100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

若者のミネラル不足による健康障害

ミネラルの不足が原因で、若者の健康障害が増え、ミネラルは、自動車のエンジンプラグのような働きをしてくれています。

食生活から充分なミネラルか摂取できないと、代謝機能が低下して生理的な機能が維持されず、さまざまな原因不明の健康障害や疾病が発生します。

 

現在の市場に出ている野菜が、半世紀前の野菜に比べて、ビタミンやミネラルが非常に少・なくなっでいることはよく知られています。

 

私たちは、ビタミン欠損、ミネラル欠損、農薬漬け、環境ホルモン漬けの野菜を毎日食べています。

 

その結果、さまざまな健康障害を来たしていると考えられますが、根本的な解決方法がありません。

 

現代人は健康継持のために、サブリメントを積極的に利用しなげればならないことが、常識のようになって来ています。

 

食環境の破壊から、体をこわしで病院に行くと、今度はクスリ漬けになってしまいます。

 

食事から、ビタミンやミネラルが摂れなくなったのは、野菜などのミネラルが少なくなったためです。

 

それは、土壌のミネラルをはじめとする栄養不足に陥ったのが原因です。

 

昔はし尿や堆肥を肥料としていましたので、土壌は豊富なミネラルを含んでいました。
ミネラルが循環していたわげです。

 

ミミズやモグラなどをはじめ畑を耕してくれる生物がたくさんいましたし、微生物もたくさん含まれていて、アミノ酸や糖質など生命体に欠かせない物質が豊富にあり、それが野菜やくだもののビタミン含有量を増やし、味覚にも影響を与えていました。

 

私たちの体は、食べ物で養われているといいましたが、元を辿れば土壌によって養われ健康を維持しているといっても過言ではないのです。

 

しかし、農薬による生態系の破壊や、ごく一部元素しか含まない肥料をもちいで、短期的に多量の栽培を行っているために、土壌を破壊し農作物がミネラル欠損や栄養欠損を起こしています。

 

癌の死亡率は、半世紀前までは、5~6%しかありませんでしたが、半世紀の間に30%まで増え、もうすぐ2人に1人が癌で亡くなるようになります。

 

わずか半世紀の間に変わったのは、ビタミンやミネラル欠損のために、酵素機能低下や免疫機能の低下があると言えます。

 

今、若者に異常な神経をもった方が増えて、感情のコントロールが効かなくなって犯罪を起こしています。

 

これらの症状も栄養欠損や化学物質が要因になっています。

カルマックスを数滴入れた水に野菜を浸けるだけで、瞬時に美味しいミネラル野菜になります。

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/calmaxs/

KYOTO健康村TOP

脳や体の健康投資

認知症にならないために、今あるサラダ油やマーガリンを廃棄して、アマニ油やエゴマ油、オリーブ油に変えることは、大切な脳や体の健康投資です。

 

日本人の多くは、サラダ油などのオメガ6系オイを、必要ながら摂りすぎている場合がほとんどで、それが、肥満やガン、生活習慣病の原因になっています。

 

体に害を及ぼす危険性があるので控えるべきトランス脂肪酸、必要だけれど摂りすぎると良くない長鎖脂肪酸やオメガ6系オイルに気をつけることが大切です。

 

私たちが日々摂取する食用油の多くは長鎖脂肪酸でできていて、その長い鎖は消化吸収されるまでにいくつものプロセスを経なければいけません。

 

それに比べ鎖の短い中鎖脂肪酸は、水になじみやすい性質を持ち、より速やかに分解されるのです。

 

その結果、すばやくエネルギーに変換され、体脂肪として蓄積されにくくなります。

 

脳のエネルギー源である“ケトン体”に体内で変換されやすいことも最近の研究でわかり、アルツハイマー病への応用研究も始まっています。

 

食用油の選択は重要で、ペットボトル入りのサラダ油は、時間の経過、温度、紫外線によって劣化してしまいます。

 

食用油の成分表に、(植物性油脂)と害いているあるものは、買うのを控えた方が良いよいでしょう。

 

これらは主成分がリノール酸で、脳や体に悪影響を与えるので、避けるのが賢明です。

 

植物油は生鮮食品と同じ生もので、熱や光に弱く、酸化してしまいます。

 

リノール酸を多く含んでいるサラダ油は、工場での高温精製のためにヒドロキシノネナールというやっかいな神経毒が混入しています。

 

サラダ油を料理店や家庭で加熱すると、この神経細胞を破壊する毒物、ヒドロキシノネナールが一挙に増加します。

 

揚げカスを濾すことはできても、加熱により増加した神経毒を濾過することはできません,

 

加熱に強いおすすめの植物油は、米油、ゴマ油で、オリーブ油は、130℃までの短時間の炒めでしたら大丈夫です。

 

フライノンの底力ら4cm~5cm以下で少量の油で、ひっくり返したり、上から油わかけたりして効率よく揚げるのがよい方法です。

 

一度加熱した油は、再使用しないで、使い捨てにしてください。

 

自身の健康や家族、特に子どもたちの将来を守るために、今、すべきことはサラダ油を使用しているインスタント食品やファーストフード、スナック菓子などを摂らないことです。

 

細胞をいきいきと活性化させ、脳や目を良くするアマニ油やゴマ油エゴマ油、そして青魚を食べましょう。

 

うつ病や心の病に悩む方は、サラダ油を止めてリノール酸の摂取量を減らし、オメガ3の脂肪酸であるαリレン酸の摂取量を増やすことです。

酸化しないサラダ油の作り方

 

原因不明の病気が増えている日本

最近、多くの人たちが、表現しがたい体の不調を訴えるケースが急増しているそうです。

 

医師から処方された何種類かの薬を試してみてもいっこうに改善しません。

 

そこで、CTスキャンMRIなどによる検査でも原因がわかりません。

 

原因がわからなければ治療する方法はありません。

 

こうした症状の多くの原因が「化学物質過敏症」といわれています。

 

私たちの生活環境は急激に変化しました。

 

今は、化学物質の中で生活しているせいかつになっています。

 

医薬品、食品添加物、化粧、防虫剤、防臭剤、塗料、接着剤、カーテンなどに添加される防炎剤と数えきれません。

 

気ガスに含まれるCO2、化学物質とは違いますが、パソコン、携帯電話、電気カーペットなど電気回線から発生する電磁波などもきな影響を体に与えています。

 

かつて私たちが生活の中で経験したことのない、恐るべき環境の中にいます。

 

こうした化学物質は、体にとっては異物(敵ですから、懸命に、けなげに反撃しよとがんばります。

 

しかし、あまりにも多種多彩の化学物質に絶え間なく攻撃を受けていると、身も心も疲れ果ててしまいます。

 

風邪でもないのに頭が痛い、疲れやすい、落ち着きがない、気分がすぐれず気力が衰えた、といった慣性疲労症候群は、化学物質過敏症の典型的な症状といえます。

 

アレルギー」「化学物質過敏症」といった、かつて経験したことのない症状に、長いさらされていると、私たちの体に備わった精巧でち密な免疫システムもさすがに疲れて、その機能が衰えてしまいます。

 

そして細菌やウィルスへの対応もにぶくなってしいます。

 

日本の人口は世界の2%に過ぎないのに、世界の薬の約40%は、日本人が使っているるそうです。

 

プロテサンを摂取しますと、腸管免疫力が高まり、体の冷えを改善したり、癌細胞を縮小したり、動脈硬化を起こした血管や傷ついた血管を修復したりします。

 

他にも、ドロドロな血液が、サラサラした血液になり、さまざまな病気が遠のいて行きます。

ドイツ生まれのHealy健康法情報 – KYOTO 健康村

癌の殺し屋マクロファージが通常より100倍速くなる

コラーゲンと免疫とは、深い関わりが在り、体内に侵入したウイルスや細菌なとを撃退してくれるマクロファージは、コラーゲンとの相性が良く、マクロファージが通常より100倍近いスピードにUPします。

 

マウスに、さまざまな種類のコラーゲンを与え、癌細胞を移植する実験をした結果、高分子のコラーゲンを与えたマウスは、癌細胞を跳ね飛ばし、最も生存率が高く二度と癌にならなことが分りました。

コラーゲンは、動物性タンパク質の一種で、高分子コラーゲンの場合、一部が分解されずに高分子コラーゲンのまま吸収されそのことで、免疫力が高まります。

低分子コラーゲンは、高分子コラーゲンを人工的に細かく切ったのが低分子コラーゲンで、体内でアミノ酸に分解されてしまう為、栄養としては役立ちますが、免疫を高める力は期待できません。

高分子コラーゲンで、下咽頭ガンを克服

コラーゲンの研究者である榎木先生は、下咽頭ガンになられ、声も出なくなり。1ヵ月の放射線治療の後、自分の実験結果を信じて毎日10gのコラーゲンの粉末を飲み続けたところ、約4ヵ月後にはほとんど回復されました。

再発の懸念もあったので、その後数年間は1日5g~10gのコラーゲンを摂り続けました。

その結果、15年後の現在もガンは再発せず、まったくの健康体です。

コラーゲンは、薬と違って副作用もなく、毎日の生活に取り入れて、健康づくりに役立ててください。

www.kyoto-kenkou-mura.com

体力の衰えや気力不足、こんな体調不調が続く原因は・・・

年齢を重ねるにつれて、今まで感じなかったはずの体力の衰えや気力不足、こんな体調不調などを感じることはありませんか?

 

①毎日ちゃんと寝ても疲れが取れず、朝がツライ。

 

②季節の変わり目に、すぐ体調を崩してしまう。

 

③体調不良が長く続いている。

 

④昔ほど食べられなくなり、食事が楽しめない。

 

⑤趣味を楽しむ元気がなく、気力がなくなった。

いつまでも続く「体の不調」の原因は“腸”と“肝臓の疲労”です

腸の免疫力アップのためには、「乳酸菌」をバランス良く摂ることが大切です。

 

冷えは万病のもと”といわれているように、体温が低いと血の巡りが悪くなり、免疫力の低下を引き起こします。

 

免疫力の低下しますと体の機能がきちんと働かず、栄養を摂っても摂っても、うまく使うことができない燃費の悪い体になってしまいます。

 

人の腸内には約100兆個もの細菌が存在し、食べたものを消化・吸収したり、老廃物や毒素を排出したりしています。

 

その種類はなんと1.000種類にも及び、それぞれがバランスよく働くことで様々な危険から体を守ってくれています。

 

せっかく栄養を摂ってもきちんと吸収できなければエネルギーになりませんし、外からのダメージもブロックできません。

腸の免疫力アップは、肝機能改善や健康にも美容にも欠かせない濃縮乳酸菌をお薦めします。

濃縮乳酸菌のプロテサンは、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロール中性脂肪を減少させるという、医薬品でも難しい脂質にたいする理想的な働きをFK-23 菌はしてくれます。

 

濃縮乳酸菌のプロテサンは、動脈硬化だけでなく、腸内細菌叢を改善させ、体内に蓄積した有害物質を排出させたり、腸管免疫を活性化させて、癌の予防や縮小に抗がん力を発揮してくれます。

 

濃縮乳酸菌のプロテサンは、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、主治医にしかられなく病院の治療の内容にかかわらず食べれ、病気と闘っている方の強い味方になっくれます。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト

ドイツ生まれの健康法

新型コロナウイルスに感染するかもしれないという不安は当然であり、その不安に対して対処することは当然です。

感染対策として、マスク着用、手洗い、うがい、アルコール消毒、外出自粛、ソーシャルディスタンスなどは当たり前のことです。

これら、出来うる対策をしているにも関わらず、過剰な不安を持っている方が多々います。

不安から脱却することも、感染予防の一つではないかと考えます。

理由は、自律神経です。

新型コロナストレスに暴露されると、防衛的に交感神経が優位になり、そうなると、通常、副交感神経は抑制されます。

副交感神経が優位になるとリンパ球が増えます。

逆に、副交感神経が抑制されると、このリンパ球が減少して、ウイルスへの抵抗力を下げてしまいます。

必要以上に不安になることで、かえって免疫力を下げてしまい、感染しやすい体を作ってしまいます。

免疫が正常に機能するための鍵となるのは、自律神経がバランスよく働いているかどうかです。

自律神経は、交感神経と副交感神経があります。

交感神経はおもに日中、活動している時に優位になります。

全身の活動力を高める神経で、血圧や血糖を上げたり、血液を筋肉や脳に集める働きがあります。

副交感神経はおもに夜間、リラックスしているときに優位に働きます。

身体を回復させる神経で、内臓の機能を高めたり、免疫機能を正常にする作用があります。

「ストレスは悪い」というイメージがありますが、全くストレスがない状態よりも、多少はある方が生活にメリハリがつき、仕事や勉強も進めやすくなります。

しかし、長期間にわたって強いストレスにさらされると、自律神経の働きが乱れ、常に交感神経ばかりが優位になってしまいます。

そうなると、免疫機能が正常に働きません。

では、どのようなことを心がければ、自律神経のバランスを整える=免疫機能を正常に保つことができるのでしょうか?

自律神経の働きは、心理状態に大きく影響されます。

ですからストレスに対処することが最も大切なポイントといえるでしょう。

そしてもちろん、生活習慣を見直すことも必要です。

自律神経は、全身の血管や内臓などの働きを、無意識のうちに調整している神経で、「交感神経」と「副交感神経」の2つがあり、両者はバランスをとりながら働いています。

ストレスなどがかかると交感神経が優位になり、リラックスすると副交感神経が優位になります。

いずれの側にも傾きすぎず、ちょうどいいバランスにあることが正常な状態です。

「交感神経」は、主に昼間などの活動時、緊張、興奮しているときに働く神経で、アドレナリンという物質を分泌して、白血球のうちの「顆粒球」の数と働きを調整しています。

「顆粒球」は、白血球の54~60%を占め、心身に過度なストレスがかかり、交感神経が優位な状態になると増加します。

一方、「副交感神経」は、主に夜間などの休息時、リラックスしているときに働く神経で、アセチルコリンという物質を分泌して、白血球のうちの「リンパ球」の数と働きを調整しています。

