100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

生活環境を変えれは、がんの90%が完治できる

がんになる原因は、内的か外的によるもので、がんに必要なのは、免疫きを上げることで、免疫を下げたり、犠牲にしたら治らなくなります。

生活環境を変えれは、造られる血液の質がよくなって、自律神経も安定してきます。

 

ストレスを減らすことは、リンパ球が増加し、穎粒球が減少し免疫力が向上しますがら、病気になりにくい体質に変わり、病気からの解放を促ずことになります。

 

生活をかえれば治るという強い信念をもつことが大切です。

 

1985年にアメリカで最も権威のあるがん研究所の最高責任者のデヴィータ所長が、「抗がん剤の化学治療は無力で、抗がん剤を投与すると、一部に腫瘍の縮小が見られるが、癌細胞か自らの遺伝子を変化させ怱ち抗がん剤の毒性に耐性を獲得し、抗がん剤を無力化し、患者は、毒素を浴びることになります。

 

このような重大な発言を、アメリカのマスメディアも日本のマスコミも封印され、日本の癌専門医でもデヴィータ所の発言を知る方が少ないようです。

 

1988年、NCIは「抗がん剤は強力な発がん物質である。投与すると、患者に新たながんを多発させる。

 

抗がん剤は「増がん剤である」と、強力な副作用があることを認め、さらに、放射線治療も同じであることを認めています。

 

抗がん剤投与でがんの縮小が見られても、ほぼ確実に再発し、それが凶悪化し手が付けられなくなります。

 

死亡の原因は、がんでなく抗がん剤です。

 

米国政府は、国立がん研究所抗がん剤の無効性、有害性を認めたため、アメリカの20大学にによる抗がん剤の行動研究を実施、その結果、手術を含む3大がん医療は「無効かつ危険」と裁定を下しています。

 

しこし、これも世界のメディアも日本のマスコミも、巨大利権に関わる情報のために、報じられていません

 

しかし、アメリカでは、政府のがん問題調査会OTAリポート以来、がん医療に変化が見られるようになり、がんの死亡者が、毎年、減ってきています。

 

アメリカのがん医療は、自然療法を主体とした治療、代替療法に変わってきています。

 

◆がんの最大の原因は動物性タンパク質の取り過ぎによるものです。

 

◆意識が大きく役目を担っているから、ストレスをため低い生活を心がけることです。

 

◆野菜中心の食事を取るように心がけていれば、がんは少しも恐ろしいものでなくなります。

 

◆臓器を含む体の成長は、細胞分裂によるものでなく、赤血球の分化によって体内組織の細胞に移行 していることが確認されています。

 

◆病院では死亡した患者の80%が、がん以外の原因で亡くなり、これは大量に投与された抗がん剤放射線照射、がんの手術による疲弊が原因と考えらます。

 

◆がんはがんになる生活環境によって作られ、この環境が変ねればがんが作られらなくり、細胞から血液に戻る可逆現象が起きます。