可能性があることが、米科学誌サイエンス・シグナリングに掲載され…

背中に蓄積している毒素

どんな病気も突然に起きるものでなく、汚血の蓄積が臨界点に達し時に、病気が爆発するのです。 汚血は、癌などあらゆる病気の原因となります。 例えば、心筋梗塞の場合、心臓が悪いのでなく、心臓のまわりに汚血が溜まり、心臓を圧迫したものです。 汚血は色…

末期の肺癌をステビアで克服

細胞の遺伝子を傷つけられると、遺伝子に狂いが生じるため、異常な細胞分裂か起きたまま、増殖するのが癌て、正常な遺伝子に傷を付けていのが活性酸素です。 ステビアは、細胞を活性酸素の攻撃から守ってくれる働きがあります。 私たちの体は60兆個の細胞…

新型コロナ2段構えの感染対策

しっかりとコロナ感染対策をしていても、予防には限界がありますから、体の中に入ってきてしまったウイルスに抵抗するために、免疫力を高めておくことが大切です。 ウイルスが私たちの体に侵入したとき、最初に働くのが自然免疫です。 自然免疫は2層構造で…

コロナ死者85%が基礎疾患者

京都府内で、これまでに新型コロナウイルスが原因で亡くなった方は、212人(男子107人、女子105人)年齢別や基礎疾患があった人が85.8%になります。死亡した212人のうちの基礎疾患があった人は、182人で基礎疾患のない人12人、残りの18…

有害物質や毒素を排泄するモリンガ

モリンガには90種類以上の「食物繊維」「ミネラル」「ビタミン」が豊富に含まれていて、含まれている量・バランスが共に理想的な栄養サプリです。 これらの栄養素は一緒に働くことでより高いデトックス作用が期待できます。 モリンガにはとてもたくさんの…

病気を呼び寄せる食事

血流を良くして、全身の隅々まで酸素や栄養を行き渡らせることは、健康的な体づくりのためにも欠かせません。 血の巡りを良くするためには血がサラサラの状態である必要があり、いわゆる「ドロドロ血液」では、血流も滞ってしまいます。 サラサラな血を作り…

がんの発症や転移を抑える高分子コラーゲン

日本は今や、女性の12人に1人が一生のうちに乳がんを経験するという時代で、この数字は今後さらに増えていくと予想されています。 乳がんは、日本人女性に多い悪性腫瘍で、45歳~50歳をピークにして急激に増えています。 乳がんが増えている背景には、…

末期症状が20日間で改善

私は、令和3年5月22日に大腸がんと前立腺癌末期がんであることが分かりました。 2ケ月に一度病院に行く予定になっていて、5月22日がその予定の日で、4月頃から腰と胃に違和を感をじ、コロナの渦でもあり、それまでは胃薬を飲んだりや針治療をしたり…

抗がん剤では癌は治せない

がんになったら、がんはすぐには悪化しません。 大事なのは、どのような治療を行うのが一番適切かを判断できる「自分」を持つことです。 現在、がん治療の主流は、手術と抗がん剤、放射線治煉で、がんがまだ小さく、ほかへの移転が見られない初期のガン治療…

薬を飲むほど悪化する生活習慣病

糖尿病や高血圧などのいわゆる生活習慣病や、花粉症、アトピー性皮膚炎、慢性関節リウマチをはじめとする膠原病などのアレルギー疾患や免疫疾患です。 これらの病気の共通点は、いずれも慣性疾患です。 慣性疾患は、一朝一タで生じるわけではありません。 な…

コロナ感染重症化のリスクガ高まる運動不足

新型コロナウイルスは、感染拡大が続く関西圏などでは、変異株への置き換わりが進んでいます。 異変種は、これまでと比べ、感染者や重症者の増加は非常に速いと、危機感を示されています。 感染拡大地域の多くで「20~30代の増加が中心となっている」と…

もし、癌になったら

がんになったら、がんはすぐには悪化しません。 大事なのは、どのような治療を行うのが一番適切かを判断できる「自分」を持つことです。 現在、がん治療の主流は、手術と抗がん剤、放射線治煉で、がんがまだ小さく、ほかへの移転が見られない初期のガン治療…

末期がんを治す自然治癒力

癌になってしまったら、癌細胞を攻撃する治療を受けないと治らないというのが、一般的な考えです。 しかしこれは必ずしも正しくありません。 少なくとも、何らかの理由で常に発生している少数の癌細胞は、免疫力が適切に維持されている限り、それが増殖する…