読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビタミンのサプリメントは必要ない

体内で合成されているビタミンは、体の調子を整えたり、体が正しく機能するために必須の栄養素です。体調が優れず、ビタミンが不足していると思ったとき、サプリメントなどでビタミンを補充しようとする人は多いでしょう。でも、腸内フローラが快調であれば…

今とても注目されているミドリムシ

ミドリムシの体長はわずか約0.05mmで、髪の毛の太さがおよそ0.07mmなので、髪の毛よりも小さいことになります。 その姿をはっきり見るためには顕微鏡で見るしかありません。 また、ミドリムシのすごいところは、パラミロンという独自の成分を持っていること…

舞茸に含まれるベータ・グルカンは免疫力を高めてがんの増殖を押さえ込む

舞茸には免疫力を高める栄養素が多く含まれています。 糖質(βグルカンなどの多糖体)は免疫作用が高まるということで、近年研究が進んでおり、データも豊富に揃ってきました。また、舞茸には多くの免疫作用を高めるビタミン類が含まれています。 例えばビタ…

腸に悪い食べ物

マーガリンやショートニングなど、植物性の油を原料にした食用の油は、日常のいたるところで使われています。スナック菓子やケーキ、フライドボテト、カップ麺や菓子パンなど、どれもカロリーは気になりますが、美味しそうなものばかり。しかし マーガリンや…

、「太陽は良薬である」

驚かされる先人たちの知恵古くはエジプト第5王朝時代には、国王をはじめエジプト人が盛んに日光浴や日光療法を行っていたことが遺跡から確認されています。エジプトの王様アメノフィース4世が、家族と共に日光裕をしていると思われる石版の彫刻なども遺跡か…

癌遠赤外線温熱療

遠赤外線温熱療法とは がん細胞は熱を加えられると、正常細胞のように血管を拡張して血流を良くするラジエーター効果で細胞の温度を下げることが出来にくく、簡単に細胞の温度が上がってきます。体表のがんであれば温度が42度以上になるとがん細胞が死滅す…

癌の苦しみは・・・・

国立がんセンターは、今年、癌と診断される患者が101万人を超え、亡くなる方が37万4千人になると発表されています。 「癌」という漢字を思い出してみてください。病気を表す「やまいだれ」。その中に、「口(クチ)」を三つと「山」をタテに並べた文字が入っ…

悪玉菌は体にとっては必要な存在

悪玉菌はどんな健康な人の体にもいます。悪玉菌は体にとっては必要な存在で、全くなくしてしまう事はできません。適度には必要な悪玉菌も、多すぎると問題です。 例えば、肉を食べたとします。肉に含まれるタンパク質や脂肪は悪玉菌の大好物です。悪玉菌はタ…

癌克服

良いサプリメント摂っても、腸内環境が悪かったり、体の代謝が悪かったりしますと、サプリを摂る意味がなくなります。食生活を改めて、プロテサンを積極的に摂取しますと、善玉菌が増えて、腸内環境が整います。腸環境が整えば、健康になるキレイな血液やエ…

リンパ浮腫

乳がん手術後の「リンパ浮腫」予防と早期発見 乳がんの手術で腋窩(わきの下)のリンパ節を切除された方では、手術後に体の老廃物を運ぶリンパの流れが悪くなり、高タンパク質のリンパ液が手術した側の腕の皮下組織に溜まり、腫れることがあります。これをリ…

生菌と死菌の違い

ヨーグルトなどの.生菌の働き 腸迄生きて届いた乳酸菌の生菌はそのまま腸内フローラに住み着くことはできませんが、体外へ排出される迄は腸内環境改善の為に働き続けてくれます。糖分を分解して乳酸を作り、悪玉菌が生息しにくい酸性の環境にして、善玉菌を…

癌と基礎代謝

癌と基礎代謝の関係 基礎代謝とは、寝ている時、安静にしている時、読書、テレビ、ゆったりと座っている時、等で消費するエネルギーのことです。寝ている時でも、呼吸、心臓の動き、脳の働き、肝臓の代謝、腎臓の代謝、筋肉のエネルギー、等によって基礎的な…

