100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

更年期の肥満を防ぐ乳酸菌

更年期の肥満に深く関わっているのが「コレステロール代謝」で、40歳代を境に善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加とともに中性脂肪値も上昇してきます。これらが一定基準を超えますと動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞脳梗塞のリスクを高めます。

卵巣や胎盤で産生され、血中を介して乳腺や子宮内膜に達 した後、標的細胞のエストロゲン受容体に結合してエストロゲ ン作用をもたらす。排卵や月経、乳腺といった女性特有の形態 と機能を担います。

エストロゲンは、性ホル モンの範疇を超えて、いわば代謝ホルモンとしての重要な役割 を担っていることが明らかとなりました。

肥満のタイプは、上半身に脂肪が蓄積するリンゴ型と下半身に蓄積する洋梨型があります。

リンゴ型肥満の方は、内臓脂肪がたくさん蓄積し、いろいろな病気を招きやすくなります。

更年期の肥満に深く関わっているのが「コレステロール代謝」で、40歳代を境に善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加とともに中性脂肪値も上昇してきます。これらが一定基準を超えますと動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞脳梗塞のリスクを高めます。

そうした更年期の体の変化の背景には、女性ホルモンの「エストロゲン」が関わっています。

女性の全身を守っていてくれたエストロゲンが、更年期になりますと減少することで、心身に様々な不調が起きて来ます。

更年期の肥満を防ぐために、取り組むべきはライフスタイルルの見直しが必要です。

健康診断を受ければコレステロール中性脂肪の値などを確認できるわけですから、それらの数値を悪化させないように自身で努力を続ける必要があります。

そうした取り組みを成功させるには「週に3回20分以上を目安に、脈拍が1割増加する程度の負荷を掛けて大股に歩く」や「夕食の白米を減らす」など、目標を具体的に設定して実践することが大事だと思います。

濃縮乳酸菌は、薬ではできない、善玉コレステロールと悪玉コレステロールノバランスを整える優れた働きがあり、ダイエット効果も期待できます。

プロテサンを摂取しますと、腸管免疫力が高まり、体の冷えを改善したり、動脈硬化で傷ついた血管を修復してくれます。

他にも、ドロドロな血液が、サラサラした血液になり、さまざまな病気が遠のいて行きます。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。その免疫細胞の7割くらいは休息状態です。プロテサンを摂取しますと、休眠中の免疫細胞の餌となることで、休眠中の免疫細胞か目覚して活性化されることで、免疫力や治癒力が高まります。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト