100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

コロナに負けない体力づくり

収束のめどが立たない新型コロナウイルス、コロナに負けないために、自身の免疫力を高めることを目指しましょう

免疫力を高めるとは、さまざまな病気や不調になる元(細菌・ウイルスなど)と戦う力を高めることです。

 

免疫力が高いと戦う兵隊が多いので、敵であるウイルスや細菌に勝つことができるということです。

 

人間には、ウイルスや細菌(敵)を侵入させない“防御する免疫”と、侵入した敵と戦う“戦う免疫”という2段階の免疫が生まれつき、備わっています。

免疫力を下げないようにすることも大切です。

免疫は腸内環境の影響を大きく受けます。

 

腸内環境を整えることも、体調を整え、免疫力を高めたり、下げないようにしたりするためにはとても大切です。

 

腸内環境を整えるというと、一般的にはヨーグルトや乳酸菌、発酵食品を取れば大丈夫だと言われていますが、それだけでは不十分です。

 

大人の場合は、これらを継続して取り続けることや菌の種類を選ぶことも必要です。

 

取った菌は、そのまま外に出ていってしまいます。

 

人の腸内細菌の種類や割合は、生まれてから1000日くらいまでに決まってしまうと言われています。

 

腸内細菌の種類は善玉菌(よい菌)と悪玉菌(悪さをする菌)、そして、どちらか強い方についてしまうといわれる日和見(ひよりみ)菌の3種類がいます。

 

善玉菌が多く働いているときは体調もよく、免疫力も上がっていると言えるでしょう。

 

それは自分に合った菌と共に『食物繊維』を取ることです。

 

食物繊維には、水に溶ける水溶性食物繊維と、いわゆる、糸状の繊維質である不溶性食物繊維の2種類があります。

 

不溶性食物繊維は腸の中で水分を含んで、便通をよくします。

 

一方、水溶性食物繊維は不溶性食物繊維よりも腸内で発酵しやすく、腸内細菌の餌になりやすいのです。

 

つまり、腸によい菌と食物繊維を一緒に取ることで、よい菌とその餌が同時に腸に入るため、よい菌を増やすことができるのです。

 

この食事法は善玉菌を増やすのに非常に効率がよい方法です。

コロナに負けないために、適度な運動は血流を増やし、免疫力アップに繋がります。

逆に、過度な運動はNGです。

あくまで、自分のの状態、コンディションに合わせ、に負担をかけず、少なくしましょう>

長く継続し、毎日行うことも大切です。

私たちの体には、外から侵入する細菌やウイルスなどの病原菌を撃退し、体を守る防御システムが備わっています。これが「免疫」です。

免疫システムを担っているのは様々な免疫細胞ですが、腸は全身の免疫細胞の約7割が集まる、免疫のカギとなる臓器です。

 

そのため腸内環境がよい状態に保たれていないと腸の免疫機能が低下し、感染症などの病気にかかりやすくなります。

 

また、腸内環境の乱れによって免疫機能に異常をきたすと、花粉症やアトピーなどのアレルギー性疾患や、リウマチなどの自己免疫疾患を引き起こしてしまうこともあります。

〝腸内環境がよい〞状態というのは、腸にすむ腸内細菌のバランスがよいことです。

腸内細菌はおよそ100兆個、1000種類以上も存在し、腸壁の粘膜に生息していてお花畑(フローラ)のように見えることから、「腸内フローラ」とも呼ばれています。

 

腸内細菌は大きく「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3種類に分けられ、その理想的なバランスは、善玉菌2、日和見菌7、悪玉菌1です。

このバランスが崩れて悪玉菌が優勢になってしまうと、免疫機能の低下を招くことになります。

免疫を高めておけば感染した場合に、重症化をさけたり、後遺症を減らしたり、治りを早くしてくれます。