100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

リバンドしない「お腹ポッコリ」糖質カットダイエット

戦後、欧米文化の流入により、日本人の食生活が激変しました。日本の環境にあった伝統的な和食中心の生活から洋食中心の食生活に変わり、今や美食‣飽食の時代です。

この急激な食生活の変化により、さまざまな生活習慣病が生まれて来ています。

私たちを取り巻くこのような環境下では、サプリメントや健康食品で足りない栄養素を補うことも必要になって来ています。

そこて今注目されているのが、「食べ過ぎの害を抑え、足らざる補う」と言われているのが桑葉です

リバウンドの少ないダイエットが期待できます。

ご飯や甘いものに含まれる糖質(多糖類)は、分解されながら小腸に運ばれα-グルコシダーと言う糖分解酵素によって、さらに小さく分解(二糖類から単糖類へ)されて体内に吸収されます。

ご飯の前に桑葉を摂りますと

桑葉は糖質の分解・吸収を穏やかにする

糖質を含む食事を摂取する前に桑葉を摂取すると、桑葉に含まれる特有の成分 “イミノ糖”がニ糖類も どほんの前に 分解酵素であるチグルコシダーゼと結びつき、 桑葉を摂ると 糖が体内に吸収するのを妨げます。

吸収されなかった二糖類は大腸へ運ばれ、腸内細菌によって酢酸や酪酸、乳酸などの有機酸が生成されます。つまり、食前に桑葉を摂ることで、糖質の吸収が抑えられるのでダイエットや血糖値の高い人にもよいのです。

「よく寝ているのに疲れが取れない」「星食後しばらくすると眠くなってしまう」「だるい」よくある症状のため、疲れが溜まっているだけと見過ごされ がちですが、食後面糖値の乱高下による可能性があります。

食後に血糖値が高い状態が続き、下がりづらい状態を「食後高血糖」といい「空腹時血糖」は正常値のため、健診で発見できず痛みなどの自覚症状もないことから重症化しやすいといわれています。

大量な主食の摂取や間食によって急な血糖値の上昇 (血糖値スパイク)・降下を繰り返すことにより過剰なぶどう糖は脂肪として身体にため速まれやすくなり、さらに「インスリの分泌も悪くなるという負、のスパイラルを起こしてしまいます。

また 「食後高血糖」は肥満や重篤な糖尿病だけでなく、動脈硬化や血管疾患Ⅵ認知症、ガンといっ大病気のリスクを高めることもわかっています。

原因となる「糖質」ですが、完全に断つことは健康にとっても良いことではありません。

食前に桑葉を摂取することで桑粟特有成分 「イミノ糖 (-デオキシノジリマイシン)」が糖質3/1をカットし、無理のない「ゆる糖質オフ」をサポートします。

妊娠中の方にも

妊娠中は、体重の急増や、貧血、 便秘など不調が起こることありますので、桑葉は「糖質吸収抑制」に加え、吸収されなかった二糖類と原料本来の食物繊維によるお通じ改善や、改や、ヘモグロビンと構造がよく似ている葉緑素による貧血症状の改善などに役立ちます。一部の産婦人科でもお取り扱いいただいております。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト