100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

インフルエンザと新型コロナの違いは

肺炎の症状は、発熱、たんなど、かぜの症状と似ているため、肺炎は風邪と考えられがちですが、肺炎と風邪はちがいます。

 

風邪は口腔から舷頭・喉頭・気管という上気道の 粘膜にウィルスが感染して炎症を起こすことです。

 

肺炎は酸素と二酸化炭素を交換する「肺胞」に炎症を起こすこで、ウィルスや 菌が感染する場所が違うことです。

 

もう一つ大きな違いは、感染原因が風邪はウィルスと肺炎は菌という事です。

 

私たちの気管支は「粘膜細胞」に覆われていますが、「円柱上皮細胞」と「杯細胞」という2種類の細胞で構成され、円柱上皮 細胞には「線毛」というウィルスなどの異物を捉えるものが付いていまが、この綿毛が炎症によって剥がれ落ちたり、円柱上皮細胞が壊れると細菌 感染しやすくなり、肺炎が引き起こされます。

 

一般的には最初風邪をひき、風邪をこじらせると肺炎になるということです。

 

よく老人はすぐ肺炎を起こすということがありますが、これは「誤嚥」といつて、寝ている間に「唾液」 が間違って 「気管」に流れ込んで、唾液に含まれていた 「細菌」が肺に入り込んでしまうことに起因しています。

 

これは老人で 「喉の反射」が鈍くなり、食べ物で 「咽せる」という傾向がある人が危険性が高いことになります。

 

風邪と肺炎の区別は医者でも難しいところですが、単純な見分け方として 「疾」があります。

 

風邪の 「ウィルス感染」による疾はだいたい 「透明あるいは自い」。

 

肺炎の「細菌感染」の疾は「黄色あるいは緑色を帯びている」という特徴で見分ける方法です。

 

いずれにしても、肺炎は 、ウイルス感染の後の細菌による2次感染なので、治療は、 抗生物質しかありません。

 

対抗策は 「免疫力を高める」ことで 「2人感染を防ぐ」 ことしかありません。

  • かぜは症状が出てから1週間程度で軽快します。
  • 肺炎は1週間以上高熱・激しい咳が出ます。
  • 全身症状がある場合は、肺炎の疑いが強いです。
  •  肺炎は、呼吸器の機能にダメージを受けるために胸部痛・呼吸困難が起こるかあります。
  •  かぜは、喉・鼻・気管支までの感染症で、肺炎は肺自体が感染した状態ということになります。
  •  全身症状を伴うインフルエンザと肺炎の見分け方は検査キットの使用で判断可能です。
  • 肺炎では、細菌やウイルスなどの病原体が、酸素と二酸化炭素のガスの交換を行う肺胞に感染して炎症を起こします。
  • 肺炎では、ガス交換に障害が生じると、息切れ、黄色~緑色や鉄さび色のたん、38度以上の高熱などの症状が長く続き、一般的に風邪よりも症状が重くなります。
  • 肺炎は、息が浅くなる、呼吸が速い、ぐったりする、食欲が無いなどは、気づきにくい症状のため、肺炎と気づかないまま悪化させることがあります。
  • 風邪だと思っていたら、肺炎になっていた”ということがないように、こうした症状が3日~4日続いたら、肺炎を疑って、すぐに医療機関を受診しましょう。
  • 新型コロナウイルスの潜伏期間は、2~15日間と言われています。

免疫力は、乳幼児時期は低く、成長するにつれて高まり、20 歳前後にピークを迎えますが、それを過ぎると加齢とともに徐々に低下し、40代で50 %、70代では10%まで低下することもあります。

 

子供や高齢の方は、免疫力が弱いためウイルスに感染しやすく、糖尿病や抗がん剤を使用している人も免疫力か低下しているため、普通感染しない菌でも感染します。

 

新型コロナウイルスの予防対策には、免疫力を高めることが一番で、もし感染しても、免疫力が高ければ、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館