100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

体がサビルのを防ぐケイ素

「酸化」に関わるのは「活性酸素」は、万病の元

ケイ素には、様々な働きがありますが、特筆すべき効果は「抗酸化作用が強い」ということです。

 

活性酸素は、体外から侵入したウイルスや細菌から守ってくれます。

 

しかし、活性酸素が過剰に発生すると正常な細胞や遺伝子も傷つけてしまい、肌、血管、心臓などあらゆるものを酸化させ、身体の機能を乱します。

 

そして、肌ならシミやしわの原因にもなりますし、老化やガン、様々な生活習慣病の原因となってしまうのです。

 

つまり、酸化=老化なのです。

 

活性酸素は生きていれば、必ず発生します。

 

私たちは呼吸によって酸素を体内に取り入れていますが、エネルギーになるとき、そのうち約2%の酸素が化学反応により活性酸素になると言われています。

 

他にも、激しい運動やストレス、喫煙、紫外線、電磁波、人工的な化学物質や食品添加物、飲みすぎや食べすぎ、大気汚染、電磁波、放射線なども活性酸素を発生させる要因となります。

 

過剰な活性酸素は、体内の酸化を進め、老化のスピードを速めていきます。

 

酸化を食い止めるのに必要なのは「抗酸化物質」です。

食べ物で言いますと、色の濃い野菜に抗酸化作用が高い食べ物が多いです。

例えば、カボチャやニンジン、ピーマン、ブロッコリー、ほうれん草、ケールなど。

栄養素でいうとビタミンA、C、Eが多く含まれるものが抗酸化におススメです。

またポリフェノールイソフラボンなども抗酸化に効果があると言われています。

しかし、なかなかバランスよく栄養を摂れないというのが現代人の悩み。

そこでおススメなのが必須ミネラルである「ケイ素」です。

 

ケイ素は、もともと、熱を加えても酸素と結びついてもさびない性質、つまり酸化しにくく、他の物質の酸化も防ぐ抗酸化作用が認められています。

 

ケイ素は細胞を作る材料になったり、細胞膜に多く含まれます。

 

人間の細胞は約60兆個。

 

活性酸素が細胞を攻撃しても、あらゆる細胞の中にケイ素が存在するため、身体の酸化を防いでくれているのです。

 

例えるなら、ケイ素がバリヤーを張ってくれているような感じです。

 

30~40代の方は、体内のケイ素の量が赤ちゃんの時の半分以下になると言われています。

 

ケイ素が不足したままでは、身体の酸化のスピードを早めてしまう一方です。

 

1日に必要なケイ素の量は最低40㎎。

 

ケイ素が効果的に摂取できる水溶性珪素サプリメントなどを上手に利用して、ケイ素不足を補いたいものです。

 

抗酸化作用が高い食品なども意識して取りつつ、活性酸素を発生させてしまう生活習慣なども見直して、サビない身体を作っていきましょう!!

こんな方に使って頂きたい

私たちの体は、20 代をピークにケイ素を蓄える能力が低下(成人一人当たり一日10mg--40 mg-が消耗)します。

 

ケイ素は人体では作り出すことができず、摂取の難しい栄養成分でもあります。

私たちが若々しく健康であり続けるかは、「ミネラルなどの栄養成分に加え、如何に多くのケイ素を摂取できるか」によって左右されてしまいます

 

❒糖質が気になる方に❒なんとなく調子が悪い方に❒肌の色ツヤが気になる方に❒疲れやすい、朝がつらい方に❒老化が気になる方に❒食事制限ができない方に❒骨密度が気になる方に試して頂きたいです。

KYOTO健康村TOP