100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

健康維持に欠かせないマグネシュウム不足

近年、日本では足りていると思われてきた、マグネシウム摂取量の不足が指摘されています。食生活の変化が、その要因なのかもしれません。さらに、マグネシウムにはアルコールを大量に飲んでしまうと、尿と一緒に排出されるという性質もあります。

年齢や性別など、人それぞれ適正量は違います。自分の適正量をきちんと知り、マグネシウムが不足しないよう、摂取していくことが必要です。

マグネシウムは人体を構成し生命活動をするために欠かせない必須・主要ミネラルのひとつですが、カルシウムやナトリウムに比べてなじみが薄く、あまり意識して摂取することを考えたことがない、という方も多いでしょう。

しかし近年、このマグネシウム摂取量は年々減少しており、それに伴って様々な疾病が増加していることが指摘されています。

マグネシウム(鎂)は、鉄や亜鉛、銅、マンガンヨウ素などと並び体内で合成できないので、ヒトが必ず摂取しなければならない必須ミネラルのひとつです。

必須ミネラルは全部で現在29種類あり、それぞれが人体にとって重要な働きをもたらしますが、なかでもマグネシウムは骨や歯の形成・柔軟性・弾力性を高めて骨折しにくくさせるほか、神経の興奮を抑えたり、カルシウムの作用をコントロールして筋肉の収縮・弛緩を調整したりする役割を果たします。

また、血圧を適度に調整する作用もあることから天然のカルシウム拮抗薬とも呼ばれていますが、その他にも様々な生理作用が非常に多彩であることが特徴です。

また、抗動脈硬化作用があることからアンチエイジングミネラルともいわれています。

マグネシウム(鎂)は、鉄や亜鉛、銅、マンガンヨウ素などと並び体内で合成できないので、ヒトが必ず摂取しなければならない必須ミネラルのひとつです。

必須ミネラルは全部で現在29種類あり、それぞれが人体にとって重要な働きをもたらしますが、なかでもマグネシウムは骨や歯の形成・柔軟性・弾力性を高めて骨折しにくくさせるほか、神経の興奮を抑えたり、カルシウムの作用をコントロールして筋肉の収縮・弛緩を調整したりする役割を果たします。

また、血圧を適度に調整する作用もあることから天然のカルシウム拮抗薬とも呼ばれていますが、その他にも様々な生理作用が非常に多彩であることが特徴です。また、抗動脈硬化作用があることからアンチエイジングミネラルともいわれています。

マグネシウムが不足することで起こりうる病気とは?

食事からの消化や代謝がうまくできなくなり、食欲不振、下痢やおう吐などがみられることがあります。

マグネシウムが不足すると、細胞内にカルシウムが必要以上に増えてしまい、筋肉の収縮をうまくコントロールできなくなるため、けいれんやふるえなどが起こることもあります。

マグネシウムが不足すると、生活習慣病(糖尿病、メタボリックシンドローム)をはじめとして、心筋梗塞脳梗塞うつ病不整脈、悪阻、尿路結石(特にシュウ酸カルシウム結石)、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症、不眠、片頭痛、月経全症候群(PMS)、便秘などの様々な症状を引き起こします。

なかでも糖尿病とメタボリックシンドロームの危険性は飛躍的に高まるため、注意が必要です。

動脈硬化や動脈石灰化のリスクとマグネシウム摂取量との間に深い関係があることから、マグネシウムは抗動脈硬化作用を有するといえます。

さらに、皮膚細胞の角質細胞間脂質であるセラミド、特にアシルセラミドが皮膚のバリアー機能に重要な役割を果たしていますが、その合成にマグネシウムが重要であることから、マグネシウムアンチエイジングミネラルといわれています。

1960年以前、日本人の糖尿病有病率はごくわずかでした。

このことからもわかるように、かつての日本人はマグネシウムを豊富に含む食材を習慣的に摂取していたため、酵素の働きが十分に作用するとともにインスリン抵抗性が改善し、さらにインスリン分泌も良くなるために糖尿病リスクが下がっていたといえます。

マグネシウムを多く含む食材は、「原食品」です。

原食品とは、精製、添加、加工などをする前の、採れたものそのままの食材のことを指します。

具体例としてわかりやすいのは、玄米です。玄米は100gあたり49㎎のマグネシウムを含んでいますが、精白米になったとたんに7㎎に減少してしまいます。

食生活の変化や食材の栄養価の低下などにより、マグネシウムは日本人に不足しやすい栄養素になってきているのです。

マグネシウムを多く含む食品

マグネシウムは、魚介類やごま、大豆などのほか、玄米やそば、全粒子、ライ麦など未精製の穀物にも多く含まれており、これらの食材を主食に選ぶと、マグネシウムを効率的に摂取する事ができます。マグネシウムは通常の食事で過剰症になることは、ほとんどありません。

毎日の料理にカルマックスを使用することで、家族中がミネラルが補え、健康になれます。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト