100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

肝臓 からのSOSのメッセージ

肝臓は、栄養素など、さまざまな物質を化学的に作り替える働きをし、何千の酵素を使い、500以上の化学変化を起こし物質を作る化学工場のような働きをしています。

 

なんとなく疲れが取れない、足のむくみが気になる、いつもは美味しく感じるものが美味しくないなど、なんとなくモヤとした不調を感じることはありませんか。

 

これらの症状には、肝臓の機能が低下している可能性が考えられます。

 

肝臓が疲れていると、本来解毒されるはずの老廃物は、ろ過できなくなるためそのまま体内に残ります。

 

エネルギーとして代謝しきれなかった栄養は中性脂肪となり蓄積されます。

 

体にとって不要なものがどんどんたまっていってしまうことに加え、エネルギーが作れなくなってしまうことで、体を動かすことがますますつらくなってしまいます。

 

なかなか疲れが抜けないなというときは、体の中で肝臓がSOSを出しているのかもしれません。

 

血液の粘度に大きく関わっているのが、血液中のコレステロールの量です。

 

コレステロールは細胞膜の原料となったり、脂肪を分解する胆汁の原料になったりする、体にとって不可欠な成分ですが、量が増えすぎると血管の内側にくっつき、血管をつまらせてしまうため、それによって様々な問題を引き起こします。

 

特に血中の悪玉コレステロールの量には注意が必要です。

 

悪玉コレステロールは普段、肝臓に蓄えられたコレステロールを運ぶ役割を担うコレステロールですが、量がふえすぎると血管を詰まらせる作用があるコレステロールであることから、〝悪玉〟と名前がつけられました。

 

プロテサン の濃縮乳酸菌FKー23は、生菌ではなく、特殊加工熱処理された死菌体です。

その死菌が免疫細胞の餌になり、休眠中の免疫細胞を刺激し、免疫機能を活性化し、自然治癒力や免疫力を高め、安全性の高い乳酸菌で、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロール中性脂肪を減少させるという、医薬品でも難しい脂質にたいする理想的な働きをしてくれます。

 

FK-23は動脈硬化だけでなく、腸内細菌叢を改善させたり、体内に蓄積した有害物質を排出させたり、腸管免疫を活性化させ抗がん力を発揮してくれます。

 

コレステロールはそれ自体が脂質の一種であるため、血中濃度が高くなることでドロドロ血液の原因になると考えられています。

 

プロテサンは、薬ではできない働きをして、健康維持をしてくれます。

 

プロテサンFK-23菌は、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べられます。

記事 – KYOTO 健康村