100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

脳腫瘍 から10ヶ月で職場復帰

ステビアには、現代人に必要なものが、とてもバランスよく含まれています。 たとえば、欠如しがちなベーター・カロチン、これは呼吸器、消化器の障害を防ぎ、皮膚の角質化を防ぐ作用があります。 ビタミンB1は口内炎、皮膚炎、かゆみなどを防ぎ、ビタミン氏…

癌細胞の芽を摘むステビアエキス

ステビアエキスは人間の元気の応援団て、どこの臓器だけ悪いなどということわなく、全身が元気になる過程で、臓器がみんな元気になり、最終的に全身が元気になります。 細胞の遺伝子を傷つけられると、遺伝子に狂いが生じるため、異常な細胞分裂か起きたまま…

ピロリ菌を殺し善玉菌を増やすステビア

胃がんの原因と言われるビロり菌は、日本人の50歳以上であれば70%が感染しているとされ、胃潰瘍患者の80~90%から発見されていいます。 県立福島医科大学微生物講座における実験によって、ステビアにピロり菌への殺菌作用が確認され、「胃癌及び胃…

難病や癌を撃退する乳酸菌

良質の乳酸菌で癌を一掃 病原体から体を守る腸の環境が悪化すると免疫機能が働くなり、病気を招いてしまいます。 気温が下がますと、お腹が冷え、腸にも悪い影響を及ばすようになります。 食べ物消化・吸収が悪くなったり、血液の流れが悪くなったりし、腸内…

病気を改善するのに最適な量と質の濃縮乳酸菌

乳酸菌は腸内で働く善玉菌のひとつで、がんをはじめ、病気を撃退する効果を得るためには、1日⒈兆個以上の乳酸菌を摂ることが必要です。 腸内には100兆個もの腸内細菌がすみついて、善玉菌と悪玉菌がそれぞれ15%、努カの強いほうに味方をする日和見菌…

癌細胞 の芽を摘むステビア

ステビアエキスは人間の元気の応援団て、どこの臓器だけ悪いなどということわなく、全身が元気になる過程で、臓器がみんな元気になり、最終的に全身が元気になります。 細胞の遺伝子を傷つけられると、遺伝子に狂いが生じるため、異常な細胞分裂か起きたまま…

リバンドしない「お腹ポッコリ」糖質カットダイエット

戦後、欧米文化の流入により、日本人の食生活が激変しました。日本の環境にあった伝統的な和食中心の生活から洋食中心の食生活に変わり、今や美食‣飽食の時代です。 この急激な食生活の変化により、さまざまな生活習慣病が生まれて来ています。 私たちを取り…

末期癌から生還した方の6つの共通点

末期癌から生還した方の6つの共通点は・・・・ ①抗癌剤治療の途中で、すべての抗ガン治療を断った方。 ②癌治療で苦しんでいる時に、必死になって勉強して情報を得られた方。 ③抗癌治療が体の免疫をどんどん低下させている事に気付かれた方。 ④食生活、軽い…

食べ過ぎた糖質をカットする桑葉

戦後、欧米文化の流入により、日本人の食生活が激変しました。日本の環境にあった伝統的な和食中心の生活から洋食中心の食生活に変わり、今や美食‣飽食の時代です。この急激な食生活の変化により、さまざまな生活習慣病が生まれて来ています。 私たちを取り…

癌が発症する90%が活性酸素が原因

病気になる90%は活性酸素が原因て、残りの10%は、風邪やエイズ、新型コロナ、結核などの菌が体内に入っておこる病気、すなわち感染症です。 人は呼吸することによって空気中から酸素を取り入れ、そして細胞はその酸素を使って栄養分を分解し、生きてい…

体内の有害物質や毒素を排泄するモリンガ

モリンガには90種類以上の「食物繊維」「ミネラル」「ビタミン」が豊富に含まれていて、含まれている量・バランスが共に理想的な栄養サプリです。これらの栄養素は一緒に働くことでより高いデトックス作用が期待できます。 モリンガにはとてもたくさんの栄…

がん死亡の8割が栄養不足と肺炎

がん患者はがんによって亡くなると思われていますが、実はがん患者の死因の8割になんらかの感染症が関連している可能性があります。 感染症はがんによって引き起こされたものではなく、不適切な栄養管理による栄養不足が原因と考えられます。栄養不足で免疫…

腎臓を蝕み老化を加速させる添加物

人間が健康に大切なのは、「体内の環境を常に一定に保つ力」です。 体内には、日々さまざまな栄養素や水分が人ってきますが、摂り入れるべきものは摂り入れ,出すべきものは出して、生命活動の為に最適な状態を保っています。 その出し入れが滞って、不要な…

前立腺癌になりやすい乳製品

前立腺癌による死亡数は、年間の前立腺癌による死亡数は1960 年480 人、1970 年 883 人、1980年 1736 人、1990 年 3460 人、2000年 7514 人で、10 年で2 倍に増加が続いています。 高齢者に多い癌ですので、社会の…

乳がんの原因のひとつなる乳製品

日本で乳がんの患者さんが増加しているのは、乳製品が原因の一つではないかと考えられています。 乳がんは、がんのなかでも、日本女性がかかる割合(罹患率)がトップであり、その罹患率は増加の一途をたどっています。 生涯のうちに乳がんになる女性の割合…

若い方に増えている大腸がん初期症状

事の欧米化に伴って右肩あがりに増えてきている大腸がんて、2015年、がんになったのが⒈番多かったのが大腸がんです。 大腸がんの半分以上はS状結腸と直腸で、S状結腸にできたものを「S状結腸がん」、直腸にできたものを「直腸がん」と呼びます。 大腸癌…

抗がん剤治療では、命は伸ばせない

アメリカ国立がん研究所のNCIでは、数千ページにも及ぶ「がんの病因学」という報告書で「抗がん剤は増がん剤である」と言って世界を驚かせています。 抗がん剤を3種類使うとがんは小さくなるが、寿命は7~10倍短くなるという報告もあります。 「がんが進…

癌にならない弱アルカリ性体質を維持する食べ物

健康な人の身体は中性に近い弱アルカリ性で、病気の人の7割は、酸性に傾いいています。 ただし人間は、 活動する限り、酸性が強くなる傾向にあります。 精神的ストレスも酸化の要因の 1つ代謝で生じる老廃物や運動でつくられる乳酸はすべて酸性です。 日光…

現代医学の限界を超えた乳酸菌「FKー23菌」

疫力を高めるということは、健康な身体を取り戻す「若返り」の効果もあるというこど、あらゆる乳酸菌の中で「FK-23菌」は免疫法性作用がズバ抜けて高いのです。 「FK-23菌」を摂取するようになったところ、白髪が減り、黒髪が生えてきた、また抜け毛がお…

抗がん剤治療の止め時

抗がん剤は、さまざまな新薬が開発され、がんに対する薬物治療成績は向上していますが、実際のところ、使ってみなければ効果があるかどうかはわかりません。 抗がん剤は、単独で使った場合、効果があるのはせいぜい30-40%で、効かない可能性のほうが大…

体内毒素が蓄積する便秘

便秘していますと「体内毒素」が、たくさん蓄積されて行きます。 便 秘は若い人から高齢の人までどの年齢層でもみられる排便の悩みの一つで、全体的には男性よりも女性のほうが多い傾向がみられます。 女性は10代の思春期 から便秘になる人が多く,その後…

名医がいる腸

腸内は、健康維持する名医の揃った病院でもあり、病気をつくり出す工場にもなります。腸内細菌は、食べ物の消化、食中毒の予防、アレルギーの症状改善、そしてお肌の調子を整えることなど、私達の健康を維持するために活躍してくれています。 便に色をつけて…

薬を飲めば飲むほど悪化する生活習慣病

糖尿病や高血圧などのいわゆる生活習慣病や、花粉症、アトピー性皮膚炎、慢性関節リウマチをはじめとする膠原病などのアレルギー疾患や免疫疾患です。これらの病気の共通点は、いずれも慣性疾患です。慣性疾患は、一朝一タで生じるわけではありません。なん…

動脈硬化の消失を手助けする乳酸菌

なぜメタボリック症候群が怖いのかと言いますと、これが「死の四重奏デス・カルテット」である高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満をもたらすからです。 そしてこれはまさに動脈硬化を発症させる病態なのです。 「メタボリックドミノ」というのは、「死の四重奏…

若い方に増えている「クーロン病」

「クローン病」というのは、 大まかに言えば、大腸および小腸の粘膜に慢性の炎症あるいは潰瘍をひきおこす原因不明の腸疾患です。 この病気は、口腔から肛門までの消化管のどの部位にも起こるものぞ、消化管の粘膜を侵し、進行すると腸管が狭くなって腸閉塞…

怖いメタボリック症候群

なぜメタボリック症候群が怖いのかと言いますと、これが「死の四重奏デス・カルテット」である高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満をもたらすからです。 そしてこれはまさに動脈硬化を発症させる病態なのです。 「メタボリックドミノ」というのは、「死の四重奏…

腸内悪化が糖尿病を招く

病原菌やウイルスなどが体の中に入ったときに、身を守ろうとするのが免疫です。1日3000個以上生まれているといわれるがん細胞のほとんどが大腸で発生していますが、そのがん細胞に対抗するのも免疫です。 そんな重要な役割を担う免疫細胞の約70%は腸に…

腸内フローラを悪化させる食生活

肉類はたんぱく質や脂肪等の栄養素が豊富に含まれる食べ物ですが、過剰に食べると腸内で悪玉菌が増加するなど、腸内細菌のバランスが崩れます。こうした腸内環境の悪化を放っておくと、腐敗産物の増加などがおこり、大腸の病気になるリスクが高まるのです。…

肌の黒ずみを解消するステビア

顔色のくすみ・唇の色が暗い・しみ、そばかす・目の下のくま・おできや腫瘍などしこりができやすい・慢性的な肩こり、頭痛、関節痛・生理痛がひどく、レバーの様な血塊が出る、この状態を瘀血とも言われています。 「血」の巡りが悪くなると、体のいたるとこ…

お腹の冷えが免疫力を低下させる

「お腹が冷えた」と感じたことがある人は多いのでないでしょうか。この“冷え”は、「循環不良」「代謝の低下で起こる血行不良」になります。便秘や下痢などの身体の不調を招くだけでなく、腸の免疫力を弱らせるなど、まさに万病の元ともいえるものです。 腸が…