癌克服・癌医療情報

がん医療情報

健康維持に、1日に必要な乳酸菌数は、1兆個以上が望ましい

健康維持に、1日に乳酸菌1兆個の摂取するのが望ましいと言われています。 プロテサンの死菌体の濃縮乳酸菌は、最初から高熱特殊処理されているので、保全や安全性が高く、生菌より小さいので、一度に多量の菌数を摂取する事が出来るのがメリットがあります…

癌と糖尿病の関わり

日本人の2人に1人ががんになり、6人に1人(2012年の推計約2050万人)が糖尿病かその予備軍と推計される。がんと糖尿病はそれぞれ「国民病」と呼ばれる身近な病気だ。一見、まったく関係がなさそうなこの2つの病気には、意外にも密接な関係があることが分かっ…

前立腺がんの治療

アメリカでの前立腺がんの治療法 このようにアメリカではPSAが使われ出した1980年後半から特に若年者の早期の前立腺癌が目立って増えてきている。このようにして見つかった早期のがんは根治する可能性が高いが、また治療が必要でない症例も治療されて…

明日葉の抗がん効果

明日葉の抗がん効果明日葉に含まれる「カルコン」や「固カロチン」には抗がん作用があるとされています。 また、明日葉によって腸内環境を整えたり、胃の中を正常に保っておくことによって、細胞 ががん化するのを防ぐことにもつながります。 明日葉に含まれ…

.善玉苗を増やす

善玉苗を増やす良生活に切り替えるということは、結果的に、高タンパク質・高脂肪の食習慣 を変えることにもつながります。悪玉苗はタンパク質を好むので、必要以上にタンパク質を摂ると、悪玉苗が増えてしまいます。高タンパク質・高脂肪という欧米の食文化…

乳がん細胞の増殖を抑制するゴーヤ

米コロラド大学がん研究センターのラジェッシュ・アガーワル(Rajesh Agarwal)教授らが、こうした民間療法と数年前の研究で、ゴーヤーの抽出成分には乳がん細胞の増殖を抑制する働きがあると確認されたことを踏まえ、その後も研究を重ねていたところ、ゴー…

免疫機能を回復して発癌を抑えるグリーンアスパラ

グリーンアスパラは、免疫機能を回復して発癌を抑える グリーンアスパラガスには食物繊維、カロテン、ビタミンCが豊富です。新陳代謝をうながして細胞を活性化させるアスパラギンを含むのが特徴で、ほどよい苦味には血圧を下げるルチンも含まれています。ア…

ガン細胞は、正常細胞に比べて16~18倍のブドウ糖を取り込むという性質があります。

どんな細胞でも、成長や生命維持にはエネルギーが必要です。正常細胞は糖(ブドウ糖)や脂肪をそのエネルギー源として使います。ところが、ガン細胞は糖(ブドウ糖)しかエネルギー源にすることができません。そして、異常なスピードでどんどん成長していく…

癌の「殺し屋」NK細胞を高める濃縮乳酸菌

癌細胞の「殺し屋」NK細胞 NK細胞は その名が示すとおり、生ぎれながらの「殺し屋」で、独自に体内を見回り、ウイルスやがん細胞 などの異常を発見するどすぐに攻撃する自然免疫の代表です。NK細胞が活発に働けば手ごわい敵でも最初に排除だぎる数が増え…

花粉症対策

花粉症になったということは、免疫バランスが崩れている証拠でもありますので、症状の軽減または治すためにも濃縮乳酸菌を摂取することはとても有効的な方法なのです。自然治癒力とは、身体の機能バランスを正常に保ち、花粉などの病原菌の侵入から身体を守…

インフルエンザに予防に期待できる濃縮乳酸菌

すでに予防接種を済まされたという方も多いと思いますが、予防接種だけではインフルエンザを完全に避けることは出来ません。 予防接種はインフルエンザにかからなくするものではなく、もしかかっても重症化を防ぐことが出来るというものです。 ということで…

グリーンアスパラガスに含まれるβカロテンは免疫機能の回復により発がんを抑える

グリーアスパラガスには食物繊維、カロテン、ビタミンCが豊富です。新陳代謝をうながして 細胞を活性化させるアスパラギンを含むのが特徴で、ほどよい苦みには、血圧を下げるルチンも含まれています。 アスパラガスに含まれるアスパラニンAとプロトオシン…

ハチミツウォーター驚くべき効能

ハチミツウォーターの作り方 温かいお湯にハチミツを入れた、ハチミツウォーターを日常的に摂取することで心身の健康維持・改善効果があります。 飲んですぐに実感する効果と、飲み続けることで現れる効能があります。 材料 ハチミツ 小さじ1(7.5 g) 温かい…

がんに効果があるキャベツ

免疫力を高め、がんを予防するキャベツの一番の効能とも言えるのが、免疫力を高める作用です。免疫力が高まることによって風邪の原因となるウィルスが体内に侵入することを防いだり、がん細胞の増殖を抑えるとされています。 キャベツは非常に強い殺菌力を持…

癌の再発を予防するためには、代謝をあげて免疫力をアップしていくのが有効

多くのがんでは、病気が進行するにつれ体重減少が見られます。その理由として考えられるのが、がん細胞の増殖によって起こる代謝の変化です。 がんによる代謝の変化が起こると、きちんと栄養を摂取しているのに栄養不足となり、免疫力の低下や、体力不足など…

感染症菌を除菌するイオンクラスター

抗がん剤は副作用の強いものが多いため、治療を長く続けているうちにデメリット(副作用による健康への悪影響)がメリット(薬の効能)を上回る時がやってきます。 「抗がん剤治療をやめただけで、嘘のように食事を取れるようになったり、病院から自宅に戻っ…

がん患者の8割は「栄養失調」で亡くなっている

「がん患者はがんによって亡くなると思われるでしょうが、実はがん患者の死因の8割になんらかの感染症が関連している可能性があります。そうした感染症はがんによって引き起こされたものではありません。その多くは、不適切な栄養管理による栄養不足が原因と…

癌細胞が増殖する体温は35・度体温を1度上げれば免疫力は5~6倍高まる

体温が1度上がれば免疫力は5~6倍に! 体温はどんな役割を果たし、また冷えは身体にどう影響するのでしょうか。 「人間の身体は本来、体温36度5分以上で正常に働くようにできています。体温が1度下がると、エネルギー代謝は12%ダウン。エネルギー代謝とは、…

癌細胞を濃縮乳酸菌プリンを食べて撃退しましょう

攻撃力を高める乳酸菌プリンの作り方 ①1日3食分のマグカップを3個準備して頂き、プロテサン・FK-23濃縮乳酸菌と好みの野菜やみかん、りんごなどのジュースを入れて、電子レンジで温めます。 ✲プロテサンⅠ包1兆個以上を3等分にして、マグカップに入…

家庭でも出来る温熱療法

ぽかぽか熟睡 子どもの頃、痛くなったお腹をお母さんにさすってもらうと、痛みが和らいだという記憶はありませんか?それは、お母さんの手から発している遠赤外線が吸収され、自ら発している遠赤外線と共鳴し、エネルギーが熱に変わり身体を内部から温め、痛…

インフルエンザ・ノロウイルス対策

徐菌脱臭器(イオンクラスター)1台で、40㎡以下の部屋のインフルエンザウイルス菌・黄色ブドウ球菌・大腸菌・サルモネラ菌などを95%~99%除菌ができます。 ●大阪府立成人病センター 様 当施設は、「イオンワラスター」を外来診察室やIUCのベットサイド…

日本の癌治療は、アメリカに遅れている!

1 999年、アメり力議会に提出された技術評価局報告書は、 「抗がん刑、放射腺などは病巣を一時的縮小させるが,この縮小は無意味であり、延命効果が認められないうえに,患者の生活の質を悪化させると断定されています。 抗がん剤を使うと、がん細胞が急速に…

カナダでは、抗がん剤と手術と両方あする人は、たったの3%

カナダでは、抗ガン剤と手術を両方するのはたったの3%で、三大治療全部やる方はもっと少なく、3つとも全部やると言うことは、考えられないことです。 海外では、有害な治療のフェードアウトが進んでいるからです。 日本ではどうでしょうか? いろんな有名…

感染対策

徐菌脱臭器(イオンクラスター)1台で、40㎡以下の部屋のインフルエンザウイルス菌・黄色ブドウ球菌・大腸菌・カビ菌・サルモネラ菌・MRSAなどを95%~99%除菌ができます。 内蔵放電管により雷と同じ原理でイオンの集合体であるクラスターイオンを発生…

前立腺がんを抑えるトマト

前立腺がんを予防するには、緑黄色野菜は効果大です。その中でもトマトは前立腺がんを強力に抑える効果があります。これは、トマトの赤い色素成分であるリコピンの働きによるものと考えられています。 リコピンは、優れた抗酸化力を持っており、活性酸素を消…

癌克服  免疫アップ法

免疫力をアップ 腸をきれいにする(免疫細胞の6割は腸にある) ・体温を36度後半にする(体温が高いと免疫力が高まるし、ガンは熱に弱い) ・制ガン効果のあるビタミンやミネラル群を多くとり、油や乳製品・肉類を控える食事(なるべく身体の酸化を防ぐ) ・…

免疫力をアップするネギ

長ネギの薬効はいろいろありますが、民間療法として最も良く知られているのは、風邪薬としての効能です。 昔は、風邪をひいたらネギ湯を飲めといわれたほどで、風邪の妙薬として用いられていました。 長ネギが風邪に効く理由は、体を温める効果があるからで…

癌を攻撃する免疫力のスイッチは、腸にある

免疫力を高めるために、注目したいのは毎日の食事。それは、食べた物がすぐに腸内の働きに影響を与えてしまうためです。 私たちのカラダは、口を入り口として胃・腸から肛門へと続くトンネルのような構造になっています。つまり、腸は体内にありながら、皮膚…

癌が発症しない免疫力値は、白血球数が1立方ミリメートル当り5000~9000

白血球数(WBC)を測定する事で免疫システムが正常に動作しているかが判ります。 白血球は、体外から侵入してきた細菌やウイルス、異物を排除するはたらきがあります。傷などにより炎症を起こしたりウイルスからの感染症になった時に白血球は進入してきたウ…

癌の治療を助ける生育光線

生育光線とは、太陽光線の中に含まれる遠赤外線の中でも、特に生物にとって有効 に働きかける波長をもつものを生育光線、または健康光線と呼んでいます。 その波長は、およそ6~14μ m(ミクロン)で、私たちの体も同じような波長 の生育光線を放射してい…

腸内細菌の状態が抗ガン力を左右する

FK-23(エンテロコッカス・フェカリスFK-23)は、ニチニチ製薬が独自に研究開発、製造している乳酸菌です。 昔から乳酸菌はヨーグルト、チーズ、味噌など発酵食品として食べられてきました。また近年の研究により私たちの健康(腸内フローラ)に深く関わって…

ビタミンのサプリメントは必要ない

体内で合成されているビタミンは、体の調子を整えたり、体が正しく機能するために必須の栄養素です。体調が優れず、ビタミンが不足していると思ったとき、サプリメントなどでビタミンを補充しようとする人は多いでしょう。でも、腸内フローラが快調であれば…

今とても注目されているミドリムシ

ミドリムシの体長はわずか約0.05mmで、髪の毛の太さがおよそ0.07mmなので、髪の毛よりも小さいことになります。 その姿をはっきり見るためには顕微鏡で見るしかありません。 また、ミドリムシのすごいところは、パラミロンという独自の成分を持っていること…

舞茸に含まれるベータ・グルカンは免疫力を高めてがんの増殖を押さえ込む

舞茸には免疫力を高める栄養素が多く含まれています。 糖質(βグルカンなどの多糖体)は免疫作用が高まるということで、近年研究が進んでおり、データも豊富に揃ってきました。また、舞茸には多くの免疫作用を高めるビタミン類が含まれています。 例えばビタ…

腸に悪い食べ物

マーガリンやショートニングなど、植物性の油を原料にした食用の油は、日常のいたるところで使われています。スナック菓子やケーキ、フライドボテト、カップ麺や菓子パンなど、どれもカロリーは気になりますが、美味しそうなものばかり。しかし マーガリンや…

、「太陽は良薬である」

驚かされる先人たちの知恵古くはエジプト第5王朝時代には、国王をはじめエジプト人が盛んに日光浴や日光療法を行っていたことが遺跡から確認されています。エジプトの王様アメノフィース4世が、家族と共に日光裕をしていると思われる石版の彫刻なども遺跡か…

癌遠赤外線温熱療

遠赤外線温熱療法とは がん細胞は熱を加えられると、正常細胞のように血管を拡張して血流を良くするラジエーター効果で細胞の温度を下げることが出来にくく、簡単に細胞の温度が上がってきます。体表のがんであれば温度が42度以上になるとがん細胞が死滅す…

癌の苦しみは・・・・

国立がんセンターは、今年、癌と診断される患者が101万人を超え、亡くなる方が37万4千人になると発表されています。 「癌」という漢字を思い出してみてください。病気を表す「やまいだれ」。その中に、「口(クチ)」を三つと「山」をタテに並べた文字が入っ…

悪玉菌は体にとっては必要な存在

悪玉菌はどんな健康な人の体にもいます。悪玉菌は体にとっては必要な存在で、全くなくしてしまう事はできません。適度には必要な悪玉菌も、多すぎると問題です。 例えば、肉を食べたとします。肉に含まれるタンパク質や脂肪は悪玉菌の大好物です。悪玉菌はタ…

癌克服

良いサプリメント摂っても、腸内環境が悪かったり、体の代謝が悪かったりしますと、サプリを摂る意味がなくなります。食生活を改めて、プロテサンを積極的に摂取しますと、善玉菌が増えて、腸内環境が整います。腸環境が整えば、健康になるキレイな血液やエ…

リンパ浮腫

乳がん手術後の「リンパ浮腫」予防と早期発見 乳がんの手術で腋窩(わきの下)のリンパ節を切除された方では、手術後に体の老廃物を運ぶリンパの流れが悪くなり、高タンパク質のリンパ液が手術した側の腕の皮下組織に溜まり、腫れることがあります。これをリ…

生菌と死菌の違い

ヨーグルトなどの.生菌の働き 腸迄生きて届いた乳酸菌の生菌はそのまま腸内フローラに住み着くことはできませんが、体外へ排出される迄は腸内環境改善の為に働き続けてくれます。糖分を分解して乳酸を作り、悪玉菌が生息しにくい酸性の環境にして、善玉菌を…

癌と基礎代謝

癌と基礎代謝の関係 基礎代謝とは、寝ている時、安静にしている時、読書、テレビ、ゆったりと座っている時、等で消費するエネルギーのことです。寝ている時でも、呼吸、心臓の動き、脳の働き、肝臓の代謝、腎臓の代謝、筋肉のエネルギー、等によって基礎的な…

肝臓がん

フェカリス菌FK-23が脂肪肝の進行を抑制し、肝臓がんを防ぐ 京都府立医科大学とニチニチ製薬の共同研究で明らかになり、イギリスの学術誌 に論文が掲載されました。 脂肪肝は高脂肪・高カロリー食を摂ると、肝油胸中に脂肪の小さな粒が留まってきます。…

大腸がんステージ3

大腸がんは、ステージ3でも治る確率は8割 大腸がんは、他のがんと比べて進行が早いわけではありません。突然、大きながんや、進行したがんができるのではなく、最初は小さな「ポリープ」と言われるものが、だんだん大きくなり、がんになります。がんも小さ…

乳がん

乳がんは 独身女性や出産経験のない人、高齢で初産を経験した人、55歳以上で閉経した人、肥満、高コレステロールの人などに多くみられます。 乳がんは、ほかの部位のガンに比べて発見しやすいだけでなく、進行がゆっくりです。早期に発見して治療すれば転…

癌克服

実践した食事療法は 野菜ジュースを大量に飲む イモ類や未精製の穀類と豆類、野菜、果物、ナッツ類、海藻類中心の食事 無塩食 油と動物性脂肪を制限する 嗜好品を摂らない 添加物を摂らない 人参には、β‐カロテンをはじめ、さまざまな微量ミネラルやビタミン…

満腹だと体温が下がり、NK細胞が鈍る

「医学的なデータでも、日中も冷える冬場は、体温が1度下がると免疫力は約30 %下がる。すると、免疫を司るNK細胞などの白血球の情性が低下してしまうの で、入浴や食生活で 自然の治癒力を高めたほうがいいのです」 昭和30年代に36 ・9度だった日本人の平均…

癌自然療法

癌治療を三大療法だけに頼っていては、癌は絶対に治りません。 癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食」を基軸に置き、自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行な…