100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

カルシュウム剤と水溶性カルシュウムの違い

カルシュウムは、どんなに砕粉化しても、水には溶けず沈殿してしまいますが、水溶性イオン化カルシュウムは、水に溶けるカルシュウムで、イオン化しているということは、この世でいちばん小さいところまで細分化されて、水分子と結びついています。

この形になったカルシウムを含むミネラルは、細胞内部にまで瞬時に吸収されます。

逆にいえば、イオン化されてなければ、細胞に吸収されることは不可能なのです。

水溶性イオン化カルシウムは、口からとるだけでなく、皮膚、髪、爪など体のいたるところに恩恵を与えてくれます。

カルシュウム不足は、記憶力低下、免疫力低下、筋力低下、精力低下を招き、現代病と言われる高血圧、アトピー骨粗しょう症などの原因になります。

病気になる原因は、腸内環境の乱れと、細胞のミネラル不足によるものです。

カルマックスの主成分の水溶性イオン化カルシウムの原材料は、天然の種子で、その種子には、カルシウムだけではなく、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、鉄などが総合的に配合された理想的なミネラルバランスであることも判明したのです。

その原材料をイオン化して、細胞吸収できるようにしたので、カルマックスは、カルシウムとマグネシウムの同局した理想的なミネラルバランスの整った水溶性イオン化カルシウムです。

毎日、必要なミネラルが摂れやすく、水溶性で使いやすく、イオン化しているので消化吸収率が非常に

優れています。

リンゲル液

毎日の料理にカルマックスを使用しますと、カルシュウムやミネラルが簡単に補え、家族中の皆さんが、健康に暮らすことが出来るようになります。

www.kyoto-kenkou-mura.com