100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

疲れが取れ、元気が蘇るステビア

ステビアには、現代人に必要なものが、とてもバランスよく含まれています。

たとえば、欠如しがちなベーター・カロチン、これは呼吸器、消化器の障害を防ぎ、皮膚の角質化を防ぐ作用があります。

 

ビタミンB1口内炎、皮膚炎、かゆみなどを防ぎ、ビタミン氏は肝機能障害を抑制し、カルシウムは骨や歯を丈夫にします。

 

カリウムは食事の偏食、野菜嫌いなどからくる筋力の低下や腸閉塞などを防ぎ、ビオチンは皮膚に、鉄分は血液中のへモグロビンの構成に必要です。

 

また、葉緑素に似た作用があり、病気の原因である物質の中和、強肝作用、皮膚炎の防止、整腸作用など血液の成分には必要な物質ばかりです。

 

これらの成分を補給することにより、バランスの崩れた血液を正常に戻します。

スバ抜けた抗酸力・・・・高血圧、動脈硬が原因となって起こる脳卒中心筋梗塞などの血流障害、肝機能障害、糖尿病、アトピー症などから体を守ります。

食物汚染や環境ホルモンに対する解毒力・・・胃かいようや、アレルギー症の元凶であるヒスタミンを分解し解毒します。

抗菌、抗ウイルス作用・・・・ウイルス感染抑制作用や殺菌作用で体を守る働きがあります。

免疫カと抵抗力をアップ・・・・生体の器官や組織細胞を傷つけて、生活習慣病やガンなどの原因となる活性酸素に致命的をダメージを与えます。

 

しかも、白血球やりンパ球などの免疫細胞が活性酸素から攻撃されるのを守り,体の免疫力を増進させます。

 

その他に老化を抑えたり、薬の副作用から体を守ってくれます。

 

ステビアエキスは人間の元気の応援団て、どこの臓器だけ悪いなどということわなく、全身が元気になる過程で、臓器がみんな元気になり、最終的に全身が元気になります。

 

肝臓の主な働きは3つあり、1つ目は、私たちの体に必要な蛋白の合成・栄養の貯蔵、2つ目は、有害物質の解毒・分解、排泄、それと3つ目が、食べ物の消化に必要な胆汁の合成・分泌など多彩な働きをするいわゆる「化学工場」です。

 

1 kg以上の大きな臓器ですので、病気でその働きが損なわれても、症状が現れにくく「沈黙の臓器」などと呼ばれて います。

 

健康診断を受けて、はじめて「肝機能の低下」を指摘される場合も多く、初期の段階ではなかなか自覚症状があらわれず、いよいよ悪くなってから黄疸や体のだるさ、食欲不振などの症状があらわれます。

 

このような症状が出ると相当悪くなっている可能性が大きく、定期的な健康診断で早期に発見することがとても重要といえます。

 

肝臓病を早期に発見するためには、血液検査を受けることです。

 

簡単に見つけることができます。

 

肝臓が沈黙を破って異常を訴える前に、ぜひ発見したいものです。

 

とくに、両親や兄弟姉妹に肝臓病患者がいる人、輸血を受けたことがある人、かつて急性肝炎にかかったことがある人、常習的にお酒やお薬を飲んでいる人、太りすぎの人などは、定期的な血液検査が望まれます。

 

肝臓が悪くなると出てくる症状

 

急性肝炎では、皮膚や目が黄色くなる(黄疸)、尿の色が濃くなる、だるい、食欲がない、吐き気がする、などの症状がありますが、慢性肝炎では基本的に症状はありません。

すすんだ肝硬変の場合は、だるい、食欲がない、むくむ、腹が張る、皮膚や目が黄色くなる(黄疸)、などの症状がみられます。

肝機能を高める食事

肝機能を高める食事のポイントを4つご紹介いたします。

①ビタミン・ミネラルを摂取すること

肝機能が低下すると肝臓がビタミンを蓄える力も弱まります。緑黄色野菜やきのこ類、海藻類などのビタミンとミネラルを豊富に含む食材を積極的に食べましょう。

②タンパク質を摂取すること

ダメージを受けた肝臓を修復するためには良質なタンパク質の摂取が必要です。魚介類、肉類、大豆製品、卵などを食事に取り入れましょう。その際は、ベーコンやウインナーなどの加工品は摂取量に気をつけましょう。

③肝臓の解毒作用を高める食品を食べること

よく二日酔いのときはしじみのみそ汁が効くといいます。しじみを代表に、あさりなどの貝類やタコ、エビは肝臓の解毒作用を高めます。

全身が元気になる過程で、臓器がみんな元気になり、最終的に全身が元気になります。

 

KYOTO健康村TOP