100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

若い方に増えている「クーロン病」

クローン病」というのは、 大まかに言えば、大腸および小腸の粘膜に慢性の炎症あるいは潰瘍
をひきおこす原因不明の腸疾患です。

この病気は、口腔から肛門までの消化管のどの部位にも起こるものぞ、消化管の粘膜を侵し、進行すると腸管が狭くなって腸閉塞や、腸管に人があいたりします。

またその部分に膿がたまり他の臓器との癒着をおこすなど、時には生命の危機につながる状態にもなってきます。

考えられる要因は、 結核菌など5種類の細菌や麻疹ウイルスなど2種類のウイルスの説もあるし、遺伝的な要因が関与するとか、あるいは食事などの環境的な因子が腸管などの粘膜に異常な反応を引き起こしているなどの説もあるが、いずれも特定されていません。

この病気にかかるのは若年何の人が多く、そのことからも食べ物の要因、特に高タンパクとか高カロリー、高脂肪など油ッ気の多い食品が引き金になっています。

三大症状として、腹痛、下痢、発熱が挙げられます。

それから下血、腹部腫瘤、体重減少、全身倦怠感、貧血などがおもな症状です。

小腸のみ病変のある「小腸型」とか大腸のみの「大腸型」、どちらにも表れる「小腸・大腸型」がありますが、痩孔、狭窄、膿瘍などの腸管の合併症や関節炎や肛門部病変などの腸管外の合併症を引き起こす場合があります。

腸から栄養が吸収できなくなってしまい、潰瘍を作って膿などがたまり、ひどくなると周囲の臓器にまで、例えば膀胱とか子宮などに影響を与えてしまうのです。

縦走潰瘍がひどくなると、臓器の外にまで炎症が広がり他の臓器にくっついたり、腸同士がくっついて腸管を細くしてしまい、腸閉塞の状態になり、ひどいと食事が取れなくなってしまい点滴で栄養を摂取することにもなるのです。

クローン病」は、2004年には2万3000人を超えています。

現在では2万5000人は超え、5000人に1人がその可能性があるという状態です。

年代的にも10 歳代、20 歳代で80 %を超え、男性か圧倒的に多いです。

この病気治療が難のは、病因が特定できないことで、右効な治療薬が少ないことです。

その治療薬も効く入と効かない人がいたり、同じ治療を行っても安定していく入とそうでない人がいます。

現在の治療法は、内服治療です。

特効薬として、サラゾピリンとぺンタサという2種類があります。

これとステロイド免疫抑制剤など会わせての治療が行われます。

食事療法を含めていろいろな対症療法をすすめていくしかありません。

原因がこれと特定できないです。

クローン病は、なかなか難しいで、油ものの食品に注煮することで、できれば避けた方がいいでしょう。

子僕たちも油もののお菓子なんかばかり食べていては危険だと言えます。

環境因子として食生活からくる影響を少なくし、膓粘膜を大切にすることです。

そして、腸などに炎症を起させないようにすることが発症を抑えていく方法にもなると思います。

日常的に場内環境を守っていく必要があるのです。

起きると、ガスが出たり便が臭くなったりおなかが張ったりする症状がでま
す。

そういう症状の改善に、乳酸菌FK‐23菌などが効果的です。

クローン病の病因がわからないので、エビデンスを求めるのは難しいのですが、クローン病一の患者には良い効果が出ています。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト