100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

女性のがん死亡原因の1位は大腸がん

がんで亡くなる女性の死亡原因でもっとも多いのは、大腸がんだということをご存知ですか・・。

大腸がんで亡くなる方が多いことも事実ですが、大腸がんは、早期発見して適切な治療を行えば、治りやすいがんのひとつともいわれています。

がんの治療成績を示す指標のひとつに、がんが発見されてから5年経過した後の生存者の割合を示す「5年生存率」がありますが、早期に発見された大腸がんの5年生存率は9割に上ります。

大腸がんステージ

0期 :がんの範囲が大腸の粘膜の中まで
1期 :がんの範囲が大腸壁の筋層まで
2期 :がんの範囲が大腸壁の筋層より深いが、リンパ節転移はない
3a期 :がんが周囲のリンパ節(3個以下)に転移している
3b期 :がんが周囲のリンパ節(4個以上)に転移している
4期 :がんが腹膜、肝臓、肺など遠い位置の臓器に転移している

自覚症状がないからこそ受診が必要

大腸がんの早期発見と早期治療のために重要な大腸がん検診ですが、女性の大腸がん検診を受ける方の割合は、男性よりも少ないのが現状です。

初期の大腸がんにはほとんど自覚症状がなく、自分で気づくことは難しいといわれています。

だからこそ、定期的な受診が欠かせないのです。

http://KYOTO 健康村の健康作りに役立つお話 – KYOTO 健康村

免疫力を高める普段口にしている食べ物

さまざまな感染症や病気から身を守るには、免疫力を高めることが重要で、免疫力が高ければ外部から侵入する細菌やウイルスなどをいち早く認識し、異物からからだを守ることが可能となります。

免疫力を上げる方法は、普段口にしている食べ物の中に多くの栄養素が含まれていますが、そのなかには免疫力アップに役立つ栄養素がいっぱいあります。

よく「免疫力を上げよう」などと言いますが、免疫は健康を保持するために欠かせない機能です。

からだの調子を整え、病原体からからだを守り、損傷を受けた場合には正常に戻すのが免疫の役割です。

たとえばウイルスに感染しそうになっても、免疫がからだに侵入しようとする異物を攻撃して排除してくれます。

このほかにも、体内の老廃物や異常な細胞を排出したり、死んだ細胞をリサイクルしたり、傷ついた組織を修復したりと、免疫の役割は多岐にわたります。

免疫機能は、食事で適切な栄養を摂取して高めることが可能です。

免疫力と腸内環境は密接な関係にあり、外から取り入れたものが通過するので異物にさらされる機会が多く、その分からだを守る免疫機能が備わっているのです。

人体にある免疫にかかわる細胞のうち、6割以上は腸にあって、腸内環境を整えることこそ、免疫力アップのカギとなるのです。

私たちの腸内には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類の細菌が存在します。

理想的なバランスは善玉菌が2割、悪玉菌が1割で残りの7割は日和見といって、善玉菌と悪玉菌、どちらか優位な方の菌の味方をします。

免疫力を高める為には、腸内細菌がバランスよく共存できるように、免疫力をサポートできる栄養素をバランスよく摂取しましょう。

ビタミンには、免疫力を高めるものがたくさんあります。美容にも健康にも大切な栄養素なので、それぞれの効果を意識して積極的に摂してください。

ビタミンAは、皮膚や粘膜を正常に保つ栄養素で、とくに喉や鼻は粘膜で菌やウイルスの侵入を防いでいます。

◆おすすめの食材・レバー・うなぎ・にんじん・卵・かぼちゃ・春菊

ビタミンは、からだに異物が侵入したときに戦う力を高める栄養素で、私たちのからだには異物を発見する「マクロファージ」という細胞がありますが、マクロファージは異物への攻撃の司令官の役目をする「T細胞」に侵入者の報告をします。するとT細胞は「B細胞」に、兵士のように戦う「免疫抗体」をたくさん作らせます。この免疫抗体のもとになるのがビタミンです。

◆おすすめの食材・かつお・まぐろ・ヒレ肉・赤ピーマン・にんにく・バナナ・ビタミンC

ビタミンCは、血液中の白血球には、からだに入り込んだ細菌やウイルスなどを死滅させる免疫機能があります。ビタミンCはこの白血球の働きを助けて、ウイルスの排除し、増殖を阻止するたんぱく質インターフェロン」の生成を促す働きがあります。

◆おすすめの食材・レンコン・芽キャベツ・ジャガイモ・ほうれん草・キウイフルーツ・いちご・柑橘類

ビタミンEは、私たちは毎日呼吸によって酸素を体内に取り入れていますが、一部の酸素は「活性酸素」となって体内の細胞を酸化させます。酸化は「サビ」とも表現されますが、免疫細胞をサビさせてダメージを与え、免疫機能が低下させます。

ビタミンEには抗酸化作用があり、細胞や組織を酸化から守ることができます。このことから、免疫細胞の機能低下を抑える効果が期待されています。

◆おすすめの食材・うなぎ・かぼちゃ・アーモンド・アボカド・ブルーベリー・植物油

ミネラルは、ミネラルは五大栄養素のうちのひとつ。体内で合成することができないので、食事から必ず摂る必要があります。亜鉛はビタミンAと同様、皮膚や粘膜を助ける働きをし、銅はたんぱく質とともに免疫細胞を助ける役目を持っています。

◆おすすめの食材・牡蠣・卵・牛肉・ナッツ・レバー・大豆

タンパク質は、タンパク質は私たちの皮膚や骨、筋肉、血液などを作る材料で、体内に異物が侵入したときに撃退して、からだを守ってくれる「キラーT細胞」を作るもとでもあります。

◆おすすめの食材・魚・肉・卵・大豆・乳製品

脂質は免疫細胞の構造や機能に欠かせない栄養素であり、免疫細胞が働くためのエネルギー源ともなっています。さらに、異物の侵入を伝達したり、キラーT細胞を作るタンパク質の働きを助けたり、抗体を作る指令を伝達したりと、縁の下の力持ちのような存在も担っています。

◆おすすめの食材・牛・豚バラ肉・さば・バター・マカダミアナッツ・ベーコン・クリームチーズ

食物繊維は、お通じを助ける栄養素として知られていますが、善玉菌の餌にもなります。すこやかな腸内環境は善玉菌が優位となっていることが求められるため、食物繊維によって善玉菌を増やして腸内環境を整えることで免疫機能を助けます。

◆おすすめの食材・ごぼう・さつまいも・きのこ・れんこん・ブロッコリー・海藻類

ポリフェノールは、活性酸素を取り除いて、からだの酸化を防ぐ働きがあります。活性酸素が大量に生成されてしまうと体内の免疫細胞が傷つき、免疫力が低下するので、近年注目されている栄養成分のひとつです。

◆おすすめの食材・ブルーベリー・ぶどう・なす・緑茶・玄米・玉ねぎ・ココア

LPSは、栄養素とは異なりますが、「免疫ビタミン」とも呼ばれ、免疫力アップ効果が注目されている成分です。土の中などに存在するグラム陰性細菌を構成する成分ですが、異物の存在を免疫細胞に伝達したり、病原体などを食べたりするマクロファージを活性化することから、免疫力を高める働きが期待されています。

◆おすすめの食材・ゴボウ・れんこん・ほうれん草・玄米・海藻類

過剰栄養が免疫に悪影響を及ぼすこともある

栄養を摂りすぎてしまうと肥満になりやすいことは知られていますが、肥満は免疫力をも低下させてしまいます。なぜなら、肥満となったからだでは、脂肪組織にマクロファージが入り込んでしまい、免疫機能をつかさどるT細胞が減少してしまうからです。

免疫力を高めるためには、さまざまな食品をまんべんなく摂取し、栄養バランスの良い食事を摂ることが不可欠なのです。

ワンデンフーズは、国が認めた栄養機能食品。人にとって大切な栄養素が50種類以上、ワンデフーズには、ビタミンやミネラル、アミノ酸などがバランス良く含まれているのが特徴で、ビタミン・ミネラル・植物発酵エキス配合したサプリメントです。

健康・美容・若さを保つうえで必要不可欠なビタミンと、身体機能の維持や調節に欠かせない必須成分ミネラルを一緒に摂れる商品です。

ほとんどのビタミンは、体の中ではつくれないので、どうしても食べ物など外から摂取しなければなりません。ミネラルは、私たちの身体の臓器や組織のいろいろな反応を円滑に働かせるために必要な栄養素で、一緒に摂ることでより高い働きが期待できます。

栄養機能食品とは、特定保健用食品や機能性表示食品などの保健機能食品に分類され、栄養成分(ビタミン&ミネラルなど)の補給のためのに利用される食品の事を言います。

ワンデンフーズは、1日に人が必要とする栄要素、ビタミン8種類(ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンE・ナイアシン・パテトテン酸)ミネラル4種類(亜鉛・カルシュウム・マグネシュウム・銅)が、一度に摂取できる国の規格基準に適合したサプリメントです。

栄養機能食品は、消費者庁の定められた栄養成分量や食品表示基準に適合した食品のみが販売を認められています。

http://KYOTO 健康村の健康作りに役立つお話 – KYOTO 健康村

今年の花粉症対策に

花粉症になる方は、悪玉菌が多くて、腸内環境が悪くなっていて、悪玉菌が増えることは、免疫バランスが崩れている証拠で、症状の軽減または治すためには、食生活を変えることが大切です。

和食に切り替えるだけで、花粉症が改善でき方も多く居られます。

 

花粉症改善に、有効的な方法は、濃縮乳酸菌を摂取することです。

 

悪玉菌は、動物性脂肪・動物性たんぱく質を大好物で、これらを多くとり悪玉菌の勢力が拡大すると、人間にとって有害な成分が腸内にあふれ、腸内が腐敗し、免疫力が低下し、その害は全身におよび、アレルギー、病気、老化を促進させます。

 

アレルギーの子供さんは、善玉菌が少ないと言われています。

 

善玉菌が増えれば、免疫反応のバランスが整い、アレルギーの発症を抑えることが期待できるのです。

 

乳酸菌といっても種類はいろいろあって、アレルギー疾患に強い効果があるのは、免疫バランス改善力を持った特定の乳酸菌で、この種類の乳酸菌には、体内の免疫バランスを整え、免疫力を高めます。

 

チサフェルナは、抗アレルギーの働きがある乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物が使用された抗アレルギーサプリです。

 

カラダの環境を整えて内側からの美しさと健康を望まれる女性や、花粉症や鼻炎で悩んでいる方、身体の中から元気になりたい方々、健康維持を目的とする方、過敏な方、すこやかに成長されるお子様など、あらゆる方々に幅広くご愛用いただけます。

 

眠気などの副作用のない、体に優しい乳酸菌サプリ

近年の研究により、アレルギーの解明が進み腸内細菌と免疫の関係が注目され、腸内には善玉菌と悪玉菌が生息し、常に双方が勢力争いを起こしています。

 

悪玉菌は、動物性脂肪・動物性たんぱく質を大好物としています。

 

これらを多くとり悪玉菌の勢力が拡大すると、人間にとって有害な成分が腸内にあふれ、腸内が腐敗し、免疫力が低下し、その害は全身におよび、アレルギー、病気、老化を促進させます。

 

アレルギーの方の腸内には、乳酸菌が少ないともいわれ、乳酸菌が増えれば、免疫反応のバランスが整い、アレルギーの発症を抑えることが期待できるのです。

 

また、一口に乳酸菌といっても種類はいろいろあります。

 

アレルギー疾患に強い効果があるのは、免疫バランス改善力を持った特定のLFK乳酸菌です。

この種類の乳酸菌には、体内の免疫バランスを整え、体の内側から免疫力を高めることで、根本的なアレルギー体質の改善が期待できます。

 

対症療法ではない身体の内側からのアレルギー等の体質改善を促す。

 

そんな乳酸菌の持つ安心な効果が、今非常に注目されているのです。

2兆個濃縮乳酸菌が花粉症・鼻炎・アレルギー緩和

チサフェルナは、エンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKで、抗アレルギー用途特許を取得したサプリメントです。

 

エンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、他の乳酸菌と違う大きな特徴は、死菌体で小さく、加熱殺菌されてもので、大量の乳酸菌摂取が可能です。

 

エンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、殺菌されていても、免疫向上効果を損なわず、生菌の3倍免疫力が高まります

生菌は、一度に摂取できる乳酸菌の量に限界があり、多くても100億個~400億個しか取れませんが、加熱処理したエンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKだと一度に2兆個の摂取が可能です。

悪玉菌は、物動性脂肪・動物性たんぱく質を大好物で、乳製品を断つのも、花粉症やアレルギーから抜け出す近道です。

 

物動性脂肪・動物性たんぱく質を多く取りますと、悪玉菌の勢力が拡大することで、人間にとって有害な成分が腸内にあふれ、腸内が腐敗し、免疫力が低下することで、その害は全身におよび、アレルギー、病気、老化を促進させます。

 

アレルギーの方の腸内には、乳酸菌が少なく乳酸菌を増やせば、免疫反応のバランスが整い、アレルギーの発症を抑えることが期待できるのです。

 

乳酸菌といっても種類はいろいろあり、アレルギー疾患に強い効果があるのは、免疫バランス改善力を持ったエンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKです。

 

この種類の乳酸菌には、体内の免疫バランスを整え、体の内側から免疫力を高めることで、根本的なアレルギー体質の改善が期待できます。

 

「対症療法ではない身体の内側からのアレルギー等の体質改善を促す」そんな乳酸菌の持つ安心な効果が、今非常に注目されているのです。

 

チサフェルナは、抗アレルギーの働きがある乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物が使用されています。

 

チサフエルナは、カラダの環境を整えて内側からの美しさと健康を望まれる女性や、花粉症や鼻炎で悩んでいる方、身体の中から元気になりたい方々、健康維持を目的とする方、過敏な方、すこやかに成長されるお子様など、あらゆる方々に幅広くご愛用いただけます。

花粉症を緩和してくれる乳酸菌食品 – KYOTO 健康村

糖尿病と認知症の深い関わり

糖尿病と認知症は関連が深く、認知症の有病者数は、全世界で2015年には4,680万人だったが、2050年までに3倍に増えると予測されています。

 

日本でも、2012年に65歳以上の15%に当たる462万人が認知症とみらており、今後も増加傾向が続くと言われています。

 

認知機能と腸内細菌は強く関連することを、国立長寿医療研究センターが明らかにされています。

 

認知症の患者の糞便では乳酸値が低下しており、腸内で善玉菌が減り、悪玉菌が増えている可能性があります。

 

腸内細菌は、糖尿病や肥満、心疾患にも影響すると考えられている。腸内には数百から1,000種類の細菌が生息しており、その構成は年齢や食事などで変化しています。

 

ヒトの腸管内には100兆個にもおよぶ腸内細菌が生息している。この腸内細菌の集団(腸内細菌叢)が、消化機能では分解できない食物繊維などを嫌気発酵により代謝し、さまざまな代謝物質につくりかえる働きをしています。

 

アンモニアなどの腐敗産物が増加するのは、これを産生する悪玉の腸内細菌が増えているからだと考えられる一方、乳酸はビフィズス菌などの善玉菌が作りだすもので、腸内の善玉菌の増殖を助け、悪玉菌が増えるのを抑えています。

 

とくに、認知症で糞便中の乳酸が低下していたという新しい発見は、認知症の新たな予防法の開発への糸口になる可能性があります。

 

これらの腸内細菌叢が産生する代謝物質は、短鎖脂肪酸のような健康に有益なものもあれば、尿毒素のような悪影響を与えるものもあります。

 

近年、腎臓病の病態に、腸内細菌叢を含む腸内環境が関わっており、腸管が腎臓と相互に影響を及ぼしあう「腸腎連関」があることが明らかにされりつつあります。

 

腸内フローラがインスリン抵抗性の原因 腸内細菌が炎症を起こします。

 

ウォーキングが腸内フローラを改善 運動をすると腸内菌が健康になります。

 

ファストフードを食べ過ぎると腸内細菌が減少 肥満や糖尿病の原因になります。

 

