100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

コロナ感染予防に、免疫力を高める乳酸菌

お通じの改善などを目的に、普段の食事に「乳酸菌」を取り入れている方も多いと思いますが、乳酸菌には、腸の免疫細胞を刺激して、「免疫力を高める働き」があることをご存じでしょうか。

 

腸内細菌叢のバランスを安定させ免疫力を保つためには、善玉菌を増やす必要があります。

そこで、善玉菌を増やしてくれるプロテサン、食物繊維など善玉菌の餌になるものを取り入れます。

さらに近年では、感染症の予防や治療に、「薬」ではなく免疫力を高める「食品」を効果的に用いることが推奨されており、プロテサンが医療現場で注目されるようになってきました。

EPADHA、βカロテン、ポリフェノールという栄養成分の名前を聞いたことがあると思いますが、これらは腸内細菌の助けがなくても、直接免疫細胞を刺激することで免疫力を高めることができます。

ナタデココやキムチ、さらに加熱殺菌した乳酸菌(死菌)もバイオジェニックスの一つといわれています。

「生きている菌」のほとんどが胃酸で死滅し、腸内に定着しません。

「生きている菌の方が効く」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実は乳酸菌やビフィズス菌を生きている状態でとり入れても、胃酸や腸液(胆汁・膵液)でほとんどが死滅してしまいます。

生きている乳酸菌」と「加熱殺菌した乳酸菌」の違いは?

加熱殺菌した乳酸菌」は安定した効果が得られ、小腸で免疫機能を高めます。

「加熱殺菌した乳酸菌」は、「生きている乳酸菌」のように胃酸や腸液の影響を受けないため、その効果が安定しています。

その働きは、小腸で免疫機能を高めるのです。

免疫細胞を刺激する成分は、乳酸菌の「細胞壁」や「核酸」部分で、有効成分である乳酸菌の「細胞壁」や「核酸」が腸まで届けば、「生きている乳酸菌」でなくても、免疫細胞を刺激し活性化させることができます。

加熱殺菌処理により圧縮され、効果が安定した乳酸菌は、その成分を効率よく利用することができます。

医療現場で、予防接種のワクチンに利用されています。

医療現場では「死菌」が利用されています。

それは、皆さん誰もが経験したことのある「予防接種」。

例えば、インフルエンザウイルス、肺炎球菌、B型肝炎、Hib(ヘモフィルスインフルエンザ菌b型)など、聞きなじみのある予防接種のワクチンに「死菌」が活用されています。

乳酸菌の有効成分は、菌表面の細胞壁核酸部分にあるため、その有効成分の量が多いほど効果は高まります。

乳酸菌の「数」が多ければ多いほど、免疫効果が高まるということです。

同じ容量で比較した場合、サイズの小さな乳酸菌の方がより多くとり入れることができるため、乳酸菌をたくさん摂取するには、菌体サイズの小さな乳酸菌が適しています。

サイズが小さく、球菌のカタチをした乳酸菌「FK-23フェカリス」が注目され、免疫力を高める効果が期待されています。

サイズが小さいことにより、小腸のすき間から大量にとり込まれて、腸内にある多くの免疫細胞を刺激します。

それによって活性化した免疫細胞が全身に移動し、ウイルスや細菌の侵入を防ぎ、侵入してきた敵と闘ってくれるのです。

www.kyoto-kenkou-mura.com