プロテサンで、汚いお腹をきれいに

腸管をきれいにすることが、健康になる近道

最近の日本人の腸管は、大変汚れそうです。食生活の変化、生活習慣の変化が原因であると考えられています。肉類や油物を多く摂る食生活の結果、腸内の悪玉菌が増え腸内腐敗し、必要な栄養が摂れなく、汚れたまま入って、血液を汚しています。

FK-23菌を常用すれば、腸管をきれいにし、お腹を元気に保つことができます。

 

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、腸管をきれいにしながら免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれます。

 

FK-23菌で腸管をきれにすることは、健康になる近道。

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/protesans/

FK-23菌は、死菌だから免疫力が3倍高まる

免疫力を高めることは、健康な身体を取り戻す「若返り」の効果がことになります。

あらゆる乳酸菌の中でもFK-23菌は、免疫活性作用が強く、摂取しますと、「白髪が減った」・「黒髪が増え」・「抜け毛が減った」・「お酒がおいしくなった」と言う話もよく聞き、FK-23菌は、免疫機能をたかめ、肝機能を向上させてくるサプリメントです。

 

免疫力を高めれば、ガンの再発や転移の可能性を低くしてくれ、病気を克服する為には、体調そのものを改善することで、その期待に添えるのが21世紀のサプリメントと言われるのが「FK-23菌」です。

 

生菌を主成分とした乳酸菌に比べて、死菌体の「FK-23菌」は、腸内に送り込むことのできる菌の数が圧倒的に多いのです。

そのため、他の乳酸菌に比べ腸管免疫を高める効果は3倍、体内で変化することもなく、安全・安心な乳酸菌です。

 

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてく、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。https://www.kyoto-kenkou-mura.com/protesans/

水溶性イオン化カルシュウムは、ペットも元気にしてくれます

                                                  f:id:kyotomura4592:20180120050005j:plain

ペットのシャンプーをされる時に、市販のシャンプーやリンスに水溶性イオン化カルシュウムを4~5滴程度入れるだけで、カルシュウムやミネラルが水に溶けているために、ペットの毛の外側と内側両面から、カルシュウムやミネラルが吸収されて、健康な毛並みになります。

水溶性イオン化カルシュウムは、シャンプーやリンスの成分を中和してくれますから、皮膚にはやさしく、皮膚からミルラルが吸収されて、ペットを健康にしてくれます。

ペットの餌や飲み水に水溶性イオン化カルシュウムを入れますと、カルシュウムやミネラルが補給されて、健康になり、尿や便の臭いが気にならなくなります。

 

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/calmaxs/

 

カップラーメンがお店の味に

                   f:id:kyotomura4592:20180118175522j:plain

 

カープ麺を食べる時に、お湯100mlに水溶性イオン化カルシュウム2~3滴入れますと、麺の量が増え、より早く出来上がります。

ミネラルが麺をしっかりさせるので、のびにくく、10分たってもおいしく食べれます。スープも風味が増し、化学調味料のアクみやしつこさ、油臭さが消え、お店のあじのように美味しくなります。

 

水溶性イオン化カルシュウムは、料理に無限の使い道が

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/calmaxs/

体によい・美味しい塩の作り方

最近、塩がなにかと話題になっています。本来の塩のよさが再認識されるようになり、さまざまな商品が開発され、まさに塩ブームといっても過言ではないでしょう。

もともと海水から塩田法で作られていたころの塩には、少なからず塩仕ナトリウム以外のミネラルが含まれていました。

 

海水には全ミネラル元素が含まれ、食塩は本来、ミネラルの宝庫である海水の濃縮物だつたはずなのですが、現在のイオン交換法や平釜塩では、塩化ナトリウムの純度が高い塩しか作られなくなつてしまいました。

 

精製塩は、食塩としては偏食の塩ですから、その塩に水溶性のカルシウムやマグネシウムのミネラル類をプラスしなけれは、本来の食塩とはなりません。 

そこで、水溶性イオン化カルシウムを加えると、まろやかで風味のいい、ミネラルバランスがととのった塩ができあがります。


自然塩も多々出回っていますが、自然塩といえども、カルシウムが含まれる塩は少なく、体によい塩は非常に少ないのが現状です。

自然塩の場合、塩に含まれる塩化物や硫化物が水を吸ってしまうため、湿って固まりやすく、大変使いにくいのが現状です。 

 

自然塩に、水溶性イオンitカルシウムを加えると、カルシウムがたっぷり入った、サラサラで溶けやすい塩ができあがります。

水溶性イオン化カルシウムは、精製塩なら自然塩以上においしく、自然塩ならカルシウムたっぷりのさらにおいしい、本当に体によい塩に変えてくれます。

 

美味しい塩の作り方は

カルマックス – KYOTO 健康村

細くなった髪の毛が、健康な髪に蘇る

                                   f:id:kyotomura4592:20180107155700j:plain

シャンプやリンスの種類は多く、選ぶのも大変ですが、髪は、骨や歯、爪などと同じでカルシュウムが主体になっていますから、常にカルシュウムやミネラルを補給してあげることが大切です。

カルシュウムやミネラルが不足しますと、髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えてきます。

市販のシャンプーやリンスに、水溶性イオン化カルシュウムを4~5滴程度入れますと、手や肌に優しいシャンプーやリンスになります。

水溶性イオン化カルシュウムは、カルシュウムやミネラルが水に溶けていますか、髪の外側と内側両面かカルシュウムがら吸収され、健康な髪が蘇り、しっかりした髪の毛になります。

髪の表面に、カルシュウムが膜をつくり、キューティクルを保護してくれます。

手ごわい寝グセ直しヤボリュウムアップが簡単にセットできます。

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/calmaxs/

 

 

ふっくら美味しい朝ご飯

            

          f:id:kyotomura4592:20180116063738j:plain

 

高い銘柄米で、美味しくたけないのは、水に原因があります。昔、ごはんがおいしいと言われたころは、ミネラル豊富な井戸水や湧水を使用し、カマドトで炊いていました。

今は、いずれも失われました。

家電の進化によって、美味しく炊けるようになりました。炊飯のたびにミネラルウォーターを惜しげもなく使うことは大変です。

    f:id:kyotomura4592:20180116071711j:plain

 

ところが水溶性イオン化カルシュウムを米2合あたり小さじ3分の1弱入れれば、お米のうまみを最大限に引出し、ふっくら、もちもちしたご飯になります。

       f:id:kyotomura4592:20180116071631j:plain

 

水量は従来より10~20%増しにしてください。保温してもおいしい炊き立てご飯をキープできます。    

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/calmaxs/