100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

疲れが残るのは、脳の栄養不足から

なんとなくボーッとしたり、ダルくなったりすることが多くなっていませんか?

 

もしかしたら、脳が糖質過多な状態に陥っているかもしれません。

 

脳にはエネルギー源となるブドウ糖だけではなく、タンパク質やミネラルなどの栄養素も欠かせません。

 

脳が「ブドウ糖」をエネルギー源としていることは有名ですが、他にもタンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素は欠かせません。

 

これらの栄養素が不足すると、脳内の神経伝達物質をうまく作り出すことができなくなり、疲れや集中力の低下などが起きてしまうのです。

 

脳内の神経伝達物質は、脳内に入ってくる様々な情報の伝達役を担っています。

 

意欲や記憶、学習能力をつかさどっている「ドーパミン」「ノルアドレナリン」、興奮を鎮めてくれる「ギャバ」、精神を安定させる「セロトニン」などが代表的な脳内神経伝達物質で、これらのバランスが崩れるとイライラや落ち込み、意欲の低下など、心の状態が不安定になります。

 

タンパク質が不足すると集中力ややる気の低下に!

 

ビタミンB群が不足すると不眠や集中力低下の原因に!

 

脂質(コレステロール)が不足するとストレスを感じやすくなる!

 

ミネラル(鉄)が不足すると疲労感や立ちくらみの原因に!

 

ミネラルはビタミン同様に細胞の機能や酵素の働きを助ける微量栄養素。

 

必要量は微量ながら、不足は欠乏症を、多過ぎれば過剰症を招きます。

 

ミネラルはビタミンよりも摂取範囲が狭いという特徴があり、たとえば抗酸化作用があるとされるセレンは日本人は約90~150μg/1日摂っていますが、280μgを摂ると有害な領域に入ってしまいます。

 

セレンは最初は毒物として注目されましたが、不足は成長の遅れを招くと報告されています。

ここで鉄、亜鉛、銅の欠乏症を見ましょう。

 

鉄の不足は鉄欠乏性貧血を起こします。

 

近頃は女子大生の4人に1人が献血不適格者といわれ、潜在的な鉄欠乏性貧血が心配されています。

 

亜鉛は細胞の生成や成長に不可欠で、代表的な欠乏症には性機能の発育不全、味覚障害があります。

 

銅は鉄と関係が深く、不足は鉄欠乏性貧血を招きます。新生児はとくに銅の必要性が高く、銅の欠乏症は成人より乳児に多いとされます。

 

銅は骨の基質となるコラーゲンの生成にも重要で、不足は骨の変形につながります。

www.kyoto-kenkou-mura.com