100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

ビフィズス菌の減少から始まる病気

ビフィズス菌は、乳酸菌の一種で、乳酸菌は腸内だけでなく、ヨーグルトなどの乳製品や発酵食品にも生息しています。

 

乳酸菌は小腸で働き、乳酸菌を摂ると乳酸がつくられ、乳酸がつくられると腸内環境が酸性に保たれ、腸の運動を促します。

 

ビフィズス菌は、乳酸菌の一種で、菌が働くのは大腸で、体の中で最も多くの細菌が住んでいます。

 

善玉菌が減ると悪玉菌が優位になり、腸内環境が乱れる原因になり、悪玉菌が優位だと腸内に有害物質が増えて、腸の免疫力も低下してしまいます。

 

年齢を重ねると、腸も老化し、65才を過ぎると、ビフィズス菌がゼロになる人もいます。

 

生理的な老化が、腸の中の老廃物を出す力(腸管運動)を弱らせ、有害な腐敗物質がたまりやすくなるのです。

 

その結果、ウンチのにおいはきつくなり、出る量も減り、ひょろひょろした細いウンチになり、排便後も残存感があり、すっきりしません。

 

一般な成人の腸内細菌で培養可能な菌のうち、20%がビフィズス菌などの「善玉菌」、10%は大腸菌やクロストリジウム属などの「悪玉菌」で、残りが善玉菌としても悪玉菌としても働く可能性を持つ「日和見菌」です。

 

それが、加齢によりバランスが崩れ、善玉菌が急激に減り、悪玉菌が増加していきます。

 

腸管運動が鈍くなること、腸内細菌のうち、ビフィズス菌が減少・消失する変化を「腸年齢の老化」と呼びますが、これによりさまざまな生理機能が低下し、腸内でつくられた有害物質が腸管から吸収され、老化がさらに加速するという悪循環が生まれています。

ビフィズス菌の特徴は

ビフィズス菌は、腸の調子を整える整腸作用があり、有害菌が抑えられ、腸内フローラのバランスが改善します。

 

その結果、排便状態が改善し、下痢の症状や便秘の症状が軽減され、腸内フローラが改善することで、感染防御の効果も期待できます。

 

ビフィズス菌は、酸素がないところで増え、偏性嫌気性菌であり、酵素を嫌う性質があり、酵素に影響をされにくい菌ともいわれています。

 

ビフィズス菌は、有害な菌の増殖を抑える

 

ビフィズス菌のつくり出す酢酸は、大腸のバリア機能を高め、0157(腸管出血性大腸菌)の感染を抑制する役割を果たし、さらに、肥満解消、免疫力向上、アレルギー症状の緩和、メンタルヘルスの維持にも効果があり、「ビフィズス菌」は善玉菌の主役です。

 

ビフィズス菌は、腸内で有害な菌の増殖を抑えて、腸の働きを良くする作用があり、酸に弱いため、経口摂取では生きたまま腸まで届けるのが難しくなります。

 

腸内のビフィズス菌を増やすには、材料となるオリゴ糖の摂取が有効とされています。

ビフィズス菌は、発酵する際に乳酸と一緒に酢酸も作ります。

 

ビフィズス菌は、糖を分解して乳酸をつくりだす乳酸発酵の働きがあります。

 

ビフィズス菌は、お腹の調子を整える効果があります。

 

腸内で悪玉菌が優位になると、悪玉菌による毒素がつくられ、毒素は腸にダメージを与えるため、便秘、下痢、または大腸がんなどの病気の原因にもなります。

 

ビフィズス菌は、強い殺菌力で悪玉菌の増殖を抑え、腸内を酸性にして腸のぜん動運動を活発にし、、整腸作用により、便秘の改善が期待できます。

 

腸内でビフィズス菌が増えると、腸のぜん動運動が活発になるため、便秘が解消します。

 

悪玉菌が多い腸内では、腸の働きが鈍くなるのて、ビフィズス菌を摂ることで、悪玉菌の増殖を抑えて、腸の働きを活発にします。

 

ビフィズス菌は、腸内環境を整える効果があるため、免疫力が向上するといわれています。免疫力が向上することで、病原菌の感染を防ぐことができます。

 

腸内の悪玉菌がつくり出す毒素は、腸壁から吸収されて全身へ送り出され、生活習慣病やそのほかの病気の原因となります。

 

ビフィズス菌は、腐敗物を生成する菌の増殖を抑え、腸内フローラのバランスを改善します。

 

ビフィズス菌には、有害菌による腸内の腐敗物を減少させる効果があるため、排便状態の改善につながります。

 

ビフィズス菌は、脂質の代謝を改善、脂質であるコレステロールを低下させる働きがあります。

 

コレステロールは、体に存在している脂質の1つで、ホルモンや細胞膜をつくる材料で、体にとって必要な脂質ですが、悪玉コレステロールの増えすぎには注意が必要です。

 

悪玉コレステロすぎると、動脈硬化が進行して心筋梗塞狭心症脳梗塞などの病気の原因となりますが、ビフィズス菌は、コレステロールを吸着する働きがあるため、コレステロール濃度を下げる効果があるとされています。

 

腸内環境のバランスが乱れている人は、善玉菌のエサとなる食材を積極的に取り入れることで、弱った免疫力を整えることができます。

 

プロテサンは、現代医学の限界を超えた乳酸菌「FKー23菌」が主成分

免疫力を高めるということは、健康な身体を取り戻す「若返り」の効果もあり、あらゆる乳酸菌の中でFK-23菌」は、免疫力がズバ抜けて高い菌です。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト