癌克服・癌医療情報

がん医療情報

癌と寿命、運命

人間は、生まれてから死ぬまで、みんな幸せを求めて努力しています。
ところが、現実には病気をしたり、事故にあったり、悲しいことがあったりします。
それが持って生まれた因縁で、その因縁を誰もが運命として背負っているからです。
運命と言う言葉は、生命を運ぶと書きます。

この命を運ぶ因縁を清めて行くことで、正しい道が示され、運命が変り健康、寿命を延ばせて、幸せを得ることが出来ます。

ご先祖様と私たちとの関わりを一木の松の木に例えますと、根の部分ほ、ご先祖様の居られる霊界になり、葉や幹の部分は、私たちの暮らしている現生になり、現生と霊界は、相通じています。
現生と霊界の世界は、次元を異にしますが、さながら大樹のように繋がっています。
現生と霊界は繋がっていますから、例えば、霊界のご先祖が苦しんでいると、この世の子孫も何らかの悪影響を受ける事があります。
逆に、この世の子孫が先祖を篤く供養し、功徳を積むならぽ、霊界の先祖は、苦しみから脱する事ができます。
切っても切り離せな関係になっていますから、ご先祖様の生前の事を知り、正しい供養が必要なのです。

その事を知らずに生活していますから、法を犯し、業を積み、徳を減らしまい、因縁が芽を出して、癌や病気になったり、離婚をしたり、事故をしたり、悲しい事や苦しことが起きているのです。

一人一人が裏世界を背負って居て生かされているのです。
徳は、ご先祖様から授かったもので、預金と同じで、使えば無くなっていきます。その徳を十を持って生まれる方もあり、百を持って生まれる方もあり、それが運命になっています。

徳を使うだけでば無くなって行き、助かる命も助からなったり、一生懸命に働いても努力しても思うようにならなくなります。

だから、霊界のご先祖様と一体になって、清まって行くことが大切になります。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

癌と戦っている方に、食べて頂きたい高分子コラーゲンコーヒーゼリー

高分子コラーゲンは「マクロファージ」や「リンパ球」の働きを活性化させ、免疫機能を高めます。マクロファージはウイルスや細菌を丸ごと食べて処理してくれる免疫細胞で、コラーゲンを与えたマクロファージは、通常の100倍ものスピードでウイルスや細菌などを退治したという実験結果があります。

高分子コラーゲンの免疫力の作用実験

f:id:kyotomura4592:20170606185458j:plain

生き残ったマウスにもう一度ガン細胞を植え付けたところ、全部はね飛ばしました。つまり、一度癌細胞をはね飛ばしたマウスは、二度と癌が付かないことが分かりました。

 

悪性下喉頭がん克服

手術もできない状態を高分子コラーゲコーヒーゼリを食べて癌を克服

f:id:kyotomura4592:20170606190225j:plain

3兆個濃縮乳酸菌入りの高分子コラーゲンセリー

作り方は  http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤手治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績ですがんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。 善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法です。

 

癌になる原因は、ストレスや食生活だけでない

病気になるのは体の不調や不摂生、また病原菌などがその原因であることは確かですが、 仏法では生命自体に病を起こす原因を持っていて、それが病気となって現れます。  

つまり、病原菌などの外的な原因のほか、その人の生命自体にある内的な原因で病気になり、その原因を究明し、根本的に解決する方法は仏法以外にないと説いているのです。

病を治すのはあくまでも人間の持つ自然治癒力(生命力)が主体であって、 医学はその手助けをすることに主眼が置かれ、人間自体の生命力を強くし、病原菌に負けない、また発病しないようにすることが根本課題なのだと思います。

 その意味で正しい仏法を根底にしつつ、医学を用いていけば、医学は偉大な効果を発揮することと思います。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

がん治療の中心的治療法は、抗がん剤で、完全治癒が望めるのは全がん患者の数パーセントに留まっており、多くの抗がん剤はわずかばかりの延命効果と症状の改善しかないのが実情です。 がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。 善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法です。

 

 

癌が治るのに、治療以外に、不思議な力が・・・

人間は、肉体と意識(心)と無意識(仏)という、少なくとも3つの要素で構成されていて、この3つの要素が、互いに密接に関係しています。

人間は、肉体と意識(心)と無意識(仏)という、少なくとも3つの要素で構成されていて、この3つの要素が、互いに密接に関係しています。

医者からは「もう治らない」「余命〇か月」と言われたのに、ガンが治ったという人はたくさんいます。病院では、医者に「もうだめだ」と思われた患者さんは必ず亡くなります。
現実には、医者の目に触れないところで、進行ガンが治ったという不思議な現象は起き、命を頂かれたり、癌を克服された方が多く居られます。

世間一般では、癌の原因は、ストレスや生活習慣と言われていますが、これは、医学的な考えで、癌医療や薬に限界があるのを感じている医者が増えています。
病気の本当の原因は、医療やクスリ、メスが届ない、見えない聞こえない処にあって、そこに、病気なった因、仏意があります。そこには、寿命や命、医療やクスリを超える不思議な力もあります。
医療やクスリが、これからも進歩しても、症状を和らげるだけで、癌を征服する事は、難しいでしょう。
医療に携わる方や薬を開発する研究者、患者の方が、見えない聞こえない世界が在る事を知り、それを理解され、肉体も魂も救える医者が増えれば、医療は、も大きく変ると思います。

癌は、肉体と意識と仏意が絡み合って発症します。見えない聞こえない世界に出遭えた方は、よい治療が受けられたり、不思議な力によって、命が延びたり、癌が消えたりされた方が多く居られます。私もその内の一人で、検査の段階で癌が消えて、今も元気にしています。

 

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

 

癌を治す心

ガンや精神病も心の持ち方によって治ることがある たとえば、現代医学では治らないとされる末期ガンと告げられただけで、ショックを受けて衰弱してしまう人もいます。そういう人は、心が力を失ってしまうからです。

末期ガンという診断が誤診であるのにぐったりしてしまい、間違っていたと告げられると急に元気を取り戻したという人もいます。

このように、人間の心は自分が治らない病気であると信じ込むことによって、本当に体の状態が悪くなってしまうことがあるのです。それは、心が免疫力や運命を誘導する作用を持っているからです。

ガンであると告げられ、あと半年の命であると宣告され、「自分は絶対に大丈夫。病気は治る」と信じることによって、ガン細胞を消し去ることもあります。

これは、現代医学の観点からすると不思議なことですが、実はそういった奇跡は、多く起きています。

簡単に絶望しなく、心を明るく持って希望を失わない姿勢が大切です。

絶望が本当の死につながるのは、素晴らしい可能性や明るい未来を否定してしまうからです。

絶望的な運命が訪れたとしても、それが本当に希望のない人生へとつながっているかどうかはその時点では分かりません。実のところ、それが本当の幸せへと導かれる入口であるかもしれません、

嫌なことを不幸ととらえて落ち込んだ気持ちになると、それに関する運命もなぜか落ち込んでしまい、本当に不幸なことにつながってしまうのです。

あの絶望的状況があったからこそ、今の幸せが得られることが多いのです。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

 

 

 

癌に勝為の「自然治癒力」の高め方

全身の栄養や血行を改善して生体の新陳代謝を高め、免疫力 を高めて防御システムを回促させれば、治癒力が働いて徐々に癌細胞を減らしていくことは可能です。

現実問題としては、進行した癌が、体の治癒カだけで消減させることは極めて少ないのは事実ですが、体の治癒力を高めることで、癌の進行を遅らせて、延命に効果があることは期待できます。癌細胞を 徹底的に攻撃するのでほなく、生体の免疫力や自然治癒力を高めることで、癌の進行をストップさせ、癌と共存しながら延命することです。

 癌に対する自然治癒力を高める上で・食事の重要性を指摘する研究は多くあります。

 昔から、野菜は血液をきれいに保ち、動物性食品は血を汚くすると信じられてきました。実際、野菜の中には抗酸化物質や血小板凝集抑制作用を有する成分が多く含まれているため、野菜の摂取は血液の循環を改善し、新陳代謝や免疫力を向上し、治癒力を増強されることも期待でき、結果として癌の再発予防や治療の効果を高めることができます。

したがって、食物を消化吸収する胃腸の働き、吸収した栄養を体の隅々まで行き渡らせるための血液循環、紐泡や組織の新陳代謝を高めることが自己治癒力を高める必要条件になります。                                                                     

栄養が十分に行き渡り、新陳代謝が活性化すると、細胞や組織の修復や再生能力は維持され、自律神経やホルモンが正常に働いて体全体の調和が保たれ、免疫力などの体の抵抗力が十分働くことができます。                                                                                  

条件が整った時に、免疫力を高めるような濃縮乳酸菌を利用すれば,抗癌力を最大限に高め、癌を自然撃退することも不可能ではありません。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

がん患者さんの体の免疫力を無力化する「免疫抑制細胞」

最近の研究で『単に免疫力を上げるだけでは、がん細胞を攻撃・排除するのには不十分である』ことが分り、がん細胞が増殖した後に起る、最も恐ろしいことの1つは、がん患者さんの体の免疫力が無力化してしまうことです。具体的には、免疫を無力化する「免疫抑制細胞」をがん細胞の周囲に増やします。
「免疫抑制細胞」は、名の通り、免疫が癌細胞を攻撃することを邪魔する「バリア」のようになり、免疫力が働きにくい免疫抑制状態になって、がん細胞が増殖して行きます。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

癌は、体の細胞に異常が起き、“がん細胞”ができることから始まります。がんが検査で発見できるようになる大きさは1㎝ほど。がん細胞が増殖を繰り返し、1㎝の大きさになるまでに10―15年かかります。しかし、そこから急速に大きくなって、数年で命に関わる大きさに増殖します。 大きくなったがんは、周りの正常な細胞が必要とする栄養分を横取りしたり、臓器を破壊したりして、次々と体の機能に障害を起こして行きます。