100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

癌が嫌う明日葉クエン酸ジウース

クエン酸水は、活性酸素の害を取り除く水もあり、毎日飲んでおけばがん対策に期待でます。

体に良い水は第一にアルカリ性であることです。

人の体液は大体PH7.35~7.45の弱アルカリ性に保たれています。

体がアルカル性であれば、癌の発生や転移がありません

疲れて免疫力が落ちてくると酸性に傾いてくるので、PH7.5以上のアルカリ性の水を体に常時入れてあげることが大事です。

摂取量の制限より多くの水分を摂取すると、呼吸苦や浮腫の増強を引き起こす可能性があります。

逆に極端に少ないと、尿が作られないために尿毒素が体にたまる危険性があります。

医師の指示内容を厳守することが大切です。

体内に、乳酸がたまると、ミトコンドリアは弱って、その中の「クエン酸サイクル」が停滞、停止します。

ガンの周囲を囲うように、その大量の乳酸がたまり、酸性になると、ミトコンドリアは弱って、その中のクエン酸ワイクルが停滞、停止します。

そうした逆境下でも、がん細胞内でミトコンドリアが正常に働くようにしてあけると、増殖や転移といった性質が抑制されます。

ガンが作ったくさんの乳酸は、クエン酸ヴイクルで分解、氷と炭酸ガスになって消えていきます。

クエン酸サイクル」は回転にともなって活性酸素を出すので、がん細胞が死んでいく。それが本来の健康な姿です。

ミトコントリアは、自然で順調な細胞の死、すなねち細胞の代謝という、重要な役割をになってます。

ガン細胞の中のミトコンリドア内でクエン酸サイクルが激しく廻りだしますと、他の健常細胞のミトコンドリア同様、活性酸素を蓄積し、その結栗、放っておいても順次死んでいってくれるようになります。

ガンは周辺環境がアルカリ性 (ph7,4)になると、活動が弱り休眠状態にもなります。

酸性方向に傾いた招病体液そのものを、健康な弱アルカリ性に変えることができます 。

クエン酸だけでは、クエン酸ヴイクルは起こりません。


明日葉は、野菜の中でもビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な上、それらがとてもバランスよく含まれ、他に植物としては良質のタンパク質を含有しています。

ひとつひとつの栄養素でみれば、含有量の多く、明日葉ほど多種の成分が含まれ、それぞれの量の多い野菜は他にありません。野菜の王様と呼んでふさわしい、今もっとも注目の健康野菜です。

明日葉効果

明日葉免疫力効果
明日葉には免疫力を活性化させる働きがあります。そのため、病気になりにくい健康な体を維持、体の調子を高めるという効果が期待できます。
明日葉には抗酸化作用もあるので、活性酸素の発生を抑える働きもしてくれます。

明日葉整腸作用
明日葉には、食物繊維が豊富に含まれていますから、腸内環境を整えてくれる効果があります。そして、腸内をきれいにし、たまっていた不要物を排出してくれます。

明日葉の発がん抑制効果
活性酸素の発生を抑制してくれる効果があるので、活性酸素によって細胞が傷つけられるということを予防してくれます。細胞が傷つくとがん化してしまうというリスクが高まりますが、明日葉の効果効能によって細胞を傷つけるリスクを予防してくれるのです。

明日葉の血行促進の効果
クマリンという成分が抗酸化作用が特徴のポリフェノールの一種で、香り成分として知られ血行促進効果を持つ栄養素です。

明日葉の疲労回復の効果
明日葉には、ビタミンB1が含まれていています。そのビタミンB1は、疲労回復やエネルギー生産に欠かせない栄養素です。

がん細胞が嫌う明日葉クエン酸ジウースの作り方

癌が嫌うクエン酸水の作り方
<材料>

クエン酸2.5g

・浄水250cc

・蜂蜜

・明日葉小さじ1杯

<作り方>

.コップに浄水250ccとクエン酸2.5g、蜂蜜を入れ、よくかき混ぜる。

クエン酸水に、カルマックスを数滴入れますと、細胞を元気にするミネラルの補給か出来ます。

長生き健康情報 – KYOTO 健康村

 

