100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

危ない目薬

スマホやパソコンによる目の酷使、コン クトレンズの使用、エアコンによる空気           の乾燥など、現代病ともいえるドライアイ。

 

 多くの人は市販の目薬を使用していますが、眼科医が警鐘を鳴らしています。   

 

ドラッグストアなどで市販されている充血を抑える点眼薬の多くには、血管収縮剤が含  まれています。

 

この成分の作用で、一時的に血管が収縮して充血が引きますが、常用すると、かえって充血しやすい目になるそうです。

 

眼科医としては、市販の充血を抑える点眼薬はおすすめできないとのこと。

 

目薬に防腐剤として含まれる塩化ベンザルコニウムなどの成分が角膜に悪 影響を及ぼすことを指摘されています。

 

成分の接触時間が長くなるほど角膜障害の リスクは高まるので、とくにコンタクトレン
ズ装用中の点眼薬には、必ず防腐剤と血管 収縮剤が使われていないものを選んでください。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com

 

 

 

 

飲み薬をひとつ減らすだけで、長生きができます。

で長生きできるという証明された医学的データーは、どこの国にもありません。

 

近頃、週刊誌が薬の副作用や薬害を掲載されていますが、薬は、万人に同じように効くものではありません。

 

薬の副作用によって、他の病気が発症したり、寿命を縮める薬もあります。

 

薬は医者によって、一方的に処方されるのでなく、なんでも相談できる医者が本当の名医でないでしょうか。

 

飲む薬が増えれば増えるほど、その薬の成分が影響し合い「相互作用」複雑になり、未知の副作用が出ることもあります。

 

日本人は、必要ない薬まて多く飲まされています。

 

薬の飲む量が増えれば増えるほど、体の負担が大きくなり、蓄積して行きます。

 

薬は、体にとっては、毒ですから、少ないほど体にはよいのです。

 

自分にとって減らしてもよい薬を探して、薬を減らしましょう。

 

血圧の薬は、血圧を下げ過ぎて脳や目、腎臓にダメージを与えます。

 

血糖値の薬は、膀胱がんのリスクがあり、フランスでは禁止薬に指定されています。

 

中性脂肪の薬は、脳出血の危険が伴います。

 

骨粗しょう症の薬は、骨を強くするのでなく、逆に骨が弱くなります。

 

認知症の薬は、効能は半年が限界、あまり効果がありません。

 

病気を治すのは、自分の体に備わってる治癒力です。

 

生活習慣や食生活を見直すこと大切です。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com

 

 

 

コレステロールは「長寿薬」

癌やウイルスを跳ね返す細胞膜の材料となっているのが、コレステロールです。

 

コレステロール値が高い男性は、長生きするそうです。

 

アメリカにおいて1960年代に、動物性脂肪の多い肉類、コレステロールの多い卵などを控え、リノール酸の多い植物油を増やせば、コレステロール値が下がって動脈硬化や心臓病を予防できるとの仮説に基づいた栄養指導で大規模な臨床試験をされました。

 

結果として、心臓死亡率も総死亡率に違いがなかたそうです。

 

18年間及ぶフインランドでも、栄養指導を受けた方の心臓死亡率は2倍以上高く、総死亡率1.4倍高い結果になったそうです。

 

ロールと血液中のコレステロールは関係ないと発表されています。

 

1975年に国立栄養食品中のコレステ研究所でも実験が行われて、同様な結果となっています。

 

記事 – KYOTO 健康村

癌になったら・・身内の方を助ける事ができますか

日本では、癌になる方が増え二人に一人が癌で亡くなる時代が近づいています。

 

日本の医療では、癌が発見されましたらすぐに手術、抗がん剤治療になりますか、アメリカでは、国が抗癌剤治療では、癌は治らないことをハッキリと宣言しています。

 

だから、多くの国が抗癌剤の治療が減り、癌で亡くなる方は少なくなっています。

 

癌になる原因は、ストレスや食生活、遺伝などと言われていますか、それだけでなく、この世は、何事も全て目に見えない因果応報の法則に支配をされております。

 

見えない聞こえ世界に、原因があって必ず結果が出るのが、癌なとが代表的なものです。

 

自分の原因と先祖の方に原因があって、癌になる方向に進んいて、そしてある日、突然「癌ができております」と告知されるのです。

 

癌になる人は、食べ過ぎ、頑固で頑張る人とかなりやすく、心が関わってつくり出しています。

 

食道を悪くする方は、食べ物にうるさく、食べ物に感謝がない人が食道がんになりやすく、肝臓を悪くする方は、怒りやすく、ぐちぐち思うよう性格や細かな性格の人がなりやすくなります。

 

胃腸系の病気の人は、食べ物に感謝が少なく、人生に張が弱い方がなりゆすいです。

 

腎臓が悪い人は、怖がりで、神経が過敏な方がなりやすいです。

 

肺の病気になる方は、思い込みの強い性格の方がなりやすくなります。

 

頭が痛くなる方は、目上の人を嫌う方で、女性を嫌う方は、右側の頭痛、男性の場合は、左側の頭痛になります。

 

目の病気は、誰かうっとうしい人がいますと、女性の場合は、右の目、男性の場合は、左目に現れます。

 

 

病気は、先祖と自分に原因があり、自分の心が呼び寄せています。

 

見えない聞こえない世界の事を知り、清めて行くことがとても大切です。


今、若者の犯罪が増えてます。

 

いじめ、自殺、子供への虐待、警察官や先生方の犯罪、昔なかったことが、多く起きるようになって来るのは・・・・。

 

これも、全て目に見えない因果応報の法則に支配をされて起きています。

 

 

 

www.kyoto-kenkou-mura.com

 

 

ミネラル不足が、さまざまな病気を引き起こす

 

ミネラルの不足が原因で、健康障害が増えている>

 

ミネラルは、自動車のエンジンプラグのような働きをしてくれています。

 

食生活から充分なミネラルか摂取できないと、代謝機能が低下して生理的な機能が維持されず、さまざまな原因不明の健康障害や疾病が発生します。

 

現在の市場に出ている野菜が、半世紀前の野菜に比べて、ビタミンやミネラルが非常に少・なくなっでいることはよく知られています。

 

私たちは、ビタミン欠損、ミネラル欠損、農薬漬け、環境ホルモン漬けの野菜を毎日食べています。

 

その結果、さまざまな健康障害を来たしていると考えられますが、根本的な解決方法がありません。

 

現代人は健康継持のために、サブリメントを積極的に利用しなげればならないことが、常識のようになって来ています。

 

食環境の破壊から、体をこわしで病院に行くと、今度はクスリ漬けになってしまいます。

 

食事から、ビタミンやミネラルが摂れなくなったのは、野菜などのミネラルが少なくなったためです。

 

それは、土壌のミネラルをはじめとする栄養不足に陥ったのが原因です。

 

昔はし尿や堆肥を肥料としていましたので、土壌は豊富なミネラルを含んでいました。

ミネラルが循環していたわげです。

 

ミミズやモグラなどをはじめ畑を耕してくれる生物がたくさんいましたし、微生物もたくさん含まれていて、アミノ酸や糖質など生命体に欠かせない物質が豊富にあり、それが野菜やくだもののビタミン含有量を増やし、味覚にも影響を与えていました。

 

私たちの体は、食べ物で養われているといいましたが、元を辿れば土壌によって養われ健康を維持しているといっても過言ではないのでず。

 

しかし、農薬による生態系の破壊や、ごく一部元素しか含まない肥料をもちいで、短期的に多量の栽培を行っているために、土壌を破壊し農作物がミネラル欠損や栄養欠損を起こしています。

 

癌の死亡率は、半世紀前までは、5~6%しかありませんでしたが、半世紀の間に30%まで増え、もうすぐ2人に1人が癌で亡くなるようになります。

 

わずか半世紀の間に変わったのは、ビタミンやミネラル欠損のために、酵素機能低下や免疫機能の低下があると言えます。

 

今、若者に異常な神経をもった方が増えて、感情のコントロールが効かなくなって来ています。

 

これらの症状も栄養欠損や化学物質が要因になっています。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com

顔に現れる貧血、肝臓病、腎臓病、血流不全

顔の表面の皮膚を流れている血液の状態が、外見から読みとることができます。

 

顔色は、うすい赤(紅)色を呈していると「健康色」です。

 

単に色白の人や低血圧傾向の人も青白っぽく見えることがあるので、確実に貧血があるかどうかを診断するには、眼瞼結膜(下まぶた)の色あいを確かめる必要があります。

 

成人になっての貧血は、体内のどこかから出血している可能性が高いです。したがって、胃・十二指腸潰瘍、痔、ガン、女性の場合は子宮筋腫などの有無を病院で調べてもらった方がよいでしょう。

 

肝臓病・腎臓病

顔だけでなく、全身の皮膚が黄色になるのは黄疸で、肝臓、胆のう、すい臓に何らかの病変(肝炎、肝臓ガン、胆のう炎、胆石、胆のうガン、すい臓ガン)があることを示します。

 

健康な人でも人参やミカンを食べすぎると、その中に含まれるカロチン(黄色色素)が血液中に多くなり(カロチン血症)、全身の皮膚が黄色くなることがあります。

 

黄疸の時は全身の皮膚が黄色くなる前に白目が黄色くなります

 

肝臓病(肝炎、肝硬変、肝臓ガン)が長引くと、血液内の老廃物が十分に解毒できず、血液が汚れてきます。

 

すると、その色を反映して、顔色が黒ずむのです。

腎臓病でも、血液中の老廃物が尿として十分に排泄されないため血液が汚れ、顔色が黒ずみます。

 

腎臓病の場合は、はじめに「目の周りが黒ずんでくる」という特徴があります。

 

目の周りは皮膚がうすいため、早めに血液の汚れの色を反映するからです。

血流不全

脳卒中、心臓病、ガン……などで亡くなった方、急死した方は、「赤ら顔」であったはずです。

 

体の冷えによって血管が収縮して血流が悪くなる(瘀血)と、清流もせき止められるとドブ川になってしまうように、血液中の成分も汚れて「汚血」になります。

 

また、肉、卵、牛乳、バター、マヨネーズに代表される高タンパク、高脂肪食の食べすぎで血液中の脂肪、タンパク、尿酸などの栄養過剰物や老廃物が増えると、血液はドロドロに汚れ(汚血)、その結果、血流が悪くなり「瘀血」になるのです。

 

「汚血」=「瘀血」に陥ると、コレステロール中性脂肪、フィブリン(タンパク)、終末糖化産物(AGE)、尿酸などの余剰物、老廃物を血管の内壁に沈着させる(動脈硬化)ことで、血流をよくしようとしますが、血管はますます細くなり「瘀血」は進展します。

血流をよくするために、血管を拡張しようとして、顔や手の平が赤くなるのです。

 

「赤い」といっても、ピンク色の健康的な赤味とは違うどす黒さを伴う赤さです。

 

同時に歯茎や舌の辺縁が赤から紫や茶色を帯びた色素沈着を伴うことが多く起こります。

 

「瘀血」=「汚血」=「血流不全」なのですから、放置すると脳梗塞心筋梗塞、ゆくゆくはガンなども患いやすくなります。

 

「瘀血」のサインのある人は、健康の原則である「少食」「十分な運動」を励行する必要です。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com

 

毎朝、岩塩水を飲むだけで、以前の体調に

ヒマラヤピンク岩塩を溶かした水を毎日1回飲むだけで、消化器官を刺激し、胃酸、肝臓や膵臓の消化液の分泌を促進します。

 

これが代謝機能を改善し、体内のPHバランスを調整するのにも役立ちます。

 

店長 ヒマラヤ岩塩の体験談

朝、コップ1杯の水にヒマラヤの岩塩を小さじ半分弱入れ、飲み始めて1週間での効果

✠   鼻炎にも効果があるようで、鼻水が出なくなりました。

✠ 尿の量が増え、行きよいよくよく出るようになり、尿の残量感がなりました。

✠    疲れが取れやすくなりました。

✠    夜中の目覚めがなくなり、よく熟睡できるようになりました。

✠   クリームが必要な手や肌が、クリームの必要がなくなりました。

✠   加齢による各部の体の痛みが、和らいで来ています。

 

ヒマラヤピンク岩塩に含まれるミネラルはすべて、人間の体を作るのに欠かせない必須ミネラルです。

 

骨を丈夫にし、細胞を維持し、筋肉や腱の回復、末梢神経の機能維持に欠かせません。

また、血液の材料にもなり、循環機能を維持するためにも必要不可欠です。

さらに胃や腸に作用して栄養の吸収効率を高める効果や、細胞のエネルギー産生を促進するはたらきもあります。

 

このように、ヒマラヤピンク岩塩は健康な体を作るために重要な役割を果たし、体の機能を全体的に改善する効果が期待できます。

www.kyoto-kenkou-mura.com