「リンパ球」は、白血球の35~41%を占め、心身がリラックスした、副交感神経が優位になると増加します。

全身の血行は、自律神経に支配されていますが、特に問題となるのが、交感神経が優位な状態が続くことです。

その結果、血管が過度に収縮して血行が悪くなり、心臓病や高血圧の発症が促されます。

同時に新陳代謝も低下し、体に必要なものが行き届かないうえ、体に不要な老廃物や毒素が排泄されず、病気を招いてしまいます。

反対に、副交感神経が優位になって、血管が過度に拡張し、血行が悪くなる場合もあります。

交感神経が優位になり、顆粒球が過剰に増えると、活性酸素も増加します。

顆粒球は、体内で主に外から侵入した細菌と闘いますが、役割を終えると臓器や血管などの粘膜上で、活性酸素を放出しながら死んで行きます。

体内には活性酸素を無毒化する仕組みもありますが、顆粒球が過剰になるとその働きが追いつかず、広範囲で組織破壊を引き起こして病気を招くことになるのです。

交感神経が優位になり、血行が悪くなると、体温も下がってきます。

逆に、副交感神経が優位になり、血行が促進されると、体温が上がります。

食事により、消化管の活動が盛んになると、副交感神経が活性化され、体温が上がってきます。

自律神経は無意識のうちに働きますが、呼吸によってコントロールが出来ます。

息を吸うときは交感神経が優位になり、吐くときは副交感神経が優位になります。

また、交感神経が優位のときは速くて浅い呼吸になり、副交感神経が優位のときはゆったりした呼吸になります。

ですから、ゆっくりと吐く息の長い呼吸をすることで、ストレスなどの緊張をほぐして行くことが出来ます。

また、白血球のうちのリンパ球の比率を増加させることも出来、がんなどの病気に対する免疫力を高めることも出来るのです。

ドイツ生まれの健康法は、体に蓄積している化学物質やストレスを抜き、自律神経のバランスを整えて、免疫機能を正常に保つことで、健康が取り戻せます。

脳には、体の機能をコントロールする司令室があり、そこから脳脊髄神経を通路として様々な命令が電気的なエネルギー、すなわち神経エネルギーとして送られ、身体の末端まで伝達されることで、人は自由に身体を動かし、自由な発想で様々な考えや芸術を生み出し、健康でいることが出来ますが、加齢やストレス、食生活、携帯電話や電気製品の電磁波の影響によって、脳からの周波数が弱くなったり、流れが悪くなることで、カラダに支障が現れてくるようになります。

Healyは、スマートホンからプログラムをダウンロードし、それを体内に取り込むだけです。

自律神経を整えるドイツ生まれのHealy – KYOTO 健康村

睡眠不足すると肥満になる

7時間寝ますと、その消費カロリーは、なんと360カロリーで、眠っているだけでハンバーガー約1個分のカロリーを消費できますが、睡眠不足になります太ってきます。

 

寝不足は太る原因のひとつは、脳科学では、しっかり寝ないと食欲を抑えるホルモン「レプチン」の分泌が減り、逆に食欲を増進するホルモン「グレリン」は増えるからです。

 

寝不足の肥満のリスクは、8時間睡眠に比べて、4時間睡眠だと70%以上も肥満のリスクが上がってしまいます。

 

寝不足は、肥満だけじゃない!病気のリスクもたかまります。

 

世界保健機関(WHO)によると、人間は平均して7時間〜8時間の睡眠時間をとる必要があるとしています。

 

これは、肉体的、感情的、精神的に私たちが健康を維持するために必要な時間です。

 

寝不足について様々な研究が世界中で行われていますが、寝不足は肥満だけではなく、脳卒中、癌、アルツハイマー認知症、記憶障害、糖尿病など恐ろしい病気のリスクも高める事が分かってきています。

 

睡眠に肥満にならないためには

 

食事を摂れば、体は消化しようとエネルギーを燃やしますが、もし、寝る時間にまだ消化中だったらどうなるでしょう?

 

本来、睡眠時間に消費されるカロリーが後回しになり、寝ている間に脂肪を吸収することになります。

 

就寝時間には食べ物の消化が終わっている状態がベスト!

 

寝る3時間前までには食事を済ませることが大切です。

 

「腹8分目」の野菜中心の夕食、就寝3時間前なら何を食べてもOK!なんて事はありません。

 

脂肪分の多い揚げ物など油っこいものは消化に時間がかかります。

 

野菜中心の食事で食べ過ぎないよう注意しましょう。

 

ベストな睡眠時間は7~8時間が最適で、睡眠中の消費カロリーを促しているのは「成長ホルモン」です。

 

別名「痩せホルモン」といわれるこの成分は、脂肪を分解させる働きがあります。

 

睡眠時間が短いと、満腹ホルモンが減り、空腹ホルモンが増えてしまいます。

 

ホルモン分泌量のバランスを整えるには、平均7~8時間の睡眠時間が必要です。

 

快眠への環境を整る睡眠ダイエットを成功させるには、眠りの質がとっても大切で、自然に眠気を誘うように照明は落とし、静かな環境で過ごしましょう。

 

就寝前に体温を上げておくのもオススメ。湯船に浸かったり、ストレッチ、手や足裏のマッサージも効果的。

 

就寝前に液晶画面を見続けていると、睡眠や体内時計を司るメラトニンというホルモンの分泌が大幅に抑えられてしまい、本来眠る時間帯にメラトニンが不足すると、寝つきが悪くなり、翌朝の寝起きが悪くなる、という悪循環を招くことになります。

 

お休み前のちょっとしたコツで、肥満や病気のリスクを低下させる事ができますね。質の良い睡眠は、ダイエットだけでなく美肌効果も期待できますよ。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト