100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

新型コロナに感染しぬくい人

新型コロナに感染しても、約80%が軽症で、その多くが無症状感染者ですが、何には重傷化して亡くなる人も居られます。

 

この違いは、免疫力の差になります。

 

ウイルスの中で、最も危険とされているのはエボラウイルスで、エボラ出血熱を発症すると致死率は50%前後になり、マーズの致死率は約35%、サーズは約10%。新型コロナの場合、ヨーロッパでは10%を超える国が多いが、日本では4.4%(5月16日現在)となっています。

 

新型コロナは、無差別に人を重症化させるのではなく、免疫力の強い人には手出しをしないウイルスです。

 

新型コロナで亡くなる方は、免疫力が低下している糖尿病など基礎疾患がある人です。

 

私たちの身体の中には、侵入してきたウイルスや細菌を排除する仕組みがあり、それが免疫で、免疫には、自然免疫と獲得免疫の2つの種類があります。

 

自然免疫にはいくつか種類があります。

 

白血球は、体内に侵入したウイルスや細菌を食べる免疫細胞があり、その中で好中球は、病原体が体内に入ると活性酸素を発射して分解します。

 

この働きを貪食といい、マクロファージと呼ばれる細胞で、がん細胞や体細胞の死骸を食べまくります。

 

そして、体内をパトロールしながらウイルスに感染した細胞やがん細胞を見つけて攻撃するのがナチュラルキラーといわれるNK細胞です。

 

人の体内では、毎日3000個から5000個のがん細胞が出現し、それを攻撃するのがNK細胞で、少なくても50億個、多い人になると1000億個が体内に存在し、これが多いほど免疫力が高いことになります。

 

獲得免疫は、ウイルスなどに感染した後に得られる免疫機能です。

 

ウイルスや細菌などは抗原と呼ばれますが、リンパ球のB細胞は抗原に特異的に結合する抗体をつくります。

 

抗体にくっつかれた抗原は活動が抑えられて無力化します。

 

抗体は3日から7日ほどでつくられ、それまでは、自然免疫がウイルスなどと戦います。

 

免疫細胞の約70%は、腸管周辺に待機し、腸には200種類以上の細菌がいて、仲間の細菌とコロニーをつくっています。

 

畑のような美しさがあることから“腸内フローラ”と呼ばれている。 「腸内フローラを健康な状態に保つには、食べ物が関係してきます。

 

食事の6割を野菜類、豆類、果物類、全粒穀類(玄米や五穀米)などの植物性食品にすると、腸内細菌が繁殖します。

 

乳酸食品や発酵食品を毎日とる必要があります。

 

納豆は納豆菌、ヨーグルトはビフィズス菌、チーズは乳酸菌、味噌は麹菌、漬物は乳酸菌で、すべて腸内細菌の仲間です。

 

さらに、食物繊維やオリゴ糖も腸内細菌の良いエサになります。

 

新型コロナウイルスに感染した場合でも、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

 

プロテサンは、医療機関や大学と共同研究を重ねてウイルス感染防御剤など、11件の治療用途特許を取得しています。

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館

体内に毒素が蓄積

便秘していますと「体内毒素」が、たくさん蓄積されて行きます。

便 秘は若い人から高齢の人までどの年齢層でもみられる排便の悩みの一つです。

 

全体的には男性よりも女性のほうが多い傾向がみられます。

 

女性は10代の思春期 から便秘になる人が多く,その後は一定していますが60代以降から右肩上がりで増加しています。

 

便秘は、腸内にうんちが長期間溜まった状態で、腸内細菌に悪い影響を与えます。

 

うんちがエサとなって、クロストリジウムなどの悪玉菌が増殖します。

 

そして発ガン物質、発ガン促進物質、アンモニア硫化水素などの有害物質や、おならの元となるガスを発生させます。

 

だから便秘の時のうんちは、臭いのです。

 

そして便秘が続くと、それらの有害物質はどんどん腸壁から吸収されて、血液中をめぐります。

 

肌荒れや様々な病気にもつながると考えられています。

 

3日以上排便がなければ便秘と考える人が多いのですが、これは勘違いです。

 

良好な腸内環境であれば、排便は1日1回。

 

食べたものの消化・排便までの時間は24時間が目安です。

 

一般的なうんちの水分量は80%ですが、大腸に長時間とどまっているうんちからは、水分がどんどん吸収されていくので70%以下になり、硬くなってしまいます。

 

硬くなると余計に腸内で動きにくくなり、どんどん溜まる・・・と悪循環に陥ってしまいます。

 

便秘は、腸内にうんちが長期間溜まった状態ですから、私達の腸内細菌に悪い影響を与えます。

 

うんちがエサとなって、クロストリジウムなどの悪玉菌が増殖します。

 

そして発ガン物質、発ガン促進物質、アンモニア硫化水素などの有害物質や、おならの元となるガスを発生させます。

 

便秘を解消するには、食物繊維をよく摂ることです。

 

食物繊維は、善玉菌のエサになり、腸内環境を整え、水分を吸収してスムーズに外に運ばれるうんちを作ってくれます。

そして善玉菌を増やす濃縮乳酸菌を摂ることです。

便秘の原因は、人によって異なりますが、3つのタイプがあります。

1.便が直腸に達しても排便反射が起こらず、直腸に便が停滞してうまく排便できなくなるタイプ。

2.腸管の緊張がゆるんでしまい、ぜん動運動が十分行われないため、大腸内に便が長くとどまり、水分が過剰に吸収されて硬くなるタイプ。

3.副交感神経の過度の興奮によって腸管が緊張しすぎてしまい、便がうまく運ばれずに、ウサギのフンのようなコロコロとした便になるタイプ。

 

便秘解消に、プロテサンを摂取しますと、腸内の乳酸菌が100倍以上増やす働きをしてくれ、腸内菌のバランスを整えてくれます。

 

腸内の酸性を保ち、大腸菌などの悪玉菌を減らし、腸の蠕動運動を高めてくれます。

プロテサンを摂取しますと、腸管免疫力が高まり、体の冷えを改善したり、動脈硬化を起こした血管や傷ついた血管を修復してくれます。

 

他にも、ドロドロな血液が、サラサラした血液になり、さまざまな病気が遠のいて行きます。

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館

お腹にカビ菌が増えているかも

腸内環境は、さまざまな慢性疾患の一因となることが明らかになってきました。

アレルギーやメンタル症状、肝機能障害、心血管疾患、悪性腫瘍などの治療の際にも、欧米では腸内環境を整える治療が最先端分野で日常的に行われています。

お腹のカビ「カンジダ」 腸内で増えすぎると恐ろしい症状が?

お部屋や洗濯物、食品などの「カビ」にも要注意ですが、実はカビがいるのは私たちの周りの環境だけでなく、「腸内」にも結構「カビ」がいます。

カンジダ菌といって、私たちと日頃から共存していますが、食事や腸内環境の悪化などにより、過剰に増えすぎてしまうことで体内の炎症が悪化したり、様々な自律神経症状、疲労低血糖や、脳のパフォーマンス低下などな・・・好ましくない症状をさらに悪化させる要因となっています。

善玉菌の不足によって、カンジダなどのカビも増えやすくなります。

女性の場合は、婦人科系の症状にも関わっていることもあるそうです。

健康な人の腸内には様々な菌が存在し、バランスを取りながら腸内環境を維持しています。

腸内環境が悪化すると、胃腸症状、アレルギーや精神症状・自律神経症状、低血糖症、自己免疫疾患、脂肪肝、肥満、がんや動脈硬化等さまざまな症状や病気を引き起こす原因となります。

さらに悪玉菌が増えると腸の粘膜を破壊して、本来吸収されるはずのない未消化物や有害物質が吸収され、アレルギーや精神疾患をはじめ様々な慢性疾患の原因を作ります。

慢性症状や疾患を根本から治し予防するには、腸内環境の改善治療が必須であるといっても過言ではありません。

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館

コロナ再感染が世界で相次ぐ

新型コロナウイルスの猛威は止まらず、米ジョンズ・ホプキンズ大の集計では、世界の感染確認者数は4千万人に追っています。

 

うち約2700方人の回復が公表されたが、再感決症例が相次いでいることで、感染が治まるのが見通せなくなってきています。

 

再感染者の多い欧州は、現在、感染 「第2波」のまっただ中です。

 

ベルギーでは新規感染者が9月に激増し、今月激増し8日には全てのカフ一ェやバー再び閉店す る事態になっています。

 

都市封鎖で成功したオランダも大都市の若い世代を中心に感染が急増し、今月、部分的 に都市封鎖が決まっています。

 

感染者と死者が最も多く、いずれも世界の2割を占める米国でも再感染者が発生しています。

 

新規感染者は連日5万人以上増えており、累計で800万人を超えています。

 

約15万人が感染した南米エクアドルは、死亡卒が約8%と極めて高く、遺体安置所や葬儀所の対応能力を超えています。

 

免疫低下なら重症化のおそれ

 

新型コロナウイルス感染から回復後、ふた荼毘感染するのが世界で相次いでいます。

 

ウイルス遺伝子の異変例もあり、別種のウイルスで重症化することもあり、変異種が増えれはワクチンのの効果も及ばなくなります。

 

免疫が低下していれば悪化の懸念があり、健康維持や感染対策の徹底を叫ばれています。

 

免疫力は、乳幼児時期は低く、成長するにつれて高まり、20 歳前後にピークを迎えますが、それを過ぎると加齢とともに徐々に低下し、40代で50 %、70代では10%まで低下することもあります。

 

子供や高齢の方は、免疫力が弱いためウイルスに感染しやすく、糖尿病や抗がん剤を使用している人も免疫力か低下しているため、普通感染しない菌でも感染します。

 

新型コロナウイルスの予防対策には、免疫力を高めることが一番で、もし感染しても、免疫力が高ければ、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

 

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館

増えている「うつ病」

腸内には 100兆個、重さにして約1~1.5kg、1000種類以上もの腸内細菌が生息し、食物からの栄養素の吸収、ビタミンやタンパク質の合成、体外からの新たな病原菌の侵入の防止など、多岐にわたる重要な機能を担っています。

 

近年、腸内細菌は脳の機能にも影響を与えること(腸―脳相関)を示唆する研究結果が次々に報告されています。

 

うつ病患者のは、健常者と比較して、善玉菌の菌数が有意に低く、ビフィズス菌・乳酸桿菌ともに一定の菌数以下であることが、世界で初めて明らかされました。

 

現在、うつ病患者数(治療を受けている人数)は 70 万人と推定されています。

 

治療を受けていない罹患者はその 3~4 倍存在するとされ、うつ病は国民の健康をおびやかす重大な病気の1つです。

 

うつ病の発症には、ストレスが大きく関係しているといわれています。

 

「心が弱い人はストレスに弱いから、うつ病を発症するのではないか」と考える人がいるかもしれませんが、ストレスとはそもそも「心や体にかかる刺激や負荷」を指します。

つまり、人によっては思いもよらない出来事がストレスになるのです。

 

親しい人との死別や離婚、あるいは病気になるなどといった悲しい、つらい出来事がストレスとなるのは理解しやすいと思われます。

 

しかし、それ以外にも昇進や結婚、こどもの独立など、どちらかというと明るい人生の転機でさえストレスとなることがあるのです。

うつ病と関わる第二の脳と言われる腸

腸は消化吸収のためだけの器官ではなく、ヒトのカラダにおける最大の免疫系組織であり、多くの神経系・内分泌系組織が集まっています。

 

腸は、自ら考え、動き、また脳を通じて全身に指令を送る働きかけをすることも出来ると考えられています。

 

そのため"腸は第二の脳"と呼ばれ、ヒトのカラダに多くの影響を与えています。

 

腸と脳が相互に情報を伝え合い、カラダの働きを調整する関係にあるからこそ「うつ病」なとが起きて来ます。

消化吸収以外の腸の機能

✡ ヒトのカラダを守るリンパ球の6割が集まる最大のリンパ組織(免疫系)

✡ 首から下の神経の半分以上が集まる最大の末梢神経組織(神経系)

✡ 全身の器官の機能をコントロールするさまざまなホルモンを生産(内分泌系)

 

プロテサンは、善玉菌を増やして、免疫の能力を刺激し、攻撃力と寛容力のバランスを保つ働きがあり、ストレスやうつ病を改善できる可能性を持っています。

 

ストレスを解消し治癒力を高めるドイツ生まれのHealy

生活習慣病や癌になる原因は

私たちの体は、70兆個の膨大な細胞からできていて、その細胞ひとつひとつは、何らかな栄養素によってつくられています。

それぞれの細胞が必要とする栄養素があり、満たされていれば健康に過ごすことができますが 、細胞の栄養不足になりますと、体調不調になります。

細胞は生体の最小単位と考えられがちですが、1つの細胞は、さらに小さな独自の機能をもった部品がたくさん集まって構成され、細胞の大きさは様々ですが、いずれも非常に小く肉眼で見ることはできません。

 

例えば、血球・筋肉細胞・皮膚細胞・神経細胞・腺細胞のような種類の細胞があります。

 

細胞には、血液中を自由に移動する血球のように互いに結合しないものもあれば、臓器や筋肉細胞のように互いにしっかり結合するものもあります。

 

皮膚細胞のようにすばやく分裂と再生を行う細胞もあれば、神経細胞のように異常な状況下でなければ分裂も再生も行わない細胞もあります。

 

腺細胞をはじめとする一部の細胞は、ホルモンや酵素などの複雑な物質をつくり出すのが主な機能です。

 

乳房には母乳をつくる細胞、膵臓にはインスリンをつくる細胞、肺粘膜には粘液をつくる細胞、口腔には唾液をつくる細胞があります。

 

物質の生産とは関係のない機能をもつ細胞もあります。

 

筋細胞は収縮することで動作を可能にします。

 

神経細胞はインパルス(電気信号)の発生と伝導を担い、脳と脊髄の中枢神経系と、それ以外の体の部分との情報伝達を可能にします。

 

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館

ひそかに癌を治す人

末期がんで余命を告げられたにも関わらず、ある日突然がんが消えた、これが、がんの自然治癒や自然退縮といわれるもので、条件が揃えば、がんの自然退縮は充分起き得るのです

 

がんを治した人は、がんそのものではなく自然治癒力(免疫力)に目を向けている人です。

 

私たち人間の体は、常に正常に戻そうとする働き(治癒システム)が備わっていて、異常が起きれば元に戻そうとします。

 

しかし、癌の人は、栄養の偏りや体の冷え、運動不足、睡眠不足、薬剤などによってその機能が低下しています。

 

だから、健康食品を摂取したり、体を温めたり、運動したりして本来の体の機能(自然治癒力)を取り戻しましょう。

 

自然療法でがんを治した人達は、体が喜ぶことをしてがん細胞を治癒させているのです。

 

がんは、不自然な生き方をしたために出来た異常細胞で、不自然な生き方をやめ、体を癒し、がんを自然退縮へと導きます。

 

がん細胞を元の正常細胞に戻していくのが自然療法で、がんが出来た原因(不自然な生き方)を取り除いていくには、食の改善(栄養)や、体の冷えの改善、ストレスの改善が必要になります。

 

人間の細胞は生きていくためには、体温、酸素、栄養を必要とします。

 

がん細胞は、低体温、低酸素、高血糖といった環境のなかで生きる細胞で、そのがん細胞に出ていってもらうためには、がん細胞が好む環境から脱出する必要があります。

 

正常細胞を増やすには、体温、酸素、必要な栄養素を揃える必要があります。

 

自然療法は、がんとう塊をみるのではなく、からだ全体に目を向ける療法で、栄養、体温、酸素を整え、免疫力をあげ、がん細胞を正常細胞に戻していく根っこから変えていく根治療法、病気の原因を取り除く原因療法です。

 

がんを治すには、自然治癒力が必要で、この自然治癒力無しでは治らないと考えます。

 

アメリカでは、自然治癒力を高めるのが当たりまえで、医師の半数以上が健康食品など積極的に摂ることを薦めています。この自然療法によって、がんの発症と死亡率ともに減っているのです。

 

がんは血液の汚れで出来たもので、血液を汚す原因の30%は冷え、栄養、睡眠、排泄、運動、薬物などが関係しているといわれ、残りの70%は心が関わっています。

 

血液をキレイに出来るのは自分自身で、毎日の心がけと自然の恵みを活用することで、血液を浄化・自ら備わった力を発揮することが出来ます。

 

アメリカ・カナダのがん医療

アメリカでは1980年から、癌の取り組み方が変わり、それまでは年々増大する癌の医療費にアメリカ政府の予算が追い付かないくらい膨らんできました。

 

この事態にアメリカでは危機感を感じ、政府主導の元、ガン撲滅作戦を展開したのです。

 

その結果わかったことは、手術や抗癌剤治療では癌を撲滅できない事が分かり、特に抗癌剤治療は癌を治療できないばかりか、返って酷くなると発表されました。

 

抗癌剤治療は確立の悪い、命を懸けたギャンブル、有効率は160人中、たったの6名といわれています。

 

マクガバンレポートにより、食生活の改善を中心とした、代替え医療が最も有効であるとの結論に達しました。

 

1980年から代替え医療が国家的規模で行われた結果、癌の死亡率が下がりはじめ、今では年々低下しています。

 

これに追随して、ドイツ、イギリス、カナダ、でも代替え医療にシフトを転換したことで、欧米では癌の死亡率が低下してきたのです。

 

カナダでは癌に対する最も多い治療は『何もしない』22%となりました。

 

最近では『無治療』何もしない治療が、最も治りやすいことが分かってきたと言います。

 

カナダでは手術するのは6%、日本はそれに対して17倍。

 

カナダの抗癌剤治療は5%、日本は20倍。

 

カナダの手術と抗癌剤併用は3%、日本は33倍になっています。

サプリメントなど1つや2つで癌に立ち向かうのでなく、身体に良いと思われることを総合的に取り入れ、免疫力や治癒力を高めましょう。

免疫力や治癒力を高め、薬に匹敵する抗がん力のあるFK-23菌

FK-23菌

 

プロテサンを摂取しますと、腸管免疫力が高まり、体の冷えを改善したり、動脈硬化を起こした血管や傷ついた血管を修復してくれます。

他にも、ドロドロな血液が、サラサラした血液になり、さまざまな病気が遠のいて行きます。

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館