100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

癌が治せないのは、低温体質のままだから

医学が発達しているといわれているのに、なぜガンで死ぬ人が減らないのでしようか。それは、ガンを発症する人が増え続けているのと、ガンの治療が根本治療ではないからです。せっかくひとつガンを退治しても、すぐ次のガンができてしまっては、まるでモグラ叩きです。

 

なぜ現代人がガンにかかりやすいがといえば、体温が低いがらです。

 

研究の結果、ガン細胞は体温が35℃てくらいのときに最も活発に活動し、増殖します。

 

昔の人は平熱が36.5℃て~37.2℃くらいが普通でしたから、ガン細胞にとっては増えにくい環境でした。

 

しかし、現代人の平熱はまさにその㏄て前後35℃前後です。昔の人と比べて平熱が約1℃下がっています。

 

体温がⅠ℃下がると、免疫力は約30%低下します。どんなに気をつけていても、低体温の人は自分の免疫をすり抜けたガン細胞が増殖してしまいます。

 

なぜ肺や食道、胃や子宮などはガンになるのに、心臓や脾臓、小腸のガンはないのでしょう。それは、これらの器官が高温だからだといわれています。

 

それに対して、肺や食道、胃や子宮は管や袋の形をして体の外と通じているので、比較的低温なのです。

 

自分のカでガン細胞をやっつける方法は、いくつかあります。まずは体温を上げてガン細胞を殺すことです。

 

ガン細胞は体温が39.3℃て以上になると死滅してしまうのです。

 

19世紀のドイツで、世界初のガン自然治癒側が発表されましたが、それは肺炎で高熱を発した人たちの例でした。

 

さすがに39℃ては体に柑当なダメージがありますが、35℃てのガン培養温度を36.5℃くらいに上げるのなら、無理はありません。

 

体温の低い人は、いますぐにでも蒸生姜で体を温めましょう。それが、ただちにできるガンの予防です。

 

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)と呼ばれる白血球の一種は、免疫機構として、ガン細胞を攻撃し、溶かしてしまう働きがあります。

 

生姜は免疫機構を全体fに活性化しますから、NK細胞の働きを強め、ガン細胞を攻撃する能力を高めることが期待できます。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト