100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

新型コロナ2段構えの感染対策

しっかりとコロナ感染対策をしていても、予防には限界がありますから、体の中に入ってきてしまったウイルスに抵抗するために、免疫力を高めておくことが大切です。

ウイルスが私たちの体に侵入したとき、最初に働くのが自然免疫です。

 

自然免疫は2層構造で、第1層では皮膚や粘膜が病原体の侵入を物理的なバリアーとして防ぐとともに、そこに存在する殺菌物質が化学的バリアーとして働き、ウイルスを殺してくれます。

 

自然免疫の第1層の物理的・化学的バリアーを突破して体内に侵入したウイルスに対処するのが、大食らいの食細胞です。

 

彼らがウイルスの侵入場所に駆けつけ、食べたり、その増殖を抑えこむような警報物質を出したりして、病原体の増殖を防いでくれます。

 

これが自然免疫の第2層、細胞性バリアーであります。

 

病原体が体に侵入するやいなや反応するのが自然免疫の特徴で、私たちが生まれたときから持っている仕組みです。

 

自然免疫がしっかりしていれば、第2層までのバリアーで病原体を撃退することも可能です。

 

しかし、第2層を突破されることもあります。

 

このとき働いてくれるのが、二段目の細胞性バリアーである獲得免疫の細胞たちです。

 

伝令役を担う食細胞から病原体の情報を受けとった司令官ヘルパーT細胞がB細胞に指令を出して、抗体を作らせる一方、キラーT細胞に対しては感染細胞への攻撃指令を下します。

 

抗体がウイルスそのものを狙い撃ちする飛び道具であるのに対して、キラーT細胞はすでに感染してしまった細胞に毒物質を注入して排除してくれます。

 

獲得免疫は細胞の外にいるウイルスにも、細胞の中に侵入ずみのウイルスにも対応してくれます。

新型コロナウイルス感染対策に、免疫力と治癒力を高めましょう。

私たちの体には、外から侵入する細菌やウイルスなどの病原菌を撃退し、体を守る防御システムが備わっています。これが「免疫」です。

免疫システムを担っているのは様々な免疫細胞ですが、腸は全身の免疫細胞の約7割が集まる、免疫のカギとなる臓器です。

 

そのため腸内環境がよい状態に保たれていないと腸の免疫機能が低下し、感染症などの病気にかかりやすくなります。

 

また、腸内環境の乱れによって免疫機能に異常をきたすと、花粉症やアトピーなどのアレルギー性疾患や、リウマチなどの自己免疫疾患を引き起こしてしまうこともあります。

〝腸内環境がよい〞状態というのは、腸にすむ腸内細菌のバランスがよいことです。

腸内細菌はおよそ100兆個、1000種類以上も存在し、腸壁の粘膜に生息していてお花畑(フローラ)のように見えることから、「腸内フローラ」とも呼ばれています。

 

腸内細菌は大きく「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3種類に分けられ、その理想的なバランスは、善玉菌2、日和見菌7、悪玉菌1です。

 

このバランスが崩れて悪玉菌が優勢になってしまうと、免疫機能の低下を招くことになります。

 

免疫を高めておけば感染した場合に、重症化をさけたり、後遺症を減らしたり、治りを早くしてくれます。