癌克服・癌医療情報

がん医療情報

膵臓がん危機から脱出

平成26 ・27 ・28年の健診では、膵臓ガンの腫瘍マーカーであるcAI9・9は、平成26年が47 ・平成27年が 46 ・平成28年が 52で、正常値(37)より少し高かったのですが、個人差もあるだろうとのことで、要経過観察となっておりました

ところが、今年2月の健診で、何と52正常値の約15 倍にあがっていました。

膵臓ガンの可能性が高い。精密栓査を受けてください」とのこと。

これが今年の3月のことです。

膵臓ガンは一番治り難いガンで、父親も同じ年齢の時に冑ガンを切ったな。神は最も難しい課題を与え賜うたか!」等々、心は乱ね、天を仰いだのですが、勿論そんな暇はありません。

その日から自分にできる最大限の養生が始まりました。

そこで養生は、「腸内浄化と代謝能力の向上」です

つまりは、いい血液細胞を造り、病んだ細胞と素早く入れ替えるだけのこと。そのために、腸内フローのより一層の改善と、新鮮なビタミン・ミネラル・食物繊維それに酵素をしっかり摂取して代謝効率を上げることで、具体的には、朝はこれまで通り、玄米の粉と無臭ニンニクとコラーグンをお湯に溶いたドリンク。

昼も玄米食、夜は、これまで同様さまざまな料理をいただくのですが、「まず野菜から始めよ!」、緑黄色・淡黄色野菜を問わず、生野菜,火を通した野菜を問わず、まず野菜や海藻から沢山いただきました。ドレッシングは少しだけ。

肉類は少なく、牛乳・乳製品はなし。魚が中心で卵は少し。納豆・キムチ・ミソ汁などの発酵食品は積極的に。ビールは飲んでも1杯まで。

サブリとしては、乳酸菌・酵母共棲培養エキスを約80cc /日。高分子コラーゲン商品を20   g/日。桑葉・大菱青汁を5g/日。さとうきびから抽出した珪素を数滴。さらに異夏

茶・三年番茶を交互に。

食以外では、重金属の害を増やさないために歯の詰め物をセラミックに取り替え。できるだけエレベーターを利用せずに階段を使い筋肉の強化を図る。入俗後は風呂掃除。

壁の水分のふきとりまでしっかりして発汗を促す。 人浴前と後では約I㎏減ります

養生を行なって4月28日の精密栓査を受けました。

その結果(5月2 判明、cA19・9は62 まで下がり・M尺Ⅰによる検査も「少し膨れが見られるもガンは認められない」とのドクターの診断でした。

ガンの腫瘍が見つからなかったとはいえ、62 はまだ正常より少し高いので、続き養生を続けている所です。

この養生のお陰で体重が415kg 減りました。上が170、下が100を超えることもあった血圧が今やすっかり下がりました。

正しい食養生に対し、身体が正しく反応してくれたことに心より感謝しております。

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。 善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること。

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

アメリカの代替医療

アメリカでは、西洋医学に代わる代替医療は、日本よりも10年進んでいると言われています。免疫を上げる食品は、腸内環境の改善、活性酸素の消去、血流の改善、これらにより、結局は自己免疫を向上して、自分自身のナチュラル・キラー細胞を活性化させ、この細胞がガンを攻撃し、ガンを消滅させる事は、自宅においても出来る事です。

免疫さえ上げる事が出来れば、ガンは治ります。アメリカは2001年頃に、ガンの原因は肉食にある事を発表されています。

末期ガンが治っている現実があり、それは実に簡単であり、毎日、ニンジンジュースを飲み続ける事です。

何もガンで死ぬ事などないのです。余命何ケ月と言われ、それをもし信じるなら、その通りに死ぬしかもしれません。

食事以外で気を付けることは、ストレスを溜めないことで、ストレスは、交感神経を過剰にし、顆粒球多発、活性酸素の多発により、細胞が傷つき、再生する時、遺伝子が間違え、ガンの要因となります。 常にリラックスし、のんびりし、副交感神経を優位にし、NK細胞を優位にし、常にガンの殺傷能力を優位にする必要があります。

次は肉類を減らすこと、タンパク質は魚と大豆などで確実に摂り続ける事です。

生野菜を多く食べ、ビタミンを確実に摂り続ける事です。 生野菜は、身体を冷やしますから、煮物を食べる事により、体温を上げてくれます。温度を少し上げるだけでも免疫力は上がります。

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。 善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること。

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

クエン酸サイクルが停滞、停止しますと、癌が発症したり、再発や転移をします

クエン酸は、細胞の活性化を助けるので疲労回復だけでなく、癌の再発や転移を防いでくれます・

乳酸がたまると、ミトコンドリアは弱って、その中の「クエン酸ワイクル」が停滞、停止します。
ガンの周囲を囲うように、その大量の乳酸がだまり、そのあだり一帯が酸性になると、ミトコンドリアは弱って、その中のクエン酸ワイクルが停滞、停止します。
しかし逆に、そうした逆境下でも、がん細胞内でミトコンドリアが正常に働くようにしてあけると、増殖や転移といった性質が抑制されるそうです。
力ンがつくったたくさんの乳酸は、クエン酸ヴイクルで分解、氷と炭酸ガスになって消えていきます。「クエン酸ヴイクル」は回転にとちなって活性酸素を出すのでがん細胞が死んでいくそれが本来の健康な姿です。

ミトコントリアはそういうぬうにして自然で順調な細胞の死、すなねち細胞の代謝という、重要な役割をになってます。

クエン酸サイクルが停滞、停止しますと、その細胞(つまりガン細胞)は死ななくなってしまいます。

ガン細胞の中のミトコンリドア内でクエン酸サイクルが激しく廻りだしますと、他の健常細胞のミトコンドリア同様、活性酸素を蓄積し、その結栗、放っておいても順次死んでいってくれるようになります。
また力ンは周辺環境がアルカリ性 (ph7,4)になると、活動が弱り休眠状態にもなります。酸性方向に傾いた招病体液そのものを、健康な弱アルカリ性に変えることができます
クエン酸は,腸内で分泌した重曹と混ぜられて、クエン酸リータというアルカリに変ねりますので、身体をアルカリ化させますので、つまり、ガン、糖尿、あらゆる病気に効果があります。

クエン酸だけでは、クエン酸ヴイクルは起こりません。ピタミンB「をほじめとするB群やビタミンCの他、亜鉛・マクネシウム・セレン・鉄・マンガン・クロムなどのミネラル、さらにしジン・システインといったアミノ酸などなどが必要です。クエン酸水を自作して飲む方法を紹介します。
クエン酸 2,5g=小さじ半分に カルマックス5~6滴を浄水250cc入れれば、クエン酸効果がUP

重病の人は、一日75gを目安にして、数時間毎に数回飲むと良いです。力ン0人は、2時毎に6回が良いようです。
クエン酸は約2時間で完全燃焼しますので、一度に摂るよりも何度かに分けて摂る方が効果的です。
症例別、一応の目安です。
◎疲労回復・・・3~5g/日
◎酸性体質の改善・・・2~3g/日
冷え性の改善・・・2~3g/日。
◎結石予防・・・2~3g/日
◎生理不順の改善・・・2~3g/日
◎ミネラルの吸収をよくする・・・カルシウム、マグネシウム亜鉛などのミネラル系サプリメントをとるときに溶かしていっしょに飲む
ちなみに、朝はエネルギ一生成に、夜は疲労回復に優先的に働きます。
酸っぽく飲みづらい方は、果糖、オリゴ糖、蜂蜜など血糖値を上げない糖質を入れて飲んで下さい。

f:id:kyotomura4592:20170907130448j:plain

180通りの使い方で、生活習慣が根本から変わるhttp://ckkm.main.jp/newpage17.htm

悪性ガンは腸から治せば再発しなくなる

抗ガン剤治療を受けた後の血液の状態は、ボロボロで、毒性で全身の血液細胞がやられてしまいます。

これがさらに新たなガン細胞を作る血液となるから、いくらガン組織を破壊しも、小さくしても、全く意味がなく、再発や転移を繰り返すだけです。

断食か酵素断食のような少食で宿便を出して腸内を一掃する事から始めないと、本当にガンは治りません。

ガンはガンから生まれるのでなく、腸と血の汚染からです。

根本的な原因を絶つ事は自分でしかできません。

血液は腸で作られ、血液が細胞になるとなれば、浄血で重要なのは、腸内の浄化と食事を改める事です。

ガン患者の腸は、猛烈に汚れています。宿便が膨大に溜まって汚染血液が生じているのです。これがガンの根本的な発生源であり、ガンはガンから生まれるのではなく、汚染された腸から、汚染された血液になり、ガン細胞へとなるのです。  

つまり、これを取り除けばガンの発生源が浄化され、新たなガンは出来難くなるという事です。

f:id:kyotomura4592:20170901180839j:plainhttp://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。 善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること。

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

ミネラル補給で、乾燥肌解消

肌に保湿とミネラル補給を

男女を問わず、毎目欠かせないのが洗顔。その日一日さわやかな笑顔ですごすため、そ
して外気にふれ、少々疲れぎみの肌に栄養と潤いを補うためにさまざまな洗顔用品が市販されています。
最近の洗顔用品は保湿成分や栄養成分が配食されているものが多く、品質的にも非常に
優れているといえるでしょう。でも、男性の中には,石鹸以外は使ったことがないという人もまだまだ多いですし、肌荒れに常に気を使っていでも、乾燥する季節によってはカサカサ肌で悦んでいる女性も多いようです。
外気に触れる顔の肌には、適度の水分とミネラルなどの栄養が必要。そこで、洗顔クリ
ームや石けんに水溶性イオン化カルシウムを加えて使用すれば、よりいっそうの保湿性とミネラル補給効果が図れます。大切な人と会うElは欠かせないフェイシヤルケアですね。

f:id:kyotomura4592:20170831184350j:plain

f:id:kyotomura4592:20170831185344j:plain

180通りの使い方で、生活習慣が根本から変わるhttp://ckkm.main.jp/newpage15.htm

 

化粧品のノリ゛抜群に

スキンケァ用品にカルマックス2~3滴加えれば、化粧のノリが抜群に

顔の肌の状態は、夏の強い日差しや冬の乾燥した風の影響など季節の変化でも大きく左右されますが、睡眠 時間や食べ物、ストレスなどその人の生酒状態によっても変化します。

朝起きて、いざ化粧をしようとしても、ミネラルなどの栄養分や水分の不足で肌はカサカサ。化粧水・栄養クり1ムなどでスキンケアに気をつけていても、化粧ノリが悪くて一日、楽しめないこともよくあることです。

より効果的なスキンケアのために・使っている化粧水やクリームなどに水溶性イオン化
カルシウムを少々(2~3滴加えてみましょう。水分と一緒に溶けたミネラル分が肌か
ら吸収され保湿性がアップ。栄養分も十分に補給できます。
また、水溶性イオン化カルシウムの500倍液をスプレーで直接肌につけるだけでも、
乾燥から肌を守ってくれる効果は抜群です。女性の化粧時だけでなく、男性のひげそり後にアフターシェーブローションとして使用しても同様の効果で、後でヒリヒリしません

f:id:kyotomura4592:20170831085618j:plain

f:id:kyotomura4592:20170831085644j:plain

180通りの使い方で、生活習慣が根本から変わるhttp://ckkm.main.jp/newpage15.htm

 

濃縮乳酸菌が免疫力を高める

濃縮乳酸菌の効果
人間の腸管の中には、約100兆個の腸内細菌が存在しています。
善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類の腸内細菌がバランスを取ることで、良好な腸内環境を構築しているのです。
このバランスを維持するには、毎日1兆個の乳酸菌を摂り続けることが推奨(死菌なら)されています。
なぜなら、100兆個の腸内細菌がバランスを崩しているのに、100個程度善玉菌を増やしたところで、バランスは改善されないためです。
では、1兆個の乳酸菌を摂ろうとすると、どれくらい食べなければならないでしょうか?
例えば、ヨーグルトでは100リットル、乳酸菌飲料では4.5リットルにもなります。
現実的な数字ではありませんが、一方、濃縮乳酸菌であれば1包みで1兆個を摂ることができます。

f:id:kyotomura4592:20170829192709j:plainhttp://ckkm.main.jp/newpage100.htm

 

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。 がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。 善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること。免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。