100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

生活習慣病は、ミネラル不足から始まる

癌など生活習慣病は、ミネラル不足が原因のひとつで、私たち、人体の基盤である細胞は、細胞内液と細胞外液からできていて、細胞内液にはカリウム、細胞外液にはナトリウムが満たされています。

細胞バランス

細胞バランスが崩れると、癌や風邪などさまざま病気が発症して来ます。

細胞中のカルシュウムはエネルギーの源であり、情報伝達の役割を担っています。

細胞内にカルシュウムが人ると、細胞の分裂増殖や遺伝子を正常に維持する役割も果たします。

つまり、好中球やリンパ球の細胞内に、ガルシウムイオンが充分に入りこむことによって、その働き掛けで、細胞が活性化されます。

細胞が活性化すれば、免疫力が増大します。

あらゆる病気に対する抵抗力がついて、風邪など身近な病気はもちろん、癌などの重大な病気に対しても、効果を発揮してくれます。

予防医学面から見れば、免疫を高めることは、癌再発や転移の予防する大きな力となります。

免疫力を高める事は、とても重要な事です。

カルシュウム不足を解消するのに、サプリや薬、補助食品をいくら食べても、細胞内の、外液のバランスを整える事は難しいです。

水のクラスクーを小さくすれば、好中球、リンパ球の綱胞膜への体液の浸透を容易にすることができます。

さらに、マグネシュウムと一緒に摂れば真価を発揮してくれます。

ミネラルは生命維持に大切な金属塩

ミネラルとは、カルシウムマグネシウムカリウム亜鉛、銅、鉄などの人体に必須な金属類のことです。

よく三大栄養素と言われるタンパク質、脂肪、糖質がありますが、ミネラルの助けがなければ、これらのエネルギ―源も正しく体内に吸収されません。

ミネラル不足することは、体が正しく機能しなくなることです。

KYOTO 健康村の健康作りに役立つお話 – ページ 2 – KYOTO 健康村