100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

忍び寄ってくる突然死

突然死は、早朝のゴルフ場などで、第1打のティーショツトが大敵といわれます。

 

ギャラリーにいいところを見せようとして張り切り、思わずオーバースイング。

 

「ナイスショーッ」―ギヤラリーの歓声のあと、そこに倒れているのはあなたかも知れないのです。

 

たいていの場合、そういう人は自分でも気がついていない"基礎疾患"を抱えています。

 

ところが多くの人がそれに気づかず、「オレは元気だ。どこも悪くない!」と思っています。

 

その自信こそが死を招くのです。

 

ひところ"企業戦士の死"としても騒がれた突然死は、その原因のほとんどが脳卒中心筋梗塞です。

 

なかでも心筋梗塞が命取りになります。

 

突然死を招く基礎疾患は、40~50代でもっとも日並つのが冠状動脈の硬化で、冠状動脈の硬化は狭心症をはじめ心筋梗塞に一直線です。

 

軽い高血エや糖尿病のケがあると、かえって心臓の痛みなどの自覚症状が出にくくなることがあります。

 

また心臓が肥大するなどの心筋症も、自覚症状がない場合が多く危険です。

 

風邪のような症状が起ぎる心筋炎、心膜炎も同様です。

 

脳卒中の場合は、即、死に至るものとして危険なのが出血です。

 

脳の呼吸中枢で出血すると急死します。

 

ただ、脳卒中で倒れて救急病院に運び速まれる場合、心臓は動いているケースが多く、心筋牲のものと比べると突然死の事例は少なくなります。

 

そして、引き金となるのがやはりストレスです。

 

そして、自律神経の緊張です。

 

自律神経中の交感神経が働ぎすぎて悪玉活性酸素をどんどん発生させてしまい、自分では気づいていなかった基礎疾患を刺敵してしまうのです。

 

とくに心臓突然死は、早朝から午前中が多いとされています。

 

睡眠中は副交感神経が優位ですが、寒い朝などムりに早起ぎしてゴルフ場などに出掛げると、交感神経がびっくりして過度に回転してしまいます。

 

むろん突然死は夜間にも起こります"睡眠中の死ですが、研究によるとこのときも、本来は睡眠を支配しているべき副交感神経ではなく、交感神経が張り切っているケースが多いと言われています。

 

深く眠っているように見えて、起ぎているような脳波を示す「レム睡眠」状態が続いているのです。

 

緊張をもたらす神経伝達物質(アドレナりンやノルアドレナリン)が大量に放出されているからです。

 

とくにイライラしやすい性格の人は注意が必要ですが、現代の都会生活では人々はほとんどがイラつぎやすくなっでいます。

 

突然死は、あなたのすぐそばに静かに忍び寄っています。

 

だからこそ手をこまねいていてはいげません。

 

脳卒中心筋梗塞も、発生した活性酸素の攻撃によって脳や心臓の動脈が硬化し、コブとなって曲流を阻害するために起こります。

 

ステビアは、この活性酸素の発生量を抑えるために役立ます。

 

脂肪分の週酸化が恐ろしい

 

ステビアは、いわば細胞のガードマン役をつとめます。

 

それは、活性酸素の攻撃から細胞を守る働ぎがあるからです。

 

私たちの体内に60兆個もある細胞ですが、その一つひとつが、細胞膜によって守られています。

 

これが健全に機能しないと、栄養分を細胞内に摂り人れたり、老廃物を捨てることもでぎません。

その細胞の膜は、タンパク質やさまざまな脂質ででぎています。

脂質の中でももっとも多く、重要な働ぎをしているのが、不飽和指肱酸です。

その重要な働ぎとは、まず細胞膜に追ってきたものが、敵か味方かを識別する能力です。

敵とはウィルスや細菌などのいわゆる病原菌です。

これらの有害物質に対しては、細胞内膜に侵入するのを防ぐバリケード役をつとめます。

味方とは、細胞内のミドコンドリアでエネルギーをつくるのに必要な栄養分や酸素です。

これはスムースに通します。

 

またその逆に細胞内の老廃物をどんどん濾過させます。

 

さらに細血管の血液の粘りを調整して流れやすくする働ぎもあります。

 

ところがこんな働き者の不飽和指肱酸にも弱点があります。

 

それは、とても"酸化されやすい"ということで、つまり悪玉活性酸素に狙われやすいのです。

 

そして活性酸素に襲われた不飽和脂肪酸は、すぐさま有害な「過酸化指貫」に変質します。

 

読んで字のごとく脂質が活性酸素によって過度に酸化された状態です。

 

はっきりいえば"脂肪分のカス"です。

 

カスになるだげならばまだいいのですが、脂質の過酸化が恐ろしいのは 、単に一部の細胞レベルだげではなく、人体のあらゆる臓器に広がっていく可能性があり、生体の防御機構(免疫機構)を阻害していくことです。

ステビアには、現代人に必要なものが、とてもバランスよく含まれています。

たとえば、欠如しがちなベーター・カロチン、これは呼吸器、消化器の障害を防ぎ、皮膚の角質化を防ぐ作用があります。

 

ビタミンB1口内炎、皮膚炎、かゆみなどを防ぎ、ビタミン氏は肝機能障害を抑制し、カルシウムは骨や歯を丈夫にします。

 

カリウムは食事の偏食、野菜嫌いなどからくる筋力の低下や腸閉塞などを防ぎ、ビオチンは皮膚に、鉄分は血液中のへモグロビンの構成に必要です。

 

また、葉緑素に似た作用があり、病気の原因である物質の中和、強肝作用、皮膚炎の防止、整腸作用など血液の成分には必要な物質ばかりです。

 

これらの成分を補給することにより、バランスの崩れた血液を正常に戻します。

 

スバ抜けた抗酸力・・・・高血圧、動脈硬化が原因となって起こる脳卒中心筋梗塞などの血流障害、肝機能障害、糖尿病、アトピー症などから体を守ります。

 

食物汚染や環境ホルモンに対する解毒力・・・胃かいようや、アレルギー症の元凶であるヒスタミンを分解し解毒します。

 

抗菌、抗ウイルス作用・・・・ウイルス感染抑制作用や殺菌作用で体を守る働きがあります。

 

免疫カと抵抗力をアップ・・・・生体の器官や組織細胞を傷つけて、生活習慣病やガンなどの原因となる活性酸素に致命的をダメージを与えます。

 

しかも、白血球やりンパ球などの免疫細胞が活性酸素から攻撃されるのを守り,体の免疫力を増進させます。

 

その他に老化を抑えたり、薬の副作用から体を守ってくれます。

 

ステビアエキスは、人間の細胞一つ一つがブドウ糖を取り込みエネルギーに変えるサイクルを応援しては早めてくれます。

 

ステビアエキスは人間の元気の応援団て、どこの臓器だけ悪いなどということわなく、全身が元気になる過程で、臓器がみんな元気になり、最終的に全身が元気になります。

 

長生き健康情報館 – KYOTO 健康村