100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

傷ついた歯を修復するカルマックス

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。

 

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます。

 

普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。

 

これを歯垢と言い、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。

 

この歯垢1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。その中でも歯周病をひき起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。

 

歯周病の症状は

  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • 歯肉が赤く腫れている。
  • 硬い物が噛みにくい。
  • 歯が細長くなったような気がする。
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • 歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

歯周病によって発症・悪化するといわれている病気・症状・トラブルは・・・。

誤嚥性肺炎

口腔周囲の細菌が気道に入ることによって起こる肺炎で、歯周病の原因菌が入り込んで起こることがもっとも多いとされます。日本における死因としては、実は第4位。

 

患者さんの90%以上が65歳以上の高齢者です。

脳梗塞心筋梗塞

歯周病によって動脈硬化が悪化することがあります。

また、動脈硬化が起こった部位から歯周病菌が検出されることが明らかになっています。

骨粗しょう症

まだ研究段階ではありますが、歯周病との相関性が強いといわれています。

細菌性心内膜炎

全症例の30〜40%が口腔内の細菌によって引き起こされているといわれています。

早産・低体重出産

切迫早産の妊婦の場合、高頻度で歯周病菌が検出され、関連性が注目されています。また細菌は胎盤を通過して産科器官への直接的な感染を起こすおそれがあると考えられています。

糖尿病・肥満

歯周病と相互に影響し合っているといわれています。

 

この他にも、高血圧や高脂血症、腎炎、関節炎、皮膚疾患など、自身の命に関わるものから、胎児に影響するものまで多大な健康被害の元凶となることもあります。歯周病を放置する事で、それだけのリスクがあるという事は皆さんに知っておいていただきたいです。

 

「じょうぶな歯は生きの秘訣」といわれるように、食べ物をよりよく消化・吸収し、体を快調に維持していくためには歯の健康が不可欠です。

 

現在の食生活では全体にカルシウムなどのミネラル小足しているため、虫歯や歯槽膿漏などに悩んでいる人も少 なくありません。

 

市販の歯みがき粉にはつぶ塩や酵素が人っているものも多く出ていまずが、弱くなつている歯や歯ぐきを元から改溥しでいくには、不足しているカルシウムやミネラルを十分に補給ずることがいらばんの近道でず。

水溶性イオン化カルジウムは非常に吸収がよく、瞬時に不足しているカルシウムを補ってくれ、歯の細くなるのを防ぎ、硬い歯に変えてくれます。

 

現在使用中の歯みがき粉に少々含ませで使用するだけで、歯や歯ぐきの内而から悪いところを治すだけでなく、イオンコーティングの力で新たな菌やヤニなどの汚れからがっちりガードし、歯垢をつきにくくします。

 

カルマックス – KYOTO 健康村