100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

日本人男女に不足しているマグネシュム

マグネシウムは、健康のために必要不可欠な必須元素(ミネラル)です。 私たちはマグネシウムなくしては生きられませんが、残念なことに多くの人々が健康を維持するために必要な量のマグネシウムを十分には摂取できていません。 マグネシウムの推奨摂取量は1…

尿の出が細くなったり、出ぬくくなるのは、

精液は、約3分の1が前立腺の分泌液で、約3分の2が精嚢からの分泌液、 この他に、精巣から精子を含んだ液などで構成されます。 性的興奮が最高潮に達しますと、 まず膀胱のすぐ下の尿道を取り巻く前立腺から前立腺液が尿道に分泌されると同時に、 膀胱の…

片頭痛に要注意

片頭痛は、よく起こるものと軽く考えている方が意外と多いのではないでしょか。 片頭痛は、脳梗塞や脳卒中、くも膜下出血など「重大な病気が起きる前ぶれ」の可能性もあるので注意が必要です・ 片頭痛は、脳の血管がなんあがの原因で拡張することで起きると考…

サブリを止めたら健康に・・・

昨今は健康ブームで、多くの健康食品やサプリメントが出回っています。 サプリメントを摂ったら必ず健康になれるとは言えません。 サプリメントを摂ることによって、逆にミネラルの摂取量がオーバーしてしまい、体調をくずしてしまうこともあります。 サブリ…

がんや動脈硬化の予防や老化防止に有効なビタミンC 

ビタミンCは、骨や腱などの結合タンパク質であるコラーゲンの生成に必須の化合物です。 ビタミンCが不足すると、コラーゲンが合成されないために、血管がもろくなり出血を起こします。 これが壊血病です。壊血病のそのほかの症状としては、いらいらする、顔…

体毒が溜まり過ぎている現代人

食をとりまく環境が悪化 している今、さまざまな有害物質が体内に入り込み、肝臓で解毒しきれなくなってきています。 その結果、脳をはじめ、心臓、肝臓、腎臓などの臓器や脂肺組織に蓄積しています。 長年にわたって蓄積した毒素は、これらの重要な臓器を細…

海水で走る画期的なEV自動車

ドイツのNanoflowcell社が開発した、海水で走る画期的なEV自動車 2014年3月にジュネーブモーターショーで初公開 このクルマがドイツ、欧州全体で公道を走れるようになり、TUV-SUDと呼ばれる認証機関の厳しいテストを乗り越えたこのスーパーカーです。 この車…

クスリでは治らない高血圧や高血糖

50歳代以上となれば、多くの方が高血圧や高血糖、高コレステロールを抱えているのでないでしょうか。 医者は、生活習慣病を放置すると、脳梗塞や心筋梗塞を起こすと言われ、薬を飲み続けているのでないでしょうか。 薬を飲めば、血圧が下がったり、数値が…

なぜ60歳以上労災死傷者急増しているのか

若いころは危険だと感じなかった職場の環境が、年を経るにつれてリスクに変わり、60歳以上の死傷者が増加している。 厚生労働省によると、昨年は3万3246人で、この5年間で7500人近く増えています。 近年は労働者全体でみても小売業や社会福祉施設、飲食店な…

親より子供が早く亡くなる時代に・・・

ファーストフードや加工食品など食品添加物が多くビタミンやミネラルが欠乏した食事。 パソコンゲームやインターネットによる睡眠不足と運動不足 そんな乱れた生活習慣。 若い人たちの健康がおかされ、アレルギーや精神障害、HP満症や糖尿病などの生酒習慣病…

急に物忘れがはじまったのは、

日本人は1年間に、クスリ代をどれぐらい使っていると思いますか? 医者の処方箋により薬局で出される「薬局調剤医療費」 65歳未満で35000円 厚生労働省2017年発表では、65歳を過ぎると一気に、14方円近くになります。 高齢者は、クスリを湯水のように飲んでい…

クスリの専門家は、クスリを飲まない・・

元日本薬剤師会の会長が退任時に「患者よ、クスリを捨てなさい」「クスリは毒で、飲んでも病気は治らない」「病気はクスリでつくられる」クスリの副作用でうつ病が増えたことを話されたそうです。 在職中は黙っていて、自分は飲まないクスリを患者には飲ませ…

20歳代を超えれば、核酸の生成がダウン

20歳代を過ぎた肝臓は、核酸の生成がダウン 体内では、タンパク質を分解したアミノ酸を肝臓で生合成デノボ合成と食物から直接、核酸成分にを摂取して、細胞で再合成するサルベージ合成が行われています。 若い時は核酸の活発なデノボ合成で、細胞も活発で…

病気の原因は、90%が活性酸素

活性酸素は老化や万病の元 過剰な活性酸素は老化や万病のもとになります。 活性酸素などというと、活力のある酸素かと思われる人もいるかもしれませんが、実情は全く違います。 活性酸素は、老化を促進し、ありとあらゆる病気に関与している〝万病のもと〟だ…

化粧のノリがよくなる

顔の肌は、夏の強い日差しやふゆの乾燥したかぜなど、季節の変化にも左右されます。 睡眠時間や食べ物、ストレスによっても変化します。 化粧しても、ミネラル不足や水分不足で、肌はカサカサでないでしょうか 栄養クリームや化粧水で気を付けていても、化粧のノ…

手づくりのリンゲル液で熱中症対策

私たちの体では、体内に入ってくる水分量と体外へ出ていく水分量が一定に保たれることで体液のバランスが維持されています。 このバランスが崩れて、体液量が減少したときに脱水症が起こります。 例えば、体調不良などにより飲食量が減少し体内に入ってくる…

自覚症状がない大腸がん

早期の大腸がんは、自覚症状がほとんどありません。 大腸がんと診断された患者さんの約4割は、 健康診断(人間ドック含む)で指摘される方が多いようです。 大腸がんが進行するにつれて、多くの場合、次のような症状が現れます。 排便の変化は、血便(血液…

脳血栓・脳梗塞・心筋梗塞・脳内出血にならない健康づくり

血液細胞の大きさほ8ミクロン、毛細血管の内径は5ミクロン。 酸化したドロドロ血液は、毛細血管を通れません。 ケイ素水や蘇生塩水でサラサラになった血液は、通ることができます。 糖尿病などの血行障害・ガンや心臓病などの血液が原因で起きる症状を予防…

高血圧や糖尿病・痛風とお別れをしましょう。

水が健康に果たす効果は絶大です。 大人では体重の約6割、新生児では約8割が水分でできています。 水に意識を向けずには健康を保てないのです。 実際、体調に適した水を飲んでいるだけで、健康状態は驚くほど変わってきます。 水の役割は 発汗による体温調節…

日本国民の半分が高血圧になってしまう

これまで、上が140に届かなければ大丈夫といわれていた高血圧の基準が、2019年4月の高血圧治療ガイドライン改訂で、130に引き下げられました。 診断基準が変更されるることによって、現在は4300万人と推計されている日本の高血圧患者数は、6…

癌治療の強い味方となる乳酸菌

病気になった時に、健康に戻ろうとする恒常性維持機能が働いてくれています。 この恒常性維持機能が充分に保たれている間は、病気になりくくなっています。 加齢や生活習慣の乱れによって、恒常性維持機能か弱まりますと、癌や生活習慣病や老人病が発症しま…

体液に近い健康水

市販のミネラルウォーターは、 炭酸カルシュウムや炭酸マグネシュウムのことです。 地層から湧き出た水は地層岩石から溶出したミネラル類で、水に溶け込んでいるように見えても完全に溶け込んだミネラルサイズでなくコロイダル粒子のものが大半です。 そのた…

治癒力を高めるミネラル

ミネラル補給で、薬に頼らず病気に克つる ミネラル(無機質ともいいます)には、カルシウム、鉄、ナトリウムなどがあります。 必要な量は少ないのですが、人の体の中では作ることができないので、食べ物からとる必要があります。 ミネラルは、骨などの体の組…

膝関節痛が短期間で解消

膝に、いつもサポターが必要 膝はガク ガク 階段の上り下り、膝が痛い 走れない・歩くのがつらい 座れば、痛みで急に立ち上がれない 腕を回すと、ゴリ ゴリ こんな状態が長いこと続いていました。 膝関節では、大腿骨と脛骨、膝蓋骨の表面で厚さ6mm程度の軟…

ガンの発症は、低体温が原因

だから身体を動かし体温を上げましょう 戦後食生活も随分変わりましたが、病気もまた随分変わりました。 そして、食生活と病気を結びつけるカギの1つが実は体温にあったのです。 体温が1度下がると 免疫力が37%落ちます。 代謝は12%落ちます。 体温…

アリカリ体質は、癌が再発したり転移しない

人の体は約60 %が水分で、健康な状態では、中性に近い弱アルカリ性に保たれています。 腎臓の働きが悪くなると、酸の排泄がうまくいかなくなると、酸性に傾いた状態に陥ってしまいます。 体が酸性に傾くと、免疫力が低下して、さまざまな病気を引き起こす…

夜中の1時間おきのトイレが、蜂蜜クエン酸水で解消

前立腺がんと前立腺肥大症、その罹患数は、約30年間で8.4倍に増えています。 5大がん(胃がん、大腸がん、肺がん、肝がん、乳がん)のうち、男性が罹患する4つのがんと前立腺がんの罹患数の経年変化をみると、2012年には前立腺がんの罹患数は3位に…

5人に1人が認知症の時代がやってきます

団魂世代の多くが後期高齢者の時代となり、5人に1人が認知症にかるとと言われています。 その原因は、糖尿病患者の増加です。 糖尿病になると、認知症の原因であるアルツハイマー病の発症リスクが2倍になります。 腸の不調を放置しますと、認知症リスクは…

「缶詰」が、あっという間にワンランクアップの美味さに・・

缶詰に数滴、水溶性イオン化カルシュウムを入れるだけで,缶臭さが消え、甘味やふっくらとした食感もアップします。 最近、「サバ缶」がよくテレビで紹介されて注目されていますが、「いわし缶」も負けないくらい健康によい缶詰として注目されています。 「…

体調不調・ミネラルが不足しているかも・・・

ミネラル不足によって引き起きる症状 体が重い・すぐ疲れる・気持ちが塞ぐ・手足の痺れ・こむらがえり・足のつり・まぶたのピクピク・ めまい・頭痛・あまり食べたくないなどの体の不調、これらはすべてミネラル不足によっても引き起こされる症状かも知れま…