100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

新型コロナと肺炎の違いは

通常「肺炎」と呼ばれるもので多いのは「細菌性」肺炎です。

 

これらは、鼻や口から気管支に細菌が入り込み、袋である「肺胞」まで到達して悪さをします。

 

体の中の白血球はこれらの細菌を退治しようと戦い、その結果浸出液という液体が出てきて、袋の中が水浸しになってしまいます。

 

例えるならば、お互いがカラダを張って直接戦っている「合戦」のようなものです。

 

すると空気を吸っても肺胞の液体に邪魔されてしまい、血管内に酸素が入らなくなることで息苦しくなります。

 

また肺胞の液体は痰として現れます。

 

一方、「ウイルス性」肺炎は、上記のような直接的に戦うことによって起こる反応もあるのですが、それだけではなく、これらを排除しようとして自分のカラダの免疫が暴走することによって起きる炎症も大きく影響するとされています。

 

これをサイトカインストームと呼び、これらは間質」そのものや、間質にある「血管」に炎症を起こし傷つけてしまいます。

 

新型コロナウイルス肺炎に関しても、調べたところ死亡した方の血管、間質からはウイルスが検出されなかったという報告が出されております。

 

これもこのウイルスの肺炎が、ウイルスによる肺の直接的な傷害よりもサイトカインストームが要素として大きいだろうということを示しています。

 

すると袋である肺胞は傷ついて固くなった間質に邪魔されて膨らみにくくなり、空気が入りづらくなります。

 

加えて肺に届いた空気中の酸素も、固くなった間質や血管の壁に阻まれて取り込まれづらくなり、血中の酸素が不足し、呼吸不全の状態になってしまいます。

 

肝炎の治療法

 

肺炎の治療は原因を特定し、抗菌薬や抗生物質を用いて治療されます。

 

抗菌薬が効かないウイルス性肺炎には、発熱や咳を抑える対処療法を実施し麻がら、点滴などで脱水の症状を改善します。

 

肺炎球菌が原因の場合、普通の人であれば肺炎にかかっても肺の障害が残ることほなく、ほとんどは完全に治ります。

 

このような肺炎に至ると、治療は非常に難しいであろうと思われます。

 

理由としては、全身のサイトカインストームが原因なので、両肺同時に肺炎をきたすケースが多くなるため、細菌とは違いウイルスには、直接退治する薬がなく、これらを退治するには体の免疫反応に頼るしかないため、それに一般的にウイルス性肺炎では、これらで弱った肺にさらに細菌がついてしまうことが少なくなく、こうなると本当に厳しくなるためです。

 

高齢者や持病を持っている方が重症化しやすい理由はまだ明らかではないですが、持病があり免疫が弱っていると正しい反応が出来なくなり、サイトカインストームが起こりやすくなってしまうのかもしれません。

 

新型コロナは、肺炎の起こしやすさという点では通常のウイルスにはない脅威を持っていると言わざるを得ないでしょう。

 

ニチニチ製薬は、2014年2月、同社が開発、酵素乳酸菌「LFK」の特許を取得したと発表。

 

乳酸菌の肺炎抑制効果が証明されたのほ初めて。

 

炎症メカニズムに直接作用するため、肺気腫や気管支炎など、炎症による肺疾患への効 果も期待できるという。

 

「LFK」ほ、健康な乳幼児の腸管から分離、培養した熱処理した乳酸菌「FK-23」に、細菌の細胞壁を分解する酵素「即自リゾチーム」を加えて特殊処理した乳酸菌素材。

 

マウスを使った実験でほ、インフルエンザウイルス感染後の生存率が、LFKを与えなかったマウスは16%だったのに対し、毎日与えたマウスでは45%に改善。

 

インフルエンザウイルスに感染すると、肺胞上皮一胞のバリアが破壊されて肺炎を発症する。

LFKを投与したマウスは過剰な炎症性細胞の肺への浸潤が抑えられ、呼吸器機能に重要な細胞に分化する「Ⅱ型肺胞上細胞胞」も増殖。 これらにより、肺機能障害が緩和されることが確認された。

 

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館