100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

人生100年時代をコラーゲンパワーで元気に

コラーゲンは、身体の土台を作る大事な成分で、関節のスムーズな動きに必要なのがコラーゲンです。 女性は変形性膝関節症のリスクが高いため注意が必要な栄養素です。 関節の役割 人には様々な動きがあり、立つ、起きるなどのバランスをとる動き。 歩く、の…

免疫力を高め, 毒素を排出する「コラーゲンショウガ湯」の作り方

便秘や冷え症、肥満、肩こりや腰痛、肌荒れ、疲労感といった悩みを抱えていませんか。これらの原因は、すべて体内にたまった「毒素」です。 人間の体はうまくできていて、体に不必要な物質は、便や尿、汗などで体外に排出するようにできています。 ところが…

薬を超えるFK-23菌

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富で、11件の医療用途特許を取得している乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、主治医にしかられなく病院の治療の内容にかかわらず食べれ、病気と闘っている方…

免疫力を高めるキャベツ

善玉菌を増やすためには「ヨーグルト」や「乳酸菌飲料」が王道だと思われがちだが、NHKスペシャルでは、外から取り入れた乳酸菌は定着することが出来ず、「数日で排出される」と驚きの結果が報道されました。 「生きた乳酸菌が腸まで届く」というフレーズ…

高齢者のコロナ対策

新型コロナウイルスが世界的に大流行している今、自分も家族もいつ感染するかわかりません。 季節性インフルエンザと比べて死亡リスクが高いことが報告されています。 特に、高齢者や基礎疾患のある方では重症化するリスクが高いことも報告されています。 新…

大人・子供の新型コロナ感染後遺症

子どもにおける新型コロナウイルス感染症に関しては、感染者 の報告が日本国内、国外において大人に比較して少ないため、 まだ分かっていないことが多いようです。 ただし、 大人と比べると割合は低いですが、重症化することもあります。 アメリカでは、 感…

毎日、コップ1杯のリンゲル液で治癒力がUP

元気で長生きするためには、細胞に吸収される栄養素をバランスよく摂ることです。 人間は、食べるのを食べて、消化、吸収して生きています。 細胞に栄養が吸収されるのは、イオン化したミネラル、単分化したタンパク質、糖質、ぶどう糖です。 毎日食べる食事…

薬に匹敵する抗がん力

がん細胞を切除しきれない場合や、ほかの組織への転移がある場合に、抗がん剤や放射線による治療が行われます。 抗がん剤も放射線も、がん細胞の増殖を抑制し、縮小させる効果があります。 さまざまなタイプの抗がん剤の新薬が登場しています。 「手術で取り…

新型コロナウイルスから身をまもる腸管

新型コロナウイルスは、インフルエンザの一種であることを認識してください。 ただ、通常のインフルエンザウイルスと違うのは、潜伏期間が長いことです。 だから自覚症状がないうちに人に感染させてしまうことです。 次に普通のインフルエンザウイルスは気温…

フェカリス菌FK-23菌が脂肪肝の進行を抑制

フエカリス菌FK-23菌の新たな効能がこのほど京都府立医科大学との3年にも及ぶ共同研究で明らかとなり、イギリスのが学術誌に論文が掲載された。 その効能は、最近急増中の脂肪肝の進行を抑制するというものです。 高脂肪・高カロリー食を摂ると、肝細胞中…

癌の芽を摘む4兆個の濃縮乳酸菌

私たちの体には、がんの芽を摘み取る働きもきちんと備わっています。 小腸の粘膜には「パイエル」というセンサーがあり、異物を感知するたびに白血球の数を増やし、働きを活発にしてくれます。 こうした腸内特有の免疫システムは「腸管免疫」と呼ばれていま…

新型コロナと風邪の違い

肺炎の症状は、発熱、たんなど、かぜの症状と似ているため、肺炎は風邪と考えられがちですが、肺炎と風邪はちがいます。 風邪は口腔から舷頭・喉頭・気管という上気道の 粘膜にウィルスが感染して炎症を起こすことです。 肺炎は酸素と二酸化炭素を交換する「…

寿命を短くするカルシュウム不足

カルシュウム不足は、寿命を短くします。 骨はカルシウムを主成分に作られ、日々作り替えられ、2力月から2年のサイクルで新しく作られています。 年日少しずつ削り、少しずつ新しい骨をつぎ足しています。 「成長期の子供にだけカルシウムが必要」、「骨粗…

新型コロナに勝てる人負ける人

万が一新型コロナに感染しても、すぐに回復する人と重症化する人との違いは免疫力にある人と言われています。 病原菌だらけの世の中にあって、私たちの多くがさしたる病気にもならず生きていけるのは、人間の体には生体防御機能として、さまざまな仕組みがあ…

栄養価の高い野菜食べれていますか

せっかく食べるのであれば、栄養がしっかり取れる野菜を食べたいですよね。 野菜や果物を500倍のイオン化カルシュウム水に10 分位浸けるだけで、ネラルが補給され 美味しい野菜や果物に生まれ変わります。 イオン化カルシュウムは、小さな分子になって…

エンテロフエカリス菌が原因で起きる糖尿病

糖尿病になると、根本から治す治療はなく、食事療法・運動療法・インシリン注射や血糖値降下剤投与の薬物療法になります。 糖尿病になりますと、自律神経が失調、腸管の働きも悪くなって消化や吸収が悪くなり、結果、腸管内に食物の停滞なとが起こって腸内細…

コロナ感染予防に腸内環境チェックを

腸は、健康維持する名医の揃った病院でもあり、病気をつくり出す工場にもなります。 小腸に「パイエル板」というリンパ組織が存在し、パイエル板には全身の免疫細胞の7割が集まっており、有害な細菌やウイルスなどと闘って います。 腸内環境と免疫細胞の働…

根絶できない新型コロナウイルス菌

世界保健機構(WHO)は、「あらたな風土病にとなり、ウイルスが消え去ることがないかもしれない」と述べ、根絶できずに、長期にわたって対応しなくはならい疾病になる可能性があると言及されています。 規制が長く続けば、経済が破綻するために、感染拡大か止…

新型コロナウイルス治療薬とは・・

新型コロナウイルスの治療薬としては、現時点では効果が科学的に確認されたものはありませんが、新型コロナウイルスの治療に効果が期待されている「レムデシビル」について、厚生労働省は国内初の治療薬として承認されました。 薬は、感染した人・重症化した…

糖尿病や基礎疾患の方の新型コロナ感染の重症化のリスク

糖尿病や基礎疾患の方は、新型コロナ感染の重症化のリスクの可能性が指摘されています。 糖尿病がある方は、一般的な衛生対策に加えて、不要不急の外出を避けることや人混みを避けるなどの注意をすることは、インフルエンザなどの他の感染症対策と同じです。…

癌細胞が嫌う野菜

がん予防には、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEを含む野菜・植物性油脂のほかに機能性成分(ポリフェノール・カロテノイドなど) を含む食品を摂りいれることです。 ポリフェノール・カロテノイドには、抗酸作用があり、体内の活性酸素を除去する働きがあ…

朝の尿色チェック

健康な人の尿の色は、淡黄色から淡黄褐色で、体調によって変わります。 起床時や、運動などで汗をたくさんかいた時には、少し色の濃い尿が出ます。 反対に、水分をたくさん飲んだ時や、汗をあまりかかない寒い時には、淡い色の尿がでます。 尿の色はこの他に…

新型コロナの今後

新型コロナウイルスによって緊急事態宣言がでて、景気の減速はリーマンショックの10倍とも言われており、人類にとって危機的な状況になっています。 感染症だけの問題でなくそこから波及する経済的な影響が非常に大きく、生命に及ぶ深刻なダメージを受ける人…

新型コロナと闘うために、腸管免疫の強化を

善玉菌を増やすことで、腸内環境が改善され、強化された腸管免疫が細菌、ウイルスを撃退してくれます。 私たちの腸の中には、500種類以上、約100兆個もの腸内細菌がすみついています。 人間の細胞の数は、およそ60兆個ですから、腸内細菌の数がいか…

元気で長生きする秘訣

元気で長生きするためには、細胞に吸収される栄養素をバランスよく摂ることです。 細胞は、エネルギーをつくり出す発電所で、人間は、食べるのを食べて、消化、吸収して生きています。 細胞に栄養が吸収されるのは、イオン化したミネラル、単分化したタンパ…

血栓を予防する「おかが納豆」

鰹節と納豆の組み合わせが、血栓を予防してくれます。 鰹節菌と納豆菌が働いて、健康に有用な栄養素や成分をふやしてくれます。 納豆は、血管を詰まらせる血栓を溶かす「ナットウキナーゼ」や、女性ホルモンの不足を補う「大豆イソフラボン」、優秀な植物性…

美肌は、化粧品でなくカギを握る食生活

毎日スキンケアを頑張っていても、いまいち効果を得られない女性は美肌のカギを握る新陳代謝を上げることが大切です。 古い角質が表面に留まってしまうので、肌のくすみやゴワつきを感じるようになります。 また、メラニンの排出が上手に行われず、シミの原…

新型コロナウイルスの初期症状は・・・

新型コロナウイルスの初期症状は、発熱や咳など風邪のような症状がみられるほか、嗅覚・味覚障害が生じることがあります。 人によっては下痢・嘔吐などの消化器症状や意識障害などの神経症状が現れることもあります。 唇が紫色になる・息が苦しくなる・急に…

腸内フローラが肥満に関係している

近の研究では、腸に関わる疾患(ガン、糖尿病、肥満、リユウマチ、アレルギーなど、これまで考えもしなかった病気が腸内細菌と関わっていたことが分かり、すでに30以上の病気で腸内フローラとの関係が … さらに認知症、美容にも、腸内細菌が出すある物質の…

内臓脂肪をごっそり落とす食べ方

内臓脂肪を落とせば、高血圧・糖尿・動脈硬化・がん・認知症・肝臓病など死亡リスクを減らし、80歳まで健康のキープができます。 太った人の腸内には、デブ菌がいっぱい棲んで居ます。 ヤセ菌の好きな食物繊維を増やして、デブ菌の好きな糖質を減らすだけ ヤ…