100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

糖尿病になるのは、フェカリス菌が少ない事が原因

最近、糖尿病の研究で、糖尿病になると腸内細菌・乳酸球菌エンテロフェカリスが減っていることが分かり、減った乳酸菌エンテロフエカリス菌を増やせば、腸内バランスを回復し、進行を抑制してくれることが分かりました。

糖尿病になると、根本から治す治療はなく、食事療法・運動療法・インシリン注射や血糖値降下剤投与の薬物療法になります。

糖尿病になりますと、自律神経が失調、腸管の働きも悪くなって消化や吸収が悪くなり、結果、腸管内に食物の停滞なとが起こって腸内細菌が変化し、バランスが崩れてしまいます。

糖尿には、血糖コントロールするのに、腸内菌が深く関わっています。

米国のイリノイ大学の研究では、血糖コントロールがずっと良好、あるいは徐々に改善する人の腸内では、腸内細菌が多くみられ、代謝や免疫といった体の機能に良い影響を与える善玉菌が多いことが判明されています。

順天堂大学の研究チームも、日本人の2型糖尿病患者の腸内フローラと、腸内細菌の血流中への移行について調査され、糖尿病患者の腸内フローラが乱れていることと、腸内細菌が腸内から血流中へ移行しやすいことが明らかにされています。

新型コロナに感染し重症化する人の中に、糖尿病を持病としている方が多いことが分かって来ています。糖尿病になりますと、血管の傷みが、普通の方に比べて進行し、血栓が起きやすい状態にあります。

プロテサンは、エンテロフェカリス菌が主成分の健康食品て、プロテサンを食べて好きなゴルフしたり 運動すれば、糖尿病は怖い病気でなくなります。

プロテサンは、ヨーグルトなどの生菌体と違って、特殊加工熱処理された死菌体の乳酸菌で、その濃縮乳酸菌は、傷ついた血管を修復し、脳梗塞心筋梗塞を予防するなど、世界でも類のない乳酸菌です。

エンテロフェカリス菌が免疫細胞の餌になることで、休眠中の免疫細胞が活性化され、生きた菌の3倍も自然治癒力や免疫力わ高めてくれます。

プロテサンは、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロール中性脂肪を減少させるなど医薬品でも難しい働きをしてくれます。

プロテサンは、動脈硬化を予防・改善するだけでなく、傷ついた血管を修復してくれます。

腸内細菌叢を改善し、体内に蓄積した有害物質を排出させたり、腸管免疫を活性化させて、癌の予防や縮小に抗がん力を発揮してくれます。

プロテサンは、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富で、11件の医療用途特許を取得している乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、主治医にしかられなく病院の治療の内容にかかわらず食べれ、病気と闘っている方の強い味方になっくれます。

プロテサンは、特殊加工熱処理された死菌ですから、安全性が高い乳酸菌になっています。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。その免疫細胞は、7割くらいは休息状態です。プロテサンを摂取しますと、休眠中の免疫細胞の餌となることで、休眠中の免疫細胞か目覚して活性化されることで、免疫力や治癒力が高まります。

プロテサンは、ヨーグルトなどの菌体と違って、特殊加工熱処理された死菌体の乳酸菌で、その濃縮乳酸菌は、傷ついた血管を修復し、脳梗塞心筋梗塞を予防するなど、世界でも類のない乳酸菌で、動脈硬化の予防・改善し、血圧の正常化にはたらいてくれます。

乳酸菌の「数」が多ければ多いほど、免疫効果が高まるということです。

同じ容量で比較した場合、サイズの小さな乳酸菌の方がより多くとり入れることができるため、乳酸菌をたくさん摂取するには、菌体サイズの小さな乳酸菌が適しています。

サイズが小さく、球菌のカタチをした乳酸菌「FK-23フェカリス」が注目され、免疫力を高める効果が期待されています。

サイズが小さいことにより、小腸のすき間から大量にとり込まれて、腸内にある多くの免疫細胞を刺激します。

それによって活性化した免疫細胞が全身に移動し、ウイルスや細菌の侵入を防ぎ、侵入してきた敵と闘ってくれるのです。

健康維持するためには、1日に1兆個の乳酸菌を摂り込みましょう。

KYOTO 健康村の健康作りに役立つお話 – KYOTO 健康村