100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

認知症のリスクを減らす濃縮乳酸菌

食生活や栄養環境を見直すことで、認知症のリスクを減らせる可能性があります。日本の認知症の有病者数は、2012年に65歳以上の15%に当たる462万人が認知症とみらており、今後も増加傾向が続きます。

  • 腸内細菌は、認知症や糖尿病、肥満、心疾患にも影響すると考えられています。
  • 腸内には数百から1.000の細菌が生息しており、その構成は年齢や食事などで変化しています。
  • 認知症発症は、腸内の細菌状態が脳の炎症を引き起こす可能性が指摘されています。

そこで国立長寿医療研究センターの研究グループは、認知症患者とそうでない患者とのあいだで腸内細菌叢の組成に違いがあるのではないかと考えらり、もの忘れ外来の受診患者から128例(平均年齢 74歳)の検便サンプルを採取して、腸内細菌叢と認知機能との関連を分析されました。

腸内に特定の細菌が多い高齢者は、そうでない人と比べて認知症の発症リスクが10分の1と大幅に低い可能性があるとの研究結果を国立長寿医療研究センター(愛知県)や東北大、久留米大(福岡県)などのチームが、英科学誌電子版に発表されています。

認知症は、アルツハイマー認知症に比べ男性の割合が高く、女性の2倍近くの有病率が報告されています。

血管障害発生により引き起こされるため、若い世代の発症も見られ、この場合「高次脳機能」違いがあるとされていますが、ほぼ同じ症状が出現します。

認知症発症は、腸内の細菌状態が脳の炎症を引き起こす可能性が考えられています。

腸は人体最大の免疫器官であり、生体防御(体を守る働き)の最前線で、「腸」と「腸内細菌」は、体全体の健康を守る基盤といえるのです。

腸は消化吸収のためだけの器官ではなく、ヒトのカラダにおける最大の免疫系組織であり、多くの神経系・内分泌系組織が集まっていることがわかっています。

腸は、自ら考え、動き、また脳を通じて全身に指令を送る働きかけをすることも出来ると考えられています。

そのため”腸は第二の脳”と呼ばれ、ヒトのカラダに多くの影響を与えています。

KYOTO 健康村の健康作りに役立つお話 – ページ 4 – KYOTO 健康村