100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

新型コロナでうつ病者が2倍増加

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本国内でうつ病うつ状態の人の割合が2倍以上に増加したことが、経済協力開発機構の調査で明らかとなりました。

調査によると、日本では、うつ病うつ状態の人の割合は、新型コロナが流行する前は7・9%(2013年調査)だったが、20年には17・3%と2・2倍になっていた。

 

他国の状況を見ると、米国は6・6%(19年)から23・5%となり、3・6倍に急増。英国も9・7%(同)から19・2%と倍増しているそうです。

 

特に、若い世代や失業者、経済的に不安定な人の間で深刻化しているという。

 

「コロナうつ」の状態とは

 

感染が収まらない中で生じる不安やいらだちなど、さまざまな精神的不調を象徴的に表しています。

 

・感染するのではないかと不安で消毒ばかりしている

・感染予防を常に意識した生活が続き気疲れする

・今後のことを考えて不安になり眠れなくなった

・家族がいつも家にいるようになりイライラする

・夫婦間のけんかやDV、子どもへの虐待行為が増えた

・食べてばかりで体重が増え、自己嫌悪に陥った

・在宅勤務で家にこもり、飲酒で憂さ晴らしをしている

・新型コロナ関連のニュースばかりで心が晴れない

 

このような状態は、誰にも多かれ少なかれあるものです。

 

不安から逃れるため、長時間手洗いや消毒を繰り返すようになる強迫性障害につながることもあります。

 

飲酒でストレスを紛らわせるうちに、アルコール依存症になる人も出てくるでしょう。

 

そして、不安や緊張が続き、さまざまな対処に疲れ果てた結果、本当にうつ病になってしまう人が出てくると考えられます。

 

最近の自殺者の急増は、うつ病の増加を示唆しています。女性の自殺者が特に増えているといわれるのは、高ストレスの影響をより強く受けた結果と思われます。

コロナうつの対策

規則正しい生活をする
自粛生活や在宅勤務などにより、これまでの生活リズムが崩れがちになっているかもしれません。生活リズムが不規則になると、体内時計が乱れ、心身の不調につながる可能性があります。起床時間や就寝時間を決め、できるだけ一定のリズムで生活することを心がけましょう。

 

適度な運動をする
コロナうつの予防に限らず、適度な運動は心身の健康にも良い影響があると考えられています。掃除をする、室内でストレッチを行う、散歩をするなど、できる範囲で体を動かしてみましょう。

また普段から運動を習慣にしていた場合は体を動かす機会を失い、ストレス強くなっているかもしれません。無料の動画をはじめ、フィットネスジムなどのオンラインレッスンも公開されているため、活用してみるのもいいでしょう。

 

新型コロナウイルスの情報と距離を置く
新型コロナウイルスの情報は、テレビやインターネット、SNSやラジオなどさまざまな媒体から流れてきます。その中には正確な情報も含まれますが、誤った情報もあり、不安を招きやすいといえます。

新型コロナウイルスの情報に触れる時間を決め、テレビや携帯を見ない時間を作るなど、意識的に情報と距離を置くようにしましょう。

 

興味のあることを始める
自分の趣味や興味のあることを調べる、またはチャレンジしてみると新型コロナウイルスへの不安軽減だけでなく、気分転換につながります。好きな音楽を聴く、好きなアロマを焚く、読みたかった本を読むなど、取り組みやすいものから始めてみるといいでしょう。

www.kyoto-kenkou-mura.com