100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

癌などの大病をするのは、自分を見返る時

癌など多くの病気は、老化と生活習慣によって生じる病気で、食事、仕事の仕方など長きに渡っての習慣、それによって汚血を溜めて病気を自分で作っています。

 

長い間、偏った食生活をすると、内臓の病気になり、潰瘍、もしくはがんに変化していくことがあります。

 

人間には、必ず苦労がつきものであり、苦労に直面ずると、そのストレスが体に打撃を与え、癌などの病気が芽生えてきます。

 

癌細胞が増殖を始めたのに、知らずに無現して働き過ぎると、癌細胞の成長を助けていますから、知らぬ間に体力が衰えて行きます。

 

病魔が成長しまったら、病気に負けてしまいます。

 

そうならないように、早く心の切り替えることが大切です。

 

お金儲け、遊び、仕事など、ほどほどにしてないと、病魔に負けてしまいます。

 

体に必要なのは、休養が一番必要で、ちょっとした旅行や転地療法などで、気分転換するのもよいのでないでしょうか。

 

休養して体力をつけますと、自然治癒力を高めることができません。

 

睡眠不足が続きますと、脳や心の病になりやすく、仕事のし過ぎ、遊び過ぎの習慣は、肝臓の異変につながります。

 

肝臓に問題が起きると、癌などの生活習慣病になる確率が高くなります。

 

だから、生活習慣を変えなくてはならないのです。

 

眠れないから寝酒を飲んだり、睡眠薬睡眠導入剤を飲んだり、精神安定剤を服用するのでなく、自然に眠れる環境を作ることを考えてほしいのです。

 

多くの薬は石油から作られ、自然界のものではありませんから、体は薬を異物と判断し、汚血となって体内に堆積して行きます。

 

それが体に蓄積して行きますから、それが病気の因子となり、病気の味方になってきます。

 

生沼習慣や食生活を見直し変えますと、必ず体調は変わって来ます。

 

病気に勝つた秘訣は、自分自身にあります。

 

急がず、安らかな気持ちを取り戻し、心を調整して、ゆっくり考えてみてください。

 

例えば、今日、お医者さんから、癌だと言われます、「人生の終わり」と思ってしまう人が少なくありませんが、終わりではなく、「療養生活の始まり」です。

 

それまでの人生が「無理をしてでも、ひたすら頑張った」だったとしたら、なにのために生きるかを考え直す機会です。

 

偏った食生活、不規則な生活、過度の飲食などで体を痛めつけていた人は、生活を改めましょう。

 

後悔をしても、前には進めません。

 

終わったことは仕方ありませんから、前を向くのみです。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト