100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

末期癌から生還した方の共通点

末期癌から生還した方の6つの共通点は・・・・

抗癌剤治療の途中で、すべての抗ガン治療を断った方。

②癌治療で苦しんでいる時に、必死になって勉強して情報を得られた方。

③抗癌治療が体の免疫をどんどん低下させている事に気付かれた方。

④食生活、軽い運動、笑いのある生活、良質な睡眠、など生活の基本が大切であることを気付かれた方。

⑤人間の生活の中で何が大切かを勉強、薬よりも、抗癌治療よりも、根本的な生活の改善が大切であるという事に気付かれた方。

⑥癌克服に、腸バランスと細胞バランスが欠かせないことに気付かれた方

がんは、早期発見できれば95%治せる病気です。

日本は先進国で唯一、がん死が増えている国、アメリカに比べると1.6倍もの割合で人々ががんで亡くなっています。

アメリカでは、1980年から、癌の取り組み方が変わりました。

年々増大する癌の医療費に、アメリカ政府の予算が追い付かないくらい膨らんできました。

この事態にアメリカでは危機感を感じ、政府主導の元、ガン撲滅作戦を展開されました。

その結果、分ったことは、手術や抗癌剤治療では癌を撲滅できということです。

特に抗癌剤治療は、癌を治療できないばかりか、返って酷くなると発表されています。

抗癌剤治療は、確立の悪く命を懸けたギャンブル、有効率は160人中、たったの6名といわれています。

マクガバンレポートにより、食生活の改善を中心とした、代替え医療が最も有効であるとの結論に達しました。

1980年から代替え医療が国家的規模で行われた結果、癌の死亡率が下がりはじめ、今では年々低下しています。

これに追随して、ドイツ、イギリス、カナダ、でも代替え医療にシフトを転換されています。

カナダのがん治療は『何もしない』が、がん治療の22%を占めています。

最近では『無治療』何もしない治療が、最も治りやすいことが分かってきたと言います。

カナダでは、手術治療は6%、日本は、それに対して17倍。

カナダの抗癌剤治療は5%、日本は20倍。

カナダの手術と抗癌剤併用は3%、日本は33倍になっています。

プロテサンを摂取しますと、腸管免疫力が高まり、体の冷えを改善したり、癌細胞を縮小したり、動脈硬化を起こした血管や傷ついた血管を修復したりします。

他にも、ドロドロな血液が、サラサラした血液になり、さまざまな病気が遠のいて行きます。

プロテサンは、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富なフェカリス乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、主治医にしかられなく病院の治療の内容にかかわらず食べれ、病気と闘っている方の強い味方になっくれます。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。その免疫細胞の7割くらいは休息状態です。プロテサンを摂取しますと、休眠中の免疫細胞の餌となることで、休眠中の免疫細胞か目覚して活性化されることで、免疫力や治癒力が高まります。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト