読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

癌を治す心

ガンや精神病も心の持ち方によって治ることがある たとえば、現代医学では治らないとされる末期ガンと告げられただけで、ショックを受けて衰弱してしまう人もいます。そういう人は、心が力を失ってしまうからです。

末期ガンという診断が誤診であるのにぐったりしてしまい、間違っていたと告げられると急に元気を取り戻したという人もいます。

このように、人間の心は自分が治らない病気であると信じ込むことによって、本当に体の状態が悪くなってしまうことがあるのです。それは、心が免疫力や運命を誘導する作用を持っているからです。

ガンであると告げられ、あと半年の命であると宣告され、「自分は絶対に大丈夫。病気は治る」と信じることによって、ガン細胞を消し去ることもあります。

これは、現代医学の観点からすると不思議なことですが、実はそういった奇跡は、多く起きています。

簡単に絶望しなく、心を明るく持って希望を失わない姿勢が大切です。

絶望が本当の死につながるのは、素晴らしい可能性や明るい未来を否定してしまうからです。

絶望的な運命が訪れたとしても、それが本当に希望のない人生へとつながっているかどうかはその時点では分かりません。実のところ、それが本当の幸せへと導かれる入口であるかもしれません、

嫌なことを不幸ととらえて落ち込んだ気持ちになると、それに関する運命もなぜか落ち込んでしまい、本当に不幸なことにつながってしまうのです。

あの絶望的状況があったからこそ、今の幸せが得られることが多いのです。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

 

 

 

癌に勝為の「自然治癒力」の高め方

全身の栄養や血行を改善して生体の新陳代謝を高め、免疫力 を高めて防御システムを回促させれば、治癒力が働いて徐々に癌細胞を減らしていくことは可能です。

現実問題としては、進行した癌が、体の治癒カだけで消減させることは極めて少ないのは事実ですが、体の治癒力を高めることで、癌の進行を遅らせて、延命に効果があることは期待できます。癌細胞を 徹底的に攻撃するのでほなく、生体の免疫力や自然治癒力を高めることで、癌の進行をストップさせ、癌と共存しながら延命することです。

 癌に対する自然治癒力を高める上で・食事の重要性を指摘する研究は多くあります。

 昔から、野菜は血液をきれいに保ち、動物性食品は血を汚くすると信じられてきました。実際、野菜の中には抗酸化物質や血小板凝集抑制作用を有する成分が多く含まれているため、野菜の摂取は血液の循環を改善し、新陳代謝や免疫力を向上し、治癒力を増強されることも期待でき、結果として癌の再発予防や治療の効果を高めることができます。

したがって、食物を消化吸収する胃腸の働き、吸収した栄養を体の隅々まで行き渡らせるための血液循環、紐泡や組織の新陳代謝を高めることが自己治癒力を高める必要条件になります。                                                                     

栄養が十分に行き渡り、新陳代謝が活性化すると、細胞や組織の修復や再生能力は維持され、自律神経やホルモンが正常に働いて体全体の調和が保たれ、免疫力などの体の抵抗力が十分働くことができます。                                                                                  

条件が整った時に、免疫力を高めるような濃縮乳酸菌を利用すれば,抗癌力を最大限に高め、癌を自然撃退することも不可能ではありません。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

がん患者さんの体の免疫力を無力化する「免疫抑制細胞」

最近の研究で『単に免疫力を上げるだけでは、がん細胞を攻撃・排除するのには不十分である』ことが分り、がん細胞が増殖した後に起る、最も恐ろしいことの1つは、がん患者さんの体の免疫力が無力化してしまうことです。具体的には、免疫を無力化する「免疫抑制細胞」をがん細胞の周囲に増やします。
「免疫抑制細胞」は、名の通り、免疫が癌細胞を攻撃することを邪魔する「バリア」のようになり、免疫力が働きにくい免疫抑制状態になって、がん細胞が増殖して行きます。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

癌は、体の細胞に異常が起き、“がん細胞”ができることから始まります。がんが検査で発見できるようになる大きさは1㎝ほど。がん細胞が増殖を繰り返し、1㎝の大きさになるまでに10―15年かかります。しかし、そこから急速に大きくなって、数年で命に関わる大きさに増殖します。 大きくなったがんは、周りの正常な細胞が必要とする栄養分を横取りしたり、臓器を破壊したりして、次々と体の機能に障害を起こして行きます。

生活習慣病を半減

腸内環境を正常化することで、人類の生活習慣病が半減できます。 

腸内環境を正常化するためには、腸内細菌の主食である食物繊維を1日30g以上、摂取いただく必要があります。

摂取するためには、 雑穀や豆、海草を主食にすることです、主食を100%雑穀+豆、海草のみゴハン、パンに変えるだけです。

100%雑穀+豆、海草のみを主食にすると、腸内細菌の主食である食物繊維が1日30g以上摂れることが可能になり、腸内細菌量が増え、有用菌(ビフィズス菌等)の割合も大きくなり、高い次元での腸内フローラの活動が高まります、また免疫力が上がり、自律神経のバランスも取れるようになり、ビタミン、ミネラルの生成、吸収も活発になります。

雑穀、豆、海草は、GI値が低いため血糖値の乱高下も少なく、またビタミンE、カルシウム、鉄分、マグネシウム等の様々な必要な栄養が摂れ、カロリーも適切に摂れるようになります。 その結果、腸内環境が正常化し、生活習慣病罹患率が間違いなく半減します。 

食物繊維群とはレジスタントスターチ、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維オリゴ糖であり、さらに雑穀系、豆系、海草系それぞれに作用が違うためバランスよく摂取することが必要です。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

癌にならない解毒健康法

戦後豊かになった食は私達の命を支え、人生を豊かにしてくれるはずでした。

ところが今日、ガン死はどんどん増え、毎年約37方人、心疾患、肺炎、脳疾患による死がそれぞれ20万、12万、12方人にのぼります,さらに、糖尿病は1600万人を超え脂質異常病、高血圧は3000方人を超えている状態です,その結果、医療費は40兆(八介護を含めると50兆円)、これは国の税収に匹嫡します。異常すぎる事態です。なぜこうなったのか冷静に見つめる必要があります。

昭和30年と現代の食の消費量を比べると、肉は15倍、卵は12倍、牛乳製品はなんと25倍、これに対し米は0.5倍、じゃがいも0.4倍、さつまいもは0.08倍…日本人の食の見事な激変ぶりがわかります。

問題は、この激変がなぜ病気を招いたのか?これを解くカギは「府」にあります。五臓六脚の(胃腸)に通じる「府」に戦後の食のft表である「肉」をつけると「腐」つまりコ腐敗」の腐、すなわち胃腸に肉をつめ込むと樹腸一特に陽一は腐敗するという意味になります。

これが今日の病気の根本原因と考えます。

腸の「腐」をミクロの出で見ると、腸内悪玉菌が大繁殖して、善玉菌は影に追いやられている状態なのです"本来なら、この善玉菌を助けるべき食物繊維やビタミン、ミネラル、酵素を多く含む野菜、海そうイモ、豆及び、日本の伝統食である発酵金品コソ、醤油、納豆地この摂取もぉ寒い限りで、悪玉苗に勝つことができない訳です。

加えて、化学合成添加物、農薬電金属、さらにはダイオキシンPM25等々。そして日常的に私達を取り巻くストレス、冷え、運動不足等々が。複合汚染。して腸内フローをさらに悪玉面優勢にし、血液は汚れ、体毒は蓄積することに。以上を一言で申し上げると、食が質、量ともにヒトの代謝能ガを超え、代謝異常を引き起こしているのです,

では、この対策として私達はこれからどうすべきでしょうか?食を変えることは勿論ですが、その前に長年蓄積してきた「代謝異常産物=体毒」を解毒すること、いわゆる。サビ落し,です。

サビの上からベンキを塗っても意味がないように、まず。サビを落してから食の改善が重要です,それにはファスティング一断食一が有効です。

断食といっても、そんなに大げさではなく、プチ断食でよいのです。

軽いものでは、朝食抜き、1日1食、さらには1日に1断食、2日断食、3円以上の場合は専門家の指導を受けたほうがよいでしょう

断食のねらいとポイントは、減量のためではなく代謝しきれてない老廃物を燃やして流すことですから、①ビタミン、ミネラル、食物繊維酵素が重要。そのためには、緑黄色野

菜及びそのジュース。にんじん、キヤベツ、小松菜、りんごがおすすめ。②味噌汁や梅干を少々、③水分の補給を忘れずに(番茶が一番)断食の効果をより高めるために腸内薄玉菌を活件化する健康食品を併用することもおすすめ。

普通食に戻す時は、一日位は重湯、おかゆ、そして、ご飯の順にゆっくり戻しください。その後は「マゴワヤサシイ食」、すなわちマメ、ゴマ、ワカメヤサイ、サカナ、シモ等を中心とした伝統的円本食にすること,詳しい進め方はインターネットに多く紹介されていますのでご参考ください。

断食の利点は「整腸・浄血」が進んで免疫カが向上する。便通改善頭脳すっきり、だるさ、頭痛、肩こり笘の改善、その他、味覚、聴覚、視覚等の五感が明敏になり、総じて若い頃の感覚感性を取り戻す方向に作用します,勿論、美容にも生涌習慣病予防 にも役立つのは当然です,

長崎ベンギン水族館で飼われているべンギンは長寿で有名だそうです,普通ベンギンの平均寿命は20 歳くらいくらいだそうですが、長崎水族館のペンギンの場合は30 歳と明らかに長寿です,中には39 歳の世界記録ホルダーもいるヒのこと。彼らの長寿の秘訣は、餌でも水でもなく、週1回の絶食だったそうです。断食の効果はすごいですね。

私達にも週一度の日曜日があるように,内臓にも日曜日が必要なようです。

生理学博士  久間英一郎談

 http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

 

がんに勝つ お腹の整え方

がんという病気に対しても免疫力は非常に重要です。免疫力があればがんを発症しにくく、がんになってしまった場合でも、免疫力の高い人のほうが治療効果を上げやすいといえます。
 また、がんの治療の中には、強い副作用を伴うものが少なくありません。免疫力のない人は副作用によって体力が極端に落ち、予定の治療を継続できないこともあります。

がん細胞は、死滅することなく激しいスピードで増殖を繰り返していくツワモノて、がん細胞の成長をストップさせることができるのは、身体の「抗腫瘍作用(抗がん力)」という機能です。 この機能が強く働けば、がん細胞は弱体化し、自然に死んでいきます。

抗腫瘍作用を強化するのに、濃縮乳酸菌を積極的に摂取しましょう。

 http://ckkm.main.jp/newpage100.htm 

おなかの中の状態は、がんと密接な関係があります。例えば便秘になると、食べ物の中に含まれている有毒物質が腸内にとどまり、身体の中へと吸収されやすくなります。さらに動物性脂肪をたっぷり摂っている人では、がんを助長する悪玉免疫物質が腸内で大量に発生してしまいます。

逆に下痢がちな人は、身体に必要な栄養素を十分に取り入れることができません。下痢による炎症で腸の粘膜が薄くなり、感染も起こしやすいため、やはりいい状態とはいえないでしょう。

便秘や下痢のほか、ガスが溜まりやすいなど、腸内の環境が乱れている人は、免疫力も低くなります。

一方、腸内の環境が良好な人は、腸の粘膜にある細胞が食べものからいい刺激を受けて、インターフェロンなどの善玉免疫物質がたくさん分泌されます。
 さらに、腸のそばを通過するリンパ球が活性化されるため、理想的な免疫状態を保つことができるのです。

腸内環境の改善のためには、ふだんから野菜や玄米食などの繊維分の多い食材を摂り、濃縮乳酸菌も活用しましょう。

癌食事療法

アメリカではがんへの国家的取り組みで死亡率が低下

現代医学のがん治療は標準治療が基本ですが、5年以内に 再発、死亡、標準治療療法に限界があり、それから本当の意味で患者さんを救ぅために、再発防止の研究を重ねていたところ、食事内容で病態が改善した症例に遭遇しました。

1973年から1989年、米国ではがんにかかる人が増加していたにもかかわらず、1990年から1995年を境にして、がんにかかる人や死亡率が減少しています。それは、現在も続いているのです。片や日本では増加の一途だというのに、何故なのでしょう。

当時、世界最高の医療技術を誇るはずの米国で、心臓病や癌、脳梗塞などの病気が増え続けていました。その原因を究明するために、当時のフォード大統領は「栄養問題特別委員会」を設置させ、通称「マクガバン・レポート」と呼ばれる「アメリカ合衆国上院栄養問題特別委員会報告書」をつくらせました。

その内容は、①肉食中心の食生活ががん、心臓病、糖尿病を生んでいる。②ビタミン、ミネラル不足。③医学界は病気と栄養の問題を無視してきた。というものでした。

がんや心臟病、糖尿病や脳卒中などの病気は間違った食生活が原因で発症し、それを治すためには人間の自然治癒力・免疫力を高めなければならないこと。そのためには、食ベ物から摂取する栄養素が大切であると報告されました。

このレポートに端を発して、1979年には「ヘルシーピープル」という健康に対する数値目標をつくり、さらに1990年には、アメリカ国立がん研究所が「デザイナーフーズプロジェクト」を立ち上げ、野菜の積極的な摂取を呼び掛けた結果、近年の米国ではがんにかかる人も死亡率も減少しているのです。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

癌を治すのには、抗癌剤や外科手術、放射線療法など対症療法は必要です。しかし、がん細胞だけを抗がん剤でたたいて、手術で切除しても、原因の癌体質を改善しなければ、何度も再発します。濃縮乳酸菌は、免疫力を高めて、化学療法や放射線治療の副作用を軽減し、手術後の体力回復、後遺症の改善、がんの転移・再発予防など重要な役割を発揮しています。