夏バテ対策

夏バテは、夏の暑さが原因だけでなく、慢性的な脱水状態、寝不足、身体の冷え、栄養不足など様々な要因から夏バテを引き起こしています。

夏バテは、腸内環境を整えるだけで解消出来ます。

夏は、外は暑く室内はクーラーなどで寒かったり、暑いので冷たい飲み物を飲んだりしますから、これが原因で内蔵が冷やされて働きが悪くなり、便秘や下痢の原因になり、それが続くと腸の機能が落ちてしまい、悪玉菌が優位の腸内環境になってしまいます。

腸内環境が悪玉菌優位になると汚い血が全身を巡る事となり、肌荒れや肩こり、疲れが取れないと言った症状が表れます。
また、新陳代謝が落ちるので免疫力が低下し、体調を崩しやすくなり夏バテしやすくなります。

腸内環境を整えるのは、「濃縮乳酸菌」と「食物繊維」です。

濃縮乳酸菌と植物繊維と一緒に摂取するとより働きが良くなります。
濃縮乳酸菌は胃酸で死滅することなく腸内に届くので、和食中心の食生活をすると自然と腸内環境を整えられます。

次に食物繊維ですが、食物繊維には2種類あります。
食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維で、胃や腸で水分を吸収して大きく膨らまし、便のカサ増しや腸を刺激して蠕動運動を活発にする役割があります。

水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維で、水分の保持力が強く、水に溶けるとドロドロのゲル状に変化し、腸内の有害物質や老廃物を排出しやすくします。
どちらかを沢山摂取するのではなく、バランスがとても大切で、不溶性食物繊維2:水溶性食物繊維1が理想的です。

それでは、どのような食品に含まれているのかご紹介します。

◯食物繊維
水溶性食物繊維
・オクラ・アボカド・山芋・納豆・海藻類・きのこ類

不溶性食物繊維
ごぼう・玄米・豆類・イモ類

これらの食品をバランスよく摂取すると腸内環境の改善に繋がります。

腸は第2の脳と言われるくらい身体にとって大切な部分です。
腸内環境を整えると夏バテしにくくなるだけでなく、免疫力が上がったり、美肌に繋がったり良い事がいっぱいなんですよ。
この夏は美腸活動をして身も心もスッキリしてみませんか?

www.kyoto-kenkou-mura.com

 

健康を維持するには、毎日1兆個の乳酸菌を摂る必要が・・・

人間の腸管の中には、約100兆個の腸内細菌が存在し、日和見菌・善玉菌・悪玉菌の3種類の腸内細菌がバランスを取ることで、良好な腸内環境を構築しています。

 

このバランスを維持するには、毎日1兆個の乳酸菌を摂り続けることがたいせつです。


なぜなら、100兆個の腸内細菌がバランスを崩しているのに、数千個程度の善玉菌を増やしたところで、バランスは改善されないためです。

 

では、1兆個の乳酸菌を摂ろうとすると、どれくらい食べなければならないでしょうか?

 

ヨーグルトでは100リットル、乳酸菌飲料では4.5リットルにもなり、そんなに、毎日食べられますか。

 

プロテサンならⅠ包で、ヨーグルト約300~4000カップの乳酸菌が補給できます。

 

 

 

www.kyoto-kenkou-mura.com

 

 

水虫は、肝臓を元気すれば治ります

日本人の5人に1人が水虫患者と言われ、近年では若い女性患者が急激に増加する傾向にあり、まさに国民病と言っても良い状態です。

 

水虫は、カビの一種の白癬菌が原因と言われ、水虫の薬を使っても、治すことができない方が多いのでないでしょうか。

 

薬や酢なといろんな事を試したが、治せなかった水虫が、 この2ヶ月あまりで、すっかり治り、きれいな足になりました。

 

老化予防にと総合栄養食品と肝臓サプリを飲み始めた処、水虫がすっかり治りました。

 

水虫は、肝臓と関わっているようです。

 

水虫が治しきれなかったのは、肝臓が弱って菌に対する抵抗力が落ちてしまっていたからです。

 

白癬菌は、肝臓が健全であれば殺せるようです。

 

子供さんに水虫がないのは、子供さんの肝臓が健全だからで、菌が付着しても水虫に罹らないのです。

 

肝臓は、年齢と共に働きが低下し、白癬菌を殺せなくない状態になっているのです。

 

水虫の薬で白癬菌を殺しても・・・肝臓の働きが良くなる訳ではなく、だから、再発を繰り返すのです。

 

爪水虫を治そうと長期に渡って抗生物質を飲んだりすると、かえって肝臓を悪くし、再発し易くなったりします。

 

私たちの生命を維持するために重要な役割を果たしている肝臓。「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

 

肝臓は臓器としては強靭なのですが、逆に気付かぬ内にダメージを抱え、それが蓄積されてしまって気付いた時にはもう遅いという性質も抱えています。

 

日々の生活の中で、知らず知らずのうちに悪影響を与えている可能性が潜んでいるのです。

 

あなたの肝臓は大丈夫でしょうか?

www.kyoto-kenkou-mura.com

 

医療技術は発達しているのに、病気が増え続ける日本

日本人の平成27年度の死因

1位 ガン・・・・・・・・約36.8万人

2位 心疾患・・・・・・・約19.7万人

3位 肺炎・・・・・・・・約12.0万人

4位 脳血管疾患・・・・・約11.4万人     

3位の肺炎は、抗癌剤の副作用により免疫力が低下し、それによつて肺炎になる方が増えているからです。

 

現代人の疾患

糖尿病患者・・・・・・・・約316万人    予備軍1620万人

高脂血症・・・・・・・・・約206万人    予備軍3200万人

高血圧・・・・・・・・・・約1010万人   予備軍3500万人

 

医療費の推移

      昭和30年            平成27年

人口    約8900万人          約12700万人

国の医療費  2388億円          約40兆円 

 

日本の食品添加物の認可数は、他国に比べて10倍以上

 

1品目が許容値であっても、食事によって、何種類もの添加物が摂取されてしまい、その一部は体内に蓄積し、血液を汚しています。 

 

日本・・・・・1500品目

アメリカ・・・133品目
ドイツ・・・・・64品目
フランス・・・・32品目
イギリス・・・・21品目


ケタが違いすぎますね(笑)

海外では国民を守るため、危険性があるものは採用しません

アメリカや欧米で「国家が摂取を禁止している添加物」が日本では野放しなのですから病人が減らないのです。 

 

腸に優しい食事を摂り、腸内環境を整えることで、体毒を排出したり、病気を予防したり、治したりできます。

 

もっと・・・・腸と肝臓を大事にしましょう。 

 

www.kyoto-kenkou-mura.com

 

 

 

 

疲れた時や体調が悪い時に、栄養ドリンク類に頼っていませんか。

その安易な行動が、のちに大きなしっぺ返しとなってあなたの体に襲い掛かるかも知れません……。

 

栄養になるはずの栄養ドリンクからしっぺ返しは・・・・。

 

ドリンク剤によっては少量のアルコールを含むものが存在しています。アルコール入りのものは、飲んですぐ元気になりたいという短期的効果を狙うときにはいいかもしれませんが、実は、一種の興奮剤のようなものであるため、効き目が切れるとドット疲れが押し寄せてくることがあります。

 

ドリンク剤の成分として含まれているアルコールやカフェインは嗜好品ですから、依存症になる恐れがあります。

 

ドリンク剤には、低血糖からくる脳の働きを活性化させるために糖分がたくさん含まれているものも多く、毎日飲み続けると糖尿病や肥満につながることがあります。

 

ドリンク剤に含まれるアルコールとカフェインなどの成分が、すでに常用している薬との飲み合わせで障害を起こす危険性も避けられません。

 

風邪薬や気管支拡張剤とカフェインを一緒に摂ると、相互作用により、頭痛を引き起こすことがあります。

 

ドリンクを飲み続けますと、肝臓に負担をかけ、本当の病気の原因を隠してしまいます。

 

疲れが抜けないのは、体の中で肝臓がSOSを出しているのかもしれません・・。

 

多くの病気の原因は、健康を維持する機能のミネラル不足と言われています。

食生活で補えない栄養素を総合機能食品で補うことが、健康になる近道です。

www.kyoto-kenkou-mura.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/nutritional-supplement/

病気は、細胞のバランスの崩れから

カラダは60兆個とも言われるたくさんの細胞の集まりで、細胞の内側も外側もたっぷりの体液で満たされています。

成人のカラダのおよそ60%が体液だとすると、体液は細胞内に約40%、細胞の外に約20%の割合で分布しています。

 

細胞内の体液を「細胞内液」、細胞外の体液を「細胞外液」といいます。

 

私たち、人体の基礎である細胞は、細胞内液と細胞外液からできています。細胞外液にはナトリウムが、細胞内液カリュウムが満たされ、バランスがとれた状態が健康です。

 

ナトリウムとカリュウムのバランスが崩れるとおそろしい現代病になります。

f:id:kyotomura4592:20180108143937j:plain

カルシュウム補強食品や薬剤をいくら食べても、効果はなく、細胞内・外液のバランスを整えるのはむすかしいです。

カルシュウムは、マグネシュウムと一緒に摂取してこそ真価を発揮してくれます。

     

www.kyoto-kenkou-mura.com

肝臓からのSOS

なんとなく疲れが取れない、足のむくみが気になる、いつもは美味しく感じるものが美味しくないなど、なんとなくモヤとした不調を感じることはありませんか。

 

これらの症状には肝臓の機能が低下している可能性が考えられます。

 

肝臓が疲れていると、どんなことが起きるでしょう?

 

本来解毒されるはずの老廃物は、ろ過できなくなるためそのまま体内に残ります。エネルギーとして代謝しきれなかった栄養は中性脂肪となり蓄積されます。

 

体にとって不要なものがどんどんたまっていってしまうことに加え、エネルギーが作れなくなってしまうことで、体を動かすことがますますつらくなってしまうでしょう。

 

なかなか疲れが抜けないな…というときは体の中で肝臓がSOSを出しているのかもしれません

 

肝臓とは、胸部と腹部の境界である横隔膜のすぐ下にある臓器で、胃とは隣り合っていて、だいたい右わき腹上部のあたりにあると考えて良いでしょう。

 

肝臓の役割とは、主に糖やタンパク質、脂質をエネルギーに変える代謝機能、アルコール・薬や老廃物などを分解する解毒作用があります。

 

また、代謝機能によって作ったエネルギーの貯蔵や、分解されたものを流すための胆汁の生成といったさまざまな機能を担っています。

 

これらの機能は人間が生きる上で必須とされて、肝臓がいかに重要な臓器であるかがわかります。

 

肝臓は、再生能力も強いのですが、何らかの原因でダメージを受けても自覚症状が出にくく、「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

 

必須アミノ酸のひとつ「リジン」は肝臓の働きをサポートしてくれます。

* 肝臓の働きがスムーズになると、脂肪酸を分解する働きが高まり、肝臓を保護する効果が期待できます。

 

リジンは体内で作り出すことができないアミノ酸のため、食事から摂る必要があります。穀物には不足しているため動物性タンパク質を含む肉・魚・卵や大豆製品を合わせて摂るようにしましょう。

 

再生能力が強いといわれる肝臓ですが、さすがにダメージが蓄積されるとその機能は衰えてしまいます。

 

もし肝臓が疲弊してしまったら、老廃物が滞り、老廃物は体に不要な物質ですから、それが分解されないと体に負担がかかってしまいます。

 

そして老廃物を流す役目をもつ胆汁がうまく分泌されなくなるとその老廃物は肝臓に蓄積されてしまうことにもつながるのです。

 

蓄積された老廃物は中性脂肪へと変わります。

本来エネルギーとして使われるはずの中性脂肪ですが、必要以上の量が貯まると皮下脂肪になり肥満につながりますし、肝臓は脂肪肝になってしまうのです。

 

また、血中の中性脂肪が増えればいわゆるドロドロ血が血管の詰まりの原因となってしまいます。

 

このような状態になると、体にはさまざまな症状が現れ始めます。

足のむくみやお腹の張りは、貯まった老廃物の影響といえるでしょう。

 

また、アルコールを肝臓で分解できなくなるので、お酒を美味しく感じなくなり、エネルギーに代わるはずの脂質や糖質が代謝されないので、食べる量が減る人もいます。

 

そうした不調を感じて精密検査を受けた場合、肝機能異常と診断される可能性もあるのです。

 

肝機能を高める濃縮乳酸菌

www.kyoto-kenkou-mura.com