100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

新型コロナ異変種/再感染世界であい継ぐ

世界の感染者8000万人 2週間で1000万人増 新型コロナ

米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、新型コロナウイルスの世界の感染者数が日本時間27日、累計で8000万人に達した。

 

約2週間で1000万人増えた。英首相が19日、「これまでのウイルスよりも最大で70%感染力が強いかもしれない」と変異種の存在を公表するなど感染拡大は終わりが見えない。

 

国別の感染者数では、最も多い米国が1900万人に迫っている。

 

インドは1000万人超、ブラジルも16日に700万人を超えた。

 

約300万人のロシアに続き、フランス、英国、トルコ、イタリアが200万人を超えている。

 

26日には、新たにスペイン、スウェーデン、カナダで変異種への感染例が確認されたことが判明した。

 

世界の死者数は約176万人。10日間ほどで10万人増えている。

 

最多は30万人を超えた米国で、約19万人のブラジルが続く。

 

インドが約15万人、メキシコが約12万人、イタリアと英国は約7万人だ。

新型コロナウイルス感染から回復後、ふた感染するのが世界で相次いでいます。

 

新型コロナウイルスに1回感染して回復した人が再び感染したという報告が、最初に出されたのは香港でした。

 

3月下旬に感染し、その後回復した33歳の男性が、4か月余りたってから再び感染したことが確認されたというのです。

 

香港大学のグループが8月に発表しました。

 

1回目と2回目の感染では、ウイルスの遺伝子の配列が一部で異なっており、世界で初めて科学的に裏付けられた「再感染」の報告だとしています。

 

ネバダ州在住のこの男性は、喉の痛みやせきなどの症状を訴えて、4月の検査で新型コロナ感染が判明。回復後に発熱など再び不調が出て、6月に陽性と確認された。

 

ウイルス遺伝子の異変例もあり、別種のウイルスで重症化することもあり、変異種が増えれはワクチンのの効果も及ばなくなります。

 

免疫が低下していれば悪化の懸念があり、健康維持や感染対策の徹底を叫ばれています。

 

免疫力は、乳幼児時期は低く、成長するにつれて高まり、20 歳前後にピークを迎えますが、それを過ぎると加齢とともに徐々に低下し、40代で50 %、70代では10%まで低下することもあります。

 

子供や高齢の方は、免疫力が弱いためウイルスに感染しやすく、糖尿病や抗がん剤を使用している人も免疫力か低下しているため、普通感染しない菌でも感染します。

新型コロナは、高齢者や基礎疾患のある人は特に重症化しやすくもし、新型コロナウイルスに感染しても、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

新型コロナウイルスを予防するためには、自己免疫力を高めておくことで、FK-23菌やLFK乳酸菌は、弱った免疫を高めて感染を予防してくれます。

 

ウイルスによる肺の炎症を抑制して、新しい肺胞上皮細胞を増殖させるに乳酸菌 は、ニチニチ製薬と北海道大学との共同研究によって特許を取得しています。

FK-23菌やLFK乳酸菌は、ウイルス感染による肺の炎症を抑制し、重症化を防ぐ特許取得商品で、子供や妊婦の方も安心して食べて頂けます。

FK-23菌

新型コロナウイルス感染症に対して、現在、有効性が証明された治療法や予防(ワクチン)はなく、現時点における治療の基本は対症療法で、必要に応じて輸 液や酸素投与、昇圧剤等の全身管理が行われ、細菌性肺炎の合併が考えられる場合は、細菌学的検査の実施とともに抗菌薬の投与がされこともあります。

 

新型コロナウイルスに感染した場合、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

 

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動し始めます。

 

  • 過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。
  • さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。
  • 肺胞細胞が死滅して少なくなっても、LFKが新たな肺胞細胞の増殖を促し、肺の機能を蘇らせるので、ウイルスに感染しても重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。
  • 酸菌の持つ抗酸化誘導能すなわち「体の酸化ストレスとたたかう力」も炎症を抑えるのに役立っています。

チサフェルナのエンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、II型肺胞上皮細胞活性剤・抗アレルギー・II型肺胞上皮細胞活性剤・酒さ(赤ら顔)治療剤・色素沈着抑制剤などの5件の用途特許を取得したサプリです。

花粉症サプリ

                小売希望価格  9.000円+税


コロナに負けないドイツ生まれの新しい健康法

ドイツ生まれの健康法は、体に蓄積している化学物質やストレスを抜き、自律神経のバランスを整えて、免疫機能を正常に保つことで、健康が取り戻せます。

脳には、体の機能をコントロールする司令室があり、そこから脳脊髄神経を通路として様々な命令が電気的なエネルギー、すなわち神経エネルギーとして送られ、身体の末端まで伝達されることで、人は自由に身体を動かし、自由な発想で様々な考えや芸術を生み出し、健康でいることが出来ますが、加齢やストレス、食生活、携帯電話や電気製品の電磁波の影響によって、脳からの周波数が弱くなったり、流れが悪くなることで、カラダに支障が現れてくるようになります。

Healyは、スマートホンからプログラムをダウンロードし、それを体内に取り込むだけです。

 

料理や仕事中、テレビを見ながらでも健康づくりができます。

 

1440.000通りの周波数で、肺や腸などの臓器・デトックス・電磁波・チャクラ・睡眠・精神・美容(肌・髪)・腰・骨格・学習・仕事・ストレス・生理・ホルモン・筋肉など120以上のプログラムで、カラダを調整ホローしてくれます。

 

プログラムを体内に取り込むことで、体に蓄積している不要物の排出ができたり、ストレスが抜けたり、血液がサラサラになったり、疲労が即解消できたり、体全体の細胞が活性化することで、癌や生活習慣病の予防ができます。

 

人間の体には、病気を治してくれる自然治癒力がありますが、加齢やストレス、食生活などの影響を受けて下降して行きますが、Healyは小さな電子機器ですから、加齢やストレスなどの影響を受けることはなく、個別に設定した周波数を使用して、身体の特定の位置に刺激を与えます。

Healyは、人間の治癒力を手助けする医療機器です。

ドイツ生まれのHealy