100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

末期癌から生還した人の6つの共通点

末期癌から生還した方の共通点

抗癌剤治療の途中で、すべての抗ガン治療を断った方。

②癌治療で苦しんでいる時に、必死になって勉強して情報を得られた方。

③抗癌治療が体の免疫をどんどん低下させている事に気付かれた方。

④食生活、軽い運動、笑いのある生活、良質な睡眠、など生活の基本が大切であることを気付かれた方。

⑤人間の生活の中で何が大切かを勉強、薬よりも、抗癌治療よりも、根本的な生活の改善が大切であるという事に気付かれた方。

⑥癌克服に、腸バランスと細胞バランスが欠かせないことに気付かれた方

がんは、早期発見できれば95%治せる病気です。

日本は先進国で唯一、がん死が増えている国、アメリカに比べると1.6倍もの割合で人々ががんで亡くなっています。

 

アメリカでは、1980年から、癌の取り組み方が変わりました。

 

その結果、分ったことは、手術や抗癌剤治療では癌を撲滅できということです。

 

特に抗癌剤治療は、癌を治療できないばかりか、返って酷くなると発表されています。

 

抗癌剤治療は、確立の悪く命を懸けたギャンブル、有効率は160人中、たったの6名といわれています。

 

マクガバンレポートにより、食生活の改善を中心とした、代替え医療が最も有効であるとの結論に達しました。

 

1980年から代替え医療が国家的規模で行われた結果、癌の死亡率が下がりはじめ、今では年々低下しています。

 

これに追随して、ドイツ、イギリス、カナダ、でも代替え医療にシフトを転換されています。

カナダのがん治療は『何もしない』が、がん治療の22%を占めています。

最近では『無治療』何もしない治療が、最も治りやすいことが分かってきたと言います。

カナダでは、手術治療は6%、日本は、それに対して17倍。

 

カナダの抗癌剤治療は5%、日本は20倍。

 

カナダの手術と抗癌剤併用は3%、日本は33倍になっています。

 

 

ステビアで肺がんの進行が止まった – KYOTO 健康村