100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

疲労感に悩まされるのは、マグネシュウム欠乏かも・・

マグネシュウムが欠乏しますと、さまざまな病気を寄せる原因になっています。

1日のマグネシュウムの推奨する摂取量は、成人女性は1日に約310~320ミリグラム、成人男性は400~420ミリグラムのマグネシウムが必要ですが、平均250mg/日しか取れていません。

マグネシュウムは、生命維持の基礎ミネラルと言われるもので、マグネシュウムは、600類の酵素反応に関与しています。

マグネシウムが不足しますと

Ⅰ. 疲労に悩まされることがあります。

2. 筋肉がピクピクしたり、つったりします。

ミネラルが不足すると神経の興奮状態が高まって、筋肉が刺激されます。筋肉が極度に興奮してリラックスできないと、意図せずに筋肉が細かく収縮したり、筋肉全体が収縮したり、痛みを伴ってつったりするのです。

3. 血圧がとても高い

高血圧を含む心臓の健康状態に、マグネシウムはさまざまな影響を及ぼします。

4. ビタミンDのレベルも低い

研究によると、42%近くのアメリカ人が十分なビタミンDを取れていません。

ビタミンDを取ると高い免疫力や心臓の健康、強い骨が維持されます。

5. 骨がだんだん弱くなっている

私たちは約50~60%のマグネシウムを骨に蓄えています。

マグネシウムが足りない状態が続くと、骨量が減って骨の状態も悪くなります。

マグネシウムを十分に取らないとビタミンDのレベルにも影響するので、結果的にマグネシウムの不足は骨粗しょう症につながります。

6. 頭痛が止まらない

十分にマグネシウムを取らないでいると、体内の神経伝達物質の放出と血管の収縮に影響がおよび、頭痛が起こることがあるそう。

片頭痛に悩んでいる人は、そうでない人よりもマグネシウムの摂取量が低い傾向があるのです。

マグネシウムを補いますと

1. マグネシュウムを摂れば、寿命が伸びる

2. 糖尿病・骨粗しょう症・心疾患・癌など、生活習慣病を予防することができます。

3. マグネシュウムの摂取の多い人は、すい臓がん・乳がん・大腸がんの予防ができる。

成人女性は1日に約310~320ミリグラム、成人男性は400~420ミリグラムのマグネシウムが必要で、マグネシウムをたっぷり含む食材をとっても、マグネシウムの取りすぎにはなりません。

体は、食物に含まれるマグネシウムの30~40%ほどしか吸収できないのです。

アーモンド、カシューナッツ、ほうれん草、豆乳、大麦、黒豆、いんげん豆、枝豆、ピーナッツバター、全粒粉のパン、アボカド、ジャガイモ、プレーンヨーグルト、玄米などを食べたほうがいいでしょう。

すべて1食あたり40ミリグラム以上のマグネシウムを含んでいます。

病気になる原因は、腸内環境の乱れと、細胞のミネラル不足によるもので、料理にカルマックスを使用することで、マグネシュウム不足が解決できます。

カルマックスの主成分の水溶性イオン化カルシウムの原材料は、天然の種子です。

その種子には、カルシウムだけではなく、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、鉄などが総合的に配合された理想的なミネラルバランスであることも判明したのです。

その原材料をイオン化して、細胞吸収できるようにしたのです。

カルマックスは、カルシウムとマグネシウムの同局した理想的なミネラルバランスの整った水溶性イオン化カルシウムです。

毎日、必要なミネラルが摂れやすく、水溶性で使いやすく。イオン化しているので消化吸収率が非常に優れています。

毎日の料理にカルマックスを使用しますと、カルシュウムやミネラルが簡単に補え、家族中の皆さんが、健康に暮らすことが出来るようになります。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト