100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

腸内細菌が血糖コントロールに関与

腸内細菌が血糖コントロールに関与

 

腸内フローラはヒトの健康と病気に密接に関わっており、腸疾患、糖尿病、肥満、メタボリックシンドローム動脈硬化症などのさまざまな疾病の発症に関係すると考えられています。

 

2型糖尿病は、遺伝因子と環境因子の組み合わせによって発症すると考えられているが、近年は、腸内細菌のバランスの乱れが何らかの影響を与えている可能性も指摘されています。

 

腸内細菌は、食べ物が消化吸収された後の残りカスをエサに増殖するため、どんなものを食べるかが腸内環境を整える上でとても重要になります。

 

腸内細菌は、有益な働きをする善玉菌(有用菌)、有害な働きをする悪玉菌(有害菌)に分けられます。

 

善玉菌が悪玉菌の働きを抑え優勢に働いていると、腸内バランスが健康的に保たれるが、2型糖尿病患者では悪玉菌が強く、善玉菌の量が少ない傾向があるという報告もあります。

 

順天堂大学医学部の研究で、2型糖尿病患者では腸内フローラが乱れていることが明らかにされました。

 

腸内フローラが乱れると、悪玉菌が生きたまま血中に入り込み、体内に炎症を起こし血糖値を下げるインスリンの分泌が低下することが解明されています。

 

インスリン抵抗性により糖が十分に体の中に取り込まれなくなると、血糖が上昇してしまいます。

 

肥満や運動不足などが原因だが、腸内フローラのバランスが乱れにより慢性的な炎症が起こることも一因になっています。

 

腸内環境の改善により2型糖尿病に伴う炎症を抑制し、インスリン抵抗性を改善できるようになる可能性があります。

 

腸内環境は、不健康な食生活や運動不足、ストレスやなどの生活環境や加齢によって悪化します。

 

腸内環境の健康が保つためには、「肉や卵などのタンパク質食品を食べ過ぎない」、「野菜を食べ、食物繊維が不足しないようにする」、「発酵食品(ヨーグルト、納豆、漬け物など)を食べる」といった工夫が必要です。

 

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト