100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

肌の黒ずみを解消するステビア

顔色のくすみ・唇の色が暗い・しみ、そばかす・目の下のくま・おできや腫瘍などしこりができやすい・慢性的な肩こり、頭痛、関節痛・生理痛がひどく、レバーの様な血塊が出る、この状態を瘀血とも言われています。

「血」の巡りが悪くなると、体のいたるところで痛みが起こったり、しこり、肌が黒ずんできたりします。

瘀血の状態が進行していくと、血管の老化が進み生活習慣病を引き起こしたり、子宮内膜症子宮筋腫などの婦人科系のトラブルに発展することもあるので、気をつけましょう。

「血」は「気」の力によって本来スムーズに流れますが、気虚気滞の状態であれば「気」のエネルギーが充分にパワーを発揮できず血の巡りも悪くなります。

瘀血だと胃腸の働きに充分なエネルギーが運ばれず、消化吸収能力が弱り「血」の生成に悪影響を及ぼします。

瘀血→胃腸の働きの低下→気血不足→瘀血という悪循環に陥ってしまわないように、瘀血対策もしっかりしていきましょう。

血は冷えると固まる性質を持っていますので、体を冷やさないことも重要です。

酢や梅干し、レモンなどの柑橘類に多く含まれるクエン酸は、「すっぱい」と感じる酸味の成分。

疲労回復に効果があるといわれていますが、それ以外にも血液の酸化を抑えて血流を良くする効果も期待できます。酸味が苦手な方は、比較的飲みやすいもろみ酢などで摂取するのもよいでしょう。

青魚に豊富に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)も、血液をサラサラにする作用があります。

ほかにも、血栓をできにくくしたり、脂質異常症を予防したりする働きがあります。

コレステロールの酸化を防ぐポリフェノール類。水以外の飲み物を飲みたいときは、ポリフェノールが豊富な緑茶やココアがおすすめです。

アルコールのとりすぎは、反対に血液をドロドロにしてしまうため、赤ワインは1日グラス2杯程度が適量です。

ブドウは果糖が含まれるため、こちらも食べすぎには注意しましょう。

昆布やわかめなどの「ぬめり」の正体であるアルギン酸は、コレステロールの吸収を妨げて、体外へ排出させる働きを持つ食物繊維です。

海藻類は血糖値の上昇を抑える働きのほか、新陳代謝を活発にして血流を促す働きも持つため、積極的に食べたい食品といえます。

栄養が十分に行き渡り、新陳代謝が活性化すると、細胞や組織の修復や再生能力は維持され、自律神経やホルモンが正常に働いて体全体の調和が保たれ、免疫力などの体の抵抗力が十分働くことができるのです。

このような条件が整った時に、免疫力を高めるような健康食品やサプリメントを利用すれば、抗癌力を最大限に高め、癌を自然退縮させることも不可能ではありません。

ステビアの成分を補給することにより、バランスの崩れた血液を正常に戻します。

スバ抜けた抗酸力・・・・高血圧、動脈硬が原因となって起こる脳卒中心筋梗塞などの血流障害、肝機能障害、糖尿病、アトピー症などから体を守ります。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト