100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

抗がん剤の副作用を軽くするステビア

活性酸素は、ガンを発生させる原因ですが、ガン細胞を殺す力もあります。つまり、抗ガン剤は殺すガの強い活性酸素を体の中に人れることで、ガン細胞を殺しているのです。

アドリアマイン、プレオマイシン、シスウラチシなどの抗ガン剤は活性酸素そのもので、これらが体の中で活性酸素に変わったり,金属などと複合体をつくっで活性酸篆を発生させ、ガン細胞を殺しているのです。

 

活性酸素はガンを発生させる原因ですが、ガン細胞を殺すガもあします。

 

これが抗ガン剤の副作用です。

 

血液の細胞に影響を与えると、貧血を起こしたり、免疫機能を低下させるなど、命にかかわるようになります。

 

抗ガン剤を使っている場合、ガン治療をしながらステビアヱキスを飲んでいただくことをおすすめします。

 

ステビアエキスは、多すぎてあまっている活性 酸素を取り除くとともに、副作用を軽くしてくれます。

 

副作用が軽けれは体力を弱くするこヒはなく、病状の回復が早くなります。

大腸がん・直腸がんの末期がんから蘇る

働き盛りの50歳と思っていた矢先に、突然平穏だった私たちの家族に悪魔が舞い降りてきました。

会社の定期検診をイヤがっていたのに、そのときに限って受けてみると言うのです。

いつもより元気がない様子で、あきらかに活気がないのです。

精密検査の結果が出る日に、お医者さんから夫婦で来るように言われました。

なんと大腸と直腸にガン細胞があり、肝臓にも転移しつつあるというのです。

しかも、末期ガンと言えるほど危険な状態で、あと3~4力月の寿命と宣苦されてしまったのです。

ある程度の覚悟はしていたものの、ショックは隠せませんでした。

この日から、夫婦のガンとの闘いが始まったのです。

そこで、私たちが託したのが「ガンを抑制する働きがある」というステビア濃縮エキスでした。

年日、朝、昼、晩の食間に30ミリりットルをミネラルウォーターで下すめて飲むことにしました。

最初は甘すぎて飲むのに苦労しましたが、五日もするとコップ一杯のヱキスがなんなく飲めるようになり、それとともに便通が良くなってきたのです。

なんとなく体調も良くなった気分で、夜もよく眠られるようになりました。

3週間もたったころには、食欲が出てきました。

死から生への光明が見えた感じがしました。

そこで、濃縮エキスをうすめずそのまま飲むようにし、量も35ミリリットルにふやしました。

効果は徐々に表われ、1週何もすると点滴を打っているにもかかわらず病院会を三食ともおいしそうにたいらげてしまうほど回復してぎました。

それからの回復は周囲の人たちが驚くほどで、寝たきりだった主人が歩いてトイレに行くようになったのです。

夫婦の生への執念が通じるかのように、夫はみるみる元気を取り戻していきました。

ガン宣告から10力月目、ガン細胞は残っているものの、退院許可がおりたのです。

退院時には、体重が五キロもふえていました。

このままいけば、ガンが消えてなくなるのも時間の問題だと確信しています。

ステビアには、現代人に必要なものが、とてもバランスよく含まれています。

www.kyoto-kenkou-mura.com