100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

ドイツの医者が癌を3週間で治せると断言

ドイツに、自然療法に精通したレオナード・コールドウェルと言うドイツで最高に癌治癒率に誇れる医者がおら、治療をされた患者数は、ドイツで最高、末期患者3万5千人以上になるそうで、この方は、3週間で癌を完治させると断言され、癌を治すのに、化学療法も手術も抗がん剤も必要ないと言われています。

癌を治すには、抗がん剤や高価な薬でなく、自分の体が持つ免疫力と治癒力です。

 

⬤ 癌を治すには、身体の解毒・身体をアルカリにかえること。

 

⬤ 緑色の葉や野菜に含まれているクロロフィル効果で酸素を多く体内に摂りこむこと。

 

⬤ 人工的でない自然のビタミンCを摂ることと。

 

⬤ カルシユウムやミネラルを摂取すること。

 

⬤ 自己治癒力(アルカリPhレベル 7.5以上)に高めること。

 

⬤ 癌の人の血液は、ドロドロした黒色した血液になって酸素不足の状態で、この血液状態を解消すること先決となります。

 

⬤ 人間の機能をうまく動かすためには、身体に電流を流す必要があり、そのために、塩が必要なので、腎臓に疾患がなければ、3.7㍑の水に海塩小さじ半分を入れた水を飲むようにします。

 

⬤ 癌の好物である糖分は、控えることが大切です。

 

⬤ 癌の多く方は、35.5度以下の低温体質になっていますから、腸と細胞バランスを整え、体温を36.5度まで上げることによって、免疫力が高まります。

 癌の人は、オメガ3が不足し、免疫細胞や自然治癒力が弱くなっています。

健康な体も、病んでいる体もずべて細胞が造っているので、細胞が喜ぶ食べ物を摂取すれば細胞はいきいきと活動し、細胞が嫌がる悪い食べ物を摂取すれば、細胞の生命活動は阻害され病気になってしまいます。

病気の原因は、細胞の機能の低下で、病気を治すのは、病院でも、医者でも、薬でもなく、食油を変えることと言われています。

体の細胞は、細胞膜を柔らかくする油と硬くする油のバランスが必要で、サラダ油に多く含まれているオメガ6と、アマニ油や魚に含まれているオメガ3は、どちらも細胞膜の材料になりますが、この二つは反対の働きをします。

 

細胞膜の主な成分は脂肪で、細胞膜は、細胞内に酸素や栄養素を取り込んだり、細胞内で発生した老廃物を排出したり、細胞同士の情報を伝達したり、有害物質の侵入を防止するなど、私たちが生きるうえで基礎となる大切な機能を果たしています。

 

癌の人は、悪玉菌が増えて、腸内バランスが崩れています

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト