100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

整腸作用で末期がんを撃退

抗腫瘍剤の特許を取得した濃縮乳酸菌で、膵臓がんや末期がんを撃退

 

癌や抗がん剤治療の副作用にに負けない体を作るには、私たちの体に備わって「免疫力」を高める必要があります。

 

免疫力のカギをにぎるのは、体の最大の免疫器官と言われるのが腸です。

 

腸に生息する腸内細菌は、乳酸菌やビフィズス菌などの「善玉菌」、大腸菌ウェルシュなどの「悪玉菌どちらにも属しない「日和見菌」の3つに分けられます。

 

腸内菌の割合は通常、善玉菌と悪玉菌が約15%ずつ、日和見菌70%です。

 

善玉菌にはビタミンやたんぱく質を合成したり、消化、吸収、を助けるなど、健康維持・増進に役立つ働きがあります。

 

一方、悪玉菌は腸の内容物を腐敗させ、アンモンニャやインドールなど、体に有害な物質を作ります。

 

日和見菌は、悪玉菌と善玉菌のの数の多いほうの味方となって加勢します。

 

抗がん剤治療と濃縮乳酸菌と併用して飲用しますと、抗がん剤の副作用の吐き気や食欲不振症状が改善,根気強く濃縮乳酸菌を飲み続けますと、癌の悪化や転移が抑えられます。

濃縮乳酸菌は、国立大学や医学部でもがんの縮小・副作用の軽減作用確認され、感染症対策にも有効です。

 

濃縮乳酸菌の摂取が健康維持・増進に役立ちます。

 

FK-23菌は、免疫力増強のみならず、抗がんパワーの指標とされる白血球の数を増やしたり、病原菌の感染を増やしたりすることも実証されています。

濃縮乳酸菌の抗がん作用は大学の研究でも実証