100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

コロナワクチン接種の効果を出すためには

ワクチン接種にあたり大事なことは、効果をしっかり出すために普段から免疫を整え、高めておくことです。

高齢者はインフルエンザに罹ると重症化しやすいため毎年ワクチンの接種を勧められているが、それでもワクチンによる予防効果は一般成人と比較して低いといわれている。

 

これは免疫反応が減弱しているため、ワクチンを接種しても十分な免疫が得られないことが原因と考えられています。

 

体力、視力、聴力が年齢とともに衰えるように、免疫も老化します。

 

免疫力の低下は、ストレス、睡眠不足、肥満などさまざまな要因によって起こるが、大きな原因は加齢です。

 

年齢が高くなるにつれて、免疫機能の働きが弱まり、ウイルスや細菌などの感染に対応しにくくなっていきます。

 

新型コロナウイルス感染症の死亡率からもわかるように、60代から急激に免疫力は低下していきます。

 

免疫のピークは20歳で、40歳になればその半分になるというデータもあるため、免疫老化の予防は早めに取り組むことが大切です。

運動不足、ストレス、バランスの悪い食事は免疫の大敵!

 

偏った食生活はもちろん、運動不足や気付かぬうちに溜まるストレスや疲労も免疫を低下させる要因となります。

 

今はリモートワークを取り入れている人も多く、つい運動不足になってしまいがちだが、適度な運動を習慣づけることは免疫力アップを目指すうえで大切です。

 

適度な運動をすると血流が良くなり、免疫細胞が作られる骨髄への血液量が増えて免疫細胞の生成能力がアップします。

 

さらに筋肉をつけることで、運動をしていない状態でも、常にエネルギーを代謝して熱を作ってくれます。

 

筋肉の減少を防ぐためには、ウォーキングより少し負荷のかかる運動を週2~3回続けることがポイントです。

 

ストレスは睡眠不足になり、生活していくうえで切っても切り離せないストレスも免疫力を低下させます。

 

「ストレスが過剰になったり慢性的になると、心身に悪影響を与え、不安やイライラ、うつ症状、意欲の低下、さらには頭痛や動機、息切れなどの症状が現れてきます。

 

ストレスがたまると睡眠不足や不眠にもつながります。

 

免疫システムを担っているのは様々な免疫細胞ですが、腸は全身の免疫細胞の約7割が集まる、免疫のカギとなる臓器です。

 

そのため腸内環境がよい状態に保たれていないと腸の免疫機能が低下し、感染症などの病気にかかりやすくなります。

 

また、腸内環境の乱れによって免疫機能に異常をきたすと、花粉症やアトピーなどのアレルギー性疾患や、リウマチなどの自己免疫疾患を引き起こしてしまうこともあります。

〝腸内環境がよい〞状態というのは、腸にすむ腸内細菌のバランスがよいことです。

腸内細菌はおよそ100兆個、1000種類以上も存在し、腸壁の粘膜に生息していてお花畑(フローラ)のように見えることから、「腸内フローラ」とも呼ばれています。

 

腸内細菌は大きく「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3種類に分けられ、その理想的なバランスは、善玉菌2、日和見菌7、悪玉菌1です。

 

このバランスが崩れて悪玉菌が優勢になってしまうと、免疫機能の低下を招くことになります。

ワクチンを接種しても感染しないと言うことはなく、免疫を高めておけば重症化をさけたり、後遺症を減らしたり、治りを早くしてくれます。