100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

新型コロナ感染を自分でチェックできるリスト

新型コロナウイルスに感染すると現れる初期症状や、重症化の前兆となる緊急性の高い症状についてまとめています。

 

医療機関での受診の目安や注意点、早めの相談が必要な人の情報もまとめています。

 

厚生労働省は5月8日、新たな相談の目安を公表し、息苦しさや高熱などの症状があればすぐに相談するよう呼びかけています。

 

✤ 息苦しさや強いだるさ

✤ 高熱などの強い症状がある場合

✤ 高齢者など重症化しやすい人で発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状がある場合

✤ 重症化しやすい人でなくても、発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が続く場合

 

発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が4日以上続く場合新型コロナウイルス初期症状は、発熱や咳など風邪のような症状がみられるほか、嗅覚・味覚障害が生じることがあります。

 

人によっては下痢・嘔吐などの消化器症状や意識障害などの神経症状が現れることもあります。

 

感染してから約4日(最大日)14日)後に風邪のような症状が出現します。

 

風邪のような症状とは、微熱を含む発熱、咳、ノドの痛みなどです。

 

その他にも頭痛、だるさ、関節痛・筋肉痛などの症状がみられることがあります。

 

このように、新型コロナウイルス感染症は風邪やインフルエンザによく似ていますが、症状が続く期間がそれらと比べて長いという特徴があります。

 

特に重症化する事例では、発症から1週間前後で肺炎の症状(咳・痰・呼吸困難など)が強くなってくることが分かってきました。

 

つまり、発症してから1週間程度は風邪のような軽微な症状が続き、約2割弱と考えられる重症化する人はそこから徐々に悪化して入院に至るというわけです。

 

もう一つの特徴として、嗅覚障害・味覚障害を訴える患者さんが多いことも分かってきました。

 

特に若年者、女性ではこれらの症状がみられる頻度が高いようです。

 

ただの風邪や副鼻腔炎、花粉症が原因で嗅覚異常・味覚障害が起きることもあるので「嗅覚障害・味覚障害=新型コロナ」ではありませんが、だらだらと続く風邪症状に加えてこれらの症状があれば新型コロナの可能性は高くなるでしょう。

 

厚生労働省による重症化の前兆となる緊急性の高い症状を自分でチェックできるリスト

 

表情・外見

✤ 顔色が明らかに悪い

✤ 唇が紫色になっている

✤ いつもと違う、様子がおかしい

 

息苦しさなど

✤ 息が荒くなった(呼吸数が多くなった)

✤ 急に息苦しくなった

✤ 生活をしていて少し動くと息苦しい

✤ 胸の痛みがある横になれない。

✤ 座らないと息ができない

✤ 肩で息をしている突然(2時間以内を目安)

✤ ゼーゼーしはじめた

 

意識障害など

✤ ぼんやりしている(反応が弱い)

✤ もうろうとしている(返事がない)

✤ 脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする

 

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館