100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

がんは予防できる病気

体は約60兆個の細胞でできており、細胞は絶えず分裂することによって新しく生まれ変わっています。

細胞分裂は、細胞の設計図である遺伝子をもとにコピーされることで起こりますが、発がん物質などの影響で遺伝子が突然変異し、「コピーミス」が起こることがあります。

このコピーミスが「がん」のはじまりで、コピーミスが起きても、すぐにがんになるわけではありません。

健康な人でも1日約5.000個のコピーミスが起こっているといわれています。

通常、コピーミスで生まれた異常な細胞は、体内の免疫細胞の標的となり、攻撃されて死滅しますますが、免疫細胞の攻撃を逃れて生き残る細胞がいて、「がん細胞」となります。

それらが異常な分裂・増殖をくり返し、10~20年かけて「がん」の状態になります。

がんは、全身のあらゆる場所に発生する可能性があります。胃や肺、肝臓などの内臓はもちろん、血液や骨、皮膚などにできるがんもあります。

がんは、あらゆる病気のなかでも最も死亡率の高い病気で、長年日本人の死因第1位を占めています。

また、がんが恐ろしいところは、初期にはほとんど自覚症状がなく、健診などで発見されることが多く、発見されたときにはすでに進行していたというケースも少なくありません。

最近のさまざまな研究から、「がんは予防できる病気」であることがわかってきました。

がんの危険因子の多くは生活習慣にあり、生活習慣の改善が、がんの予防につながるということです。

がんのなかにはごく一部、遺伝性のものもありますが、遺伝要因よりも生活習慣要因のほうの影響が大きいと考えられています。

生活習慣のなかでも、最大の危険因子とされているのが喫煙で、喫煙は肺がんだけではなく、食道がん胃がん、大腸がん、子宮頸がんなど、多くのがんのリスクを高めます。

さらに受動喫煙といって、タバコから立ち上る煙は、タバコを吸わない人にも肺がんなどの健康被害をもたらします。

食生活では、塩分のとりすぎは胃がん、野菜・果物不足は消化器系のがんや肺がん、熱すぎる食べ物や飲み物は食道がんのリスクを高めるとされています。

近年、急増している大腸がんや乳がんなどは、食生活の欧米化が影響しているとされ、動物性食品への偏りも危険因子と考えられます。

また、多量の飲酒は食道がん、肝臓がん、大腸がん、乳がんなどのリスクを高めることがわかっています。

がんを予防するための生活習慣改善でまず重要なことは「禁煙」で、喫煙習慣のある人は、家族や周囲の人を巻き込まないためにも、直ちに禁煙を実行しましょう。

食生活では塩分を控え、野菜や果物を積極的にとるようにして、バランスのよい食事を心がけましょう。

お酒の飲みすぎはがんのリスクを高めるので、お酒を飲む人は適量を守るようにしましょう。

運動する人や、仕事や日常生活でよく身体を動かす人は、がんになるリスクが低いことがわかっています。

日常生活での活動量を増やすとともに、適度な運動を習慣として行いましょう。

ただし、激しすぎる運動はがんを誘発する活性酸素を増やすことがあるので、ウォーキングや水泳などの有酸素運動がおすすめです。

がんは、糖尿病や高血圧などと同じ「生活習慣病」です。積極的に生活習慣を改善して、がん予防につとめましょう。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。その免疫細胞は、7割くらいは休息状態です。プロテサンを摂取しますと、休眠中の免疫細胞の餌となることで、休眠中の免疫細胞か目覚して活性化されることで、免疫力や治癒力が高まります。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト