100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

肺炎で亡くなる日本人の約98%は65歳以上

まだまだ若いと思っていても、年齢とともに、からだの免疫力は低下しています。

 

日頃、元気で健康的な毎日を送っている方でも、高齢になると、体調の変化などちょつとしたことがきっかけで肺炎を引き起こしやすくなり、急激に症状が進むこともあります。


肺炎は、65歳以上になると、けっして軽視できない疾患なのです。

 

肺炎と、その予防について、きちんと知っていただくことが大切です。

 

風邪をひく、インフルエンザにかかる、歳をとって体力が衰える、糖尿病、呼吸器や心臓に持病があるといったことが原因になってからだの免疫力が弱まると、細菌などに感染しやすくなります。

 

こういうときに細菌が肺に入り込むと、肺で増殖し炎症が起こり、肺炎を発症します。

 

肺炎を起こす原因菌で最も多いのは、「肺炎球菌」です。

 

肺炎を起こす原因菌として、最も感染率が高く、致死率も高いのが「肺炎球菌」です。

 

肺炎球菌は人の鼻の奥に住み着き、肺に落ちてきたときに肺炎を引き起こします。

 

本来は体内に肺炎球菌が侵入しても、脾臓に存在する特殊な免疫細胞「マージナルゾーンB細胞」が抗体を出し、殺菌してくれるようになっています。

 

高齢になると、若いときと比べて脾臓が縮小し、マージナルゾーンB細胞の数も減ってしまいます。

 

そのため、肺炎球菌に対するリスクが高まるんです。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com

新型コロナウイルス肺炎を防ぐポイント

国内で新型ノロウイルス肝炎2例目を確認

インフルエンザなどの呼吸器感染症対策を徹底しましょう。

 

人の多いところに出かける場合は、マスクをしましょう。

 

手をこまめに洗いましょう。

 

睡眠を充分にとりましょう。

 

高齢者、受験生、アスリートも注意

ウイルスを防御する免疫力は、30代をピークに低下し、免疫細胞の一種であるNK 細胞の活性は、一定の年齢を過ぎると低下します。

NK細胞の活性が低いと、肺炎や癌発症率が上がります。

激しい運動をするアスリートも免疫が低下しやすいことが分かってきました。

プレッシャーや不安など過酷な精神的ストレスを抱える受験生も要注意です。

「自分は健康」と思っていても、過信は禁物。私たちは日ごろから、内にも外にも免疫低下リスクを抱えています。

意識して免疫力を高める食生活を心がけてください。

免疫力は、私たちが日々とる食事によっても支えられています。

免疫細胞や筋肉の材料となるのがタンパク質ですが、このタンパク質の摂取量は、1950年代と同じ水準まで減少しています。

また、活性酸素を無毒化する抗酸化物質や免疫機能を司る腸内環境を整えるために欠かせない食物繊維を含む野菜の摂取量も、昭和40年と比べて1人1年当たりで17.3kgも減少。

年代別の野菜摂取量を見ても、全年代で1日当たりの摂取目標量である350gには到達していません。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト

 

中国の新型肺炎の予防にFK-23菌

中国国営メディアは26日、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス
の感染による中国本土の死者が56人、発症者は1975人、疑い者2684人と報じられています。

 

台湾とマカオでも1人ずつの発症。

 

米国でも発狂者が初確認され拡大が明らかになっています。

 

肺炎などの感染症にFK-23菌を酵素処理して細かく砕いたLFKの働きが注目されています。

 

副作用のない予防方法として、乳酸菌の摂取が感染症予防に、非常に効果的である事が、様々なから実証されています。

 

f:id:kyotomura4592:20190303055527j:plain

LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。

 

さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげることも確認されたのです。

 

がん治療中の方の多くは、がんではない方と比べると、免疫機能が低下する傾向があります。

 

免疫機能が低下した状態で感染症にかかった場合、通常より重症化する危険性があります。

 

乳酸菌は、腸内細菌叢を整えて病原菌の侵入を防ぐことや、腸にある免疫細胞を刺激することで、病原体の体内への侵入に対し素早く免疫細胞が応答し、病原体を排除するためと考えられています。

www.kyoto-kenkou-mura.com

 

疲れが抜けないのは

肝臓が疲れると、本来解毒されるはずの老廃物は、ろ過できなくなるためそのまま体内に残ります。

 

エネルギーとして代謝しきれなかった栄養は中性脂肪となり蓄積されます。

 

体にとって不要なものがどんどんたまっていってしまうことに加え、エネルギーが作れなくなってしまうことで、体を動かすことがますますつらくなってしまいます。

なかなか疲れが抜けないのは、肝臓からのSOSです。

肝臓の役割とは、主に糖やタンパク質、脂質をエネルギーに変える代謝機能、アルコール・薬や老廃物などを分解する解毒作用があります。

 

代謝機能によって作ったエネルギーの貯蔵や、分解されたものを流すための胆汁の生成といったさまざまな機能を担っているのです。

 

肝臓は、とても重要な臓器です。

 

肝臓は、再生能力も強いのですが、ダメージを受けても自覚症状が出にくく、「沈黙の臓器」とも呼ばれているのです。

 

必須アミノ酸のひとつ「リジン」は肝臓の働きをサポートしてくれます。

 

肝臓の働きがスムーズになると、脂肪酸を分解する働きが高まり、肝臓を保護する効果が期待できます。

 

リジンは体内で作り出すことができないアミノ酸のため、食事から摂る必要があります。

 

穀物には不足しているため動物性タンパク質を含む肉・魚・卵や大豆製品を合わせて摂るようにしましょう。

 

再生能力が強いといわれる肝臓ですが、さすがにダメージが蓄積されるとその機能は衰えてしまいます。

肝臓が疲弊してしまったら、体内ではどのようなことが起こるのか。

肝臓の主な機能のひとつに老廃物の分解、老廃物とは体に不要な物質ですから、それが分解されないと体に負担がかかってしまいます。

 

そして老廃物を流す役目をもつ胆汁がうまく分泌されなくなるとその老廃物は肝臓に蓄積されてしまいます。

 

蓄積された老廃物は中性脂肪へと変わり、本来エネルギーとして使われるはずの中性脂肪ですが、必要以上の量が貯まると皮下脂肪になり肥満につなり、肝臓は脂肪肝になってしまいます。

 

血中の中性脂肪が増えればいわゆるドロドロ血が血管の詰まりの原因となってしまいます。

 

このような状態になると、体にはさまざまな症状が現れ始め、たとえば足のむくみやお腹の張りは、貯まった老廃物の影響といえるでしょう。

 

アルコールを肝臓で分解できなくなるので、お酒を美味しく感じなくなり、エネルギーに代わるはずの脂質や糖質が代謝されないので、食べる量が減る人もいます。 

 

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト


動物が薬を作り出す時代に・・・

薬剤メーカーでは、こんな薬の開発が行われています。

 

羊の胎児(たいじ)の体細胞を採取し、ヒトの遺伝子を導入され、次に核を除いた羊の未受精卵に、ヒトの遺伝子を組み込んだ体細胞の核を移植されるそうです。

 

それを代理母へ移植すると、ヒトの遺伝子を持つ羊が誕生するそうです。

 

その羊は人間の薬になるタンパク質を含むミルクを作り出しすようになるそうです。

 

このように羊を、クローン技術で大量に増やしてたくさんのミルクを作り、そこから薬を作りだすそうです。

 

※クローン技術とは、遺伝的に同じ個体や細胞を作る技術のことです。

 

そんなクーロンによってつくられた薬を、近い将来に飲むようになります。

 

動物におけるクローンには受精卵クローンと体細胞の一部を使う体細胞クローンがあるそうです。

 

薬で病気が克服できる時代が、本当にくるのでしょうか。

 

 

 

 

中学生にⅡ型糖尿病が激増

今は、家庭や職場はもちろん、電車もバスもショッピング街もレストランもいたると
ころでエアコンが作動しています。

 

体には、寒さや暑さに順応できる体温調節機能があります。

 

体温を調整するために、エアコンの無い時代は、大量のエネルギーを使っていました。


ご飯をたくさん食べても、エネルギー源にしかならない糖が余るということはなかったのです。

 

糖が余らないから、脂肪もたまることもありません。

 

そのため、戦前は肥満の悩みも糖尿病の人も少なかったのです。


今は、エアコンの普及によって長時間暑さや寒さにさらされることがほとんどな
くなりました。

 

その為に、必死になって体温を調整するエネルギーは必要なくなってしまいました。

 

そのため現代人は、昔の人と比べて基礎代謝量が大幅に減っています。

 

その結果、エネルギーとして消費されなくなった糖は、すべて脂肪に変わります。

 

その脂肪は、皮下や筋肉、内臓、血液に蓄えられます。

 

これが進みますと、糖尿病になって行きます。

 

糖尿病は、長期にわたって少しずつ悪化していく病気です。

 

血管や神経にダメージを与え続けます。

 

腎臓病、網膜症による失明、壊疽で足を切断するといった重大な合併症を引き起こします。

 

糖尿病性網膜症で失明する人の数は、年間4OOO人を超え、慢性腎不全で人エ透析をはじめなければならない人は毎年1万人以上増加しています。

 

子どものころから糖尿病になると、20代、30代でそうした合併症を招いてしまう可能性も高くなります。

 

1970年から1990年にかけて、中学生のⅡ型糖尿病が倍増し、今も増え続けています。

 

Ⅱ型糖尿病は、年齢に関係なく激増しています。

 

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト

 

 

 

 

 

 

高血圧の最大の原因は脚の弱りから

「老化は脚から」ともいわれるように、足、腰、尻など下半身の筋力・筋量が低下してくると種々の老化現象が出現し、血圧が上昇します。

 

お尻、太ももには、毛細血管の数も多く、下半身に血液が潤沢に巡っています。

 

歳と共に下半身の筋力や筋肉が減弱してきますと、毛細血管の数も減り、行き場を失った血液は上半身に集まってきます。

 

その結果、血圧が上がってしまいます。

 

ウォーキングをはじめとする運動、スクワット、太もももあげ運動などで下半身の筋肉を鍛えると、上半身の血液が下半身に降りてきて、血圧は下がってきます。

 

筋肉運動によって、「プロスタグランジン」「タウリン」などの「降圧物質」の産生分泌が増加し、血管が拡張し、また利尿も促進され、塩分、水分も排泄されて血圧が下がってきます。

「老化は脚から」といわれるが、「高血圧の最大の原因は脚の弱り」と考えてください。

 

高血圧をはじめ、心臓病、糖尿病、痛風脳卒中などの生活習慣病を防ぐために脚の筋肉の鍛錬は極めて大切です。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト