100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

抗がん剤を止めるタイミング

タイミング抗がん剤は、さまざまな新薬が開発され、がんに対する薬物治療成績は向上していますが、実際のところ、使ってみなければ効果があるかどうかはわかりません。

抗がん剤は、単独で使った場合、効果があるのはせいぜい30-40%で、効かない可能性のほうが大きいという特殊な薬です。

抗がん剤が効かない患者さんにとって、抗がん剤はがんを治す役目をもたず、むしろ「毒」として患者さんを苦しめます。

たとえ奏効率が10%、20%の薬でも、それが効いた患者さんにとっては奏効率100%です。

抗がん剤が有効な場合には、がん細胞の増殖を防ぎ、患者さんの生命維持においても改善につながることが証明されています。

抗がん剤を中止するとき

がん大国のアメリカや欧米諸国では、「抗がん剤は増がん剤である」と見限られつつあります。

がんの死亡者数が年々減少している米国では、抗がん剤はがんを治す上で無意味であることが早くから公表されています。

アメリカ国立がん研究所のNCIでは、88年に数千ページにも及ぶ「がんの病因学」という報告書で「抗がん剤は増がん剤である」と言って世界を驚かせています。

また、違う実験では抗がん剤を3種類使うとがんは小さくなるが、寿命は7~10倍短くなるという報告もあります。

抗がん剤は、その人に発生したがん細胞により効く時は劇的に効くことが多いです。

しかし、抗がん剤はそのほとんどが「劇薬」や「毒薬」のカテゴリーに属す薬であり、その副作用は、正確には毒性と呼びます。

なので効かなかった場合は、すぐに抗がん剤の使用を止めて、違う治療を模索することが結果的に延命効果がある場合が多いです。

完治に向けた抗がん剤の使用は否定しませんが、延命に向けた抗がん剤の治療は返って寿命が縮まることが多いということは覚えておいた方がよいと思います

がんはやっかいな病気です。

日本の手術の技術は世界一なので、手術を行うこと自体は問題はありませんが、遠隔転移があって治る見込みがない状態での手術は、返って寿命を縮める結果になることが少なくありません。

抗がん剤も、完治の見込みがない場合においては、とてもお勧め出来る治療方法とは呼べません。

保険診療を行っている大病院の医師に「最後まで諦めないでなんとかお願いします」と頼むことは、寿命を縮める結果になってしまっているかも知れません。

がんの芽を摘むステビアエキス

ステビアエキスは人間の元気の応援団て、どこの臓器だけ悪いなどということわなく、全身が元気になる過程で、臓器がみんな元気になり、最終的に全身が元気になります。

細胞の遺伝子を傷つけられると、遺伝子に狂いが生じるため、異常な細胞分裂か起きたまま、増殖するのが癌て、正常な遺伝子に傷を付けていのが活性酸素です。

ステビアは、細胞を活性酸素の攻撃から守ってくれる働きがあります。

私たちの体は60兆個の細胞でできており、その周りは細胞膜でガードされています。

細胞膜が機能しなくなれば、栄養分を細胞内に取り入れたり老廃物を外に捨てることができなくなります。

細胞膜はタンパク質や脂質でできていますが、重要な働きをしている脂質の一つに不飽和脂肪酸があります。

ウイルスや細菌を見分け、細胞にはいってくるのを防ぎます。

また、細胞にあるミトコンドリアにエネルギーをつくるための栄養分や酸素を取り入れる働きをしてくれます。

ところが、この不飽和脂肪酸にも欠点があります。

それは、とても酸化されやすく、すぐ悪玉の活性酸素におそわれてしまい、有害な過酸化脂質に変えられてしまうのです。

過酸化脂質は簡単に言うなら、脂肪分がカスになると言うことです。

しかもカスになるだけでなく、体のすべての臓器に影響が及び免疫力を弱めてしまいかねないのです。

過酸化指貫はたくさんの悪玉の活性酸素をつくり、いろんな悪いことをし始めます。

ス一パーオキシドから過酸化水素をつくり、指貫ヒドロペルオキシドなどを発生させ、周りの細胞をやっつけてしまうのです。

次に、活性酸素は細胞膜を破り、細胞の核であるDNA (遺伝子)におそいかかってきます。

DNAは別名"生命の設計図"とも言われ、人問や生物はこのDNAなくしては存在しません。

細胞が生きたり死んだりするのも、DNAが深くかかわっています。

このDNAが活性酸素の攻撃を受けると、DNAの塩基配列が狂ってきてしまい、病気の原因を生み出してしまうのです。

つまり、活性酸素がDNAの塩基配列を攻撃し、新しい細胞をつくる部分を破壊してしまうと、細胞が変化して組織全体を壊し始め、ガン細胞となっていってしまうのです。

活性酸素は、ガンを発生させる原因ですが、ガン細胞を殺す力もあります。つまり、抗ガン剤は殺すガの強い活性酸素を体の中に人れることで、ガン細胞を殺しているのです。

アドリアマイン、プレオマイシン、シスウラチシなどの抗ガン剤は活性酸素そのもので、これらが体の中で活性酸素に変わったり,金属などと複合体をつくっで活性酸篆を発生させ、ガン細胞を殺しているのです。

活性酸素はガンを発生させる原因ですが、ガン細胞を殺すガもあします。

これが抗ガン剤の副作用です。

血液の細胞に影響を与えると、貧血を起こしたり、免疫機能を低下させるなど、命にかかわるようになります。

抗ガン剤を使っている場合、ガン治療をしながらステビアヱキスを飲んでいただくことをおすすめします。

ステビアエキスは、多すぎてあまっている活性 酸素を取り除くとともに、副作用を軽くしてくれます。

副作用が軽けれは体力を弱くするこヒはなく、病状の回復が早くなります。

ステビアには、現代人に必要なものが、とてもバランスよく含まれています。

たとえば、欠如しがちなベーター・カロチン、これは呼吸器、消化器の障害を防ぎ、皮膚の角質化を防ぐ作用があります。

ビタミンB1口内炎、皮膚炎、かゆみなどを防ぎ、ビタミン氏は肝機能障害を抑制し、カルシウムは骨や歯を丈夫にします。

カリウムは食事の偏食、野菜嫌いなどからくる筋力の低下や腸閉塞などを防ぎ、ビオチンは皮膚に、鉄分は血液中のへモグロビンの構成に必要です。

また、葉緑素に似た作用があり、病気の原因である物質の中和、強肝作用、皮膚炎の防止、整腸作用など血液の成分には必要な物質ばかりです。

これらの成分を補給することにより、バランスの崩れた血液を正常に戻します。

スバ抜けた抗酸力・・・・高血圧、動脈硬化が原因となって起こる脳卒中心筋梗塞などの血流障害、肝機能障害、糖尿病、アトピー症などから体を守ります。

食物汚染や環境ホルモンに対する解毒力・・・胃かいようや、アレルギー症の元凶であるヒスタミンを分解し解毒します。

抗菌、抗ウイルス作用・・・・ウイルス感染抑制作用や殺菌作用で体を守る働きがあります。

免疫カと抵抗力をアップ・・・・生体の器官や組織細胞を傷つけて、生活習慣病やガンなどの原因となる活性酸素に致命的をダメージを与えます。

しかも、白血球やりンパ球などの免疫細胞が活性酸素から攻撃されるのを守り,体の免疫力を増進させます。

その他に老化を抑えたり、薬の副作用から体を守ってくれます。

ステビアエキスは、人間の細胞一つ一つがブドウ糖を取り込みエネルギーに変えるサイクルを応援しては早めてくれます。

 

 

ステビア体験談

脳腫瘍の進行が止まった

癌細胞の発症を抑制するステビア

大腸がん末期から生還

脳腫瘍の進行が止まった