100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

早期発見が難しいすい臓がん

膵臓は胃や大腸の背中側に位置するため、膵臓のがんは、内視鏡では直接診ることが難しく、確認されたときには病期が進行していることが多く苦あります。

膵臓は、がんが発生しても症状が出にくく、早期の発見は簡単ではありません。

進行してくると、腹痛、食欲不振、腹部膨満感(おなかが張る感じ)、黄疸おうだん、腰や背中の痛みなどが起こります。

その他、急な糖尿病の発症や悪化がみられることがあり、膵臓がんを見つけるきっかけになることもあります。

ただし、これらの症状は膵臓がん以外の理由でも起こることがあり、膵臓がんであっても起こらないことがあります。

膵臓癌がんが見つかった時には末期に近い状態で、担当医から「余命は長くても1年」と告げられたAさん。

抗がん剤の治療を受けると副作用の吐き気や食欲不振に悩まされ、抗がん剤と併用して濃縮乳酸菌を飲むことにされました。


濃縮乳酸菌を飲むようになって二週間後、吐き気がかいぜんし、食事もとれるようになられたそうです。

その後も体調が順調に回復、5年経ってもすい臓がんの悪化や転移がありません。

根気強く濃縮乳酸菌を飲み続けることが大切です。


濃縮乳酸菌に含まれているFK-23菌は、北海道大学岡山大学帝京大学医学部などが行った研究で、優れた働きが確認されています。

がん縮小作用


女性のがん患者数の第1位である乳がんは、早期の段階では自覚症状に乏しく、病期の進た行とともに乳房にしこりや湿疹ができやすくなります。

乳がんは脳や肺などに転移しやすく、40~50代の比較的若い世代に発症しやすいのが特徴です。

乳がんは治療が遅れて症状が進むと、手術によつて女性の象徴ともいえる乳房を切際する場合もあり、精神面にも大きな影響を及ぼします。

濃縮#L酸菌は、乳がんに対しても治療効果の向上が期待できます。

マウスに乳がん細胞を植付けて行った動物実験では、普通のエサのみを与えたマウスに比べて、FK=23菌を投与し
たマウスの?Lがんは顕著に縮小したことが確認されています。

動物実験の結果を証明するように、濃縮乳酸菌を飲むことで乳がん乳がん以外のがんも改善それます。


抗がん剤の副作用軽減作用

多くのがんに対する有効性が確認されているシスプラチンは、抗がん剤治療の中心的な役割を果たしています。

抗がん剤はがんを縮小させる働きがある一万で、食欲不振や倦怠感、吐き気、脱毛などの副作用を招きます。

特にシスプラチンは、腎機能障害の原因になりやすいことが確認されています。

抗がん剤治療は一定のがん縮小作用が期待できる一方、副作用を招いて生活の質を著しく低下させてしまうおそれもあるのです。

濃縮乳酸菌には抗がん剤の副作用を軽減させる働きが期待でます。

例えば、マウスにシスプラチンを投与してから濃縮乳酸菌FK=23菌を与えた実験では、重篤な制作用である腎機能障害を抑えることができました。

さらに、さまざまな抗がん刑を投与にマウスにドFK=23菌に観察したところ、腎臓や肝臓のの機能低下を防ぐことが確認されています。

乳酸菌の摂取が健康維持に役立つことは、常識になりつつあります。

さまざまな乳酸菌があるなかで、濃縮乳酸菌に含まれるFK=23菌は、免疫力の増強のみならず、抗がん剤の指標とされる白血球の数を増やしたり、病原菌の感染を防いだりすることも研究によって実証されています。

いま受けているがん治療に悩んでいる人はもちろん、免疫力が低下して感染症が心配ながん患者さんや高齢者にとって、濃縮乳酸菌は欠かせない存在といえるでしょう。