乳がんの人が増える日本

現在、乳がんになる人の数は年々増える傾向にあり、日本人女性の25人に1人が乳がんにかかっています。

その勢いは7~8人に1人の割合で乳がんにかかるといわれるアメリカに徐々に近づきつつあります。

そして残念ながら乳がんで亡くなる方も増加傾向にあり、その死亡率は11年間で2倍になりました。

30歳から50歳代の女性がかかるがんの中で、一番多いのが乳がんです。

乳がんの発生には、女性ホルモンであるエストロゲンが大きく影響しているためです。

エストロゲンは女性の体を作るための重要な働きをしているホルモンですが、分泌されている期間が長いほど、乳がんのリスクが高まるのです。

妊娠・授乳期には分泌が止まるため、それだけリスクが減ることになります。

閉経後はエストロゲンの分泌が止まりますが、別のホルモンが脂肪組織でエストロゲンに変わります。

したがって、閉経後の肥満もリスクの一つです。

予防として、野菜をたっぷりと採ったバランスの良い食事、適度な運動、嗜好品を控えめに、十分な睡眠に心がけて下さい。

月に一度は自己検診、1年に一度はマンモグラフィと超音波検査を受け、日頃から乳房に感心を持ち、乳房のわずかな変化を見逃さないことが大切です。

乳がんは、乳房の中の乳腺に発生する悪性腫瘍です。

乳がんはといっても、その性格はさまざまです。

症状では、しこり、痛み、血液が混じったような分泌物、乳頭のただれ、皮膚のくぼみ、赤くはれたり、オレンジの皮のように毛穴が目立つ、わきの下のしこりなどがあります。

気づかずにそのまま放置しておくと、乳腺の外にまでがん細胞が増殖し血管やリンパ管を通って全身へと広がっていきます。

乳がんになりやすい人は

初潮が早い・閉経が遅い・閉経後太り気味・出産していない・30歳を過ぎてから初産・母、姉妹に乳がんの人がいるなどてす。

www.kyoto-kenkou-mura.com

高温調理で老化物質が発生

肉の高温調理で老化の原因物質が発生

f:id:kyotomura4592:20191012061411j:plain

 

老化は、体力や脳の衰え、肌のシミやシワ、血管や内臓などのあちらこちをむしばみ、糖尿病、心筋梗塞脳梗塞、癌などを引き起こす引き金となります。

 

終末糖化物質AGEは、油を使うなどして120℃以上になると大量に発生し、強い毒性を持ち、老化を進める原因物質です。

 

ジャガイモを高温で加熱すると、アクリルアミドと言う毒性の物質が大量に発生し、発がん性物質です。

 

タンパク質と糖質が含まれる食品を高温加熱をしますと、毒性の高い物質が発生しますので、いますぐ調理法を見直しましょう。

 

老化物質をつくらない調理法

 

蒸す・ゆでる・煮る・生食

www.kyoto-kenkou-mura.com

 

 

抗がん力を高めるモリンガ・クエン酸ジウースの作り方

モリンガは、300種もの薬効効果

免疫力を高めてくれ、自然治癒力を上げてくれるソマチッドを一番多く含む植物というのが、モリンガです。

モリンガには、次のような効果があるといわれています。

アンチエイジング・ダイエット・免疫アップ・美肌・便秘解消・不眠を改善する・元気をつける

精神面への作用・抗菌作用・抗がん作用・母乳の分泌をよくする作用

貧血を改善・関節痛、リウマチなど、ここではすべてを紹介しきれないほど多くの薬効、効果があると言われているのです。

頑固な便秘を改善!食物繊維が豊富
野菜や海草類、果物に多く含まれていると言われる食物繊維ですが、モリンガにも食物繊維たくさん含まれていて、その食物繊維の含有量は、100g中、30.6gも含まれています。

食物繊維を多く含む食品として知られているレタスやごぼうと比較しますと、モリンガは、レタスの28倍、ごぼうの5倍の食物繊維が含まれています。

抗酸化作用の高いポリフェノールが豊富!
モリンガには老化現象を引き起こす活性酸素の働きを抑えてくれるポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールを多く含んでいる食べ物や飲み物といえばワインが有名ですが、モリンガには同じ量で換算してその18倍も多くのポリフェノールが含まれています。

腸内環境を改善して、免疫力を大幅アップ!
腸には免疫の7割が集中しており、腸内の環境を整えることが免疫力を大きく上げることになります。

モリンガには、食物繊維がたっぷりと含まれていますので、たまっている便を排泄して腸内環境を整えるのに働いてくれます。

不要な便が排泄されることでデトックス作用がパワーアップしますので、アレルギー改善効果も期待できるようになります。


人の体液は大体PH7.35~7.45の弱アルカリ性に保たれていれは、癌の発生や転移がありません

疲れて免疫力が落ちてくると酸性に傾いてくるので、PH7.5以上のアルカリ性の水を体に常時入れてあげることが大事です。

摂取量の制限より多くの水分を摂取すると、呼吸苦や浮腫の増強を引き起こす可能性があります。

逆に極端に少ないと、尿が作られないために尿毒素が体にたまる危険性があります。

医師の指示内容を厳守することが大切です。

体内に、乳酸がたまると、ミトコンドリアは弱って、その中の「クエン酸サイクル」が停滞、停止します。

ガンの周囲を囲うように、その大量の乳酸がたまり、酸性になると、ミトコンドリアは弱って、その中のクエン酸ワイクルが停滞、停止します。

そうした逆境下でも、がん細胞内でミトコンドリアが正常に働くようにしてあけると、増殖や転移といった性質が抑制されます。

ガンが作ったくさんの乳酸は、クエン酸ヴイクルで分解、氷と炭酸ガスになって消えていきます。

クエン酸サイクル」は回転にともなって活性酸素を出すので、がん細胞が死んでいく。それが本来の健康な姿です。

ミトコントリアは、自然で順調な細胞の死、すなねち細胞の代謝という、重要な役割をになってます。

ガン細胞の中のミトコンリドア内でクエン酸サイクルが激しく廻りだしますと、他の健常細胞のミトコンドリア同様、活性酸素を蓄積し、その結栗、放っておいても順次死んでいってくれるようになります。

ガンは周辺環境がアルカリ性 (ph7,4)になると、活動が弱り休眠状態にもなります。

酸性方向に傾いた招病体液そのものを、健康な弱アルカリ性に変えることができます 。

クエン酸だけでは、クエン酸ヴイクルは起こりません。

ピタミンBをはじめとするB群やビタミンCの他、亜鉛・マクネシウム・セレン・鉄・マンガン・クロムなどのミネラル、さらにジンシステインといったアミノ酸などなどが必要です。

www.kyoto-kenkou-mura.com

ゴーヤーは “がんに打ち克つ”NO1の野菜

ゴーヤといえば“がんに打ち克つ”NO1野菜

f:id:kyotomura4592:20191006033419j:plain

栄養素面では、ビタミンCが特に豊富で、ゴーヤ1本あたりのビタミンCは、なんとトマト1個の約5倍、レモン1個の果汁よりも多いそうです。

さらに、通常、ビタミンCは加熱に弱いのですが、ゴーヤに含まれるビタミンCは野菜の中で唯一加熱に強いことがわかっています。

注目は、ゴーヤの栄養素はがんを発生させる細胞の9割以上を死滅させるという研究結果と、その効果はもはや「予防というより治療の域」との声まである点です。

コロラド大学癌センターの新しい研究結果によると、ニガウリの汁にはすい臓癌の細胞がブドウ糖代謝する能力を制限すると示されています。

つまり、細胞のエネルギー源を断ち切り、結果としてそれらを死滅させるというものです。

この研究結果は学術誌「発癌現象」で発表されました。

ニガウリは、ブドウ糖の新陳代謝経路に影響を及ぼしてエネルギーを制限し、すい臓癌細胞を死滅させることを突き止められました。

すい臓癌は一般的には糖尿病によって進行するものです。

ニガウリの汁は2型糖尿病にも効果があって、中国やインドでは糖尿病対策として、何世紀にも渡って民間療法として使われています。

ニガウリは、インスリン分泌細胞である、すい臓ベータ細胞をも統制します。

すい臓癌実験モデルのマウスにニガウリの汁を与え、対照グループと比較すると、ニガウリの汁を与えられたマウスはすい臓癌になる可能性が60%も低いことが分かりました。

コロラド大学がん研究センターのRajesh Agarwal教授らが、こうした民間療法と数年前の研究で、ゴーヤーの抽出成分には乳がん細胞の増殖を抑制する働きがあると確認されたことを踏まえ、その後も研究を重ねていたところ、ゴーヤーには膵がん細胞に対して、そのエネルギーの源となるグルコース代謝能力を抑制し、結果として膵がん細胞を死に至らしめる働きのあることを発見しました。

http://癌を克服する情報30ブログ

増えている腎臓病

腎臓病は、日本人に増えている病気でのひとつです。

急性の症状が現れて発見されるケースもありますが、多くは自覚症状がなくいつの間にか悪化しています。

高血圧や糖尿病といった腎臓の機能低下を招く病気が増加しており、これも腎臓病患者の増加に大きく影響しています。

腎臓の機能が衰えると、全身に影響が及びほかの病気を招く可能性が高くなりまから、腎臓病の原因や経過を前もって知っておけば、いざというとき、適切な対処ができます。

痛風
痛風の原因は生活習慣が影響が大きく、プリン体を多く含む食品である肉、魚、甲殻類、アルコール特にビールのとり過ぎが挙げら、男性に多い病気で、尿路結石や腎臓結石ができやすく、尿路結石では背中や腹部の痛み、血尿が現れることがあります。

急性腎障害
腎機能が急激に(数時間から数週間で)低下し、命関わることもあります。
そのため、むくみ、食欲低下、全身倦怠感、けいれんなどの症状があらわれ、尿の量が極端にへってしまうこともあります。

糖尿病性腎症
糖尿病は、血糖値が高くなる病気で、インスリンが十分機能せず、高血糖値の状態が続くので、やがて血管の内壁が傷ついてしまいます。

その他にも慢性糸球体腎炎・高血圧性腎硬化症・多発性嚢胞腎・腎盂腎炎・悪性高血圧・急速進行性糸球体腎炎・ループス腎炎などの病気になります。

www.kyoto-kenkou-mura.com

日本人の1日当たりの食物繊維摂取量は約14g

食物繊維は生活習慣病の予防に欠かせない成分です。

食物繊維の多い食品を食べると噛む回数が増えるので、肥満予防になります。

また、糖の吸収を緩やかにして食後の血糖値の急上昇を抑える働きがあるので、糖尿病予防にも役立ちます。

現在日本人の1日当たりの食物繊維摂取量は約14gです。

1日24g摂取するのが理想とされていますが、現状との差が大きく現実的ではないため、

「日本人の食事摂取基準」では、目標量として1日当たり18歳~69歳の男性20g以上、女性18g以上、

70歳以上の男性19g以上、女性17g以上と設定されています。

食物繊維は、そのほとんどが吸収されず体の中を通過します。

体内に吸収されるわけではないのに、なぜ体によいのでしょうか。

食事で口から入ったものはまず胃に入りその後小腸へと移動します。

そのとき食物繊維が十分にあると、食べたものが胃や小腸に存在する消化酵素に触れにくくなるので、消化・吸収がゆっくり進みます。

さらに小腸では、主に水溶性の食物繊維が食物中のコレステロールブドウ糖の吸収を抑えてくれます。

食物が小腸から大腸に移ると、食物繊維が大腸に存在する腸内細菌のエサとなります。

そのときに乳酸や酢酸などの酸がつくられるため、大腸内が酸性の環境となります。

善玉菌とよばれる乳酸菌やビフィズス菌などは、酸性の環境で増え、腸内細菌叢(腸内フローラ)を健全な状態に維持してくれます。

腸内細菌叢が改善されると便の嫌なにおいが減少します。

不溶性の食物繊維は便の量を増やしますので、大腸の粘膜壁を刺激して、排便を促し便通を整えてくれます。

このように食物繊維は、便通を整えて便秘の解消に役立つほか、コレステロールブドウ糖などの吸収を抑え生活習慣病予防に役立つなど生理的な機能を持っています。

食物繊維を多く含む食材

食物繊維は、野菜やきのこ以外に、米・小麦・とうもろこし・ライ麦などの穀類、豆腐・納豆・高野豆腐などの大豆製品・あんこなどのあずき・ピーナッツ・そらまめなどの豆類・こんにゃく・じゃがいも・さつまいもなどの芋類・ひじき・わかめ、寒天などの海藻類・りんご・ぶどうなどの果物類などに多く含まれています。

玄米や胚芽米など精製度の低い穀物にも含まれているので、こうした穀物を主食に混ぜて食べると、無理なく摂取量を増やすことができます。

また、食物繊維は冷凍しても電子レンジにかけても量や質が変わらないので、野菜を多めに調理して冷凍保存しておけば、手軽に摂取できます。

記事 – KYOTO 健康村