100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

高血圧の原因は、細胞のミネラル不足

高血圧の原因は、腸内環境の乱れと、細胞のミネラル不足によるもので、リンゲル液をつくって細胞バランスを整えましょう。カルマックスの主成分の水溶性イオン化カルシウムは、天然の種子からつくられていて、その種子には、カルシウムだけではなく、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、鉄などが総合的に配合された理想的なミネラルバランスかあります。

その原材料をイオン化して、細胞吸収できるようにしたのです。

カルマックスは、カルシウムとマグネシウムの同局した理想的なミネラルバランスの整った水溶性イオン化カルシウムです。

毎日、必要なミネラルが摂れやすく、水溶性で使いやすく、イオン化しているので消化吸収率が非常に優れています。

毎日の料理にカルマックスを使用しますと、カルシュウムやミネラルが簡単に補え、家族中の皆さんが、健康に暮らすことが出来るようになります。

高血圧を治すには、薬の対症法でなく、何が原因であるかを知って、根本的から変えて行くことです。

  • メタボを解決し、代謝UPさせて、内臓脂肪を落として改善することが大切です。
  • 不足している栄養素を補う、高血圧症の方は、ビタミンとかミネラルが不足し、マグネシュウムを1日に300mg/日摂取する事によって血圧を降下させることができます。

国立循環器病研究センターで、マグネシュウムを8週間摂取する実験で血圧か下がったことを報告されています。

  • マグネシュウムは、600種類以上の酵素の働きに関与している物質で、ホルモンの代謝にも酵素が必要です。
  • マグネシュウムは、ビタミンDの代謝にも関わっていて、ビタミンDは、高血圧になるのを抑制する働きをしてくれます。
リンゲル液

 

末期癌から生還した方の共通点

末期癌から生還した方の6つの共通点は・・・・

抗癌剤治療の途中で、すべての抗ガン治療を断った方。

②癌治療で苦しんでいる時に、必死になって勉強して情報を得られた方。

③抗癌治療が体の免疫をどんどん低下させている事に気付かれた方。

④食生活、軽い運動、笑いのある生活、良質な睡眠、など生活の基本が大切であることを気付かれた方。

⑤人間の生活の中で何が大切かを勉強、薬よりも、抗癌治療よりも、根本的な生活の改善が大切であるという事に気付かれた方。

⑥癌克服に、腸バランスと細胞バランスが欠かせないことに気付かれた方

がんは、早期発見できれば95%治せる病気です。

日本は先進国で唯一、がん死が増えている国、アメリカに比べると1.6倍もの割合で人々ががんで亡くなっています。

アメリカでは、1980年から、癌の取り組み方が変わりました。

年々増大する癌の医療費に、アメリカ政府の予算が追い付かないくらい膨らんできました。

この事態にアメリカでは危機感を感じ、政府主導の元、ガン撲滅作戦を展開されました。

その結果、分ったことは、手術や抗癌剤治療では癌を撲滅できということです。

特に抗癌剤治療は、癌を治療できないばかりか、返って酷くなると発表されています。

抗癌剤治療は、確立の悪く命を懸けたギャンブル、有効率は160人中、たったの6名といわれています。

マクガバンレポートにより、食生活の改善を中心とした、代替え医療が最も有効であるとの結論に達しました。

1980年から代替え医療が国家的規模で行われた結果、癌の死亡率が下がりはじめ、今では年々低下しています。

これに追随して、ドイツ、イギリス、カナダ、でも代替え医療にシフトを転換されています。

カナダのがん治療は『何もしない』が、がん治療の22%を占めています。

最近では『無治療』何もしない治療が、最も治りやすいことが分かってきたと言います。

カナダでは、手術治療は6%、日本は、それに対して17倍。

カナダの抗癌剤治療は5%、日本は20倍。

カナダの手術と抗癌剤併用は3%、日本は33倍になっています。

プロテサンを摂取しますと、腸管免疫力が高まり、体の冷えを改善したり、癌細胞を縮小したり、動脈硬化を起こした血管や傷ついた血管を修復したりします。

他にも、ドロドロな血液が、サラサラした血液になり、さまざまな病気が遠のいて行きます。

プロテサンは、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富なフェカリス乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、主治医にしかられなく病院の治療の内容にかかわらず食べれ、病気と闘っている方の強い味方になっくれます。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。その免疫細胞の7割くらいは休息状態です。プロテサンを摂取しますと、休眠中の免疫細胞の餌となることで、休眠中の免疫細胞か目覚して活性化されることで、免疫力や治癒力が高まります。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト

健康で生きる為に必要不可欠なミネラル

マグネシウムは、健康のために必要不可欠なミネラルで、私たちはマグネシウムなくしては生きられませんが、残念なことに多くの人々が健康を維持するために必要な量のマグネシウムを十分には摂取できていません。

マグネシウムの推奨摂取量は1日当たり男性が420mg、女性が320mgです。野菜の栽培土壌はミネラルの枯渇が進んでおり、食品を加工することによって食品の栄養の含有量、特にマグネシウムがさらに減ってしまっているため、多くの人々にとって高品質の栄養補助食品が必要になります。

マグネシウムが脳、心臓、骨、筋肉に必須の栄養素で、心血管疾患は、マグネシウムの欠乏がその一因となっていると考えられます

早期死亡や身体障害を避けるために、マグネシウムを十分に摂取することの重要性を理解していただきたいと思います。

心臓の健康を維持するために、マグネシウムが果たしている複数の役割は、基本的なことですが、マグネシウムは私たちの細胞内におけるDNAの合成と修復、タンパク質の合成、ナトリウムカリウムポンプの制御、600を超える酵素の処理、ATP(細胞のエネルギー)の産生に関わっています。

したがって、マグネシウムはあらゆる細胞において役割を担っているのです。

DNAから細胞、そして細胞から臓器へと私たちの体内の経路をたどるとマグネシウムは必要不可欠です。

血管内皮細胞は、私たちの全ての血管の内側を覆う非常に薄い膜で、血液は閉塞や抵抗のない血管を通過する必要があるため、内皮を健康に保つことは、私たちの健康全般に非常に重要です。

酸化ストレスは結果として活性酸素を増加させますが、時間の経過とともに血管内皮細胞にダメージを与えてトラブルを引き起こす可能性があります。

マグネシウムに酸化ストレスの増加が加わると、慢性炎症を引き起こし、最終的にアテローム動脈硬化、血管抵抗性、血栓症などにつながる可能性がある全ての種類のたんぱく質や遺伝子を活性化させます。

このように、マグネシウムは酸化ストレス、そして最終的には炎症から私たちの血管を防護するという重要な役割を果たしているのです。

炎症は、時間が経つとともに最終的には心血管疾患として臨床的に認識されるような重大な疾患を引き起こします。

マグネシウム不足が心臓発作や高血圧のリスク上昇に関連していることを示す研究は複数あり、マグネシウムの摂取によって死亡率や血圧が低下する可能性があるのです。

マグネシウムはあらゆる細胞と体の器官の正常な機能に不可欠です。

高脂肪・高タンパク質の食事が続きますと、マグネシュウムを体から排出させ、マグネシュウムが欠乏してきます。

マグネシュウムは、ストレスが増えますと尿排泄が増え、マグネシュウムが欠乏してきます

マグネシュウムが多く含まれている食材

こんぶ・ひじき・わかめなどの海藻・そば・とうもろこし・くるみ・アーモンド・カシューナッツ・ピーナツなどのナッツ類

マグネシウムはさまざまな食品に含まれる一方で、野菜や果物の生育条件の差異、土壌に含まれるミネラルの質、食品の加工方法によって、実際に人間の身体機能に活用することができるマグネシウムの量は非常に少なくなってしまっています。

その中でも特に深刻なことは、研究で明らかにされているように、ほとんどの人が毎日のマグネシウム摂取量が標準推奨値を下回ってしまっていることです。

したがって、マグネシウム欠乏状態を防いで慢性疾患のリスクを減らすために、マグネシウムが含まれている高品質の栄養補助食品を摂取することをお勧めします。

国立循環器病研究センターで、マグネシュウムを8週間摂取する実験で血圧か下がったことを報告されています。

  • マグネシュウムは、600種類以上の酵素の働きに関与している物質で、ホルモンの代謝にも酵素が必要です。
  • マグネシュウムは、ビタミンDの代謝にも関わっていて、ビタミンDは、高血圧になるのを抑制する働きをしてくれます。

KYOTO 健康村の健康作りに役立つお話 – KYOTO 健康村

脳梗塞が起きる前兆

脳梗塞」は「脳内の欠陥が詰まり、脳に対する酸素および栄養の補給がされず、脳の細胞が死んでしまう」ものです。これに対して、頭蓋内出血はその名のとおり、「脳の血管が破れ、頭蓋の中で出血が起こる」ものです。脳梗塞は、脳についてのものとはいえ、結局は血管の病気であることに変わりはありません。

そのため、動脈硬化が促進されることで脳梗塞は起こります。

動脈硬化を促進する要因としては、加齢、高血圧、高脂血症などが挙げられます。

このように動脈自体は加齢により衰えていくため、脳梗塞は誰にとっても他人事では済まされない病気なのです。
極端な話をすると、健康的な生活をしていても彼により脳の欠陥が衰えることにより、脳梗塞は引き起こされてしまうのです。

日常的に意識しておきたい ≪脳梗塞の前兆≫

日常的に出ている場合は、脳の血管に何かしらの症状が出始めている可能性が高いため、一度医療機関で精密検査を受けることをおすすめします。

  • 原因不明の頭痛や肩こりが、突然発生する
  • めまいや耳鳴り、手足のしびれ、震えなどの症状が起こりやすい
  • 歩き方がフラフラしていて、障害物がないのにつまづく
  • 階段や段差があるところで、片方の足がよく引っかかる
  • 指先が思うように動かなくなってきた
  • 字が汚くなったといわれる
  • 簡単な計算が咄嗟にできないことが増えた
  • 物忘れが多くなった
  • 顔や唇がしびれていると感じる時がある
  • ろれつが回りにくくなった
  • 飲み物や食べ物が飲み込みにくく感じる
  • 痰がからんだり、むせこむことが増えた
  • 声がうまく出ないと感じることがある

動脈硬化は内皮細胞が傷つき、そこにコレステロールが付着することで進行します。

動脈硬化自体は加齢により自然と進んでいく側面がありますが、体内の活性酸素の増加は動脈硬化の進行を早めます。

KYOTO 健康村の健康作りに役立つお話 – KYOTO 健康村

肥満は、病気のデパートになる

肥満は、単純性肥満と単純性肥満の2つあり、単純性肥満は、体の機能障害や、特定の病気が原因になるわけではなく、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るために起こる肥満のことで、肥満の95%が該当します。

症候性肥満は、何らかの病気や、それに対する治療薬、体の機能の障害(脳の疾患からくる摂食障害など)、遺伝などが原因で起こる肥満。

症候性肥満は、原因となる病気の治療の方が優先であり、それが治れば肥満も解消します。

単純性肥満については、自分自身で生活習慣を改善していかないと、肥満の予防や肥満の解消にはつながりません。

特に現代は、簡単に食べ物が手に入るため摂取カロリーは増大しがちです。

その一方で、交通機関の発達や作業の自動化により、消費エネルギーが減少しやすくなっています。

その結果、“肥満”が原因で起こる、いわゆる生活習慣病になる人の数は、年々増加傾向にあります。

肥満の心臓への負担は

肥満になり体が大きくなると、毛細血管もその分長く伸びます。

すると心臓は、今までより遠くへ血液を送らなければならなくなり、心臓に負担がかかります。

また、脂質異常症(高脂血症)、動脈硬化の進行を加速させる危険性が高まります。

肥満の膝・腰への負担

歩くとき、膝には体重の2~3倍の荷重がかかります。肥満は、変形性膝関節症の原因となるなど、膝や腰への負担を大きくします。

肥満になると睡眠時無呼吸症候群になる

睡眠時無呼吸症候群の原因の1つとして、首周りに脂肪がついて気道が狭くなっていることが挙げられます。

婦人科の疾患

肥満により血中のテストステロンというホルモン値が上昇すると、卵巣ガンリスクが高くなるという調査結果があります。

また、肥満の人は閉経後も女性ホルモンの濃度があまり下がらないため、乳がんリスクが高まるとも言われています。

糖尿病は、一度発症すると、完治することはありません。

医療機関を定期的に受診し、投薬治療などを受けていても、やはりある程度の年数が経過すれば、合併症を発症しやすくなり、その分の医療費も増えていきます。

40歳から49歳頃までは、糖尿病に対する受診費用と投薬治療費のみですが、

50歳頃に高血圧を発症すれば、医療費が追加されます。

糖尿病にならなかった52歳頃には月額1万5千円以上、

55歳頃には月額で2万円以上(年間でおよそ25万円以上)の医療費がかかるようになります。

さらに、糖尿病性腎症による腎機能障害が現れると、人工透析が必要となります。

人工透析が始まりますと、年間でおよそ400万円から600万円の医療費が追加されることになります。

“肥満”って、簡単に言いますけど、実はこれだけの医療費を生涯にわたって払い続ける可能性があります。

今は健康だと思っていても、それまでの生活習慣が、生涯医療費に影響する事になります。

記事 – KYOTO 健康村

癌の治療効果を高めるFKー23菌

どんな病気でも、最終的に治すのは自分の持つ免疫力や治癒力で、プロテサンは、免疫力や治癒力を高めることができ、さまざまな病気に効果が期待できます。

例えは、抗ガン剤治療 #をする場合に、濃縮乳酸菌FK-23のサプリメントを食べていれば、治療効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができます。

主治医の治療を妨げないことも強調したいポイントです。

プロテサンの濃縮乳酸菌FK-23菌は、善玉菌を増やし、活性酸素 を抑えて 腸内環境を整えることによって、きれいな血液を作り出してくれます。

プロテサンの濃縮乳酸菌FK-23は、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれるのて、病気を遠退けてくれます。

癌細胞を減らすためには、濃縮乳酸菌FK-23と活性酸素に強い植物を摂る事です。

植物から作り出されるミネラルは、人の抗酸化酵素の材料となり、抗酸力を高め、発症を抑えてくれます。

癌は、血液の汚れが大きな原因で発症、血液は、腸で造られていますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫を改善することで、癌を克服できるようになります。

濃縮乳酸菌FK-23摂取し、善玉菌を増強して、腸環境を整えることで、血液がきれいになります。

濃縮乳酸菌FK-23の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていることです。

ニチニチ製薬は、癌にたいして、抗腫瘍剤・毒素軽減剤・白血球減少治療剤の特許を取得しています。

さらに癌転移抑制剤の特許を出願中です。

プロテサンのFK-23菌は、北海道大学岡山大学帝京大学医学部などが行った研究で、優れた働きが確認されています。

がん縮小作用

女性のがん患者数の第1位である乳がんは、早期の段階では自覚症状に乏しく、病期の進た行とともに乳房にしこりや湿疹ができやすくなります。

乳がんは脳や肺などに転移しやすく、40~50代の比較的若い世代に発症しやすいのが特徴です。

乳がんは治療が遅れて症状が進むと、手術によつて女性の象徴ともいえる乳房を切際する場合もあり、精神面にも大きな影響を及ぼします。

濃縮FK-23酸菌は、乳がんに対しても治療効果の向上が期待できます。

マウスに乳がん細胞を植付けて行った動物実験では、普通のエサのみを与えたマウスに比べて、FK-23菌を投与したマウスの乳がんは顕著に縮小したことが確認されています。

動物実験の結果を証明するように、濃縮乳酸菌を飲むことで乳がん乳がん以外のがんも改善します。

抗がん剤治療

多くのがんに対する有効性が確認されているシスプラチンは、抗がん剤治療の中心的な役割を果たしています。

抗がん剤はがんを縮小させる働きがある一万で、食欲不振や倦怠感、吐き気、脱毛などの副作用を招きます。

特にシスプラチンは、腎機能障害の原因になりやすいことが確認されています。

抗がん剤治療は一定のがん縮小作用が期待できる一方、副作用を招いて生活の質を著しく低下させてしまうおそれもあるのです。

濃縮乳酸菌には抗がん剤の副作用を軽減させる働きが期待でます。

例えば、マウスにシスプラチンを投与してから濃縮乳酸菌FK-23菌を与えた実験では、重篤な制作用である腎機能障害を抑えることができました。

さらに、さまざまな抗がん刑を投与にマウスにドFK-23菌に観察したところ、腎臓や肝臓のの機能低下を防ぐことが確認されています。

さまざまな乳酸菌があるなかで、濃縮乳酸菌に含まれるFK-23菌は、免疫力の増強のみならず、抗がん剤の指標とされる白血球の数を増やしたり、病原菌の感染を防いだりすることも研究によって実証されています。

いま受けているがん治療に悩んでいる人はもちろん、免疫力が低下して感染症が心配ながん患者さんや高齢者にとって、濃縮乳酸菌は欠かせない存在といえるでしょう。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。その免疫細胞は、7割くらいは休息状態です。プロテサンを摂取しますと、休眠中の免疫細胞の餌となることで、休眠中の免疫細胞か目覚して活性化されることで、免疫力や治癒力が高まります。

プロテサンは、ヨーグルトなどの菌体と違って、特殊加工熱処理された死菌体の乳酸菌で、その濃縮乳酸菌は、傷ついた血管を修復し、脳梗塞心筋梗塞を予防するなど、世界でも類のない乳酸菌で、動脈硬化の予防・改善し、血圧の正常化にはたらいてくれます。

乳酸菌の「数」が多ければ多いほど、免疫効果が高まるということです。

同じ容量で比較した場合、サイズの小さな乳酸菌の方がより多くとり入れることができるため、乳酸菌をたくさん摂取するには、菌体サイズの小さな乳酸菌が適しています。

サイズが小さく、球菌のカタチをした乳酸菌「FK-23フェカリス」が注目され、免疫力を高める効果が期待されています。

サイズが小さいことにより、小腸のすき間から大量にとり込まれて、腸内にある多くの免疫細胞を刺激します。

それによって活性化した免疫細胞が全身に移動し、ウイルスや細菌の侵入を防ぎ、侵入してきた敵と闘ってくれるのです。

健康維持するためには、1日に1兆個の乳酸菌を摂り込みましょう。

KYOTO 健康村の健康作りに役立つお話 – ページ 4 – KYOTO 健康村

癌は、弱アルカリ性体質に変えれば消える

ガン細胞は、酸性の身体しか発症しなく、体内を弱アルカリ性に保つことができれば、ガン細胞はなくなると言われています。

癌患者の血液検査では、癌患者全員の血液が酸性だったそうで、弱アルカリ性体質にするには、私たちの生活習慣を見直すことで変えられます。

体質チェック

1、皮膚に張りがなくなったり、うす暗くなって光沢がなくなっていませんか

2、顔に吹きでものできたり、ニキビができていませんか。

3、疲れやすく、すぐに眠くなったり、少し運動するとすぐに疲れませんか。

4、情緒不安定で怒りやすくなっていませんか。

5、歯茎が出血しやすかったり、傷口が治りにくかったり、あざができやすくなっていませんか。

6、胃腸、肝臓、腎臓の機能が低下していませんか。

7、常に便秘していませんか。

8、甘いものが好きで、口臭がありませんか。

9、脚に汗をかきやすかったり、手足が冷えていませんか。

10、夏になると蚊に刺されやすいことありませんか

上記の項目にあてはまるものが多いほど、酸性体質に傾いていることになります。

ガン細胞は、酸性の身体にしか形成されず、弱アルカリ性の身体には形成されません。

もし、体内にガン細胞が発症しても、身体を弱アルカリ性に変えることが出来れば、ガン細胞は、自然に消滅して行きます。

酸性体質にならないためには、食生活と腸内環境を整える事が大切です。

人の体は約60 %が水分で、健康な状態では、中性に近い弱アルカリ性に保たれています。

腎臓の働きが悪くなると、酸の排泄がうまくいかなくなると、酸性に傾いた状態に陥ってしまいます。

体が酸性に傾くと、免疫力が低下して、さまざまな病気を引き起こすようになります。

疲労感や脱力感などといった症状を感じることもあるといわれています。

体が酸性に傾いたとき、腎臓は、血液中に重炭酸イオンを放出します。

重炭酸イオンは中和する酸と同じ量を消費しますので、糸球体でろ過されたあと、尿細管で再吸収し、補充しています。

つまり、腎臓は重炭酸イオンの量を保つ働きもしているわけです。

腎臓の機能が悪くなりますと、重炭酸イオンが減少し酸性に傾きます。

反対に、重炭酸イオンが増えると、体はアルカリ性に傾き、けいれん・吐き気・しびれなどの体調不良が現れるといわれています。

人間が生命活動を維持していくためには、腎臓が大きく関係している酸とアルカリのバランスを一定に保つ必要があります。

プロテサンを摂取しますと、腸管免疫力が高まり、体の冷えを改善したり、癌細胞を縮小したり、動脈硬化を起こした血管や傷ついた血管を修復したりします。

KYOTO 健康村の健康作りに役立つお話 – KYOTO 健康村