100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

大腸がんの約4割が健康診断で指摘

国立がん研究センターの情報によりますと、年間で37万人の方が亡くなり、新たに87万にの方ががんと診察されています。

 

大腸がんと診断された患者さんの約4割は、健康診断(人間ドック含む)で指摘されるなど診断時に自覚症状がなかったという調査
があり、早期の大腸がんは、自覚症状がほとんどありません。

排便の変化

血便(血液が混じった便)が出る
下血(げけつ:肛門からの出血)が起きる
便が細くなる
下痢と便秘を繰り返す
便が残っている感じがする

お腹の変化

お腹が張っていると感じる
腹痛が起きる
お腹にしこりがある

その他の変化

貧血が起きる
嘔吐(おうと)する
急に体重が落ちている

大腸がんは、見つけるのが早ければ早いほど、完全に治る(治癒する)確率が高くなります。特に早期のがんでは、90%以上の確率で治癒するとされています。

自覚症状がない早期の大腸がんの発見には大腸がん検診が有効です。

大腸がんになる人が増え始める40歳を過ぎたら、大腸がん検診を年に1度受けることを厚生労働省は勧めています。

また、大腸がんに限らず、重大な病気のサインを見逃さないためにも、自分の便の状態や排便回数を日ごろから把握しておきましょう。

前述した症状が繰り返し起きたり、ずっと続いたりするなど、お腹の調子に違和感を覚えたら、自己判断せず、消化器科や胃腸科、肛門科などで、できるだけ早く診てもらうことが大切です。

KYOTO健康村TOP