100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

世界で広がる新型コロナ後遺症被害

産経新聞によりますと、新型コロナウイルスの感染後、何カ月も疲労感や体の痛みなどの後遺症に苦しむ患者が各国で報告されているそうです。

世界保健機関(WHO)は後遺症の研究を進めるよう各国政府に呼びかけているが、原因は不明で治療法も確立されていないとのことです。

感染後、長期間、職場に復帰できないケースが増加する恐れがあり、来年以降、コロナ問題の新たな焦点となりそうです。

リバプール熱帯医学校で疫学を研究するポール・ガーナー教授(65)はそう打ち明けた。

ガーナー氏は3月に新型コロナに感染。約4カ月間は体の痛み、頭痛、倦怠(けんたい)感などに苦しんだ。感染後の免疫反応によって体内にできる抗体の検査では陽性反応が出たため、症状の回復が期待された。

しかし、その後も約3カ月間、疲労感や吐き気、意識がもうろうとする症状に悩まされた。

ガーナー氏は「快方に向かったかと思うと、また体調が悪くなる意地悪な攻撃を受けているようだった」と話す。10月から症状が改善したが、今でも体調が悪化しないか気を抜けない。

感染後、PCR検査で陰性と診断されても後遺症が続く例もある。英メディアによると、4月に感染した英イングランドに住む女性のカースティ・マッキントッシュさん(42)は、6月にPCR検査で陰性と診断された後も疲労や息切れ、せきが数カ月続いた。

WHOは10月30日、後遺症について、疲労、せき、息切れ、肺や心臓を含む主要臓器の炎症や損傷のほか心理的な影響などを挙げ、年齢や性別を問わず各国で発生していると公表した。

WHOの発表を受け、英保健省傘下の公共機関などは今月18日、ガイドラインを作成。大半のコロナ患者の症状は12週間以内に解消すると分析し、12週間が経過しても症状が改善しない場合、後遺症を意味する「ポストコロナ症候群」の疑いがあるとした。

英国家統計局が16日に発表した調査結果では、イングランドの約8200人の新型コロナ患者のうち約10%が12週間を過ぎても症状が続いた。

英メディアによると、英インペリアル・カレッジ・ロンドンのアルトマン教授(免疫学)は統計などから、後遺症に苦しむ患者は世界で500万人以上いると推定している。

一方、後遺症が起こるメカニズムは不明だ。体内の免疫反応がウイルスの一部を分解しきれず、残ったウイルスが後から活発化することで後遺症が生じる仮説などが指摘されているが、確固たる証拠はない。

そのため、後遺症の治療法や特効薬はなく、対症療法が中心となっている。

英国では、政府がイングランドで約70の後遺症を専門にしたクリニックを開設。米国でも大学が後遺症の研究や診察を専門にする施設を立ち上げた。

ガーナー氏は「多種多様な症状がある後遺症の治療や研究を進めるためには、世界の医療関係者が専門の垣根を越えた情報共有を今まで以上に進める必要がある」と連携を訴えた。

コロナの感染と後遺症を軽減するには、肝機能を高めておくことが大切です。ステビアとプロテサンは、肝機能を高める食品です。

新型コロナウイルスを予防するためには、自己免疫力を高めておくことで、FK-23菌やLFK乳酸菌は、弱った免疫を高めて感染を予防してくれます。

ウイルスによる肺の炎症を抑制して、新しい肺胞上皮細胞を増殖させるに乳酸菌 は、ニチニチ製薬と北海道大学との共同研究によって特許を取得しています。

FK-23菌やLFK乳酸菌は、ウイルス感染による肺の炎症を抑制し、重症化を防ぐ特許取得商品で、子供や妊婦の方も安心して食べて頂けます。

FK-23菌

新型コロナウイルス感染症に対して、現在、有効性が証明された治療法や予防(ワクチン)はなく、現時点における治療の基本は対症療法で、必要に応じて輸 液や酸素投与、昇圧剤等の全身管理が行われ、細菌性肺炎の合併が考えられる場合は、細菌学的検査の実施とともに抗菌薬の投与がされこともあります。

新型コロナウイルスに感染した場合、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動し始めます。

  • 過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。
  • さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。
  • 肺胞細胞が死滅して少なくなっても、LFKが新たな肺胞細胞の増殖を促し、肺の機能を蘇らせるので、ウイルスに感染しても重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。
  • 酸菌の持つ抗酸化誘導能すなわち「体の酸化ストレスとたたかう力」も炎症を抑えるのに役立っています。

チサフェルナのエンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、II型肺胞上皮細胞活性剤・抗アレルギー・II型肺胞上皮細胞活性剤・酒さ(赤ら顔)治療剤・色素沈着抑制剤などの5件の用途特許を取得したサプリです。

花粉症サプリ

                小売希望価格  9.000円+税

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館