100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

認知症を予防するには、脳だけではない

認知症を予防するには、脳だけに注意すればよいわけではありません。

 

実は、腸には脊髄と同じ程度の約5億個の神経細胞が存在しているといわれ、腸と脳はこれらの神経細胞を介して繋がっています。

 

そして、脳から腸だけでなく、腸から脳へも情報が伝わることがわかってきています。

 

最近では腸内細菌が腸を介して脳に影響を与えていることも指摘され始めているため、腸の健康を決しておろそかにしてはなりません。

 

腸内細菌と認知症の発症は強く関連することが、国立長寿医療研究センターの研究で明らかになり、認知症の人は腸内で「バクテロイデス」という菌が少ないことが明らかにされました。

 

認知症の有病者数は、全世界で2015年には4,680万人だったが、2050年までに3倍に増えると予測されています。

 

日本でも、2012年に65歳以上の15%に当たる462万人が認知症とみらており、今後も増加傾向が続きます。

 

腸内細菌については、糖尿病や肥満、心疾患にも影響すると考えられ、年齢や食事などで変化します。

 

認知症発症との因果関係は不明だが、腸内の細菌状態が脳の炎症を引き起こす可能性が指摘されています。

 

そこで国立長寿医療研究センターの研究グループは、認知症患者とそうでない患者とのあいだで腸内細菌叢の組成に違いがあるのではないかと考えた。

 

もの忘れ外来の受診患者から128例(平均年齢 74歳)の検便サンプルを採取して、腸内細菌叢と認知機能との関連を分析した。

 

その結果、腸内細菌叢の組成の変化が認知症の独立した関連因子であることが明らかになりました。

 

細菌の割合により、エンテロタイプI(バクテロイデスが多いタイプ)、同II(プレボテラが多いタイプ)、同III(その他の細菌が多いタイプ)の3タイプに分類したところ、認知症患者はエンテロタイプIが少なく、エンテロタイプIIIが多かった。

 

バクテロイデスは、日本人の腸内で多い細菌で、日和見菌として分類されることが多いが、最近では腸管免疫で重要な働きをすることも分かっており、人体に有用な作用が期待されています。

 

詳しく解析したところ、バクテロイデスは、認知症でない患者の45%から検出されたのに対し、認知症患者からは15%にとどまった。また、バクテロイデスが多い患者は、そうでない患者に比べて認知症罹患率が約10分の1になりました。

 

認知症は、脳の中でインスリンが正常に働かなくなることが原因の一つだと言われています。

 

この点をふまえると、インスリンに悪影響を及ぼす砂糖や、砂糖がたくさん含まれるパンや菓子類などといった、精製された糖質の過剰摂取は食後高血糖を引き起こすので控えることが大切です。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト