100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

異変種コロナウイルスに感染しない為にすべきこと

異変種コロナウィルス感染症などに自身が感染しないためには 口や鼻、目にウィルスを付けないことが最も重要です。

口や鼻、目に触れる前には必ず手洗いをする、手洗いができ ない場合はアルコール消毒をすることを心掛けましょう。

 

新型コロナウイルス接触感染と飛沫感染の二つの方法で感染が広がっていると報告されています。

 

感染を防ぐためには日頃からできる対 策をしっかり心掛ける事が大切です。

 

ウイルスが増える期間の事を潜伏期間 といい、新型コロナウイルスの場合は 1~12.5日とされています。

ウイルスが増えても負けないように 体の健康状態を保つ事が重要です。

ウイルスに負けないために 抵抗力を身に付けるためにバランスの良い食事を取り、適度な運 動、質のよい睡眠をとり、免疫力を保つように心がけましょう。

 

最近は腸内細菌のバランスを整える事でウイルスに対する免疫の 機能が強くなるとの研究結果も出ています。

 

食物繊維や発酵食品 などを取り、腸内細菌のバランスを整えるように気をつけましょう。 体を温める事や、禁煙なども免疫を高めることにつながります。

ウイルスとの接触を避けましょう。

感染症はウイルスに触れる事により生じる病気で、人ごみや繁華街など様々な人がいる場所ではウイルスに触れる機 会が増えます。

 

不要な外出を避け、やむをえない場合は感染対策を心がけましょう。

接触感染を予防しましょう。

接触感染はウイルスが手についたまま食事をしたり、眼や鼻をこ すった際に手からウイルスが粘膜へ付着する事で生じます。

 

接触感染予防には手洗いうがいが大切になります。

 

帰宅した際や食事の前などしっかり行うようにしましょう。

 

しっかり手洗いを行いましょう。

 

電車の中で、手で口をおさえて 咳をすると・・・ 手にウイルスが付きます。

 

ウイルスがついた手で 手すりをもつと・・・ 手すりにウイルスが付 きます ウイルスが付いた手す りを持つと・・・ ウイルスが元気な人の手に付きます。

 

このようにしてウイルスが様々な人の手にうつっていきます 手洗いをせずにご飯を食べると・・・ コロナウイルスを発症してしまいます。

 

手洗いをせずにエレベーターのボタ ンを触ると・・・ エレベーターのボタンにウイルスが付 きます。

 

別の人がエレベーター のボタンに触ると・・・ 更に別の人の手にも ウイルスが付きます。

 

手洗いはご自身の感染を予防するだけではなく、周りの人に感染を 広げない為にも重要になります。

 

正しい手洗いを行い、感染を防ぎ ましょう。

しっかりうがいを行いましょう。

うがいはウイルスを洗い流し、口腔内を清潔に保つために有効です。

 

うがいの方法としては1日数回程度水道水をもちいてガラガラうがい を15秒3回ほど繰り返すと効果的です。

部屋の加湿や換気を行いましょう。

ウイルスの多くは湿度に弱く、乾燥している冬の室内などで元気に なります。

 

室内では出来るだけ、加湿器などを使用し湿度を50~ 60%に保ちましょう。

 

また、ウイルスは乾燥等により、霧状に浮遊し感染を起こす事があ ります。

 

汚い空気を吸わない為に、換気を1~2時間ごとに行いま しょう

沫感染を予防しましょう。

飛沫感染は感染者の咳等で飛散したウイルスが直接粘膜に触れ たり、飛び散ったウイルス等が乾燥等で舞いあがり、粘膜に付着す る事で生じます。

 

接触感染予防にはマスクの着用や部屋の加湿や換気が大切です。

普通のかぜとインフルエンザの症状は

普通のかぜは1年を通してみられますが、インフルエンザは季 節性を示し、日本では例年11~12月頃に流行が始まり、 1~3 月にピークを迎えます。

 

かぜの多くは、発症後の経過がゆるや かで、発熱も軽度であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づま りなどの症状が主にみられます。

 

これに対し、インフルエンザは高熱を伴って急激に発症し、全 身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。

 

関節 痛、筋肉痛、頭痛も現れます。 共に症状のピークは長くても3~4日とされています。

新型コロナウイルス感染症の症状は

新型コロナウイルス感染症も、ウイルス性の風邪に分類されま す。

 

発熱やのどの痛み、咳、強いだるさ(倦怠感)が見られ、症 状は1週間程度持続することが多いとされています。

 

感染か ら発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)と いわれています。

自分が感染していると思ったら

新型コロナウイルスは、特殊な検査を行い診察されます。

 

下記の症状が続くようであれば感染を広げないように対策し、 帰国者・接触者相談センターへご自身で連絡しましょう。

 

風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方 (解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)

 

強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方 ※高齢者や基礎疾患を有している方、透析を受けている方や免疫抑制剤や抗がん 剤等を用いている方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国 者・接触者相談センターに御相談ください。

他の人にうつさない為にマスクをしましょう。

マスクを付けることは咳等で飛散するウイルスを減らすことが出来 き、他人にうつさないために重要です。

 

咳等の症状がある場合には、ご自宅等でもマスクの着用を心掛け ましょう。

 

マスクがない時にも咳エチケットをしましょう。

 

マスクが無い場合でもいくつかの事に気を付ける事で、ウイルスの 拡散を抑える事ができます。

 

咳をする場合には人がいない方を向 き、状況に合わせて対応しましょう。

www.kyoto-kenkou-mura.com