100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

免疫力&抗酸化力を高めてがんを予防する食べ物

がん細胞の増殖を抑えるためには免疫力と抗酸化力が大切です。

 

がん細胞は、私たちの体の中で日々できては消えてを繰り返しています。

 

その増殖を食い止めているのが免疫力や抗酸化力。

 

そして、これらの力を高めてくれるのが、植物性食品に含まれる多種多様なファイトケミカルです。

 

がんと戦ってくれる食べ物

にんにく ・キャベツ・ 甘草 大豆・しょうが ・[セリ科植物]にんじん・セロリ等 玉ねぎ・茶・ターメリック ・玄米・亜麻・全粒小麦 [柑橘類]オレンジ・レモン・グレープフルーツ [ナス科植物]トマト、なす・ピーマン [アブラナ科植物]ブロッコリー・カリフラワー・芽キャベツマスクメロン・バジル・タラゴン・からす麦 ・あさつき・ハッカ・オレガノ・きゅうり・ タイム・ベリー・ローズマリー・セージ じゃがいも・大葉など、がんと戦ってくれる食べ物には、フィトケミカル(植物栄養素とも呼ばれる)を豊富に含む植物性食品が多いです。

 

フィトケミカルとは植物に含まれる化合物で、がんをはじめとする慢性病の予防に役立ちます。

 

化学肥料や農薬をたっぷり使ったものは、逆にがんを誘発することがあり、できるだけ化学肥料や農薬に頼らずに栽培されたものを選んでください。

 

にんにくの匂いのもとであるアリシンには、強力な殺菌効果があるほか、さまざまな生活習慣病の予防にも有効です。

 

また、にんにくを食べる量が多いほど、胃がんおよび結腸・直腸がんのリスクが低下することがわかっています。

 

キャベツを生食したときに感じるピリッとした辛味が、抗酸化成分のイソチオシアネート。

 

大根やクレソンの辛さの正体もこれで、発がん物質の生成を抑制する効果が認められています。

 

長時間加熱すると減ってしまうので、できるだけ生食で。加熱調理するなら、蒸し物や炒め物がおすすめです。

 

ブロッコリーの辛味成分ヌルファラファンは、近年注目のファイトケミカル。発がん物質から体を守る酵素を活性化するとともに、がんに変化しかけた細胞を修復します。

 

若芽ブロッコリースブラウトは、ブロッコリーの数10倍のスルフォラファンが含まれています。

 

がんのリスクを高める食べ物

がんのリスクを下げてくれる食べ物があるように、リスクを上げてしまう食べ物もあります。

 

加工肉は避けましょう。ホットドッグ、ベーコンなど、デリカウンターにあるような加工肉にはがんを引き起こす合成物が含まれています。

 

亜硝酸無添加」「塩漬けされていない」と書いてある加工肉も避けるべきです。

赤身肉は控えめにしましょう。

 

調理済み赤身肉の摂取量は1週間あたり18オンス(約500グラム)以下を目指しましょう。

 

その代わり、脂肪分の少ない鶏肉、魚や植物性タンパク質を選びましょう。

 

アルコールは避けましょう。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com