肝臓がん

フェカリス菌FK-23が脂肪肝の進行を抑制し、肝臓がんを防ぐ 京都府立医科大学とニチニチ製薬の共同研究で明らかになり、イギリスの学術誌 に論文が掲載されました。 脂肪肝は高脂肪・高カロリー食を摂ると、肝油胸中に脂肪の小さな粒が留まってきます。…

大腸がんステージ3

大腸がんは、ステージ3でも治る確率は8割 大腸がんは、他のがんと比べて進行が早いわけではありません。突然、大きながんや、進行したがんができるのではなく、最初は小さな「ポリープ」と言われるものが、だんだん大きくなり、がんになります。がんも小さ…

乳がん

乳がんは 独身女性や出産経験のない人、高齢で初産を経験した人、55歳以上で閉経した人、肥満、高コレステロールの人などに多くみられます。 乳がんは、ほかの部位のガンに比べて発見しやすいだけでなく、進行がゆっくりです。早期に発見して治療すれば転…

癌克服

実践した食事療法は 野菜ジュースを大量に飲む イモ類や未精製の穀類と豆類、野菜、果物、ナッツ類、海藻類中心の食事 無塩食 油と動物性脂肪を制限する 嗜好品を摂らない 添加物を摂らない 人参には、β‐カロテンをはじめ、さまざまな微量ミネラルやビタミン…

満腹だと体温が下がり、NK細胞が鈍る

「医学的なデータでも、日中も冷える冬場は、体温が1度下がると免疫力は約30 %下がる。すると、免疫を司るNK細胞などの白血球の情性が低下してしまうの で、入浴や食生活で 自然の治癒力を高めたほうがいいのです」 昭和30年代に36 ・9度だった日本人の平均…

癌自然療法

癌治療を三大療法だけに頼っていては、癌は絶対に治りません。 癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食」を基軸に置き、自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行な…

ガンの嫌いな食べ物は、栄養が豊富なニンジン

ガン細胞の好きな栄養は、塩分と脂肪です。逆に言えば、塩分と脂肪をガン細胞に供給しなければ、ガン細胞は栄養不足に陥って死滅するのです。ガンを「兵糧攻め」にするわけです。ガンの嫌いな食べ物は、栄養が豊富なニンジンガン退治で有名なのが、ドイツの…

癌細胞が生まれてから、がんが検査で見つかる大きさになるまでには約10年~15年

がんが怖いのは、他の組織へ浸潤したり、他の臓器へ転移したり、大きくなり臓器を圧迫する所です。体内に癌細胞があったとしても、大きくならずにそこに留まっているのであれば、がんはそれほど怖い病気ではありません。しかし、がんは他の細胞よりも成長速…

大腸がん

大腸がんの原因は色々考えられていますが、大きく影響しているのが食生活の欧米化だと言われています。日本人の食生活は長い間、穀物と野菜中心の食事でしたが、近年の欧米化によって肉や油などのたんぱく質や脂肪分を多く含む食事が増えました。高カロリー…

乳癌が発症するのは

乳癌にかかる人が増加している理由として、生活が豊かになり、食生活が欧米化してきたことがあげられます。特に動物性脂肪の多い食品(コレステロールが多い食品)を、幼児期から好んで食べるようになったことで、栄養状態がよくなり成長が早くなってきまし…

癌は、濃縮乳酸菌で治せるのか

ガンは、正常な細胞内にあるDNAが、何らかの原因によって損傷を受け細胞が異常増殖してしまう病気で、約3秒から30秒に1個、ガン細胞が私たちのからだの何処かでできているといわれています。つまり、いつ誰がガンになっても不思議ではないのです。 通常…

栄養ドリンクの落とし穴

疲れたときの必需品、栄養ドリンクに隠された 危険な落とし穴 健康なときは、当然ながら食事から栄養を摂ることが一番です。しかし、多くの現代人は非常時でもないのに非常食である栄養ドリンクに頼りがちです。 しかも、その安易な行動が、のちに大きなしっ…

癌を克服する為の免疫力UP法

免疫力をアップするのに必要なことは 腸をきれいにする(免疫細胞の6割は腸にある) 体温を36度後半にする(体温が高いと免疫力が高まるし、ガンは熱に弱い) 制ガン効果のあるビタミンやミネラル群を多くとり、油や乳製品・肉類を控える食事(なるべく身体…

抗がん剤のやめ時

抗がん剤のやめ時は、医者でなく自分自身で決めましょう 1.迷った季句、最初からやらない2.抗がん前開始から二週間後3.体重の減少4.セカソドラインを勧められたとき5.「腫瘍マーカーは下がらないが、できるところまで抗がん剤をやろう」と主治医が 言ったと…

癌などの病気になる本当の原因は

体の不調を「歳のせい」と片づけないて 医療技術は進歩しているはずなのに、病気で亡くなる方の数は年々増加しつづけています。心臓疾患、脳血管疾患…さまざまな恐ろしい病気を根本的には解決できていないのが医療の現状です。自分の体は自分で守る・・・そ…

あなた薬は大丈夫?

薬は多くの人類の生命を救ってきたとはいえ、微量でも化学物質です。 薬を服用することにより腸内フローうが悪くなり、予期せぬ症状や新たな病気を誘発することもあるのです。 あなたの常用薬は大丈夫? 「薬漬け医療」の問題がよく新聞や雑誌で話題になりま…

癌治療 体温1度アップで免疫力5倍アップできる

体温が一度上がると10%~12%基礎代謝量が増えます。 元々へ金的な体温(36度台)の場合は、それ以上あげるのは難しいですが、低体温(35度台)の方は上がる余地はありますので、食生活や生活習慣を見直してみましょう。 栄養バランスのよい食事を取る/旬の…

癌と糖尿病との関わり

日本人の2人に1人が癌に、 6人に1人(2012年の推計約2050万人)が糖尿病かその予備軍と推計される。 がんと糖尿病はそれぞれ「国民病」と呼ばれる身近な病気だ。一見、まったく関係がなさそうなこの2つの病気には、意外にも密接な関係があることが分かってき…

癌になる原因に、コラーゲンの老化と減少が・・・

コラーゲンが減少し老化しするにつれて、代謝が悪くなって、癌の発症が高って行きます。 人には約60兆個の細胞があり、コラーゲンによって守られていて、コラーゲンが老化すれば、細胞も老化します。 毛細血管に細かい穴が開いていて、そこからコラーゲン…

癌を治すには

癌を治すには 食生活の改善は絶対に外せなく、血を綺麗にする事と生命エネルギーの高いものを体に取り入れ、化学薬品の制癌剤や抗癌剤を使わない 1. 体に地球のエネルギーの高いものを摂り入れる 2. 生命エネルギーの源になる物を取り入れる 3. 血を綺麗にす…

癌細胞を攻撃するマクロファージ

コラーゲンを与えたマクロファージは、通常の100倍ものスピードで、癌細胞やウイルス、細菌などを攻撃 マウスを使った癌の研究で、通常のマウスに癌細胞を移植しますとわずか2週間で全滅しました。癌を植え付ける前に、コラーゲンを与えたマウスは、83%…

抗がん剤

99%の医師が抗がん剤を拒否、自らは代替療法で延命 世界で最も権威あると言われる研究機関、アメリカ国立ガン研究所(NCI)の1988年の報告書によると「抗がん剤は、ガンに無力なだけでなく、強い発がん性で他の臓器などに新たなガンを発生させる増…

抗ガン剤と乳酸菌

抗ガン剤と乳酸菌 抗ガン剤の副作用の問題は大きく、白血球減少により感染症で亡くなられる方もいます。副作用を覚悟で抗ガン剤を投与しても、効果がほとんど現われなかったという場合もよくありますし、打つ手がない場合は何もしないよりはましなので、とり…

血糖値スパイク

食事を食べたすぐ後の短時間にだけ、人知れず血糖値が急上昇し、やがてまた正常値に戻る。それが、「血糖値スパイク」。 食後時間がたった状態で行われる通常の健康診断では、見つからないことも多い。ところが最新調査で、なんと1400万人以上の日本人に…

90歳まで元気に生きるには

90歳まで元気に生きるには、 骨・関節・血管・筋・内臓・脳・肌・各部のコラーゲンが関わっています。コラーゲンは、20歳をピークに徐々に衰えはじめ、40歳を過ぎると急速に衰え、体の各部に支障が起きてきますので、補うことが大事です。 人には約6…

癌などの病気の原因の90%が活性酸素

活性酸素に関しては今から50年以上前に米国の生化学者フリードビッヒ博士によって解明され、その後世界各国で研究が行われてきました。その結果、人が罹るあらゆる病気に活性酸素が関与していることが明白になりました。今や病気の90%は活性酸素が原因だと…

癌治療と糖質の関わり

糖質制限に関する一般向けの書籍が多く出版されています。その理由は、糖質の多い食事が肥満や糖尿病やメタボリック症候群や認知症やがんなど多くの病気の発生率を高めていることが明らかになったからです。そして、食事中の糖質を減らすことによってこれら…

癌の再発・転移予防

人参ジュース、がん予防にもオススメです。 人参には多くのカリウムが含まれこのカリウムが癌細胞を消滅する働きがあります。通常のジューサーでは刃の回転熱でカリウムが減少してしまいますがスロージューサーだと石臼の仕組みで押しつぶすように人参をジュ…

免疫力を高める明日葉

アシタバには、体に良い成分(抗がん成分:力ルコン、クマリン、クロロフィル、食物繊維、β-力ロテン、ビタミンB2・C)が多く含まれています。 肺がんや肝臓がんなど、 早期発見も治療もむずかしいがんを抑える食品として、セリ科の野菜が注目されています。…

癌を克服する法

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲…

大腸がん・胃がん初期症状

大腸がん・直腸がんの疑いのある赤い便 癌によるうんちの色の異常は、3種類あります。 .癌によるうんちの色の異常の1つ目は、赤い色です。 赤いうんちは、血液によるものと考えられ、肛門から近い場所からの出血が考えられます。 ガンが原因で出血している…

免疫力を高める「色」「香り」「苦味」「辛味」の強い野菜が癌細胞を消す

免疫力を高める「色」「香り」「苦味」「辛味」の強い野菜が癌細胞を消す 野菜類・果物類免疫力アップに野菜類や果物類は欠かすことができません。緑黄色野菜類、淡色野菜類、各種果物類には免疫力を高める成分がたっぷり入っています。特に皮のついている野…

癌新薬期待

癌を切らず生還できた方の共通点

食事は最大の「薬」 癌を切らずに生還できた方の共通点は、 1.基本的に食事を変える 砂糖や肉、乳製品、パンなど精製した穀類を摂取しない 2.治療法は自分で決める強い意志 3.直感に従う 4.ハーブとサプリメントの力を借りる 5.抑圧される感情を解き放つ 6.…

膵臓がんは、自覚症状がないから、治療が手遅れに

膵臓がんの5年後の生存率は10%前後、検査方法の開発が急 務です。

免疫さえ上げる事が出来れば、ガンは治る。

免疫さえ上げる事が出来れば、ガンは治る。 アメリカは2001年頃にマクギャバン、レポートにより、ガンの原因は肉食にある事を発表しました。 さらにゲルソン療法は末期ガンをも治している現実がある事を知りました。それは実に簡単であり、毎日、ニンジンジ…

日本のガン治療レベル

非常識な日本のガン治療国際レベルにくらべて抗ガン剤20倍、手術17倍 100%、医者は患者を抗ガン剤漬け、放射線漬け、手術漬けにしていきます。「センセイ、もしあなたがガンだったら、自分に抗ガン剤打ちます?」。顔面蒼白になって絶句するのは、ま…

癌食事療法

食事療法を行った結果、6割強の患者さんでがんが消えたり、縮小したのです。晩期や進行がんでかなり状態が悪化した人が中心なので、がんの進行度合いを考えると、おそらく現代医療のみ行っている人からみれば、信じがたい数字だと思います。治る確率が高い胃…