癌克服・癌医療情報

がん医療情報

癌余命を延ばす筋トレ

アメリカの癌研究所が、世界で初めて筋トレのと癌の死亡率を明らかにした。

日常生活の中で、ウォーキングやジョギングなどの身体活動が多い場合、乳がんや大腸がん、前立腺癌の死亡率を低下させてくれます。

癌と診断された18歳か81歳まで男女2.863を対象とした死亡率は、筋トレしてないのに比べ、死亡率が33%減少することが明らかになりました。

 

f:id:kyotomura4592:20171119063224j:plain

筋トレは、癌だけでなくすべての病気も減少させる

f:id:kyotomura4592:20171119063432j:plain

癌になると体重が減るのは

多くのがんでは、病気が進行するにつれ体重減少が見られます。その理由として考えられるのが、がん細胞の増殖によって起こる代謝の変化です。

がんによる代謝の変化が起こると、きちんと栄養を摂取しているのに栄養不足となり、免疫力の低下や、体力不足などを招き、治療が継続できなくなることもあります。がんの進行によってどのような変化が起きるのか、がん細胞はどのように増殖するのかを知り、摂取すべき栄養を知ることが大切です。

がんはこうして栄養を確保しています

がん細胞は正常な細胞と違って、無制限に成長を続けます。そのため、大量の栄養を必要とします。そのエネルギーを確保するために、がん細胞は炎症性サイトカインという物質を出します。この物質は、炎症など緊急に対処しないといけない事態が、体内で発症したことを知らせるタンパク質の総称です。体内に緊急事態が起きサイトカインが分泌されると、傷を修復するために血液が呼び集められます。

このシステムを利用してがん細胞は自分のところに血液を集め、その血液から増殖に必要な栄養を取り込みます。

がんの進行による代謝の変化

がんが進行すると、食べているのに痩せるという現象が起こることがあります。これは代謝性の変化が起きて、摂取した栄養が本来使われるべき器官で活用されない状態になっているからです。

がん細胞が増殖を続けると、体力維持や免疫力維持に使うべき栄養の不足が起こります。高カロリー、高タンパクの食事を心がけ、治療効果が十分得られるだけの体力を維持することが大切です。

 

腸内環境を整えるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

 

 

 

プロテサンは、善玉菌を増やし抗がん力を高める

腸内には100兆個におよぶ細菌が棲みついており、ウェルシュ菌のような腐敗菌は老化やがんを促進し、一方ビフィズス菌などの乳酸菌は、悪玉菌の増殖を抑えるほか、様々ながん予防に有益な効果を持っています。

乳酸菌を日頃から摂取することは、腸内環境を改善して腸管免疫を活性化し、抗がん力を増強する効果があります。

腸の中には約100種、100兆ほどの腸内細菌がいると言われ、それぞれがビタミンやミネラル、タンパク質などを合成しながら、腸の活動を調整し、人間の生命維持活動を行なっています。

その腸内細菌の中で、人間の健康にとってよい働きをするものを善玉菌(有益菌)、悪い働きをするものを悪玉菌(有害菌)と呼んでいます。

善玉菌の代表はビフィズス菌などの乳酸菌で、反対に悪玉菌の代表と言えばウェルシュ菌やクロストリジウム菌などの腐敗菌です。

腐敗菌は便秘や下痢の原因になり、タンパク質を分解して発がん物質を作ったり、老化を早めたりすると言われています。  

問題は善玉菌が減ると悪玉菌が増えてしまうことです。生後1週間の乳児の腸内は90%以上ビフィズス菌で占められていますが離乳期を過ぎると10%前後に減り老人になると1%以下に減少し、その代りに悪玉菌が増加してきます。

腸内細菌を善玉菌優位の状態に保つことは老化やがんの予防に有効といえます。

腸内の乳酸菌を増やす方法として、生きた乳酸菌を含むヨーグルトを摂取する方法が考えられます。しかし、ヨーグルトでは、腸に棲んでいる善玉菌を十分に増やすことはできません。 ヨーグルトの乳酸菌は胃酸で殺されるからです。たとえ腸にたどりついても、腸内に元から棲んでいる細菌たちからよそ者扱いされ、便とともに外に追い出されてしまうのです>

ヨーグルトの乳酸菌は通過菌とも呼ばれ、腸内で増えることも活躍することもありません。したがって、乳酸菌の健康作用を期待するには、腸内に棲みついてくれる乳酸菌が

必要です。

現在では、胃液や胆汁の酸で死滅させないで、腸の中にビフィズス菌や乳酸菌を送り込む研究が進んでいます。しかし、腸にたどりつけたとしても十分に増殖するのは難しいことには変わりありません。

そこで、乳酸菌エンテロコッカスフェカリスFK-23という乳酸菌をご紹介します。乳酸菌FK-23を特殊加工をすることにより、乳酸菌の菌体内成分が他の善玉菌のエサとなり、著しく腸内の善玉菌を増殖させるということが研究により分かったのです。

ビフィドバクテリウム、エンテロコッカスは100倍以上、ラクトバチルスは1,000倍以上の増殖作用が見られ、現代病を蝕む死の4重奏・O-157赤痢菌などの食中毒菌の抑制や便秘などの改善に期待ができます。

腸内環境を整え免疫機能を高めるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

 

 

病気の特効薬は、筋肉強化

筋肉を鍛えると免疫作用が強化され、肺炎、腎臓疾患、心筋梗塞、糖尿病、動脈硬化、敗血症の予防に絶大な効果があります。
年を取るにつれ筋肉の衰え、握力が低下してきます。
筋肉は、病気になった時に、免疫細胞を活性化してくれる特効薬のようなものです。
病気になるとそれまで運動のためだけに使用されていた筋肉が分解し、グルタミンという物質を放出し、それが免疫細胞のリンパ球を活性化させ細菌やがん細胞を食べてくれます。

多くのがんでは、病気が進行するにつれ体重減少し、筋肉が衰えて行きます。

その理由として考えられるのが、がん細胞の増殖によって起こる代謝の変化です。

がんによる代謝の変化が起こると、きちんと栄養を摂取しているのに栄養不足となり、免疫力の低下や、体力不足などを招き、治療が継続できなくなることもあります。がんの進行によってどのような変化が起きるのか、がん細胞はどのように増殖するのかを知り、筋肉強化や摂取すべき栄養を知ることが大切です。

がんはこうして栄養を確保しています

がん細胞は正常な細胞と違って、無制限に成長を続けます。そのため、大量の栄養を必要とします。そのエネルギーを確保するために、がん細胞は炎症性サイトカインという物質を出します。この物質は、炎症など緊急に対処しないといけない事態が、体内で発症したことを知らせるタンパク質の総称です。体内に緊急事態が起きサイトカインが分泌されると、傷を修復するために血液が呼び集められます。

このシステムを利用してがん細胞は自分のところに血液を集め、その血液から増殖に必要な栄養を取り込みます。

がんの進行による代謝の変化

がんが進行すると、食べているのに痩せるという現象が起こることがあります。これは代謝性の変化が起きて、摂取した栄養が本来使われるべき器官で活用されない状態になっているからです。

がん細胞が増殖を続けると、体力維持や免疫力維持に使うべき栄養の不足が起こります。高カロリー、高タンパクの食事を心がけ、治療効果が十分得られるだけの体力を維持することが大切です。

肉を鍛えた人とそうでない人の成人病の罹患率は約半分だというから半端ではない。

腸内環境を整えるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

 

クエン酸は、細胞の活性化を助けるので疲労回復だけでなく、癌の再発や転移を防いでくれます・

体内に、乳酸がたまると、ミトコンドリアは弱って、その中の「クエン酸サイクル」が停滞、停止します。
ガンの周囲を囲うように、その大量の乳酸がたまり、酸性になると、ミトコンドリア は弱って、その中のクエン酸ワイクルが停滞、停止します。
そうした逆境下でも、がん細胞内でミトコンドリア が正常に働くようにしてあけると、増殖や転移といった性質が抑制されます。
ガンが作ったくさんの乳酸は、クエン酸サイクルで分解、氷とクエン酸になって消えていきます。「クエン酸サイクル」は回転にともなって活性酸素を出すので、がん細胞が死んでいく。それが本来の健康な姿です。

ミトコントリアは、自然で順調な細胞の死、すなねち細胞の代謝という、重要な役割をになってます。

ガン細胞の中のミトコンリドア内でクエン酸サイクルが激しく廻りだしますと、他の健常細胞のミトコンリドア同様、活性酸素を蓄積し、その結栗、放っておいても順次死んでいってくれるようになります。

またガンは周辺環境がアルカリ性 (ph7,4)になると、活動が弱り休眠状態にもなります。酸性方向に傾いた招病体液そのものを、健康な弱アルカリ性に変えることができます  
クエン酸だけでは、クエン酸ヴイクルは起こりません。ピタミンB「をほじめとするB群やビタミンCの他、亜鉛・マクネシウム・セレン・鉄・マンガン・クロムなどのミネラル、さらにしジン・システインといったアミノ酸などなどが必要です。クエン酸水を自作して飲む方法を紹介します。
クエン酸2,5g=小さじ半分に カルマックス5~6滴を浄水250cc入れれば、クエン酸効果がUP
重病の人は、一日75gを目安にして、数時間毎に数回飲むと良いです。力ン0人は、2時毎に6回が良いようです。
クエン酸は約2時間で完全燃焼しますので、一度に摂るよりも何度かに分けて摂る方が効果的です。
症例別、一応の目安です。
◎疲労回復・・・3~5g/日
◎酸性体質の改善・・・2~3g/日
冷え性の改善・・・2~3g/日。
◎結石予防・・・2~3g/日
◎生理不順の改善・・・2~3g/日
◎ミネラルの吸収をよくする・・・カルシウム、マグネシュウム、亜鉛などのミネラル系サプリメントをとるときに溶かしていっしょに飲む
ちなみに、朝はエネルギ一生成に、夜は疲労回復に優先的に働きます。
酸っぽく飲みづらい方は、果糖、オリゴ糖、蜂蜜など血糖値を上げない糖質を入れて飲んで下さい。

f:id:kyotomura4592:20170907130448j:plain

180通りの使い方で、生活習慣が根本から変わる

http://ckkm.main.jp/newpage17.htm

癌になると体重が減るのは

多くのがんでは、病気が進行するにつれ体重減少が見られます。その理由として考えられるのが、がん細胞の増殖によって起こる代謝の変化です。

がんによる代謝の変化が起こると、きちんと栄養を摂取しているのに栄養不足となり、免疫力の低下や、体力不足などを招き、治療が継続できなくなることもあります。がんの進行によってどのような変化が起きるのか、がん細胞はどのように増殖するのかを知り、摂取すべき栄養を知ることが大切です。

がんはこうして栄養を確保しています

がん細胞は正常な細胞と違って、無制限に成長を続けます。そのため、大量の栄養を必要とします。そのエネルギーを確保するために、がん細胞は炎症性サイトカインという物質を出します。この物質は、炎症など緊急に対処しないといけない事態が、体内で発症したことを知らせるタンパク質の総称です。体内に緊急事態が起きサイトカインが分泌されると、傷を修復するために血液が呼び集められます。

このシステムを利用してがん細胞は自分のところに血液を集め、その血液から増殖に必要な栄養を取り込みます。

がんの進行による代謝の変化

がんが進行すると、食べているのに痩せるという現象が起こることがあります。これは代謝性の変化が起きて、摂取した栄養が本来使われるべき器官で活用されない状態になっているからです。

がん細胞が増殖を続けると、体力維持や免疫力維持に使うべき栄養の不足が起こります。高カロリー、高タンパクの食事を心がけ、治療効果が十分得られるだけの体力を維持することが大切です。

 

腸内環境を整えるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

 

クエン酸は、細胞の活性化を助けるので疲労回復だけでなく、癌の再発や転移を防いでくれます・

体内に、乳酸がたまると、ミトコンドリアは弱って、その中の「クエン酸サイクル」が停滞、停止します。
ガンの周囲を囲うように、その大量の乳酸がたまり、酸性になると、ミトコンドリア は弱って、その中のクエン酸ワイクルが停滞、停止します。
そうした逆境下でも、がん細胞内でミトコンドリア が正常に働くようにしてあけると、増殖や転移といった性質が抑制されます。
ガンが作ったくさんの乳酸は、クエン酸サイクルで分解、氷とクエン酸になって消えていきます。「クエン酸サイクル」は回転にともなって活性酸素を出すので、がん細胞が死んでいく。それが本来の健康な姿です。

ミトコントリアは、自然で順調な細胞の死、すなねち細胞の代謝という、重要な役割をになってます。

ガン細胞の中のミトコンリドア内でクエン酸サイクルが激しく廻りだしますと、他の健常細胞のミトコンリドア同様、活性酸素を蓄積し、その結栗、放っておいても順次死んでいってくれるようになります。

またガンは周辺環境がアルカリ性 (ph7,4)になると、活動が弱り休眠状態にもなります。酸性方向に傾いた招病体液そのものを、健康な弱アルカリ性に変えることができます  
クエン酸だけでは、クエン酸ヴイクルは起こりません。ピタミンB「をほじめとするB群やビタミンCの他、亜鉛・マクネシウム・セレン・鉄・マンガン・クロムなどのミネラル、さらにしジン・システインといったアミノ酸などなどが必要です。クエン酸水を自作して飲む方法を紹介します。
クエン酸2,5g=小さじ半分に カルマックス5~6滴を浄水250cc入れれば、クエン酸効果がUP
重病の人は、一日75gを目安にして、数時間毎に数回飲むと良いです。力ン0人は、2時毎に6回が良いようです。
クエン酸は約2時間で完全燃焼しますので、一度に摂るよりも何度かに分けて摂る方が効果的です。
症例別、一応の目安です。
◎疲労回復・・・3~5g/日
◎酸性体質の改善・・・2~3g/日
冷え性の改善・・・2~3g/日。
◎結石予防・・・2~3g/日
◎生理不順の改善・・・2~3g/日
◎ミネラルの吸収をよくする・・・カルシウム、マグネシュウム、亜鉛などのミネラル系サプリメントをとるときに溶かしていっしょに飲む
ちなみに、朝はエネルギ一生成に、夜は疲労回復に優先的に働きます。
酸っぽく飲みづらい方は、果糖、オリゴ糖、蜂蜜など血糖値を上げない糖質を入れて飲んで下さい。

f:id:kyotomura4592:20170907130448j:plain

180通りの使い方で、生活習慣が根本から変わる

http://ckkm.main.jp/newpage17.htm

 

大腸がん

日本人のガン患者数は年間30万人以上います。その中での大腸がん患者数は3分1

の12万人以上。

今でも年々増え続けていて40歳過ぎたあたりから増加傾向にあります。

性別で男性の1位肺がんに対し、女性は大腸がんが1位です。

この差は、便秘によるもので、初期症状は、便秘や下痢、出血、進行すると食欲不振や貧血、体重減少、腹痛などを引き起こし、便が出るまで時間がかかり、真っ黒に黒ずんだ状態になります。

便秘症を改善し腸内環境を整えるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

 

乳酸菌エンテロコッカスフェカリスFK-23

健康で長生きするためには、腸内のバランスを整えることが重要です。

健康な人の腸内には、善玉菌が多く存在し、健康でない人は悪玉菌が多いことが様々な研究において明らかになっています。健康な人は腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが保たれていいます。

老化やストレス、抗生物質免疫抑制剤抗癌剤・副腎皮質ホルモンの投与などによって、身体の抵抗力が低下したときなどに悪玉菌が増加してこのバランスが崩れることがあります。

バランスが崩れると悪玉菌がつくる有害物質の量が増えたり、病原性のある常在菌や外からの病原菌が臓器に侵入して病原性を発揮し、日和見感染、膀胱炎、腎炎、髄膜炎、肝膿瘍、脳膿瘍、腹膜炎、敗血症など様々な病気を引き起こす原因になります。

腸内細菌の乱れがあるときには、乳酸菌のような善玉菌を摂取することで、腸内のバランスを良くしてあげなければなりません。

生きたビフィズス菌や乳酸菌を含む飲料を飲んだり、ヨーグルトなどの乳製品を食べると、腸内環境を整えて健康に役立つ、というのは間違いではありませんが、意外に効果が少ないのです。それは、ビフィズス菌や乳酸菌は酸に弱く、腸に届く前に胃液の中でほとんど死滅してしまうからです。

現在では、胃液や胆汁の酸で死滅させないで、腸の中にビフィズス菌や乳酸菌を送り込む研究が進んでいます。しかし、腸にたどりつけたとしても十分に増殖するのは難しいことには変わりありません。

そこで、乳酸菌エンテロコッカスフェカリスFK-23という乳酸菌をご紹介します。乳酸菌FK-23を特殊加工をすることにより、乳酸菌の菌体内成分が他の善玉菌のエサとなり、著しく腸内の善玉菌を増殖させるということが研究により分かったのです。

ビフィドバクテリウム、エンテロコッカスは100倍以上、ラクトバチルスは1,000倍以上の増殖作用が見られ、現代病を蝕む死の4重奏・O-157赤痢菌などの食中毒菌の抑制や便秘などの改善に期待ができます。

腸内環境を整え免疫機能を高めるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

 

抗がん剤の怖さ

抗ガン剤には、ガン細胞を死滅させるとともに正常な細胞をも傷害させてしまうという作用(副作用)があります。理想的な抗ガン剤は、ガン細胞だけに作用して正常な組織には作用しないという薬ですが、残念ながらそのような薬は現在のところ存在しません。
  特に、胃ガンや肝臓ガン等の固形ガンの場合、激しい副作用の割には満足できる効果が得られないといえます。これは正常細胞とガン細胞との性質の違いが少ないので、ガンを叩こうとすると正常細胞にもダメージを与えてしまうということです。従って、投与量の限界という問題が発生し、ガンを死滅させるまでには至らないというケースが圧倒的に多いのです。
  抗ガン剤の副作用の問題は大きく、白血球減少により感染症で亡くなられる方もいます。副作用を覚悟で抗ガン剤を投与しても、効果がほとんど現われなかったという場合もよくありますし、打つ手がない場合は何もしないよりはましなので、とりあえず抗ガン剤を使用している場合もあります。


抗ガン剤と乳酸菌

 ガン患者が治療をうける場合、抗ガン剤を投与されることが少なくありません。ところが、抗ガン剤の副作用によって、体重減少や食欲減退、睡眠障害などが起こり、ついには病気と闘う意欲まで失ってしまう場合があります。

  抗ガン剤の副作用は深刻な問題ですが、決して全否定すべきものでなく、機能性食品とタッグを組んで、ガンに効果を発揮する場合も多々あります。抗ガン剤治療を受ける前に医師に自分のガンにどの抗ガン剤が本当に有効なのかをチェックすることが重要です。

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗がん剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。