糖尿病や高血圧などのさまざまな原因で発症する慢性腎臓病は、腎臓の働きが徐々に低下していく病気の総称。最後まで進行し末期腎不全に陥ると、透析治療が必要になります。

 

さらに、慢性腎臓病は脳心血管疾患の発症率を上昇させ、死亡率も高める。日本の成人の8人に1人が発症する国民病だが、進行した慢性腎臓病を改善する治療法は少ないようです。

 

慢性腎臓病の病態では、腸内細菌叢の変化など、腸内環境と腎臓が相互に影響を及ぼしあう「腸腎連関」があることが知られているが、腸内細菌叢がどのように関わっているか不明な点が多いりです。

 

腎機能が低下すると、本来尿から排泄すべきさまざまな物質が体内に蓄積します。

 

腸内細菌叢のバランスをコントロールすることが、慢性腎臓病の進展を予防するために重要です。

 

免疫力を高めるということは、健康な身体を取り戻す「若返り」の効果もあり、あらゆる乳酸菌の中で「FK-23菌」は、免疫力がズバ抜けて高い菌です。

 

肝機能を向上させる効果があり、C 型肝炎治療剤としての特許も取得している「FK-23菌」ならば、これも決して不自然な話ではないのです。

 

免疫力を高めれば、ガンの再発や転移の可能性を低くすることもできまできます。

 

病気を克服するために、体調そのものを改善してくれます。

 

そんな効果が期待できるのが「FK-23菌」が21世紀のサプリメントと呼ばれる理由があります。

 

生菌を原料とした通常の乳酸菌のサプリメントに比べて、殺菌済みの「FK-23菌」は、腸内に送り込むことができる菌の数が圧倒的に多いのて、他の乳酸菌に比べ腸管免疫を高める効果は3倍、体内で変化することもないため。安心して食べられるのです。

 

「主治医にしがられない」「病院での治療の内容にかかわらず食べれる」のですから,現在すでに病気と闘っている人にとつて、心強い味方といえるのではないでしょうか。

http://KYOTO 健康村の健康作りに役立つお話 – KYOTO 健康村2te 

乳製品の摂取量の多人ほど前立腺がんリス乳製品の

前立腺癌による死亡数は、年間の前立腺癌による死亡数は1960 年480 人、1970 年 883 人、1980年 1736 人、1990 年 3460 人、2000年 7514 人で、10 年で2 倍に増加が続いています。

高齢者に多い癌ですので、社会の高齢化によっても増えてきていますが、各年代毎の前立腺癌による死亡率も増えています。

前立腺癌になりやすいのは

乳製品、牛乳、ヨーグルなどの摂取量の多人ほど前立腺がんリスクが高いことがことが、国立ガンセンターによって明らかにされています。

カルシウムや飽和脂肪酸の摂取量が増えるほど、前立腺がんのリスクが高まります。

欧米では、多くの研究で、乳製品が前立腺がんのリスクであることが報告されています。

乳製品に含まれる飽和脂肪酸の摂取により、テストステロン濃度を上げることで前立腺がんのリスクとなる可能性も推測されています。

飽和脂肪酸の中でも、ミリスチン酸やパルミチン酸と前立腺がんとの関連が見られ、日本人男性の前立腺がんでは、カルシウムよりも飽和脂肪酸の関連がより強とのことです。

乳製品の摂取は控えた方がよいのか?

乳製品をたくさん摂取すると前立腺がんのリスクが高くなりますが、一方、乳製品の摂取が、骨粗鬆症、高血圧、大腸がんといった疾患に予防的であるという報告も多くあります。

牛乳は、妊娠中の牛から搾乳されたもので、乳牛や飼育牛には、女性ホルモンのエストロゲンが使用されています。

アメリカ輸入肉のホルモン残留濃度は、日本の和牛に比べ赤身で600倍、脂肪で140倍で、日本で使用が禁止されているホルモン剤が使用された乳製品や肉が輸入されています。

妊娠中は、女性ホルモンが多量分泌されることから、そして乳と血は同源であることから、牛乳は女性ホルモン入り白い血液とも言われています。

これらのホルモン、クスリが牛乳に流れ込んで、将来、女性の乳ガン、子宮ガン、男性なら睾丸ガン、前立腺ガン等のリスクを高めることになり、男性の場合は、精子量の低下、男性の女性化の一因とも言われています。

遺伝子組み換えによって作られた「通称BGHホルモン」ヨーロッパでは、このホルモンには発がん性があると言われています。

このホルモンは、牛乳の生産量を著しく増加させる(通常の10%~40%)ためのものです。

アメリカでは、1993年に承認され、あっと言う間にアメリカの多くの乳牛に投与されることになりました。

そのようにして量産された乳製品は、バター、チーズ、ヨーグルト、アイスクリームなど様々な形をとって私達の口から入って来ていることになります。

ホルモン投与により、牛の乳腺炎をはじめとする乳房の感染が増加し、感染を防ぐためにさらに抗生物質が多用されています。

その結果ミルクへの抗生物質残留が増し、それを飲んだ人間にも蓄積され当然悪影響があります。
このようなホルモン投与は乳牛だけではありません。

ほとんどの牛に投与されています。

オーストラリアでは5種類、カナダでは3種類、日本では4種類が認可されています。

EUでは一切認められていないものです。

イタリアやプエルトリコ、フランスではホルモンの残留する牛肉を食べた幼児や男児に乳房が大きくなったり、体毛が生えたり、初潮の始まりが報告されています。

プロテサンは、医師の治療をさまたげない理想のサプリメント

「FK-23菌」の最大の特長は、免疫機 能を高める働きが非常にすぐれていることです。

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものでずから、さまざまな病気に効果があっても不思議ではありません。

抗ガン剤治療をする場合、「FK-23菌」のサプリメシトを食べていれば、その効果を上げてくれる一方、副作用は減らすことがきたいできます。

「主治医の治療を妨げない」ことも強調じたいボイントです。

サプリメントにも、いろいろな種類がめり、なかには身体に会わない場合もあります。

たとえば昨今「ガンに効く」と言われている健康食品のなかには、食べすぎると肝臓を悪くするものもあります。

そのようなサプリメントを食べている人は、抗ガン剤もつかえなくなります。

免疫力が下がり病気は、逆に言えば、免疫・力を高めれば、病気を克服できるということです。

さまざまな乳酸菌があるなかで、濃縮乳酸菌に含まれるFK-23菌は、免疫力の増強のみならず、抗がん剤の指標とされる白血球の数を増やしたり、病原菌の感染を防いだりすることも研究によって実証されています。

http://KYOTO 健康村の健康作りに役立つお話 – KYOTO 健康村

 

歯を修復するカルマックス

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます。

普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。

これを歯垢と言い、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。

この歯垢1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。その中でも歯周病をひき起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。

歯周病の症状は

  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • 歯肉が赤く腫れている。
  • 硬い物が噛みにくい。
  • 歯が細長くなったような気がする。
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • 歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

歯周病によって発症・悪化するといわれている病気・症状・トラブルは・・・。

誤嚥性肺炎

口腔周囲の細菌が気道に入ることによって起こる肺炎で、歯周病の原因菌が入り込んで起こることがもっとも多いとされます。日本における死因としては、実は第4位。患者さんの90%以上が65歳以上の高齢者です。

脳梗塞心筋梗塞

歯周病によって動脈硬化が悪化することがあります。また、動脈硬化が起こった部位から歯周病菌が検出されることが明らかになっています。

骨粗しょう症

まだ研究段階ではありますが、歯周病との相関性が強いといわれています。

細菌性心内膜炎

全症例の30〜40%が口腔内の細菌によって引き起こされているといわれています。

早産・低体重出産

切迫早産の妊婦の場合、高頻度で歯周病菌が検出され、関連性が注目されています。また細菌は胎盤を通過して産科器官への直接的な感染を起こすおそれがあると考えられています。

糖尿病・肥満

歯周病と相互に影響し合っているといわれています。

この他にも、高血圧や高脂血症、腎炎、関節炎、皮膚疾患など、自身の命に関わるものから、胎児に影響するものまで多大な健康被害の元凶となることもあります。歯周病を放置する事で、それだけのリスクがあるという事は皆さんに知っておいていただきたいです。

「じょうぶな歯は生きの秘訣」といわれるように、食べ物をよりよく消化・吸収し、体を快調に維持していくためには歯の健康が不可欠です。

現在の食生活では全体にカルシウムなどのミネラル小足しているため、虫歯や歯槽膿漏などに悩んでいる人も少 なくありません。

市販の歯みがき粉にはつぶ塩や酵素が人っているものも多く出ていまずが、弱くなつている歯や歯ぐきを元から改溥しでいくには、不足しているカルシウムやミネラルを十分に補給ずることがいらばんの近道です

水溶性イオン化カルジウムは非常に吸収がよく、瞬時に不足しているカルシウムを補ってくれ、歯の細くなるのを防ぎ、硬い歯に変えてくれます。

現在使用中の歯みがき粉に少々含ませで使用するだけで、歯や歯ぐきの内而から悪いところを治すだけでなく、イオンコーティングの力で新たな菌やヤニなどの汚れからがっちりガードし、歯垢をつきにくくします。

http://KYOTO 健康村の健康作りに役立つお話 – KYOTO 健康村

糖尿病や認知症iに関わる腸内菌

糖尿病と認知症は関連が深く、認知症の有病者数は、全世界で2015年には4,680万人だったが、2050年までに3倍に増えると予測されています。

 

日本でも、2012年に65歳以上の15%に当たる462万人が認知症とみらており、今後も増加傾向が続くと言われています。

 

認知機能と腸内細菌は強く関連することを、国立長寿医療研究センターが明らかにされています。

 

認知症の患者の糞便では乳酸値が低下しており、腸内で善玉菌が減り、悪玉菌が増えている可能性があります。

 

腸内細菌は、糖尿病や肥満、心疾患にも影響すると考えられている。腸内には数百から1,000種類の細菌が生息しており、その構成は年齢や食事などで変化しています。

 

ヒトの腸管内には100兆個にもおよぶ腸内細菌が生息している。この腸内細菌の集団(腸内細菌叢)が、消化機能では分解できない食物繊維などを嫌気発酵により代謝し、さまざまな代謝物質につくりかえる働きをしています。

 

アンモニアなどの腐敗産物が増加するのは、これを産生する悪玉の腸内細菌が増えているからだと考えられる一方、乳酸はビフィズス菌などの善玉菌が作りだすもので、腸内の善玉菌の増殖を助け、悪玉菌が増えるのを抑えています。

 

とくに、認知症で糞便中の乳酸が低下していたという新しい発見は、認知症の新たな予防法の開発への糸口になる可能性があります。

 

これらの腸内細菌叢が産生する代謝物質は、短鎖脂肪酸のような健康に有益なものもあれば、尿毒素のような悪影響を与えるものもあります。

 

近年、腎臓病の病態に、腸内細菌叢を含む腸内環境が関わっており、腸管が腎臓と相互に影響を及ぼしあう「腸腎連関」があることが明らかにされりつつあります。

 

腸内フローラがインスリン抵抗性の原因 腸内細菌が炎症を起こします。

 

ウォーキングが腸内フローラを改善 運動をすると腸内菌が健康になります。

 

ファストフードを食べ過ぎると腸内細菌が減少 肥満や糖尿病の原因になります。

 

糖尿病や高血圧などのさまざまな原因で発症する慢性腎臓病は、腎臓の働きが徐々に低下していく病気の総称。最後まで進行し末期腎不全に陥ると、透析治療が必要になります。

 

さらに、慢性腎臓病は脳心血管疾患の発症率を上昇させ、死亡率も高める。日本の成人の8人に1人が発症する国民病だが、進行した慢性腎臓病を改善する治療法は少ないようです。

 

慢性腎臓病の病態では、腸内細菌叢の変化など、腸内環境と腎臓が相互に影響を及ぼしあう「腸腎連関」があることが知られているが、腸内細菌叢がどのように関わっているか不明な点が多いりです。

 

腎機能が低下すると、本来尿から排泄すべきさまざまな物質が体内に蓄積します。

 

腸内細菌叢のバランスをコントロールすることが、慢性腎臓病の進展を予防するために重要です。

http://KYOTO 健康村の健康作りに役立つお話 – KYOTO 健康村