100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

末期ガンを改善する人の多い濃縮乳酸菌

濃縮乳酸菌が抗ガン剤治療の副作用を緩和し食欲不振や吐きけが和らいだのとの声か多く聞かれます。

 

現在のガン治療の中心である手術は、体の負担が大きく、放射線治療と抗ガン剤は副作用を伴うで、いずれも完璧な治療ではありません。

 

手術後の体力低下、抗ガン剤治療後の食欲不振・吐きけ・だるさ・下痢、放射線治療後の皮膚症状の悪化な都で苦しむ方が多くあります。

 

FK-23菌は抗がん剤治療の副作用を軽減してくれます。

 

動物実験で、FK-23菌が抗ガン剤で減少した白血球の数を増やすことが確認され、他に肝臓や腎臓の機能低下がないことが明らかにされています。

食欲不振・吐きけ・だるさ・下痢といった副作用に対しては、早い人で数日かから1週間ほどで緩和されます。

 

抗ガンとの併用で単独投与の場合よりも高い治療効果を発揮してくれます。

 

FK-23菌は、腸管免疫を強くする働きがありますから、副作用を緩和できるのです。

 

余命3が月と言われた肺の末期がんが濃縮乳酸菌で縮小

濃縮乳酸菌を利用される場合、抗ガン剤の治療が始まる前から飲むのが効果的です。

 

抗ガン剤の副作用を軽減し、治療効果を高めてくれます。

 

末期がんになっても、濃縮乳酸菌を飲み、治療をあきらめないこととです。

 

ガンは決して克服できない病気ではありません。

 

どんな状況でも、強い心で立ち向かってくださることを願っています。

 

KYOTO健康村TOP