100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

腸内環境が悪くなると肥満になる

腸内細菌叢は、不健康な食事、ストレスや過労などの二次的な作用、あるいは抗生物質の摂取などさまざまな要因により、腸内フローラのバランスは崩れてしまいます。

腸内フローラは複雑な腸内微生物生態系、すなわち「腸内エコシステム」を形成し、健康維持に重要で、バランスが崩れると大腸がんなどの腸そのものの疾患に加えて、1型糖尿病、2型糖尿病、肥満、高血圧、炎症性疾患など、さまざまな疾患に関わっていることが明らかになっています。

腸内環境の乱れがさまざまの病気の発症に関わることが、最新の「メタボロゲノミクス」の技術で明らかになりつつあります。

悪玉菌が増えると……

肌が荒れる

血液を介してめぐる毒素が肌にダメージを与え、肌荒れやニキビの原因になる。

免疫力が低下する

外部の敵から身を守る免疫システムを担うのは白血球の一種のリンパ球。小腸や大腸にもっとも多く、腸管免疫と呼ばれ、腸内細菌のバランスがくずれると、腸管免疫の働きが低下するので、口内炎、カゼなどの感染症、大腸がんを発症しやすくなるなど、生活習慣病を引き起こす。

腸内環境が悪くなると、代謝がスムーズに行われなくなるので、太りやすくなったり、生活習慣病を発症させる原因になる。

ウツな気分になる

腸内細菌は、幸福感やポジティブな思考をつくるセロトニンドーパミンの合成にもかかわっている。

腸内環境が悪いと、これらをうまく合成できないのでウツな気分になりやすい。

便秘が治りにくい

便秘が続くと腸内環境が悪化する、腸内環境が悪化すると便秘が治りにくいという悪循環におちいる。

プロテサンを摂取しますと、腸管免疫力が高まり、体の冷えを改善したり、癌細胞を縮小したり、動脈硬化を起こした血管や傷ついた血管を修復したりします。

他にも、ドロドロな血液が、サラサラした血液になり、さまざまな病気が遠のいて行きます。

プロテサンは、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富なフェカリス乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、主治医にしかられなく病院の治療の内容にかかわらず食べれ、病気と闘っている方の強い味方になっくれます。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト